タグ:ステラ&フラックス ( 5 ) タグの人気記事
ステラ・アンド・フラックスをラインストーンで飾ってみました
A sample of "Stella and Flux" with Rhinestones
a0077842_21500922.jpg
ご注文はこちらから→https://goo.gl/Bg3KDM
INTERNATIONAL ORDER→https://goo.gl/bHRfva
by tomenosuke_2006 | 2017-12-11 21:52 | T+CPモチャ
タラ・マクファーソンのステラ&フラックス・デビュー版、発売
NOW ON SALE: Tara McPherson's Stella and Flux Debut Edition

お待たせしました。
Circus Posterusとのコラボ・ブランド、T+CPのソフビの最新作、タラ・マクファーソンのステラ&フラックス・デビュー版、発売します。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_21034739.jpg
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
by tomenosuke_2006 | 2017-12-04 21:59 | T+CPモチャ
タラ・マクファーソンのステラ&フラックス、完成
Stella & Flux sofubi figure by Tara McPherson x Tomenosuke x Circus Posterus

Circus Posterusとのコラボ・ブランド、T+CPのソフビ・フィギュアの中でも、とりわけ時間がかかったのが、このタラ・マクファーソンのソフビです。
出来上がってしまうと、過ぎ去った3年間が懐かしくさえ思えますが、途中、何度も挫折しかけたことを思い出します。
とにかく初めてソフビ・フィギュアをデザインするアーティストの意向を(ブラント・ピータースを介して)、原型彫刻担当の金子洋平君に伝えると、当然、彼からソフビ製作上の技術的理由でデザインの変更を求められます。
それをアーティストが理解できるよう注釈つきでフィードバックするわけですが、それが難しい。
で、その繰り返しが3年も続きました。
というのも関係者全員が忙しすぎて、このフィギュアだけに没頭できないからです。
忙しいという点では誰にもひけをとらない店主ですが、自分の都合を返上してメッセンジャー役に徹しました。
そういう私が、このフィギュアの名前を知ったのが、海外のアート・トイ・ブログというのも面白いと思いませんか。
画像は、その最初の無彩色版で、私にまちがいがなければ、ステラ&フラックス(Stella & Flux)と言います。
実際はアーティストが指定したキレイな色でキャストされていますが、まだ秘密。
ぜんぶで40個、製作し、その半分はCircus Posterusへ納品され、後の半分は当店が北米を除く全世界向けに発売します。
その20個のうちの半分を東京コミコンの留之助ブースで販売の予定です。
ご期待ください。
a0077842_21124734.jpg
Among all sofubi figures of T+CP, the brand in collaboration with Circus Posterus, this Tara's figure is by far the one that took the most time to make. Now that it is finished, I even feel nostalgic about those 3 years behind us, but I also recall all these times when we were about to be discouraged in the middle of the production.
Anyways, once we conveyed to the prototype sculptor (through Brandt Peters) the intention of the artist making the sofubi figure for the first time, of course, the sculptor requested a change in the design. Here is when I must give a feedback to the artist, together with annotations, so that the artist can well understand, but this is precisely difficult to do. And this is what we have been doing for 3 years, over and over again. The truth is, all people participating to this project were too busy and could not immerse themselves in this figure only. I may be the busiest person of all of them, but I gave up some of my plans and devoted myself in the role of messenger.
And yet I knew the name of this figure for the first time by reading a foreign art toy blog, don't you thing this is funny? If I am not mistaken, the image is called "Stella & Flux". It shows its first non-painting version. The image was processed in B&W, but it is actually cast with beautiful colors designated by the artist.
40 pieces were made in total, half of them were delivered to Circus Posterus, and Tomenosuke will sell the other half all around the world, except North America. We are planning to sell half of these 20 pieces at Tokyo Comic Con.
by tomenosuke_2006 | 2017-11-22 21:21 | T+CPモチャ
あれから1年、タラ・マクファーソン・ソフビの原型が完成
The prototype of Tara Mcpherson' sofubi has been completed

「2年越しのタラ・マクファーソン・ソフビについて」と題し、それまでの経緯をご紹介したのが、奇しくもちょうど1年前の今日のブログでした。
その後もT+CP ソフビのクリエイティブ・ディレクター ブラント・ピータースを介し、タラの意見に耳を傾けつつ、さらに1年が経過して、ついに原型が完成しました。
彫刻担当の金子洋平君、お疲れさまでした。
ここまで来たら、あとは流れ作業でしょう。
a0077842_11545889.jpg
Last year on this exact date, I wrote a blog entry titled "About Tara Mcpherson's sofubi which has taken 2 years", in which I described our process up until then. Since then, a year has gone by, during which I received Tara's requests through Brandt Peters, the creative director of T+CP sofubi, and finally completed the prototype. A big thanks to Yohei, who was in charge of sculpting. Now that we've gotten this far, the rest of the manufacturing process should go smoothly.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-07-16 21:40 | T+CPモチャ
2年越しのタラ・マクファーソン・ソフビについて
About Tara Mcpherson's sofubi which has taken 2 years

これほど手こずってるソフビもない。
T+CPのキー・アーティスト兼プロデューサーのブラント・ピータースからタラ・マクファーソンのソフビを作りたいと話を持ちかけられ、それにノッたのが2年前。
ほどなくしてタラのスケッチ(下の画像)が届き、頭をスティンジー・ジャックカリオペ・ジャッカロープスネーク・スケルヴとすげ替えれるようにしてほしいと言われ、まず、たまげた。
どう考えても、タラのフィギュアの首の太さを他のT+CPソフビと同じにしたら、とてつもなく巨大なサイズになってしまう。
高さ、およそ50センチ。
大きくなれば製作原価だって跳ね上がり、結果、商品価格にも影響する。
何より大きなフィギュアはコレクターに歓迎されない。
と、まずはそんな説得からはじまり、ソフビの特性を考慮したディフォルメやデザインの変更について、その都度、ブラントを介してタラの意見をうかがい、金子洋平君の奮闘のおかげで、どうにかこうにか原型の完成が目前に迫ってきた。
ひとことで言って、迷走とストレスの2年間だった。
しかしこの後も、T+CPの共同プロデューサー兼コーディネーターの店主には、彩色をはじめ、アクセントにラインストーンを使った特殊な仕上げなど、まだまだ課題は山積で、タラ・ソフビの重責から解放されるのは当分先になりそうなのだった。
最近、オブジェモチャ・ニュースサイトのSpankyStokes.comに、このタラ・ソフビの記事が出たので、ザックリ翻訳しておきますね。
a0077842_10593016.jpg
雑誌「Clutter Magazine」誌の最新号のインタビューに答えたポップ・シュールリアリストのタラ・マクファーソン。そのインタビューの中でデザイナートイの世界へのカムバックを企んでいることを明らかにしたそう。なぜいま? と聞かれたマクファーソン。「私がトイを発表するのは2012年以降、これが初めて。理由はそれ以降、オリジナルのデザインでトイを作ってみないかと持ちかけてくれたのは今回のサーカス・ポスタラスが初めてだから」と答えたそう。
サーカス・ポスタラスの主催者であるブラント・ピータースとキャシー・オリヴァスが彼女にアプローチしたのは「2年ちょっと前」だそう。これはマクファーソンにとって初のソフビのフィギュアになる。それはつまり当然サーカス・ポスタラスのパートナーであり、現在サーカス・ポスタラスのソフビ・フィギュアの製作を担っている留之助が関わっているということを示している。
a0077842_1122960.jpg

マクファーソンによると、この魅力的な新しいキャラクターは「まだ名前も付いていないし、スカルプティングをしているところ」で「私のキャラクターを進化させたもの」だそう。マクファーソンの作品のファンならこのキャラクター Flying Unicorn Girl(フライング・ユニコーン・ガール)」(2006)と「Lost Constellations(ロスト・コンステレーション)」(2008)のキャラクターの進化形なのだ。
ユニコーンとシーホースのハイブリッド種「シーホーシコーン」が突き刺さったこのキャラクターはソフビを用いることで極めて魅力的なフィギュアになるだろう。ソフビだからこそ、シーホーシコーンを簡単に取り外し、そしてマクファーソンが繰り返してきた「穴の空いた胸」というコンセプトを改めて表現できるからだ。マクファーソン曰く「このフィギュアにはラインストーンを施そうと思っている!」そう。続報に期待したい。
a0077842_1143034.jpg
A source from SpankyStokes.com.→ https://goo.gl/DSXD3A
by tomenosuke_2006 | 2016-07-16 11:06 | T+CPモチャ