タグ:ブレードランナー ( 45 ) タグの人気記事
恒例モダニズム・ショー開催。
今年もサンタモニカのシビック・オーディトリアムでモダニズム・アートとアンティックの祭典Los Angeles MODERNISM Sow & Saleが開催される。
a0077842_183174.jpg
モダニズムとは伝統主義への挑戦状。
20世紀初頭から1930年代(日本でいえば大正末期から昭和初期)にかけて誕生した現代主義とか近代主義、あるいは新感覚派とか新興芸術派のことをいう。
店主はそういうモダニズムの“未来を夢想したデザイン”な感じが気に入っている。
とってもSFチックで型破りなところが好き。
それはテロや水爆、環境破壊や地球温暖化、飢餓やエイズなど予想だにしなかった時代の楽天的な未来趣味。
イエスタデーズ・トゥモローとか、過ぎ去った未来とか、レトロ・フューチャーっていう言葉で語られるアレだ。
「大切なのは伝統を否定するのではなく、伝統にとらわれないことである」とは、かのEkusonemot(エクソーンモット)の言葉、つまり好きにやれってことでしょ、座右の銘。
a0077842_18314561.jpg
さてと、このモダニズム・ショー、来たる5月4日の6時〜9時がゲイラ・オープニングナイト・パーティで入場前売りが90ドル(ネットでも購入可能)、当日が100ドル、もするけれど収益はぜんぶロサンゼルス小児病院に寄付されるんだとか。
期間は5月6日までの3日間で、通常の入場料は15ドルとなっている。
モダニズムに強いアメリカじゅうのアートディーラーが一堂に会する大イベント、ブレランのセットデコレーターが足繁くかよったLAのアンティック・ショップOff The Wall(オフ・ザ・ウォール)も出展者リストに名を連ねている。
おっと、言い忘れてたけれど、オープニングナイト・パーティの名誉ホストはジョニー・デップなんだって。
モダニズムに囲まれてハリウッド・セレブといっしょにシャンパン飲めるんだから、入場料100ドルは安いかもね。
a0077842_18323889.jpg

上のモノクロ写真は1927年のドイツ映画メトロポリスに登場した未来都市。21世紀初め、つまりいまごろをイメージしてデザインされた。バリバリのモダニズムである。
すぐ上のカラー写真はことあるごとに引用させてもらってるブレードランナー(1982)から、2019年のLAダウンタウンの夜。美術的にメトロポリスの兄弟分ってとこだろう。この映画をネオ・モダニズムと呼ばずして何といわんやである。


by tomenosuke_2006 | 2007-03-04 00:13 | ムカシモチャ
ブレランをめぐる暴言 1/3 「スコット監督の恋人」

はじめに映画ブレードランナーに関する記述は、4分の1世紀以上まえに店主がLA界隈で見たり聞いたりした話のおぼろげな記憶に基づいている。店主はブレランについて書かれた研究書や論文を推考したり、公開後もたびたび改編された完全版やディレクターズ・カット版を精査するような熱心なマニアではない。店主にとってブレランはそれがつくられた時、幸運にもその近くにいたという理由から、心情的にずっと共生する映画だった。ブレランをめぐる暴言と題するこの文章は、そんな映画についての回想と、商品化に関する最新の話題を併記した雑文に過ぎない。

a0077842_15102567.jpg

↑ 日本版スターログ1981年10月号より転載。映画ジャーナリスト時代の若き日の店主が寄稿した撮影現場レポートで、この記事が日本で最初にブレランを紹介した文章となった。


去年の秋、映画のマーチャンダイジングの仕事をしている知人から、長いあいだ闇の中にあったブレードランナーのライセンスが近くクリアになりそうだが、売れ筋はブラスターとスピナーぐらいだろうかと相談を持ちかけられた。
大量生産品にあまり興味のない店主としては、反対に意地の悪い質問を浴びせたものだった。
何が売れるかではなく、きちんと製品化する自信はおありかと。
ファンの知性を過小評価しては困る。
安易な態度は彼ら(我々)の気持ちを踏みにじるのに等しく、とりわけブレランほど世界中に研究熱心なファンを有する映画はないと力説せねばならなかった。
この映画の細部にいたる作り込みの深さは尋常ではない。
神秘的ですらある。
謎の迷宮は果てしなく続くようにも思われ、詳細を知りたいとの欲求がファンの結束を固くしている。
たとえばすべてが白日の下に晒されているSWとは次元が異なるのである。
a0077842_1350336.jpg

↑ 売れ行きが奮わなかったERTL社のダイキャスト・ミニカーのセット。その後、在庫整理のために単体ブリスター版が発売された。


映像とサウンドトラック以外の主なライセンスは映画出資者で組織されたThe Blade Runner Partnershipが管理していたが、映画公開後まもなく解散した。
玩具の商品化権がダイキャスト・ミニカーのERTL社ぐらいにしか売れず(SWのようなわけにはいかなかった)、加えてその売れ行きが奮わなかったこと、またBLADE RUNNER SKETCHBOOKなど関連書籍の翻訳権の引き合いが期待したほどなかったことなどが解散の最たる理由だった。
その後、4分の1世紀ものあいだほとんど放置されてきたようなブレランのライセンスなのだ。
稀に見る濃厚な世界観ゆえに魅力的なプロップデザインも数知れず、ガレージメーカーたちがそこに創作の可能性を見出したとしても不思議ではなかった。
優れた作品がアンダーグラウンドで芽を吹き、控え目ながら地上で開花することになった。
a0077842_1485633.jpg

↑ かつてゼネプロから正規品のポリススピナーのソフビキットが発売された。ディスプレー・モデルとしてだけでなく、タムテックとのコンパチも楽しめた。


ブレランはカメラが回り出すまでに何度も不運に見舞われた映画だった。
製作直前にアラン・E・ナースという作家が同名のSF小説を発表していることが判明し、多額のタイトル使用料が支払われることになった。
その問題が解決すると、今度は映画の独立プロ系製作会社フィルムウェイズが当初の製作費2200万ドルを徐々に削減しはじめ、ついには企画そのものを放棄してしまったのだ。
それが1979年12月、映画にはタイミングの問題がある。
スタッフやキャスト、スタジオのスケジュールなどがすべて考慮されて、ブレランは1982年6月の公開に向けて企画されていた。
プロデューサーはマイケル・チミノのディア・ハンターでアカデミー賞を獲ったマイケル・ディーリー。
13もの映画会社に協力を求めたが反応はかんばしくなかった。
1979年12月といえばハリウッドは天国の門の前評判で大作映画のリスクに対して神経質になっていた時期。
チミノのディア・ハンターをプロデュースした人物が、こともあろうにチミノの新作で意外なしっぺ返しを食う、そんな皮肉に見舞われたのだった。
1980年の1年間は出資者探しに費やされ、1981年3月、やっと独立プロダクション、タンデムとラッド・カムパニーの援助を取り付けることに成功した。
さらに香港の富豪、ラン・ラン・ショウの資金も投入されることになった。
その結果、これら出資者の複雑な力関係やライセンス・ビジネスに対する見解の相違により、いったん解散したThe Blade Runner Partnershipのような組織を再編することはほとんど不可能になってしまったのだった。
a0077842_15474726.jpg

↑ フューチャーカー/MEDICOM。1:18 scale、ファンメイドになるデカールを貼り付けクリアコート。バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2で使われた元スピナーを製品化する権利を取得、フューチャーカーという商品名で発売してブレラン・ファンを唸らせた。


ちょうどそのころだったと記憶する、ヴィデオドロームの準備に追われるSFXメイクアップ・アーティスト、リック・ベイカーの工房で店主はリドリー・スコットに対面した。
あのエイリアンの監督は店主がこれまで見たこともないような絶世の美女を伴っていた。
リックの言葉をかりれば、彼女はスコット監督の恋人だった。
同じ時期、遊星からの物体Xのクリーチャー部門を指揮していたロブ・ボーティンからスコット監督が美女とふたりで訪ねてきたと聞かされた。
リックとロブが語るスコット監督の訪問理由は、いずれも仔細な点にまで完璧を期そうとする当代切ってのヴィジュアル・スタイルストの有り様を裏付けるものだった。
本来なら、その程度の用事はプロデューサー補の仕事なのだ。
リックとロブのブレランへの参加は実現しなかったが、この出来事だけでも今度の映画がエイリアン以上に緻密な映像の集積になるに違いないと確信させられたのだった。
スコット監督からどのようなオファが2人にあったかは後述するとして、それより翌年、つまり1982年の春、ブレランの試写を観て店主はスコット監督の恋人の正体を知ることになる。
あのときの美女、一瞬目が合い、どぎまぎしてついうつむいてしまった店主の見た女性は、スネーク・ダンサーのゾーラを演じた女優ジョアンナ・キャシディその人だったのである。
つづく。

当店在庫より、その他のスピナー。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-28 20:15 | TV・映画・ビデオ
正式名称は、CS&T Worldcon Model。
クリスマスにグリーティング・メールをもらったあと、しばらく静かだったRichard Coyle氏から新作に関する連絡が入ったのはおよそ3週間まえのこと。
「満を持して放つ」という言葉がぴったりの最新作CS&T Worldcon Modelは、まず15挺が製作され、いまからおよそ1週間後、幸運なコイル・ブラスター・ファンに向けて発送される。
その画像データがついいましがた届いた。
当ブログで公開する許可もいただいている。
新しいフレームに前バージョンのグリップを置いた興味深い写真(下)の他にぜんぶで4点、じっくり鑑賞してください。
a0077842_913478.jpg


その他の画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-15 09:10 | プロップ
完売御礼っていうか・・・
OFF-WORLD MFGといくつかの約束を交わして輸入したブラスターだったけれど、店主がいち早くebayで落札して手に入れた最初期出荷ものとは品質が幾分異なり、いろいろいい勉強させてもらいましたよ。
っていう話をして、完売御礼のご挨拶にかえますね。
最初期出荷ものは2丁、価格に見合った出来のよさと重量感に納得し、仕入れ原価をまんま開始価格にしてヤフオクへ出品、反響を計ってみたら。
リアクションは上々、向こうの強気の卸値と最低出荷数をのんで輸入することに決めました。
けれどね、届いたのは別物としか思えない品だったと。
塗装ムラがひどく、光沢の度合いが不十分で、クリヤーグリップ中央(手の平に当たる部分)のゲート(湯口)の処理はじつに甘い。
このまま売っちゃったら留之助商店の信用にかかわるぞ、っと。
なんたって留之助は店主のジィちゃんの名、汚すわけにはいかないのだ。
さらに細かく検品すると、発光ギミックが死んでいるものが2丁も見つかった。
店長と検討した結果、1丁ずつコンパウンドで磨き込みツヤムラを無くして光沢感を上げることに。
クリヤーグリップにいたっては、一度ばらしてバリを取り、ヤスリがけしたあとコンパウンド処理して仕上げる。
さらに、ゆるめに埋めてくれるはずだったバレル用の赤いキャップは、先方の説明によると手違いでアメリカ市場向けのものを日本に送ったとか。
取り外しにことのほか神経つかわなくてはならなかった。
a0077842_8102484.jpg

それと、シャレで作ったつもりのWORLD CON. ver.のボタンパーツも、いまじゃ本体を補う必須のサービスアイテムにせざるをえないと判断。
これだって量産するには過酷な手順を強いられる。
使用するレジンの量はわずか2グラム、極少量の2液混合の調整はとくにシビアで、その上、寒い冬だから硬化するのに30分以かかる、モールドはたったのひとつ。
真空脱法機なんてシャレた機械持ってないからレジンは手流しだし、気泡が入りやすくって3個に1個はNGとくる。
レジンを扱った人なら分かると思うけれど、シンナー以上に有害なキシレンが発生するから、エキストリーミリィ・デンジャラスなんだよね。
こうして複製されたボタンパーツはゲート処理〜洗浄〜ヤスリがけ〜塗装〜磨き上げ、仕上げる。
いい? 本体をコンパウンドで磨くことからボタンパーツの仕上げまで、お店の閉店後に店長ひとりが夜なべするわけだから、その上、いやでもキシレン吸って、ときには仕事場で気絶したみたいに寝込んじゃうことも。
んで、風邪もひきました。
そこで店主、決めたんです、店長がかわいくて。
これ以上、仕入れない、売らない、関わらない。
独占輸入の権利(なんていったって口約束だけみたいなものだけれど)は返上し、とにかく仕入れた24丁のうち不良品の2丁とフルカスタム用の在庫を2丁残して、販売終了とする。
おかげさまでOFF-WORLD MFGの修正版“留之助商店ver.”は、好評のうちに売り切れたのでした。
いまは向こうから届くはずの発光ギミックの代替えパーツを、あまり期待しないで待ってます。
っていうか、商談すすめてたときのような軽快なレスポンスなくなっちゃって。
クレームつけすぎたからかなぁ、とにかく店長待ち切れず、発光ギミックなおしちゃったのでした。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-27 09:30 | プロップ
SIDKIT製2005年版ブラスターキットWorld Con Ver.
また店長、デッカードブラスターをひとつ、仕上げちゃったよ。
本当は店主の最近の座右の銃(この前まではP38アンクルタイプ)、HWSのリペイント版ブラスターをもっとディテーリングする計画だったんだけれど、たった一晩でも手元からなくなるのイヤだって抵抗したもんだから、彼の提案で予定変更。
とっくに絶版になってるSIDKIT(イタリア)の樹脂製ブラスターキットをWorld Con Ver.化することに。
店長の受け売りだけど、このガレージキットはリチャードコイル版にかなり近い。
パーツ数も多く弾丸シリンダーの展開、ボルトのプルギミックも付いているけれど、パーツの精度や抜けはドッペルゲンガー製よりも劣り、組み立ての難易度は高めなんだって。
改造点を列挙するよ。
1.金属風塗装とグリップボディ黒仕上げ。
2.5つ目のLED再現および、その外周部分の加工。
3.グリップのクリヤー仕上げとコンパウンドによる磨きこみ。
4.レーザーサイト風パーツの先端と後ろにクリヤーグリーンパーツを組込み、全体の位置を少し傾ける。
5.ステアーマガジン部の左サイドにビスパーツを2本追加。
6.横に飛び出た白いコードを追加。
7.当店特製ボタンパーツの追加。
以上、まぁ見てくださいな。
a0077842_9332199.jpg
あなたの樹脂製ブラスターがオモチャに思えてきそうな気配でしょ。
店長、これだけは言っといてほしいって。
つまり、今回のキットは完全ワンオフのデモンストレーションだけれど、希望者がいれば販売もオッケー。
当店直輸入のOFF-WORLD MFG版を使ったカスタム製作なら、もう大歓迎だって。
興味がおありでしたら留之助ホームページ経由で店長宛にメールか電話で、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-18 10:07 | プロップ
かんべんしてくださいよ、OFF-WORLD MFGさん。
a0077842_1355236.jpgフェデックスから電話があって、OFF-WORLD MFGのデッカードブラスターが税関で止まってる。
中にインヴォイスが安いのと高いのと2種類入ってて、どっちが本当だってことになったらしいよ。
もし安い方なら、それを証明するものを提出しろだってさ。
遅配になるのはイヤだし、しょうがないから高い方だって伝えたら、今度は高いのと安いのを足した値段に税金かけるといわれて、もう、怒れるよね。
誰にって、OFF-WORLD MFGだよ、まったく。
高い方は正規の値段(たぶん)、安い方は節税用の値段。
節税用のインヴォイスって、うちみたいな細々営業の輸入業者にとっては苦肉の策だよね。
もちろんリスクはあるよ。
もし品物が壊れたりしたら、申告した値段でしか保険金は支払われないからね。
でも、小売業は税務署とちがって消費者の味方だから、お財布の負担を軽くするためには多少の冒険はいとわない。
とにかくOFF-WORLD MFGにはそこらへんのことを言い含めたはずなのに、箱の奥からもう1通、いらないインヴォイスが出てきた。
2種類あれば、そりゃ、問題視されちゃうよ。
いいかい、決済はpaypalだから商品代金に送料足して5パーセントの手数料とられるんだし、そこへ高いのと安いの足したダブルの商品代金に3パーセントの関税と3パーセントの消費税がオマケでついてごらん、Monsters In Motionで買うのとそんなに変わらない値段になるじゃない。
送料がちょい浮くぐらい?
商人(あきんど)は言うよね、こちとら遊びで商売してんじゃないって。
でも、こうも言うよね、損して元とれ。
店主はどっちかっていうと後者の類いなんだろうけど、元っていつとれるんだろうって考えちゃうよ。
とりあえずあす月曜日、デッカードブラスター到着します。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-17 14:24 | プロップ
ひつこいようだけどOFF-WORLD MFG版ブラスター。
いまごろになってMONSTERS IN MOTIONからメールがあり、6月にオーダーした1個を21日以内に送るといってきた。
一度は在庫切れメール送ってよこしながら、変じゃない?
しかも21日以内って、どーゆー意味かしらん。
キャンセルしようとしたらクレジットカード決済されていて、いまさら面倒だし、この分だけは買うことにして11月のオーダー分はキャンセルしたいと申し入れた。
で、OFF-WORLD MFGの主催者Desmon Wilkerson(デスモン・ウィルカーソン)にそこらへんのいきさつを話したら、いろいろ事情が分かってきた。
MONSTERS IN MOTIONは在庫を持たないのが信条らしい。
たとえば今回のブラスターも早い時期から予約を募り、相当数の注文を確保しておいて、OFF-WORLD MFGが出荷スタンバイできたころ、予約注文者が登録しておいたクレジットカードの決済をする。
で、手っ取り早く決済できた分だけ、OFF-WORLD MFGへ出荷を要請。
これじゃ注文から発送まで、タラタラ時間かかるはずだよ。
しかも手数料の割高なアメックスでの注文は後回しになることも。
なんとリスク皆無なビジネスであることやら。
それに引きかえうちはいろいろと在庫の山で、見習いたいような・・・。
OFF-WORLD MFG版ブラスターはアメリカの法律に従いバレルに赤いキャップが埋めてある。
ムリに取り除こうとするとバレルそのものを痛めかねないシッカリ具合だが、当店へは緩めに加工したもの(この意味、お分かりですよね)が来週中に入荷する。
本日より、留之助商店ホームページの入荷新着情報で予約受け付けます。
例のマイナススクリューに被せる当店特製塗装済みキャップのオマケ付き。
よろしかったら、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-13 12:09 | プロップ
ロケットさん、お疲れさま!
きのう、日曜日、ついにロケットさんがデッカード・ブラスター用のカスタム・パーツを
届けてくれました。
直径10.7mm(サイドの肉厚0.2mm)と11.3mm(肉厚0.5mm)のキャップ型パーツ。
リチャード・コイル、ハートフォード、最新のOFF-WORLD MFGなど、ほとんどのブラスターのマイナススクリューのトップに被せられるよう、サイズ違いを2種類、これ以上ないと思われる精密さで完成させてくれました。
a0077842_9515422.jpg
a0077842_952126.jpg
当店にキット製作やカスタムペイントの依頼があった場合だけ、このパーツを使用したいと店長。
リクエストが多ければ販売も検討します。
ま、見てください、いい感じでしょう。
a0077842_9593162.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-12-11 10:00 | プロップ
ブレランついでに。
a0077842_135777.jpg
なんかスゴイのがebayに出てきましたね。
ミニチュア・ポリスビルの屋上部分にセッティングして実際に使用されたという1インチ(約2.5センチ)のスピナー、映画にクレジットされている信頼できる人物の保証書付きで、オークションの開始価格は1600ドル。
スピナー底部の写真を掲載しないのは、レプリカ・メーカーに簡単に真似されたくないためだと出品者。
けれど、見学なら大歓迎だって。
近くにお越しの節は、ぜひどうぞ。
ちなみに出品者はビバリーヒルズ在住です。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-10 01:07 | プロップ
もうひとつのブラスター、OFF-WORLD MFG版入荷。
11月22日の当ブログで最新のOFF-WORLD MFG版デッカード・ブラスターに触れたが、ついに現物が到着した。
クォリティは、高い。
リチャード・コイル版に近い造型で、コイル版よりやや厚めの仕上げ。
これもアリだと思う。
また、型抜き発泡スチロールの緩衝材を使ったパッケージも、じつに好感が持てる。
a0077842_2252699.jpg
店主は製作者に直接オーダーし、最初の出荷分のうちの2丁を定価で手に入れた。
同じものをMONSTERS IN MOTIONでも扱っているようだが、このサイト、注文だけはとっておいて、あとから平気で在庫切れのメールを送ってくるので有名だ。
店主も6月と11月にそれぞれオーダーを入れ、いったんは受理されたものの、その後、すぐに"We are sorry to inform you"ではじまるメールが届き失望したものだ。
とりあえずモノの良さは分かった。
2度目の出荷分のうちの何丁かを仕入れたいと思いメールするが、なかなか製作者からレスがない。
とりあえず今回入荷したうちの1丁を、仕入れ値に送料を足した原価でヤフオクに出してみた。
すでに非公開の質問や電話での問い合わせが何件も寄せられている。
デッカード・ブラスターの支持者って熱烈なんだなぁと、我が身を振り返りながら納得。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-09 23:20 | プロップ