タグ:マニアッ君 ( 5 ) タグの人気記事
既報のモチャ類、せっせと発売開始。
商いそっちのけでTOYS HELP USや、チャリティ・イベントに方向転換したMonsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展に熱中してるもんだから、回りからは事務局長のニックネームで呼ばれはじめた店主である。
が、マジで営業活動しないことには家賃や光熱水道費や給料や商店会費が払えない。
入荷した商品をさっさと売り出し、ひとりでも多くの皆さんに買っていただく(キャッシュに変える)、これ資本主義経済の絶対原則だし。
送られてきた荷物を開梱もしないで店先に積み上げたままじゃ、出入りもままならないし。
ということで留之助オンライン入荷新着情報をこまめにチェックされることをお勧めする。
とりあえずさっき、ハリウッドのアニメ監督Chris Sanders(クリス・サンダース)デザインのアロハ・メイリーの新色を売り出したので、どうぞよろしく。
素敵でお得なマニアッ君の4色セットなんかもある。
a0077842_0333898.jpg
マニアックのご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Maniac/
by tomenosuke_2006 | 2011-03-24 00:39 | 商店入荷新着情報
ワケアリっていうんですか、とにかく破格でご提供。
どこよりもフンダンに新作・新顔を発売するのをモットーにしているわりには、長らく飛騨高山を離れていたために思うようにならず。
留守中に届けられた荷物を本日やっと榎本店長とウキウキ開梱、ルンルン商品チェックした次第です。
で、さっそく夕方、留之助オンライン入荷新着情報に、これがラストチャンスの再入荷スティックメンや、埋もれていたマニアッ君の新色2体を並べました。
どちらも特価販売です、お見逃しなく。
a0077842_0454624.jpg
届いた荷物の中には一度も当ブログで広報したことがないものもございます。
たとえば有名なRunaway Brainの暴走ミッキー。
ただし当店のは広く普及しているメディコム製ではなくて、LAのショップ&メーカーSpan of Sunsetが3年前に発表し、ライセンスの関係で公式には輸入されなかった4つのカラーウェイからなるシリーズの、各150個限定のもっともレアだったキャンディフレーク(赤)とクロームの2種、全高19センチです。
アメリカ本国のDisney Hot House Design TeamのNikos Constant(ニコス・コンスタント)のデザインを、モチャの造型では定評のあるMonster 5が立体化した、いまでは伝説のフュギュアなんです。
ペットフードの箱を模した大きなケースが、これまた話題になりました。
3年前はTシャツのオマケが付いたのですが、こちらのモチャにはTがない代わりに破格のプライスとなってます、つまりワケアリ?
a0077842_1145489.jpg
ほかにも同じSpan of Sunset x Disneyモノの大好評だったBLOC28のミッキーマウスとNew Era 59Fiftyのセットも再入荷、のちほど、破格でご提供です。
ただしキャップのサイズは"7 1/4"の"S"サイズのみ、いわゆるワケアリ?

スパサンの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/i53/
by tomenosuke_2006 | 2010-10-28 23:59 | 商店入荷新着情報
新製品ではないですが、新入荷です。
いまさら説明は不要ですよね、The MANIAC by Skwak(スコォク)。
留之助が扱った最初のMINDstyleモチャであり(http://tomesyoten.exblog.jp/6058563/)、kidrobotから彼のオイルスリック・ダニーが発売されたときにはマニアッ君とのカップリング販売が好評でした(http://tomesyoten.exblog.jp/12168395/)。
が、あのカラフルなマニアッ君にはSDCC2007だけで売られ、一般小売店にはけっして回ってこなかった幻のオイル・ギトギト版があったんです。
カラーウェイの存在を知ると、ついつい全色極めたくなってしまう店主としては、じつはギトギト版のひとつ、ブルー・ブラック版をeBayで見つけ、口に出すのもはばかれる途方もない値段で落札しておりました。
のに、この度、デッドストックの入荷が決まったんですよ、ちょっとクヤシー。
しかももうひとつのヘベレケなブラック版とともに、定価を割るお求め安い価格でご奉仕できることに。
ということで入荷数が決定次第、予約を募りたいと思ってます。
a0077842_19331288.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-27 18:30 | MINDstyle 新製品情報
公害アートの旗手、スコォク。
a0077842_1095263.jpg
来月発売の3インチ・ダニー・フレンチ・シリーズの参加アーティストにSkwakの名前を見つけたら、彼のことセールスしたくなった。
絵のテーマは“公害”、じつにカラフルだけど、隅から隅までヘドロや突然変異した生き物でごった返し、中には“人”らしきモノも。
人らしきモノの特徴は皮膚が溶けていまにも流れ落ちそうな眼球と、頭蓋骨の鼻孔そのままのペッタンコな鼻でしょうか、1977年の『溶解人間』を思い出す。
土星探索へ出かけた宇宙飛行士が全身ドロドロ溶け出す奇病に冒されて帰還、ゾンビのように人を食い殺すっていう、アレです。
SFXメイクは駆け出し時代のリック・ベイカー、いい仕事してました。
a0077842_13463153.jpg
とくに青春の思い出に残るのは、こんなとこで魚釣はないだろうっていう水の濁ったショボイ小川の岸辺で、釣り人のオヤジが襲われるクダリ。
もぎ取られたオヤジの頭がプカプカ小川を流れ、滝というにはお粗末な3メートルぐらいの高さからズリ落ちて、こんなに人間の頭ってヤワだったっけ、グシャリと潰れる様をちゃんと見せる。
スコォクの公害アートのB級映画版な感じなのです。
その『溶解人間』にテーマを見出すのは難しいけれど、スコォクはちがう。
たとえばマニアッ君(左下)は環境破壊に警鐘を鳴らすヘドラの如き生き物だし、テレビヘッド(右下)は自ら傷んだ顔を晒しものにして、お茶の間のみなさんに自然の大切さを呼びかける。
じゃ、今度の3インチ・ダニーはというと、オブジェモチャなんかで遊んでばかりいるノーテンキなそこの君、このままだとあんたも溶け出すぞ、っと訴えているのだ。
a0077842_1347524.jpg
ちなみにマニアッ君テレビヘッドは在庫僅少・鋭意発売中。
地球の未来のために、あるいは懺悔のお供に、おひとつどうぞ。
海外ではスコォクの絵がみっちりプリントされたTシャツがヒット中だけれど、果たしてこのカラフルなTに秘められた憂いを知る人は以外に少ないのだった。
こちらはBEAUTIFUL/DECAYで発売中。
a0077842_13474320.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-01-13 13:51 | イマモチャ
一夜明けて、MINDstyleとご縁ができました。
今後、ホースリントン(下の記事)のメーカーさんMINDstyle(マインドスタイル)から発売されるオブジェモチャの新作を留之助でも扱えることになったよ。
これって喜ばしいことなんだろうけど、ますます在庫かかえることでもあるから気をつけないと、ほどほどにしないとね。
(マジで、この夏のSDCC偵察&仕入れ旅行の軍資金稼ぎに6月のどこかでクリアランスセールしようかと、店長ともども検討中)
で、手始めはフランス人イラストレーターSkwak(スコォク)初のソフビフィギュアのThe MANIAC(マニアッ君)、ヘドロから生まれたモンスターで身長はおよそ8インチ(20センチ)。
ラットフィンクの生みの親、エド“ビッグ・ダディ”ロスのモンスターを思わせる溶解寸前な風貌と毒々しい色合いが特徴だ。
今月中には入荷するはず、お楽しみに。

a0077842_11322373.jpg
a0077842_11325150.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-06-02 11:10 | MINDstyle 新製品情報