タグ:スパイ ( 18 ) タグの人気記事
今度はイアン・フレミングなのだ。
007の生みの親イアン・フレミングが、既報のアルゼンチンのカスタムフィギュア屋Bondcollectionで12インチ化されることになった。
フレミングといえば単に作家というだけでなく、華麗なキャリアの持ち主だったことで有名だ。
国会議員を父にセレブな環境で育ち、陸軍士官学校卒業後、1930年代にロイター通信の支局長としてモスクワに赴任、1939年からMI6 (007が所属するイギリス情報部) に勤務、第二次世界大戦中は実際に安全保障調整局 (BSC) のスパイとして活動したロンドン生まれの冒険小説家。
小説『黄金の銃をもつ男』を校正中の1964年8月12日、映画『007ゴールド・フィンガー』の完成を待たずして心臓麻痺のためこの世を去った。
モチャ化のメニューからは外されてしまいそうな、しかし007史の起源ともいうべき憧れの人物を、ちゃんと題材にするところがボンコレの好感が持てるところだ。
プロトタイプの画像を見て雰囲気の巧みな捉え方、芸の細かさにつくづく感心した次第。
こちらも店主が個人的に買うついでに、代行輸入承りますね。
a0077842_7211219.jpg


More: 椅子以外のアクセサリーはすべて付属します。
by tomenosuke_2006 | 2009-07-08 07:31 | チョイマモチャ
マテルのエージェント・ゼロが揃う店。
アンクルホルスターの第2期生産分の発送も無事終了し、キャンセルのあった“イリヤ・クリヤキン・タイプ/右利き用/Mサイズ”1点(希望者募集中)を残し、すべて完売しました。
ありがとうございました。
ナポソロ・ファンのみなさん(おおむねご年配)からはお褒めの言葉をたくさん頂戴し、オモチャ屋冥利に尽きます。
そういうみなさんならご存じかもしれませんね、1960年代にスパイ小僧をワクワクさせたMATTELのAGENT ZEROシリーズ、ギミックガンの数々。
留之助商店はじつはそんなムカシモチャがいろいろ揃う日本一のお店でもあるんですよ。
a0077842_2112783.jpg
申し遅れましたが、当店のコンセプトは少年時代の店主がかぶれた輸入玩具にはじまり、青年〜壮年期のSF映画グッズを経由して、晩年のアーバン・デザイナー・トイ(オブジェモチャ)に至るモチャ人生のありったけを詰め込むというもの。
オンラインでは新作オブジェモチャのセールスに明け暮れてますが、地道にこういうのを探してきては、物好きさんに紹介してるんです。
a0077842_2113935.jpg
どーです、MIB(Mint In the Box)なこのエージェント・ゼロ4種。
ついに長年探し求めたポケット・ショット(最上段右側)のシュリンクパック未開封品が手に入り、まとめて箱入り完品をお披露目することにしました。
すべて百連発の紙火薬を入れてパンパン撃てる式のキャップガンですが、もちろん未発火。
他にも程度いろいろのルーズ品など在庫しています。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくinfo@tomenosuke.comまでお問い合わせくださいね。
a0077842_21132321.jpg


More: エージェント・ゼロ、1966年のアド。
by tomenosuke_2006 | 2009-06-20 21:42 | ムカシモチャ
アルゼンチンのちょっと面白いカスタムフィギュア屋。
007シリーズの12インチ・フィギュアといえばSIDESHOWが最高だけれど、いかんせんすべてSOLD OUT。
ショーン・コネリー世代の店主としては、コネリーボンドや共演者フィギュアをソツなく全種類、2〜3個ずつ確保しているコレクターの一面をのぞかせてしまうわけだけれど、いろんな意味で舌足らずなシリーズに不満を感じていた。
たとえば『007 ドクター・ノオ』(1962年)のドクター・ノオがいて『ゴールドフィンガー』(1964年)のオーリック・ゴールドフィンガーがいない。
『ゴールドフィンガー』の日系プロレスラー、ハロルド坂田演じる悪役ボディーガードのオッド・ジョブや美貌の女パイロット、プッシー・ガロアがいるというのに、ドイツ人俳優ゲルト・フレーベのゴールドフィンガーがいないのだ。
『ドクター・ノウ』のウルスラ・アンドレスが演じた白いビキニのハニー・ライダーがフィギュア化されていないのは我慢しよう、どうせボールジョイントの素体むきだしフィギュアなんて気落ち悪いだけだから。
とにかくゴールドフィンガー不在のSIDESHOWに代わって、アルゼンチンのカスタムフィギュア作家がついに天下の悪役を完成させた。
ついでに絶版久しいオッド・ジョブも復活させて、最高の悪役デュオを往年の007好きでオモチャ好きのオヤジたちに向けて、ノンライセンスだから宣伝打つわけにもいかず、ひっそりと売り出したのだよ。
留之助で代行輸入承ります、よかったらご注文ください、これが成功したらまたまたコアな新作が出るかもしれない。
a0077842_112324.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-02 11:08 | チョイマモチャ
さらばパトリック・マクグーハン。
タイトなスーツがすっきり似合う秘密諜報部員ジョン・ドレイクとは、小学生の時に出会った。
0011ナポレオン・ソロが架空の秘密結社やマッドサイエンティストを相手に闘うのとちがい、NATO所属のジョン・ドレイクは西側のために働いていた。
東西スパイ戦の只中で裏切りや二重スパイの非情な罠に巻き込まれ、つねに頭脳の勝利をおさめる。
原題はDanger Man(アメリカ放映タイトルはSecret Agent、日本題名は『秘密指令』のちに『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』)、軽快なオープニング・テーマはいまでも口ずさむことができる。
ジョン・ドレイクを演じたのは30代半ばのイギリス紳士パトリック・マクグーハン、番組の成功で1960年代イギリスTV界きっての大スターとなった。
a0077842_23472151.jpg
しかし彼が希代のクリエイターと称賛されたのは『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』の放送が終わり、自らの企画・主演(ときには脚本や監督も担当)による新番組『プリズナーNo.6』が放送された1968年のことである。
当時中学3年の店主にはカフカ的不条理に満ちたTV番組を理解できるほどの知恵はなく、ただただ不思議をあんぐり面白がるだけ。
『プリズナーNo.6』を解明するのに10年あまりを要しただろうか、核心に迫ったのは25才の頃、その思いの丈をSF雑誌奇想天外の連載『新主流派SF映画作家論』に書き綴ったのだった、でも恥文。
現代社会の非人間化、個人的自由の喪失、国家的意志に対する個人の服従といったSFの主題でもある社会の中に実在する真の危機を寓話のかたちを借りて描いた傑作である、とかなんとか書いたような。
a0077842_15171316.jpg
当時、1970年代の終わりといえば、ハリウッドに移り住んだマクグーハンが『刑事コロンボ』の主演俳優ピーター・フォークと意気投合して、そのTVシリーズにゲスト出演したり何度か監督をこなし、クリント・イーストウッド主演の『アルカトラズからの脱出』では『プリズナーNo.6』とまったく逆の立場の冷徹な刑務所長を演じて、ファンにはまだまだ楽しみの尽きない時代だった。
さらに店主がLAに住み始めた1981年には、デイヴィッド・クローネンバーグ監督の『スキャナーズ』で威風辺りを払うマクグーハンとスクリーン越しの再会を果たした。
そのクローネンバーグ監督へのインタビューをセットアップしてくれたパブリシストにマクグーハンと直に会えないものかと打診すると病気療養中だと教えられ、監督に現場でのマクグーハンのことを尋ねるとアルコールに強く依存し、撮影がいささか難航したと聞かされた。
しばらくたって盟友ピーター・フォークの『新・刑事コロンボ』で監督のほか、ときには共演、製作総指揮、脚本もこなしたが、その後はほとんど彼の名前を聞くことはなかった。
晩年は長年連れ添った妻や娘や孫たちと幸福な引退生活を送っていたとか。
2009年1月13日、入院先のサンタモニカの病院で静かに息を引き取ったことを新聞で知り、ふといろんなことに思いを馳せてみたのだった。
享年86歳。
パトリック・マクグーハンの出世作『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』は、アメリカで原題のDanger ManがSecret Agentに改題されたと先述したが、その際、ジョニー・リバースが歌うSecret Agent Manというテーマ曲が新たに作られて世界中で大ヒットした。
それを彼の葬送曲としたい。


by tomenosuke_2006 | 2009-01-18 17:17 | TV・映画・ビデオ
カスタム12インチを集めてまぁ〜す - その1。
たった3種類の、されど最高の出来の12インチ『宇宙家族ロビンソン』フィギュアを発売するも、まもなく会社を閉じてしまったSci-Fi Metropolis(サイ-ファイ・メトロポリス)。
去年11月にその3種類のフィギュアを惜しみながら紹介したけれど、きょう、あの記事以来ひさしぶりにお問い合わせをいただいた。
すみません、現行サイドショーのようなプライスじゃなくって。
12インチに限らず、絶版レアなアイテムの当店価格をお伝えすると、8割方、思いとどまってもらえるんで内心ホッとしたりして。
あるお客さまからは「売る気のなさそうな値段」なんて図星を突かれたりもします。
そういうモチャの中でも、人知れずひっそりと集めつつ、販売するとなるとついついイクスペンシヴになっちゃう1960年代キャラの手仕事カスタム12インチ・フィギュアを、何回かに分けてお披露目させてもらおうかと、題して『カスタム12インチを集めてまぁ〜す』。
そこで先陣を切るのは、我らがジェームス=ショーン・コネリー=ボンドのジェットパック仕様である。
a0077842_21214620.jpg
007シリーズが世界一バラエティ豊かな秘密兵器映画としても名を馳せることになった『サンダーボール作戦』(1965年)で、先を急ぐスーツ姿のボンドがちょいと空を飛ぶ時に使用したのがジェット・パックだった。
ジェットパック・ボンドはサイドショーはおろか、老舗Gilbert(ギルバート)やミニカー&ミニフィギュアのCorgi(コーギー)からも出ていない。
既成『サンダーボール作戦』フィギュアの優秀賞はサイドショーのスキューバー・ボンド止まり、やっぱりフィギュアも秘密兵器に身を包んでもらわなきゃ、ただのソックリさん人形でしょ。
a0077842_22232077.jpg
こちらはベースにDID製のヌードボディを採用し、ヘッドはサイドショーのボンドをリキャスト、額の深いシワを埋めて柔らかめのメイクで仕上げている。
ジェットパック回りはもちろん、ヘルメット、シャツ、ネクタイ、スーツはすべてハンドメード。
PPK、シューズ、リストウォッチなどはサイドショーのアクセサリーを応用している。
なかなかのモンです、こういう完成度は器用なだけじゃ生まれない、憧れとか、愛情がないと。
品格さえ漂っていると思いませんか。
いちおう販売もします、気になる方はお店の方へ問い合わせてみてくださいね。
a0077842_238301.jpg


MGCのPPKのカタログです、トートツですよね。
by tomenosuke_2006 | 2008-05-26 23:17 | チョイマモチャ
スパイ・ファン必携のハンドパペットです。
a0077842_1112346.jpg
確か月光仮面だったような気がする。
石膏か紙粘土製の頭と手が、底の抜けた袋状の衣裳に縫い付けられた、とてもチンケな指人形で遊んだような。
けれど、あまり盛り上らなかったような。
指人形でひとり遊びするのはさびしすぎると思ったし、かといって人形劇の相手をしてくれるような友だちもいなかった。
というより人形劇というこじんまりとした遊び、人形そのもののチンケさが、こども時代の店主を本気にさせてはくれなかったのだ。
で、上の画像は店主のペーパーコレクションの1枚、月光仮面より遅れることおよそ6年後の1966年にアメリカの大手玩具メーカーGilbert社が小売店向けに作った指人形の新製品案内である。
こんなのだったらすすんで買いましたよ、4つともね。
もちろん弟に『ゴールドフィンガー』のオッド・ジョブとか『サンダーボール作戦』のラルゴを演じさせ、自分は右手にボンド、左手にイリアで人形劇の主人公となり、徹底的に悪者を退治したはず。
ま、そういうギルバートのハンドパペット・イリヤを、やっと見つけ出したのでした。
a0077842_21464493.jpg
けっしてソフビが年とともに硬化したわけではないでしょう、この厚み、この構造では、宣伝文句にあるようなリアリスティック・アクションなど到底ムリ。
プライアブル(柔軟で曲げやすい)ビニール・マテリアルなんていってるけれど、前方屈伸が関の山だ。
とかなんとか、批判じみたことをいう気は毛頭ございません。
ひとえにこういうオモチャが少年向けに作られた1960年代にクスッとなるってこと。
そういう気分が好きで留之助商店はイマモチャだけでなく、60年代アメリカの少年トイの宝庫も目指しているという、報告でした。
by tomenosuke_2006 | 2008-05-11 22:20 | ムカシモチャ
2008年版、それ行けスマート。
a0077842_1182759.jpg
SPY-TV全盛の60年代に登場し、およそ5年間、ぜんぶで138話も作られた傑作パロディ番組Get Smart『それ行け、スマート』が、『40歳の童貞男』のスティーヴ・カレルと『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイのコンビでリメイクされ、日本のことは知らないけれどアメリカではこの夏公開になる。
で、そのたった75秒の予告編を観ただけで大いに笑ちゃって、タイトルとテーマ曲を借りただけの別物映画『ミッション・インポッシブル』や『アイ・スパイ』とはまるでちがういい感じなんで紹介したくなったのだ。
3年前にSIDESHOWから発売された絶版12インチのマックスウエル・スマートとチーフも店主の趣味で在庫しているし、そのセールスもかねようかと思いながら、さて、何から書きはじめていいものか。
SIDESHOWから12インチが出たのはオリジナルのスマート俳優ドン・アダムスが82才で他界した2005年だったけれど、追悼の意味があったかどうか詳しくは知らない。
悲報を聞いて真っ先に思ったのは1981年の劇場映画The Nude Bomb『それ行けスマート/0086笑いの番号』や1989年のTVムービーGet Smart Again!『それ行けスマート/世界一の無責任スパイ』(いずれも日本ではビデオ公開)が、悲しいかな少しも面白くなかったことだった。
a0077842_1302683.jpg
81年版はスマートのパートナーの99号役、バーバラ・フェルドンが出ていないのがさびしすぎたし、エマニエル夫人のシルヴィア・クリステルがなけなしのお色気を振りまいていたことが印象に残るのみ。
89年版は、みなさんお年を召されて精彩を欠き、ご年配専門のカラオケ・レパートリーよろしく、一部で盛り上がるだけの懐メロ劇場と化していた。
いちばんの原因は脚本だろうと思ったりした。
全編をユーモアらしきもので塗り固めても、どれもこれも60年代の複製ばかり、お笑いに焼き直しは利かないんだよ。
脚本家がまず自分のアイディアに笑い、その脚本を読んだ監督や俳優が腹をかかえて笑う、で、みんなで噴き出しそうになるのをこらえながらドラマに仕立てる。
幸福で楽しい現場の様子さえ感じさせてくれる出来立て、撮り立て、ホッカホカの笑いが、TVの『それ行けスマート』には満ちていたのだ。
なんたって原案・脚本が当時、天才の出現と騒がれ、いまでは押しも押されもしない映画界の大御所のバック・ヘンリーとメル・ブルックスなんだから当然か。(なんか話が長くなりそうな気配)
a0077842_1573970.jpg
さっと流すけれど、バック・ヘンリーは『卒業』(1967)や『イルカの日』(1973)の脚本のほかに『天国から来たチャンピオン』 (1978)を監督しているし、メル・ブルックスは『ヤング・フランケンシュタイン』 (1974)や『スペースボール』 (1987)など数々の名作パロディの脚本監督で有名だ。
さらに付け加えるならバック・ヘンリーの『卒業』でミセス・ロビンソンを演じたアン・バンクロフトがメル・ブルックス夫人であり、そのアン・バンクロフトが舞台女優ケンドール夫人を演じたデイヴィッド・リンチの『エレファントマン』(1980)はメル・ブルックスがプロデュースした。
つまりリンチを見出し、メジャー監督として大成するきっかけをつくったのはプロデューサーとしても辣腕なブルックスその人なのだった。
そんなことより、2008年版『それ行けスマート』の脚本は店主未見の『恋するレシピ 理想のオトコの作り方』(2006)のコンビ、トム・J・アッスルとマット・エンバーだけど、バック・ヘンリーとメル・ブルックスのような屈指の映画人になれるかどうか。
a0077842_16385578.jpg
少なくとも予告編にみる新スマート役のスティーヴ・カレルは、映画史上もっともトンマなスパイのマックスウェル・スマートと絶妙の化学反応を起こしたみたい、若かりし日のドン・アダムスの気配を漂わせている。
脚本の出来もいいんじゃないかしら、きっと。
99号役のアン・ハサウェイもコメディの分かるお利口さんだし、往年のバーバラ・フェルドンのように清楚でチャーミングだし、これまたいいんじゃないでしょうか。
次々にコミックを映画化したり、外国映画や昔のヒットTVをリメイクしてアイディアが尽きたといわれるハリウッドだけれど、きちんと作ってくれたら文句はいわないよ。
たぶんどこかで『0011ナポレオン・ソロ』の映画化の話も進んでそうだね、コワイねぇ。
ちなみにオリジナル99号のバーバラ・フェルドンはナポソロTVの第1シーズン25話The Never-Never Affair『拾った危機』にゲスト出演している。
またウィキペディア・フリー百科事典のメル・ブルックスのページで、ブルックスが『それ行けスマート/0086笑いの番号』の脚本家として紹介されているけれど、それは間違い。
英語でいうところの“based on characters created by”、つまり“彼の創作したキャラクターに基づく”という意味だからね。

面白い写真を見せてあげる。
by tomenosuke_2006 | 2008-01-05 18:04 | TV・映画・ビデオ
留之助ホームページ、3ページだけ追加しました。
右の「Hot Page/出来立てページ」をクリックいただければ変で普通でないモノコーナーの中の「スパイモチャ」特集へ飛びます。
ジェームス・ボンド、ナポレオン・ソロ、イリヤ・クリヤキン・・・60年代スパイ・ブームが生んだ米国少年玩具の数々をご覧ください。
各商品にリンク予定の値段や詳細をご案内するページも完成間近、いましばらくのお待ちを。
a0077842_2133429.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-04-26 21:46 | ムカシモチャ
0011のメンコ。
a0077842_164114.jpg
右下にMADE IN JAPANとあるのに、その左にはSINGAPOREねぇ。
左のA-3のとなりの文字SOLE AGENTとは独占代理店というような意味だから、シンガポールのTHONG SOON & CO.(トン・スーン社)がライセンスか何かを持っていて、日本のどこかが印刷したってことかなぁ。
ま、とにかく来年最初のプロジェクトというか、お遊びは、0011ナポレオン・ソロのP38アンクルタイプ(ハンドガン)とアンクルカービン。
そんなわけで資料を整理してたら、箱の中からこんな裁断まえのメンコが出てきた、と。
しかも2種類。
むかしむかし、1980年代にLAのメルローズ・アベニューにあったノスタルジー・ショップで見つけたヤツ。
我ながら、物持ちのよさには感心。
今度、額装してお店に出します。
a0077842_16422758.jpg


007のメンコも。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-29 17:22 | ムカシモチャ
えっ、40年?
平和なタッチがとてもなごめて、店主、クセになってるブログ猫のしっぽのねこおやじさんとお話する機会があって、流れでアウターリミッツの話題になったんだけれど、なんとご存知ないんです。
というか、ねこおやじさんが生まれてまもないころのTV番組だったんですね。
店主、53才という年齢を記号では理解してるんだけれど、年相応の生き方というか、自覚が曖昧で、気の合う知り合いは全員が年上でも年下でもなく、お友だち(同じ穴のムジナ)のつもりでいるから、こういうとき自分だけ年喰ってんだなぁと、しみじみ思い知るわけです。
a0077842_19254225.jpgだから、たまにお世話になるアメリカのキワモノ通販サイトMonster In Motionから0088/ワイルド・ウェストのDVDの案内メールがきて、パッケージの写真に40周年記念なんて文字を見つけたりすると、28才の店長と兄弟のつもりでいるけれど、むしろ親子関係に近いんじゃないかと。
店主少年時代のムカシモチャや時代物家電なんかも、イマモチャといっしょにセールスさせてるけれど、これって店主の趣味を押し付けてるんじゃないかと。
でも、しょうがないかと。
なわけで、ねこおやじさんも店長も絶対観たことのない0088/ワイルド・ウェストの話、この機会に勝手にさせていただきます。

0088はウィル・スミスとケヴィン・クライン が共演した1999年のどーでもいい映画ワイルド・ワイルド・ウエストの元ネタとなった1960年代の傑作TVシリーズである(60年代のTVシリーズはぜんぶ傑作である)。
店主、いまだにテーマ音楽を口ずさむことだってできる。
くらい好きだった。
ほんというと0011ナポレオン・ソロより0088の方が断然好みだった。
西部劇なのにスパイもので、SFチックな色合いきわめて濃く、毎回出てくる秘密兵器は独創的。
荒唐無稽な内容ながら、けっしてお笑いに走らず、しかも子供に媚びないところがよかった。
主人公演じるロバート・コンラッド(あとになって知ったのだけれどブルース・リーの弟子だった)の空手アクションがまた、みものだった。
あのナヨナヨがいいという人もいるけれど、ソロやイリヤの立ち回りシーンがOKAMAのダンスに思えるくらい、0088は迫力があった。
0088は0011と同じく、本家007にあやかり日本のTV局が勝手につけた番号で、そういえばあのころ“00”ものが流行ったような。
本家の“007危機一発”が大ヒットすると、バッタが得意のイタリアは堂々と原題に077を冠した“077連続危機”なんていう映画を作ったし、“00H/その時一発”なんていうイギリス映画もあった。
日本映画だって負けじと“006は浮気の番号”を公開したりした。
まぁそんなことより、0088だ。
いろいろ覚えてるぞ。
人間を喰う屋敷の話、フランケンシュタインのように死人を蘇らせる話、タイムマシンが出てくる話、絵画の中の二次元世界での闘い、脳に特殊な物質を埋め込み笛で操る人間ロボット軍隊の話。
アメリカ征服を企てる秘密組織が次々に登場し、ミサイルやロケット、果ては空飛ぶ円盤や巨大ロボットイカまでこしらえて主人公コンビに迫るのだ。
準レギュラーのようにたびたび出てくる敵キャラが、またよかった。
中でも忘れられないのが小人のマッドサイエンティスト、ミゲリート・ラブレスで、シリーズ途中で成仏したはずが、ファンの惜しむ声に死の世界から呼び戻されてしまう。
で、とりあえずDVDは注文することに。
けれど本当は吹き替え版を観てみたい。
主人公ジム・ウェスト役の声優、野沢那智(0011のイリヤ役)もさることながら、相棒アーテマス・ゴードンを演じた大塚周夫のダミ声が懐かしい。
どなたか0088の日本語吹き替え版ビデオか何か、お持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。
40年前にちょっとスリップしてみたくて、よろしくお願いいたします。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-03 20:17 | ムカシモチャ