タグ:フレッシュ・ゴードン ( 9 ) タグの人気記事
フレッシュ・ゴードン・ピストル、鋭意出荷中
We are shipping Flesh Gordon Pistol now

保証書を化粧箱の裏におさめ、箱ごとシュリンクパックしました。
その箱の角にディスプレー・スタンドを置いて、いっしょにエアキャップで包み、それを専用の段ボール箱に収め、発送いたします。
a0077842_11391512.jpg
For international customer: We will deliver Flesh Gordon Pistol on November 27th if we don't receive your payment before November 18.
by tomenosuke_2006 | 2015-11-17 11:49 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストルの全貌、発売は6日(金)午後9時
Sale on November 6th 9:00pm JST

スピルバーグの映画『未知との遭遇』(1977年)のマザーシップのモデルメーカーとして一躍脚光を浴び、その後も同監督の『1941』(1979年)で精巧なハリウッド大通りのミニチュアセットを監修したグレッグ・ジーン
a0077842_6394582.jpg

▲ Steven Spielberg (left of front), Douglas Trumbull (center) and Gregory Jein (right).

その彼がまだ無名のころ、モデルメーカー兼プロップマンとして参加したパロディ・スペース・オペラ『フレッシュ・ゴードン Space Wars』(1974年)で作ったのが、このピストルである。
悪役ワン皇帝の手下たちが使用した。
最低予算ながら、アナログSFXの見せ場満載の怪作。
中でもこのピストルは映画のオゲレツさを象徴するものとして忘れがたいものがあるのだった。
店主とグレッグとは35年来の付き合いで、いまではロサンゼルス郊外でのどかに暮らす彼に、フレッシュ・ゴードン・ピストルの複製を作りたいと持ちかけた時は「こんなもの誰も買わないよ」と言われてしまった。
本当にそうなのか、もうじき結論が出るわけだ。
a0077842_761153.jpg
a0077842_7624100.jpg
a0077842_763674.jpg
これは、製作時間も製作費もほとんどない最低予算映画の現場で生まれたSci-Fi ピストルの突然変異種である。
その気楽な手作り感を再現することに全力を注いだ。
けっして滑らかでない表面処理、一部に残るモールド・ライン、ラフな塗装や仕上げなども、オリジナルの雰囲気に近づけた結果である。
もしあなたが留之助ブラスターのような精度を求めるなら、けっしてこれを注文しないでいただきたい。
11月6日(金)午後9時に予約を開始し、16日(月)から順次発送の予定。
限定30個、専用のディスプレー・スタンドとグレッグのサイン入り保証書が付属する。

ご注文はこちらから→http://www.tomenosuke.com/FleshGordon/index.html
a0077842_7292342.jpg
Gregory Jein was launched to fame as the modeler of the mothership in Steven Spielberg's movie "Close Encounters of the Third Kind" (1977) and later supervised the production of the exquisite Hollywood Boulevard miniature set in the movie "1941" (1979) by the same director.
When he was still relatively unknown, he participated as a model maker and prop man in the softcore porno/space opera "Flesh Gordon" (1974) for which he created this pistol. It was used by the troops under the antagonist, Emperor Wang. In spite of the low budget, the film was a masterpiece full of examples of excellent analog SFX. As a symbol of the low-class cheesiness of the film, this pistol is an unforgettable gem.
Greg and I have been friends for some 35 years. When I took the pistol to his home somewhere in the suburbs of LA hoping to make a reproduction, he told me, "No one would buy something like this." Whether that is actually the case, we will soon find out.
This is a sudden mutation on the usual sci-fi pistol created on a low-budget movie studio with virtually no production time or funds. We threw our energies into replicating that smooth and easy effect. What you see here in the uneven surface treatment, the mold lines left behind in parts, and the rough paint job are all part of our attempt to approximate the original prop.
If you want the fidelity of something like Tomenosuke Blaster, please do not order this item. Pre-orders begin at 9:00 PM on 11/6 and will ship in the order placed beginning on 11/16. Limited to a run of 30 items. Ships with a dedicated display stand and and Greg's signature certificate.

Order site→http://www.tomenosuke.com/FleshGordon/index.html

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-11-05 08:00 | 留之助オリジナルモチャ
これがフレッシュ・ゴードン・ピストルの箱絵である
This is it!

デザイナーでライターの高橋ヨシキさんにパッケージ・デザインをお願いしました。
色褪せて擦れた経年劣化の風合いが、1970年代の低予算スペースオペラを彷彿とさせて、申し分なしです。
というわけで、お待たせしました、ギャラリー・オープン記念フレッシュ・ゴードン・ピストル(俗称ポコチン・ピストル)を11月6日(金)午後9時に発売します。
この世紀のプロップガン関する詳細は、また後日。
a0077842_2185680.jpg
The talented designer and writer Yoshiki Takahashi designed the package. The rubbed texture with faded colors calls back vivid images of 1970s space opera and is very nice. So with that said, we are ready. The gallery opening commemorative Flesh Gordon Pistol will be released on November 6th at 9:00 am. I will send additional details on the toy in a future message.
by tomenosuke_2006 | 2015-10-31 10:20 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストルの保証書
Certificate of Flesh Gordon Pistol
a0077842_14534316.jpg

by tomenosuke_2006 | 2015-10-15 14:54 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストル用スタンド
Display stand for the Flesh Gordon Pistol

発売まで、いましばらくお待ちください。
a0077842_2382044.jpg
Please wait momentarily until the sales begins.
by tomenosuke_2006 | 2015-10-02 23:10 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストル、塗装前
Before coloring of Flesh Gordon Pistol
a0077842_1255932.jpg

by tomenosuke_2006 | 2015-09-17 08:39 | 留之助オリジナルモチャ
フレッシュ・ゴードン・ピストルの化粧箱用インナー
Inner for the package of the Flesh Gordon Pistol

留ブラOG以来、ずっとお世話になっている飛騨高山の箱屋ヒダシキさんが完璧なウレタン製インナーを作ってくれました。
あと、ピストル本体もさることながら、箱絵も大きなウリなんですよ。
a0077842_19315521.jpg
Hidashiki, a packaging factory in Hida-Takayama that has been assisting us since the Tomenosuke Blaster OG, created a perfect interior package design for us.
Another, since a replica Pisstol is not only looks nice but a package art is also a selling point.
by tomenosuke_2006 | 2015-09-08 10:28 | 留之助オリジナルモチャ
これも留之助ギャラリー・オープン記念
The second release of the Sci-Fi movie prop gun is expected at Tomenosuke

留之助商店が満を持して放つ、留ブラに次ぐSci-Fi・ムービー・プロップガンの第2弾!!
1980年代のハリウッド・ムービー・シーンで大活躍したモデルメーカー、グレッグ・ジーンが、映画『フレッシュ・ゴードン』(1974年)のために創作した宇宙銃の精巧なレプリカが近く完成する。
レジン・キャスト製、限定30個。
これもまた留之助ギャラリー・オープン記念モチャのひとつなのである。
詳細はのちほど。
a0077842_835730.jpg
The first release was Tomenosuke Blaster. The second release of the Sci-Fi movie prop gun is expected at Tomenosuke
The elaborate replica of space gun produced for the movie Flesh Gordon (1974) by Gregory Jein, who is the dominating model maker in the 1980's Hollywood movie scene, is nearing completion. Its production is limited to only 30 pieces that are each made of resin. This is also an exclusive toy of commemorate Tomenosuke gallery opening.
Stay tuned!


by tomenosuke_2006 | 2015-08-30 14:41 | 留之助オリジナルモチャ
ボツ。
留之助商店のサイトのトップページの右下に、“プロップレプリカ”の入り口が用意してあるのだけれど、そこに使っているハン・ソロのブラスターガンがいまいち普通すぎて面白くない。
で、これなら“変で普通でないモノ”にもひっかけられるしと、倉庫から見つけ出して、8月10日の再撮のついでに晋君に写してもらったのが下の写真(モザイク入り)である。
a0077842_147298.jpg
時は1974年。
SWが公開されるまえ、SF映画がキワモノとかゲテモノといわれ蔑まれていた時代に、ひと目をはばかるがごとくコッソリ公開された低予算のスペースオペラ映画があった。
その名もフレッシュ・ゴードン
アレックス・レイモンドのコミックスを映画化した1930年代の“フラッシュ・ゴードン”のパロディで、しかもソフトコア・ポルノである。
宇宙の彼方にあるエキサイト惑星から、人類をエッチにしてしまうポルノ光線が発射され、そのお下劣な企みを打ち砕かんと、我らがヒーロー、フレッシュ・ゴードンが恋人デールやジャーコフ(マスターベーションの意味、日本語字幕ではマスカキと訳され赤面しました)博士とともに、ポコチンロケットに乗って宇宙の旅に出る。
もう解説するのも馬鹿ばかしい内容だけれど、モデルアニメやミニチュアによる手作りのSFXは楽しめた。
で、上の写真はそのフレッシュ・ゴードン愛用の光線銃で、映画のミニチュア製作を担当した当時の美大生グレッグ・ジーン(その後、スピルバーグの“未知との遭遇”や“1941”のミニチュア部門を監督)が冗談半分で作ったもの。
それを店主が25年まえ、グレッグ本人から譲り受けていたのを思い出し、ピンクの色合いもよし、珍品の度合いからいっても過不足なしで、留之助商店のサイトのトップに使おうと思ったのだけれど・・・やっぱりやめました。
ワイセツすぎます。
同性ながら、見ていて恥ずかしくなります。
というわけで、これが最初で最後の本邦公開。
とくとご覧あれ、です。

18歳未満は見ちゃダメ
by tomenosuke_2006 | 2006-08-12 17:10 | プロップ