タグ:ムライダ ( 6 ) タグの人気記事
SDCC 2011限定Erick Scarecrowの3個目のモチャ、予約受付。
肝心のErick Scarecrowが意味深な画像を送り付けてくるだけで、詳細を何も語ってくれなかったから、こっちとしても説明のしようがなかった6月8日のポスト
そこで紹介したMuraidaの全容が判明した。
人気のカスタム作家にしてオリジナルのペイントキットなども発売するMonster KolorのMatt Walkerが、SDCC 2011記念にエリックとコラボで作ったMuraida Ravager(ムライダ・ラヴェイジャー)、たったの10個限定なのだ。
溶解人間やヘドラのようなトロトロのムライダを、マット・ウォーカーがモンスター・カラーを重ね塗り、テッカテカのクリアーで生々しく仕上げた、いまにも身がしたたり落ちそうな傑作、黒のアイラインが利いている。
なんといっても数が少なすぎる、手に入れたい方はいますぐ右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_10365225.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-07-15 10:39 | 商店入荷新着情報
件名が「???」のメールが多い昨今のエリックである。
なので、店主も詳細は分からない。
上から順に新キャラのUpchuck(アプチャック)とMuraida(ムライダ)の新色、またはカスタム。
前者は7月のSDCC 2011記念にオンラインで発売されるらしいけれど、後者についてはさっぱり、ムライダ・ファンとしては大いに気になるのだった。
a0077842_12151028.jpg
a0077842_12152527.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-08 12:16 | イマモチャ
我こそはと思わん人は、来たれ!
これはErick Scarecrowの作品中、もっとも大きくて複雑な造型のレジン・フィギュア“Hatch”についての特別なご案内です。
ハッチはOLD SKOOL KAIJUシリーズの一員であり、どろどろカイジュウムライダの大親分にして、正義の使者ウルトラ・ダイジンに敵対する悪の権化という役回り。
卵を産みながら個体にそれを取り込み増殖するゴキブリ(roach)の突然変異体で、紫のストールがとってもお洒落なんです。
そんなハッチはAPが1体、エリックのアーカイブ用に1体、アメリカ在住のプライベート・コレクターのために1体、都合3体がキャストされました。
で、最初に仕上げられたコレクター用の1体が3月中旬、原宿デザインフェスタで開催された『マークナガタと怪獣仲間2』の展示のため暫定的に日本へ送られて来たのですが、移送中の事故で破損、展示されないままイベント関係者のもとで保管されていたのです。

a0077842_1355778.jpg
a0077842_1414167.jpg
なのでプライベート・コレクターには次ぎに仕上げられたAPが提供されて、その価格は4,500ドル(約41.5万円)。
一方、壊れたハッチは留之助商店が預かり、榎本店長がのべ2週間かけて復元、画像を見たエリックのお墨付きで、この度、販売する運びとなったのです。
Oh my GOD!!! Tencho did an amazing job!!! He is truly talented!!! He brought Hatch back to life. Tell him many thank yous、とエリック。
ぜんぶで8個のパーツに分割できるハッチは胴体だけで3.5キロ以上、ムクパーツと中空パーツがうまく組み合わされて、完璧なバランスで仁王立ちします。
4,500ドルで売却された作品には大判のアートプリントが付属したということですが、こちらには小さい版のプリントが後日届けられる予定で、値段はまるまる半額の2,250ドル、ただいまより留之助オンライン入荷新着情報に並べます。

a0077842_14511099.jpg
a0077842_22215290.jpg
HATCH - Old Skool Kaiju Super Villan by Erick Scarecrow

More: こちらは後ろ姿、ハッチバックっていいます。
by tomenosuke_2006 | 2010-04-17 15:44 | 商店入荷新着情報
Plastic & Plush AWARDS、彫刻の部、2等賞。
a0077842_20513739.jpg
モチャニュース・サイトPlastic and Plush恒例の各種アワードが発表になったね。
で、彫刻部門の2等賞をMURAIDAで、カスタム部門の第5位をSTONE HERMITでErick ScarecrowがW受賞した、おめでとう。
このうちストーンハーミットはキッドロボットのダニーをカスタマイズ、12個だけVTN限定で発売されたもの(榎本店長情報では、店主以外にも日本であとおふたりオーナーがいらっしゃるとか)。
一方、ムライダはすっかりお馴染み、ヒップホップにハマった東宝怪獣ヘドラノリ。
制御不能のスプレー缶から中の詰め物が吹き出して、目を吊り上げ怒りまくる怪獣君、いわずと知れたダイジンの天敵だ。
躊躇なしのエリック・デザインをものの見事にやっつけた大胆彫刻が素晴らしい。
すでにグリーンブラックとカラー展開し、2月8日(日)午前0時にはその他のNYCC 2009でデビューするエリックモチャといっしょに新色イエローを発売する予定なんでよろしく。
プラスチック・アンド・プラッシュ・アワード受賞記念、ムライダ・イエロー+グリーンや、ムライダ・グリーン+GID自由の女神(奇跡の再入荷)との超お得なセット販売も企画中です、お見逃しなく。
a0077842_20521712.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-31 15:34 | イマモチャ
エリック・スケアクロー・モチャの耳寄りなお話です。
大丈夫かなぁと思っていたんだけれど、案の定、我らがエリック君、キッドロボットに叱られた。
なんのことかというと、去年12月上旬にLAで開催されたオブジェモチャの展示即売会VTNで卸会社DKEが販売した会場限定エリック作の8インチ・カスタムダニー、ストーン・ハーミット(石の隠者)が、ちょっと問題視されたのだ。
たとえば頻繁にカスタムダニーを作ってeBay-shopで売ってるホアック・ジー、この人は特別。
キッドロボット創業以来の常連だし、非売品のDIYダニーを本家から取り寄せてカスタムしている、いわば公認カスタム・アーティスト。
中には3インチや8インチの製品版を使ってカスタム販売している人もいるけれど、ほとんどがワンオフ、まだかわいい。
それにひきかえストーン・ハーミットは12個、しかも“DUNNY”と記した専用パッケージまで用意したわりには、キッドロボットにおうかがいをたてた形跡がない。
いいのかなぁと思っていたら、やっぱり、よくなかったのだった。
ストーン・ハーミットは、だからエリックによるいまのところ最初で最後のダニー、というわけで手元にあるひとつがますます可愛く見えてくる。
a0077842_94629.jpg
と、ここからが重要事項、って、きのうも同じこと言ったような。
上のイラストは『ムライダ・アタック』というタイトルのエリックのサイン入りアートプリント17枚限定、サイズは25x15センチ、3枚だけ留之助書店で発売予定なんです、ファンのみなさん、お見逃しのないように。
が、本当はここからがもっと重要事項。
じつはキッドロボットから叱られたストーン・ハーミットには、別デザインの兄弟分ダニーがいて、すでに20個作られていた。
内、18個はエリックのeBay-shop限定として新年早々に発売される予定だったイエローカラー版。
あとの2個はスーパ・マリア・ウォーホルに次ぐTomenosuke Specialの第2弾として用意されるはずだった別カラー12個限定中、最初に仕上げられた2個。
本来ならエリックの手で処分されるべきこの20個を留之助が代わりに破棄してあげることになった、のはいいけれど、やはり店主自ら破壊するのは忍びなく、代打(読んで字の如く店主の代わりに打ち砕く人)を募集することにしたのです。
ムライダ・アタック・アートプリント放射性緑色ムライダはじめ、最近のエリック作品のスーパ・ミッシー・アートプリント、スーパ・マリア・ウォーホル、ムライダ・ミッドナイトスナック・カラー、チェリー・チェンソー・カゲ・エディションなどのご購入者に、件名“TAKAYAMA CONFIDENTIAL”の画像添付メールが榎本店長から近日中に届くと思います。
よろしくご検討くださいね。
a0077842_17442761.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-02 11:30 | イマモチャ
すみません、黒より先に緑が届いてしまいました。
ムライダ・ミッドナイトスナック・カラーはNYのエリックから直接USPS便で届く予定なんですが、そのまえにレイディオアクティブ・グルーンがきのうのFedEx便に巨大リップル君といっしょに入ってました。
こちらも円高還元プライスで商店の入荷新着情報に並べておきました。
a0077842_9502087.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-12-17 10:08 | 商店入荷新着情報