タグ:ブレードランナー ( 42 ) タグの人気記事
完売御礼っていうか・・・
OFF-WORLD MFGといくつかの約束を交わして輸入したブラスターだったけれど、店主がいち早くebayで落札して手に入れた最初期出荷ものとは品質が幾分異なり、いろいろいい勉強させてもらいましたよ。
っていう話をして、完売御礼のご挨拶にかえますね。
最初期出荷ものは2丁、価格に見合った出来のよさと重量感に納得し、仕入れ原価をまんま開始価格にしてヤフオクへ出品、反響を計ってみたら。
リアクションは上々、向こうの強気の卸値と最低出荷数をのんで輸入することに決めました。
けれどね、届いたのは別物としか思えない品だったと。
塗装ムラがひどく、光沢の度合いが不十分で、クリヤーグリップ中央(手の平に当たる部分)のゲート(湯口)の処理はじつに甘い。
このまま売っちゃったら留之助商店の信用にかかわるぞ、っと。
なんたって留之助は店主のジィちゃんの名、汚すわけにはいかないのだ。
さらに細かく検品すると、発光ギミックが死んでいるものが2丁も見つかった。
店長と検討した結果、1丁ずつコンパウンドで磨き込みツヤムラを無くして光沢感を上げることに。
クリヤーグリップにいたっては、一度ばらしてバリを取り、ヤスリがけしたあとコンパウンド処理して仕上げる。
さらに、ゆるめに埋めてくれるはずだったバレル用の赤いキャップは、先方の説明によると手違いでアメリカ市場向けのものを日本に送ったとか。
取り外しにことのほか神経つかわなくてはならなかった。
a0077842_8102484.jpg

それと、シャレで作ったつもりのWORLD CON. ver.のボタンパーツも、いまじゃ本体を補う必須のサービスアイテムにせざるをえないと判断。
これだって量産するには過酷な手順を強いられる。
使用するレジンの量はわずか2グラム、極少量の2液混合の調整はとくにシビアで、その上、寒い冬だから硬化するのに30分以かかる、モールドはたったのひとつ。
真空脱法機なんてシャレた機械持ってないからレジンは手流しだし、気泡が入りやすくって3個に1個はNGとくる。
レジンを扱った人なら分かると思うけれど、シンナー以上に有害なキシレンが発生するから、エキストリーミリィ・デンジャラスなんだよね。
こうして複製されたボタンパーツはゲート処理〜洗浄〜ヤスリがけ〜塗装〜磨き上げ、仕上げる。
いい? 本体をコンパウンドで磨くことからボタンパーツの仕上げまで、お店の閉店後に店長ひとりが夜なべするわけだから、その上、いやでもキシレン吸って、ときには仕事場で気絶したみたいに寝込んじゃうことも。
んで、風邪もひきました。
そこで店主、決めたんです、店長がかわいくて。
これ以上、仕入れない、売らない、関わらない。
独占輸入の権利(なんていったって口約束だけみたいなものだけれど)は返上し、とにかく仕入れた24丁のうち不良品の2丁とフルカスタム用の在庫を2丁残して、販売終了とする。
おかげさまでOFF-WORLD MFGの修正版“留之助商店ver.”は、好評のうちに売り切れたのでした。
いまは向こうから届くはずの発光ギミックの代替えパーツを、あまり期待しないで待ってます。
っていうか、商談すすめてたときのような軽快なレスポンスなくなっちゃって。
クレームつけすぎたからかなぁ、とにかく店長待ち切れず、発光ギミックなおしちゃったのでした。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-27 09:30 | プロップ
SIDKIT製2005年版ブラスターキットWorld Con Ver.
また店長、デッカードブラスターをひとつ、仕上げちゃったよ。
本当は店主の最近の座右の銃(この前まではP38アンクルタイプ)、HWSのリペイント版ブラスターをもっとディテーリングする計画だったんだけれど、たった一晩でも手元からなくなるのイヤだって抵抗したもんだから、彼の提案で予定変更。
とっくに絶版になってるSIDKIT(イタリア)の樹脂製ブラスターキットをWorld Con Ver.化することに。
店長の受け売りだけど、このガレージキットはリチャードコイル版にかなり近い。
パーツ数も多く弾丸シリンダーの展開、ボルトのプルギミックも付いているけれど、パーツの精度や抜けはドッペルゲンガー製よりも劣り、組み立ての難易度は高めなんだって。
改造点を列挙するよ。
1.金属風塗装とグリップボディ黒仕上げ。
2.5つ目のLED再現および、その外周部分の加工。
3.グリップのクリヤー仕上げとコンパウンドによる磨きこみ。
4.レーザーサイト風パーツの先端と後ろにクリヤーグリーンパーツを組込み、全体の位置を少し傾ける。
5.ステアーマガジン部の左サイドにビスパーツを2本追加。
6.横に飛び出た白いコードを追加。
7.当店特製ボタンパーツの追加。
以上、まぁ見てくださいな。
a0077842_9332199.jpg
あなたの樹脂製ブラスターがオモチャに思えてきそうな気配でしょ。
店長、これだけは言っといてほしいって。
つまり、今回のキットは完全ワンオフのデモンストレーションだけれど、希望者がいれば販売もオッケー。
当店直輸入のOFF-WORLD MFG版を使ったカスタム製作なら、もう大歓迎だって。
興味がおありでしたら留之助ホームページ経由で店長宛にメールか電話で、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-18 10:07 | プロップ
かんべんしてくださいよ、OFF-WORLD MFGさん。
a0077842_1355236.jpgフェデックスから電話があって、OFF-WORLD MFGのデッカードブラスターが税関で止まってる。
中にインヴォイスが安いのと高いのと2種類入ってて、どっちが本当だってことになったらしいよ。
もし安い方なら、それを証明するものを提出しろだってさ。
遅配になるのはイヤだし、しょうがないから高い方だって伝えたら、今度は高いのと安いのを足した値段に税金かけるといわれて、もう、怒れるよね。
誰にって、OFF-WORLD MFGだよ、まったく。
高い方は正規の値段(たぶん)、安い方は節税用の値段。
節税用のインヴォイスって、うちみたいな細々営業の輸入業者にとっては苦肉の策だよね。
もちろんリスクはあるよ。
もし品物が壊れたりしたら、申告した値段でしか保険金は支払われないからね。
でも、小売業は税務署とちがって消費者の味方だから、お財布の負担を軽くするためには多少の冒険はいとわない。
とにかくOFF-WORLD MFGにはそこらへんのことを言い含めたはずなのに、箱の奥からもう1通、いらないインヴォイスが出てきた。
2種類あれば、そりゃ、問題視されちゃうよ。
いいかい、決済はpaypalだから商品代金に送料足して5パーセントの手数料とられるんだし、そこへ高いのと安いの足したダブルの商品代金に3パーセントの関税と3パーセントの消費税がオマケでついてごらん、Monsters In Motionで買うのとそんなに変わらない値段になるじゃない。
送料がちょい浮くぐらい?
商人(あきんど)は言うよね、こちとら遊びで商売してんじゃないって。
でも、こうも言うよね、損して元とれ。
店主はどっちかっていうと後者の類いなんだろうけど、元っていつとれるんだろうって考えちゃうよ。
とりあえずあす月曜日、デッカードブラスター到着します。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-17 14:24 | プロップ
ひつこいようだけどOFF-WORLD MFG版ブラスター。
いまごろになってMONSTERS IN MOTIONからメールがあり、6月にオーダーした1個を21日以内に送るといってきた。
一度は在庫切れメール送ってよこしながら、変じゃない?
しかも21日以内って、どーゆー意味かしらん。
キャンセルしようとしたらクレジットカード決済されていて、いまさら面倒だし、この分だけは買うことにして11月のオーダー分はキャンセルしたいと申し入れた。
で、OFF-WORLD MFGの主催者Desmon Wilkerson(デスモン・ウィルカーソン)にそこらへんのいきさつを話したら、いろいろ事情が分かってきた。
MONSTERS IN MOTIONは在庫を持たないのが信条らしい。
たとえば今回のブラスターも早い時期から予約を募り、相当数の注文を確保しておいて、OFF-WORLD MFGが出荷スタンバイできたころ、予約注文者が登録しておいたクレジットカードの決済をする。
で、手っ取り早く決済できた分だけ、OFF-WORLD MFGへ出荷を要請。
これじゃ注文から発送まで、タラタラ時間かかるはずだよ。
しかも手数料の割高なアメックスでの注文は後回しになることも。
なんとリスク皆無なビジネスであることやら。
それに引きかえうちはいろいろと在庫の山で、見習いたいような・・・。
OFF-WORLD MFG版ブラスターはアメリカの法律に従いバレルに赤いキャップが埋めてある。
ムリに取り除こうとするとバレルそのものを痛めかねないシッカリ具合だが、当店へは緩めに加工したもの(この意味、お分かりですよね)が来週中に入荷する。
本日より、留之助商店ホームページの入荷新着情報で予約受け付けます。
例のマイナススクリューに被せる当店特製塗装済みキャップのオマケ付き。
よろしかったら、どうぞ。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-13 12:09 | プロップ
ロケットさん、お疲れさま!
きのう、日曜日、ついにロケットさんがデッカード・ブラスター用のカスタム・パーツを
届けてくれました。
直径10.7mm(サイドの肉厚0.2mm)と11.3mm(肉厚0.5mm)のキャップ型パーツ。
リチャード・コイル、ハートフォード、最新のOFF-WORLD MFGなど、ほとんどのブラスターのマイナススクリューのトップに被せられるよう、サイズ違いを2種類、これ以上ないと思われる精密さで完成させてくれました。
a0077842_9515422.jpg
a0077842_952126.jpg
当店にキット製作やカスタムペイントの依頼があった場合だけ、このパーツを使用したいと店長。
リクエストが多ければ販売も検討します。
ま、見てください、いい感じでしょう。
a0077842_9593162.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-12-11 10:00 | プロップ
ブレランついでに。
a0077842_135777.jpg
なんかスゴイのがebayに出てきましたね。
ミニチュア・ポリスビルの屋上部分にセッティングして実際に使用されたという1インチ(約2.5センチ)のスピナー、映画にクレジットされている信頼できる人物の保証書付きで、オークションの開始価格は1600ドル。
スピナー底部の写真を掲載しないのは、レプリカ・メーカーに簡単に真似されたくないためだと出品者。
けれど、見学なら大歓迎だって。
近くにお越しの節は、ぜひどうぞ。
ちなみに出品者はビバリーヒルズ在住です。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-10 01:07 | プロップ
もうひとつのブラスター、OFF-WORLD MFG版入荷。
11月22日の当ブログで最新のOFF-WORLD MFG版デッカード・ブラスターに触れたが、ついに現物が到着した。
クォリティは、高い。
リチャード・コイル版に近い造型で、コイル版よりやや厚めの仕上げ。
これもアリだと思う。
また、型抜き発泡スチロールの緩衝材を使ったパッケージも、じつに好感が持てる。
a0077842_2252699.jpg
店主は製作者に直接オーダーし、最初の出荷分のうちの2丁を定価で手に入れた。
同じものをMONSTERS IN MOTIONでも扱っているようだが、このサイト、注文だけはとっておいて、あとから平気で在庫切れのメールを送ってくるので有名だ。
店主も6月と11月にそれぞれオーダーを入れ、いったんは受理されたものの、その後、すぐに"We are sorry to inform you"ではじまるメールが届き失望したものだ。
とりあえずモノの良さは分かった。
2度目の出荷分のうちの何丁かを仕入れたいと思いメールするが、なかなか製作者からレスがない。
とりあえず今回入荷したうちの1丁を、仕入れ値に送料を足した原価でヤフオクに出してみた。
すでに非公開の質問や電話での問い合わせが何件も寄せられている。
デッカード・ブラスターの支持者って熱烈なんだなぁと、我が身を振り返りながら納得。
by tomenosuke_2006 | 2006-12-09 23:20 | プロップ
デッカード・ブラスター続報。
a0077842_19454718.jpg
先日リペイントしたハートフォード版デッカード・ブラスターのバレル下(ステアー社マンリッヒャーライフルのマガジン部)に、榎本店長、今度は5つ目のLEDを増設した。
諸説いろいろあるが、グリーンのLEDを採用することに。
完成間近である。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-30 19:59 | プロップ
塗り立て
ハートフォード版デッカード・ブラスター(エアーガンVer.2)を榎本店長がリペイント。
実際はツートーンのメリハリがきいて、もっといい感じ。
まえよりズッシリ重くなったような錯覚に陥ってしまう良き仕上がりだ。
a0077842_19144942.jpg
a0077842_19233643.jpg

あとはLEDの追加だろうか。
専用スタンドも欲しい。
ステンレス製の特別なヤツ、知り合いの厨房屋さんに作ってもらおうかと思う。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-26 21:10 | プロップ
もうじき来る期待のブラスター。
TVっ子の中学時代にひとつ、その後の映画人生でもうひとつ、ずっと追っかけてる鉄砲がしめてふたつ。
店主は男子であるから、昔っから鉄砲が大好きなのだ。
で、はじめのひとつは、たびたび話題にしているナポソロ(MFU)のアンクルタイプ。
そしてもうひとつが、ブレードランナーのデッカード・ブラスターである。
前者はワルサーP38ベースのカスタムガンであり、各種アタッチメントを追加してカービン化できる変身銃の傑作。
後者はハンドガンのブルドッグとステアー社のマンリッヒャーライフルの一部を合体させた未来銃の最高峰。
一見共通点などなさそうに思われがちだが、いずれも・TV・映画という架空の世界、つまりoff world = オフワールドにのみ存在した銃であり、映画業界でいうところのエクスクルーシヴ・ステージガン(お芝居専用銃)なのである。
しかもとっておきの。
さらにこの40年前と25年前のふたつの銃に限り、それを正確に再現しようとする人たちがいまもいるということだ。(アンクルタイプについてはここの記事からリンク先を参照)
銃には標的を殺傷たらしめるという本来の目的があるが、同じ銃でありながらアンクルタイプとデッカード・ブラスターにはそれ以上のもの・・・ファンタジーが内在する。
武器としての効能を踏まえながらも、発想や外観はずば抜けて突飛であり、並の創造力では及ばない美と完成度を有している。
だからそれらを精巧に模倣せんとする人たちが現れても不思議ではないのだ、芸術作品を模写するが如く。
a0077842_13304784.jpg

今夏アメリカで開催されたWORLD CONVENTIONで初めて一般に公開され話題になった本物のデッカード・ブラスター。発火可能であり、アップの撮影にも耐え得るディテールを有した、いわゆるヒーロー・プロップ。現存する唯一のもの。上部のグレーに退色した部分やトリガー回りがそのままマンリッヒャーライフルを応用したガンメタ仕上げの鉄、ソリッドブラック部分の大半と琥珀色のグリップが樹脂、グリップ下のシルバー部分が磨き上げたむき出しの鉄で構成されている。


ブラスターである。
日本ではグッド・ビレッジ、 オズショップ、 アドベン、ジュピター(もんすたーえっぐ)さんたちによる長くて熱い模索の時代を経て、今年発売されたモデルガン・メーカーのハートフォード製ブラスターVer.2(エアーガンとモデルガンの2仕様あり)で一応の終結をみたように思う。
海外ではドッペルゲンガーとリチャード・コイルがいまも健在だが、とりわけハートフォードさんも参考にしただろう実物に最も近いと評判のコイル版は、現在Ver.4.8を数えるまでになった。
そのコイル版にはオールメタルのバージョン(Ver.5.0)もあるらしいが、店主、いまだに手にしたことがない。
ゆえに不完全な経験ながら、いまのところ見た目はレジンパーツを多用しているコイル版、握り心地は金属パーツたっぷりのずっしり重いハートフォード版がいちばんと思っていたら、なんと今夏、本物のブラスターが永い(25年)眠りから覚めて一般公開され、状況が一変してしまった。
ブラスターのレプリカでは第一人者といわれているリチャード・コイルその人が、自分のこれまでのブラスターはすべて間違っていたと潔く認め、決定版の製作を発表したのだ。
そしてここにもうひとつ、店主、気になってしょうがないアメリカOFF-WORLD MFG社の新作ブラスターの登場だ。
a0077842_137506.jpg

塗装処理前の新作ブラスター。金属と樹脂の使い分けは本物と幾分異なるが、かなり近い線まできている。


製品名はMODEL 2019 B.R.U. SPECIAL ISSUE。
ダイキャストメタル・パーツと、この種のレプリカでは初めてのABSプラスチック・パーツのコンバインモデル。
加工が比較的簡単で少量生産向きな反面、収縮性があり強度に乏しいレジン・プラスチックではなく、製造コストのかかるABSを使用したところに同社の強い意気込みを感じる。
また銃回りの刻印は、右面中ほどに“made offworld ”と鼻先に“ser. 0316”、左面に メーカーロゴと“L.A.P.D. MODEL 2019 B.R.U. 10MM CASELESS”の文字が施されている。
これまでのレプリカ・ブラスター製作者たちの刻印に対するこだわりを嘲笑うかのようなオリジナル仕様。
権利侵害を免れるためにガレージやアンダーグラウンドで作られてきたファンメイドのブラスターではなく、これはれっきとしたハイエンド・トイでありマスプロダクション=工業製品なのだという製作会社の強い意思の表れを感じる。
プライマリートリガー(グリップ側)可動、ボルトのプル&プッシュ、シリンダーのスイングアクション、4個所のLED発光など、要所はすべて押さえてある。
期待はつのる一方なのだ。
a0077842_1431994.jpg

11月末には入荷しそうなOFF-WORLD MFG社製の新作ブラスター。左上のダイキャストメタルのパーツ群を見るだけで、ずっしり感が伝わってくる。ちなみに本製品には右上の写真にあるような模擬弾は付属しない。


当店に入荷するのは2丁のみ。
榎本店長がこれまたブラスターファンで、彼の手になるブラスターの完成キットなどもお店で展示販売している。
その彼が1丁、買いたいなんて言い出すもんだから、店主もあきらめたんだからと諭して聞かせ、めでたく店頭にならぶことになりました(ひとつはヤフオクかな)。
現在、留之助商店では以下のデッカード・ブラスターを在庫しています。
1.オズショップ製キャストレジン・キット
2.アドベン製オールメタル・キット
3.ジュピター製のVer.1(グリップが不透明プラスチックの最初期仕様)
4.ハートフォード製モデルガンVer.1と2
5.ハートフォード製エアーガンVer.2
6.リチャード・コイル製Ver.4
7.リチャード・コイル版をベースにしたと思われるアメリカ製キット(LEDパーツ付き)
8.アメリカ製のキット完成品(榎本店長作/LEDギミックなし)
上記商品についてのご質問は榎本店長 tencho@tomenosuke.com までよろしく。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-22 15:16 | プロップ