タグ:トイガン ( 34 ) タグの人気記事
H・G・ウェルズ・チックなブラスター。
APLLEのブルートゥース・キーボードを愛用しているけれど、キーを叩くたびにカシャカシャと音が跳ね返ってきたあのメカニカル・キーボードを懐かしく思うことがある。
何事につけ、ハイテク・デザインの素っ気なさが、たまにつまんなくなるのだ。
で、アメリカの物好き職人さんがオークの硬木をふんだんに使って作り上げたヴィクトリア調のキーボード&マウスを見つけたときは、狂喜したものだ。
酸化皮膜処理のアルミニウム・ボディとは対極の素材と外観、タイプアームが下から跳ね上がりインクリボン越しにアルファベットを印字する大昔のタイプライターそっくりの丸いキートップが愛らしく、木のコブの紋様もすこぶる美しい、まるで探し求めていた理想の女性に巡り合えたような感動とでもいおうか。
さっそく自分用に1台取り寄せ、ついでに日本での受注窓口を引き受けることにしたのだった。
a0077842_1814029.jpg
最近、くどいデザインが気になる。
H・G・ウェルズ原作、ジョージ・パル製作の1960年の映画『タイム・マシン 80万年後の世界へ』に出てきた時間旅行機(上の画像)のような、主に木と鉄で組み上げられたムダに装飾的な機械、動力は小型発電機か蒸気機関。
あるいは電線や碍子や真空管に傾倒し、過剰に発展させた空想の発明品。
放射能汚染や公害もなく、明日が文字通り明るい日だと誰もが信じて疑わなかった時代の未来的なるデザインに心癒されるのだ。
SFの世界では産業革命の原動力となった蒸気機関が、現実の歴史の絶頂期のありようを超越して発展した技術体系や社会を描く作品をスチームパンクと呼んでいるけれど、オモチャだって然り。
たとえば産業革命発祥の地イギリスのアーティストDoktor Aの作品などはスチームパンク・モチャの代表なのである。
そんな同じイギリスで今度はスチームパンクな未来銃のシリーズが発表された、となると見過ごすわけにはいかないのだ。
Colonel James Fizziwig(コロネル・ジェームス・フィジウィグ)と名付けられたBlasters & Disruptor(ブラスター・アンド・ディスラプター)シリーズで、ポリレジン製無可動銃に専用のディスプレー・スタンドが付属する。
詳しくは品物が届いてからじっくり紹介するとして、まずは下のフライヤーで期待に胸を膨らませていただきたい。
a0077842_20414691.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-18 23:59 | Sci-Fi Classicモチャ
君はO.M.A.を知っているか!?
ひさしぶりのムカシネタである。
1964年、学年別だったか、クラスごとだったか、家庭科室のカラーテレビを囲んで毎日1時間ぐらい、東京オリンピックの実況中継を観るのが楽しみだった。
っていうか、テレビ観戦で授業がつぶれるのがうれしかった。
そんな小学5年生の頃、じつは第一次アニメブームとも重なる至福の時代を謳歌していた店主のオモチャ・ライフといえば、1個50円の今井科学製プラモデル『狼少年ケン』や『伊賀の影丸』や『8マン』や『忍者部隊月光』などのぜんぜん似ていないマスコット・シリーズをはじめ、ワンランク上の、当時風にいえば“デラックス”な『鉄人28号』や『鉄腕アトム』や、なぜか主役の『ビッグX』より先に発売された敵役の『V3号』といったロボット・シリーズを、セメダインがはみ出さないよう必死にきれいに組み立てることだった、成功したためしはなかったけれど。
それと、父に買ってもらったMattel製のトミーガンを握りしめ、『コンバット』のサンダース軍曹になりきったりもした。
つまり人形に鉄砲、いまも昔も、あまり代わり映えしない人生を送っていることになる。
a0077842_2120218.jpg
もし日本に輸入されていたなら、オモチャ好きの父のことだから子供用といういつもの口実で買って来たにちがいないのが、アメリカのメーカーTopper Toysから東京オリンピックの年に発売されたJohnny Seven O.M.A.(ジョニー・セブン・オー・エム・エー)。
人気のMattel製トミーガンを凌駕する『コンバット』ブームが生んだ究極のトイガンなんである。
ちなみにジョニー・セブンとはTopper Toysの少年用玩具のマスコット・キャラクターで、少女版のPenny Brite(ペニー・ブライト)や赤ちゃんのBaby Brite(ベビー・ブライト)なんて子もいた。
一方、O.M.A.とはOne Man Army(ワン・マン・アーミー=一人軍隊)のイニシャル。
何とこの銃はオートマチック・ピストルをはじめ、マシンガン、連発ライフル、対塹壕ミサイル、徹甲弾、対戦車ロケット、手榴弾を装備して、1挺7役をこなす万能兵器なのだった。
a0077842_22144634.jpg
1980年代にLAで開催されたアンチック・ショーでO.M.A.をはじめて見た。
子供のオモチャにしては大柄で盛りだくさんの仕掛け、これを持てば無敵になれそうな“勇気”溢れるデザインが大いに気に入った。
オリジナル・パッケージも程度良く、パーツやアクセサリーもすべて揃ったミント・コンディションで、問題はただひとつ、とんでもない値段だったということ。
財布とにらめっこしながら、涙を呑んであきらめた。
以来、O.M.A.への憧れは年を追うごとに強まり、数年前からeBayをチェックするも、一部欠品ありとか、外見は完全だけれどランチャーが壊れているとか、箱がないとか、なかなか良品に巡り合えないでいた。
が、辛抱強く待った甲斐あって、ついに3週間前、奇跡の完品を発見、激戦の末に落札できたのだ。
よく見れば『エイリアン2』のパルスライフルにそっくり、っていうかパルスライフルがO.M.A.に似すぎている。
ジェームス・キャメロン監督が60年代のトイガンを参考にしたかどうかは分からないけれど、マシンガンとポンプアクションのグレネードランチャーを装備するパルスライフルより、ずっとこっちのO.M.A.の方がエイリアン退治には威力を発揮しそうな感じなのだ。
そのスゴさは当時のTV-CMでご確認を。

注)ほぼ完ぺきなかたちのパッケージに収まったピッカピカのJohnny Seven O.M.A.は、店主のコレクションのため、販売の予定はございません。



More: O.M.A.の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-03 23:59 | ムカシモチャ
2倍サイズの手榴弾も同時発売です。
お待たせしました、ついにドイツの出版社Gestalten(ゲシュタルテン)製模造銃の発売です。
安心安全なパルプ100パーセントの既報の3大マシンガンM4A8、MP5、UZIに加え、なんと実物の2倍(幅21センチx高さ30センチ)はあろうかと思われるMills bomb(ミルズ型手榴弾)もいっしょに入荷しました。
ところでアメリカ軍が第二次大戦で使ったマークII手榴弾はパイナップルのニックネームで呼ばれたものですが、この第一次大戦時のイギリスに誕生し、マークII手榴弾のお手本にもなったといわれるミルズ型手榴弾をですね、特大サイズで再現したこちらのペーパークラフトは、まさしくよく育った本物のパイナップルに匹敵し、やけにポップなんですよ。
店主に工作の腕があれば、組み立てて机の脇にでも飾りたいくらい。
a0077842_1314392.jpg
紙製兵器の書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Paper+Craft/
手榴弾の商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/NADE/
by tomenosuke_2006 | 2009-12-27 01:39 | 書店入荷新着情報
出版会社が製造した兵器である。
Colt M16のコンパクト・バージョンであり、1960年代、合衆国海兵隊の標準武装銃として悪名をとどろかせ、ついにはベトナム戦争の拭いきれない悲しみのシンボルとなったM4A8。
その精巧な模造銃の但し書きには"for ages 18 and up and is for experienced crafters!"とある。
つまり18才以上ならだれでも買えるそこらのエアガンや電動ガンではないのだ、これを我が物にしたくば経験豊かな工芸技能を要する。
a0077842_8433893.jpg
去年好評を博したAK47・ペーパーガン・モデル・キットに次いで、ドイツの出版社ゲシュタルテンが新たに3種の長モノを投入してきた。
そのひとつが先述のM4A8であり、ドイツのヘッケラー&コッホ (H&K) 社が対テロ特殊部隊向けに開発したマシンピストルMP5と、イスラエル初の国産兵器として1951年に陸軍中佐ウジール・ガルが完成させたマイクロマシンガンUZIである。
ペーパー・クラフト作家のPostler Fergusonの精密な仕事ぶりが、実銃と紛う方なき完成度を実現し、結果、製作難易度を高めている。
当店で前作のAK47を購入された方が首尾よく完成させたという話は聞いていない。
あのexperienced crafterでもある榎本店長ですら挑戦したいと言いながら、まだ手付かずだ。
よって、どれほどの技能を要するのか具体的に語れないのが残念である。
殺人兵器の姿をかりた、踏めばグシャリとなる真っ白の紙細工に、殺伐とした世界情勢への嘆きと平和への強い思いを感じるのは店主だけだろうか。
ペーパーガン・モデル・キットの新作は11月下旬に入荷の予定。
a0077842_10181389.jpg
AK47 書店にて発売中→http://tomeshoten.exblog.jp/9458005/
by tomenosuke_2006 | 2009-10-29 10:24 | 書店入荷新着情報
マテルのエージェント・ゼロが揃う店。
アンクルホルスターの第2期生産分の発送も無事終了し、キャンセルのあった“イリヤ・クリヤキン・タイプ/右利き用/Mサイズ”1点(希望者募集中)を残し、すべて完売しました。
ありがとうございました。
ナポソロ・ファンのみなさん(おおむねご年配)からはお褒めの言葉をたくさん頂戴し、オモチャ屋冥利に尽きます。
そういうみなさんならご存じかもしれませんね、1960年代にスパイ小僧をワクワクさせたMATTELのAGENT ZEROシリーズ、ギミックガンの数々。
留之助商店はじつはそんなムカシモチャがいろいろ揃う日本一のお店でもあるんですよ。
a0077842_2112783.jpg
申し遅れましたが、当店のコンセプトは少年時代の店主がかぶれた輸入玩具にはじまり、青年〜壮年期のSF映画グッズを経由して、晩年のアーバン・デザイナー・トイ(オブジェモチャ)に至るモチャ人生のありったけを詰め込むというもの。
オンラインでは新作オブジェモチャのセールスに明け暮れてますが、地道にこういうのを探してきては、物好きさんに紹介してるんです。
a0077842_2113935.jpg
どーです、MIB(Mint In the Box)なこのエージェント・ゼロ4種。
ついに長年探し求めたポケット・ショット(最上段右側)のシュリンクパック未開封品が手に入り、まとめて箱入り完品をお披露目することにしました。
すべて百連発の紙火薬を入れてパンパン撃てる式のキャップガンですが、もちろん未発火。
他にも程度いろいろのルーズ品など在庫しています。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくinfo@tomenosuke.comまでお問い合わせくださいね。
a0077842_21132321.jpg


More: エージェント・ゼロ、1966年のアド。
by tomenosuke_2006 | 2009-06-20 21:42 | ムカシモチャ
ブローニング・アンクルタイプを想ふ。
分相応をわきまえているつもりだから、誰かをウラヤムっていうことはほとんどないけれど、その昔、MGCのブローニング・アンクルタイプを手にとって見ただけでなく、自分専用をひと揃い購入され、スライドストップが壊れるまで遊んだとおっしゃるM in KYOTOさんのコメントには、そりゃもう強いジェラシーを覚えましたよ。
やはりそうだったんですね、あのチクワのような木製フォアグリップは前後し、銃のスライドそのものを動かして、先端の凹みに紙火薬を詰め込んだ真鍮カートをチェンバーに送り込む。
さすがMGCだ、こんなところにも小技が利いている。
当時、中学生の店主は京都新京極の“やまもと”から送ってもらったモデルガンと居合刀がゴッチャになったカタログのブローニング・アンクルタイプが載ったページを穴のあくほど見つめながら、丸めた人さし指と親指でセレーションをつかんで引こうとすると、あの幅広なスコープマウントがじゃまになりはしまいかと、マジ心配したものだった。
43年ぶりに合点がいった。
a0077842_12291156.jpg
a0077842_12292584.jpg
MGCのブローニング・アンクルタイプは、TVシリーズに登場したモーゼルの小型銃M1914の初代アンクルカービンをベースにしていたことは自明の理だ。
しかし中学生にそれが分かるはずもなく、およそ1年後に発売されたMGC製P38・アンクルタイプのカッコよさや、矢継ぎ早に発表される大型軍用銃に目がくらみ、ブローニングへの興味は完全に消失。
その後、グリップを変えただけのP38にアクセサリーてんこもりの中田商店製アンクルタイプや、ブローニング・ハイパワーを無理矢理アンクルタイプ風に仕立てた商品名サブマシンタイプでさえ手に入れたというのに、モデルガン人生最大の不覚はMGCブローニング・アンクルタイプを触らずじまいで終わってしまいそうな気配だということ。
あのチクワ・フォアグリップをガシャガシャやってみたかった。
中学3年生の秋の修学旅行で新京極の“やまもと”をはじめて訪れた時は、すでにブローニング・アンクルタイプはそこになく、記念にMGCのS&Wハンドエジェクター用純正木製カスタムグリップを500円で買って帰ったのだった。
a0077842_16385916.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-16 16:43 | ムカシモチャ
ブラスターのご先祖様、フォーセールです。
一昨日ポストしたばかりのGo Heroによる1930年代の分厚いブリキ製トイガン、Buck Rogers Atomic Disintegrator Pistolの完全レプリカ入荷につき、発売いたします。
ダイキャスト・エンブレムが象眼された木箱の中はアトミック・ピストルのカタチに抜いたモールド加工の内装、なんという高級仕様だろう、オリジナルパッケージを復刻したスリーブに入る。
パッケージングだけでも学ぶもの、大です。
下に紹介するのはおよそ80年前のDaisy社製のオリジナル、いい感じに退色している。
さらにその下は同時期に発売された同じDaisy社製の廉価版、Buck Rogers Rocket Pistol。
やや小ぶりの中折れ式のスプリングガンで、引金を引くとスプリングが弾ける快音がする。
その音が“ザップ”と聞こえるところから、通称ZAP GUNの名で呼ばれた。
確か銃口に棒切れを突っ込んで打つと発射もできる、けっこう危ないオモチャだったような気がするが記憶はあやふや。
どちらもLA在住中の1980年代に手に入れたけれど、いまは名古屋市中区栄の国際デザインセンター内デザイン・ミュージアムの所蔵品になっている。
a0077842_17162921.jpg
a0077842_17164123.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-04-11 17:18 | ムカシモチャ
こういう趣味を共有できる人、何人、いるんだろう。
子どものころからSFやファンタジーやホラーや怪獣やコミック・ヒーローが大好きで、当然その種のモチャを買い漁り、気がつけばそんなのを仕入れてきて売ったり、作ったりを生業とする大人になっていた。
ビジネスとして成功しているかどうかは別として、傍目にはとても楽しそうな人生に見える、のがSteve Fordeじゃないかと思うわけ。
ウソかマコトか、赤ん坊のスティーブ・フォードがはじめて口にした言葉は「バットマン」。
絵の得意な少年で、高校・大学時代はオモチャ量販店のKay Bee ToysやToys "R" Usでアルバイトに精を出し、その後、アニメーター兼イラストレーター兼グラフィック&Webデザイナーとして活動しながら、2004年に好きなオモチャをデザイン-製作-販売するための自分のブランドGo Heroを立ち上げた。
手始めに日本の怪獣やロボットに熱狂した少年時代の夢をソフビで立体化、いずれも会社を前進させるに十分な成功をおさめたのだった。
a0077842_18333921.jpg
そして去年はじめ、ライセンスを取得しての商品開発をはじめたのだけれど、その最初の作品として発表したのが1/6サイズのアクション・フィギュア、Buck Rogersと彼の愛銃アトミック・ピストルだったからたまげた。
正確には1929年のPhilip Francis Nowlan(フィリップ・フランシス・ノーラン)の小説を1930年代はじめにDick Calkins(ディック・コーキンズ)が新聞連載のコミックにした時の出立ちそのままの精巧なフィギュア化であり、ピストルはそのコミックの大ヒットが呼び水となって作られた数々のオモチャの中でもいちばんハイエンドだったDaisy(デイジー)社製の光線銃の復刻なのである。
オールドファンならそのバック・ロジャース人形に感涙するだろう、ミントコンディションのアトミック・ピストルに1000ドルを投じることもいとわないビンテージトイ・コレクターならその復刻を大歓迎するにちがいない。
a0077842_1920108.jpg
が、スター・ウォーズより遥かむかし、スーパーマンやフラッシュ・ゴードンよりもっと古いスペース・ヒーローのモチャ化はいくら思い入れがあるとはいえ、秘境への大冒険である。
いずれも1000個の限定生産というけれど勝算はあるのか、けっして価格も安くはないぞ(現地価格175ドル)。
なんて心配したってはじまらない、スティーブ・フォードの中ではすべて解決済みだから、ついにアトミック・ピストルが入荷するのだ。
今後のラインナップも同様に恐れ知らずで、Buster Crabbe(バスター・クラブ)が演じた1936年の映画版フラッシュ・ゴードンやレイ・ハリーハウゼンのシンドバッドの1/6フィギュアが計画されている、うれしいような、こわいような、Go Heroが新作を作り続ける限り、ずっと付き合う覚悟でいる。
で、自分もスティーブ・フォードにあやかって、傍目に楽しそうな人になろーっと。
a0077842_1957084.jpg

1. メタル・プレス成型、メッキ仕上げ、銃側面に0001〜1000までの製造番号が刻印される。
2. 引金を引くと快音を発し、赤いセルロイドを貼った窓の内側で火花が散る。
3. レーザーエッチングでグラフィック処理されたマホガニー仕上げの木箱入り、フタには製造番号入りダイキャスト・エンブレム。
4. 箱内側は銃がピッタリ収まるモールド加工、バック・ロジャースの復刻ミニフィギュア付き。
5. 製造番号が付された保証書が付属する。

Buck Rogers DISINTEGRATOR PISTOL
by tomenosuke_2006 | 2009-04-09 21:16 | Sci-Fi Classicモチャ
人畜無害なフニャフニャのピストル。
店主が気を許すヌイグルミ作家はMichelle Valigura(ミッシェル・ヴァリギュラ)である。
抑えた色を好んで使い、題材が少年っぽいっていうか、男子とヌイグルミをデザインで結びつけるのがお上手。
このまえロボットだからという理由で仕入れてみたロボット・ガールは好評のうちに売り切れた(けど、お買い求めいただいた方のほとんどはロボット好きというより、ヌイグルミ好きの女性ではありました)。
ふだんは個展でワンオフのヌイグルミを発表しているミッシェルがロボット・ガールの次ぎに作ったマスプロダクツといえば、SDCC 2008のメタル製ベルトバックルのピストル・ペドロ(50部限定サイン入りアートプリント付き)だった。
そのピストル・ペドロもじつはヌイグルミが先に出ていた。
去年の春だったか、クリスマスまえだったか、VINYL TOY NETWORKの会場限定で売られ、いまではレアで異色なオブジェモチャのひとつに数えられているのだ。
それがこのたび、Concealed Weapon(コンシールド・ウェポン=隠匿武器)シリーズの第1弾として再登場することになり、ちょっとうれしいじゃありませんか。
グリップの色は変わったけれど、長さ約28センチの原寸大はあのときと同じ。
鉄砲好きの店主としてはこのフニャフニャのピストル、我が息子のように大切にしたいと思います。
a0077842_1853960.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-08-24 19:16 | イマモチャ
日本橋茅場町でレイガン(光線銃)を愛でなさい。
造型作家さかうえたけしa.k.a.mooomingさんが取り組んでいらっしゃるレイガンの数々が茅場町のレクトヴァーソギャラリーで展示中だ。
a0077842_13563918.jpg

グループ展
Figure Art Exihibition vol.1/立体造形アートの小宇宙
6月16日(月)〜6月28日(土) 日曜祝日:休廊

1930年代、世界恐慌の陰鬱な空気を払拭しようと生まれた科学万能の未来趣味。
機関車からささやかな生活雑貨にいたるまで、あらゆるプロダクツが流線型のシェイプをまとって現れることになった。
流線型こそはユートピアを夢想したデザインの最たるもの、最新のトレンドだったのだ。
知ってますか、丸顔でグラマラスな女優ジーン・ハーロウが持て囃される一方で、痩せてアゴの張ったキャサリン・ヘップバーンが時代遅れといわれて売れなくなったことを。
映画では連続活劇『フラッシュ・ゴードン』(1936)や『バック・ロジャース』(1939)などSFモノが流線型の見本市となった。
中でも架空のSF世界にしか存在しなかったレイガン、ヒーローが握りしめた光線銃こそは、少年たちの熱い視線を集めた、流線型がもっともよく似合う悪役退治のシンボルだった。
さかうえさんは、そんな架空の世界のプロダクツに魅せられ、現実のものにしようと創作に熱中している。
彼の言葉をかりれば「素材感やカラーリング等、製品的なリアリティと奇想のさじ加減に配慮しつつ、ファッションアイテム的な個性を放つ事をも目指して製作をしている」。
上の画像の赤いレイガンは近々量産の予定だとか、1挺、買うしかないでしょう。
また、彼のサイトには他にも夢のある造型作品が満載で必見だ。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-18 00:01 | プロップ