タグ:展覧会 ( 93 ) タグの人気記事
4月29日、COARSE studio night
Mark Landwehr(マーク・ランドーワー)をはじめ、数人のスタッフが慌ただしく準備中のCOARSE studioに、開場時刻より1時間早く上がり込んだ。
撮影禁止のサインが貼られた1:3サイズの大作pain in dreams(ペイン・イン・ドリームズ )以外は、去年、台湾のParadise Toy Landで開催された作品展の内容とほぼ同じ。
ま、この傷ついたからだでマットに横たわるnoop(ヌープ)の姿を直視できただけでも、十分、出かけて来た甲斐はあったのだった。
これが8月に留之助プロデュースによる東京での作品展でリリースされるかと思うと、胸が高鳴る。
予定ではCOARSE studio night開場まえに東京展の詰めの話をするはずが、案の定、マークは設営が忙し過ぎてそれどころじゃない。
このまえ、彼がMonsters & Misfits II展のオープニング・レセプションに駆けつけてくれたのは、やはり作品展の打ち合わせを兼ねていたのだけれど、その時はこちらにゆとりがなかった。
こんな感じで8月を迎えるんだろうなぁ。
a0077842_21312165.jpg
During the 3A Reventure show in Hong Kong, Coarse has opened its doors for fans who made the trip, to get an exclusive studio tour. An hour before opening, I visited the studio while many staff were busily working. Mark Landwehr was busy at exhibit, so I couldn't confirm I needed for the exhibition in August in Tokyo...

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-04-29 23:59 | モチャ行脚
4月27日、ThreeA Hong Kong Re-Venture Art and Toy Show
COARSE studio nightへの招待があった直後、ThreeAからも27日夜のHong Kong Re-Venture Art and Toy Showの招待状が届き、2泊3日の予定を1日繰り上げて香港へ来たのだった。
盛大なレセプション会場でじっくり作品を鑑賞し、アジアの業界人たちと再会もできたりで、じつに有意義な夜となった。
a0077842_1241229.jpg
This is the best shot of ThreeA Hong Kong Re-Venture Art and Toy Show?
by tomenosuke_2006 | 2012-04-27 23:59 | モチャ行脚
Andrew Bellの新作が拝めるショー
キャシー・オリヴァスとブラント・ピータースが運営するアルバカーキのStranger Factoryで、彼らが来日するチョイまえの4月6日からAndrew Bell(アンドリュー・ベル)とKelly Denato(ケリー・デナート)の二人展『The Great Escape』が開催される。
で、なんといっても気になるのはアンドロイド・フィギュアですっかりメジャーになったアンベルさんの新立体作品でしょう、代行注文も承ります。
a0077842_7191065.jpg
Andrew Bell has a show opening at Stranger Factory in New Mexico next month! He will be showing alongside his good friend and talented artist Kelly Denato.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-03-28 07:26 | ロウブロウアート
TRIGGER: Brandt Peters x Ferg Art Show開催中。
TROUBLE BOYSシリーズでチームを組むBrandt Peters(ブラント・ピータース)とFERG(ファーグ)の二人展『TRIGGER(トリガー=銃の引き金)』が、ブラントのお膝元アルバカーキーのStranger Factory Galleryではじまった。



オンライン販売をまえに、ワンオフのおいしいところはすでに売約済み。
リミテッド・エディション・フィギュアには少々枠があるようだけれど、こちらの作品はいずれ留之助でも取り扱いの予定だ。

出品作品のオンライン・プレビューはこちら→http://strangerfactory.com/exhibitions-current/bpferg786

このショーでブラントとファーグが留之助のためにデザインした、いままででいちばん手の込んだ、なので値段もやや高めのトラブル・ボーイ・ナンバー7、通称ヤクザ・バージョンのコンセプト・スケッチやプロトもお披露目されている。
a0077842_1145554.jpg
The upper image is a concept sketch for new Trouble Boy #7 “DRIFTER”. I would like to talk about this one very much. However, it is not still the right timing.
by tomenosuke_2006 | 2012-01-09 11:18 | ロウブロウアート
2011年をしめくくるグループ展開催中。
ブラント・ピータースキャシー・オリヴァスが運営するアート・ギャラリーStranger Factory(ストレンジャー・ファクトリー)で開催中の"2011 Annual Winter Salon Group Exhibition"(冬期グールプ展)に、これでもかの作品が並んでいる。
残念ながらめぼしい立体作品は売約済みだけれど、目の保養にはなる。
a0077842_9444654.jpg

▲ Green and Pink Snow Greeter by Kathie Olivas
Acrylic on Resin / 11” tall

a0077842_9425911.jpg

▲ Conjure by Brandt Peters
Graphite, Enamel on Panel / 11” x 14”

a0077842_9475373.jpg

▲ The White Stag by Amanda Louise Spayd
Fabric, Wool, Painted Clay, Glass, Brass Bell / 10” tall

a0077842_9492155.jpg

▲ Snow Coral Quellisk & Reefeater by Chris Ryniak
Epoxy, Resin, Acrylic, Glass / 10” tall

Stranger Factory art space presents “Winter Salon” a group exhibition of new smaller accessible works from Circus Posterus’s artist collective and more. The show will feature several local, national, and international visual artists and designers.
by tomenosuke_2006 | 2011-12-09 09:55 | ロウブロウアート
Stranger Factoryの『季節はずれ』展、いよいよ。
流行や人の目など物ともせず、淡々と空想をかたちに変えるふたりの作家、次元の隙間に棲む恐ろしくも愛おしげな小動物を描き、我が道を行く。
幻想の女性人形師Amanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペイド)と不思議世界のクリーチャー・メーカーChris Ryniak(クリス・ライニャック)によるワンオフ作品が、いよいよ一挙公開される。
海の向こうのニューメキシコでブラント・ピータースとキャシー・オリヴァス夫妻が運営するギャラリー・ショップStranger Factoryを会場に『Late Season(レイト・シーズン=季節はずれ)』展が今週末から開催されるのだ。
奇しくも留之助ではDCon 2011で仕入れたアマンダの手作りヌイグルミや、かねてから留之助オンライン入荷新着情報で予告して来たCircus Posterus(CP=サーカス・ポスタラス)作品をきょうから週末にかけて発売の予定、こちらもご注目あれ。
a0077842_9301089.jpg
Stranger Factory art space presents “Late Season” a two-person exhibition by Ohio artists Chris Ryniak and Amanda Louise Spayd. The exhibition opens November 18th.
by tomenosuke_2006 | 2011-11-17 09:36 | イマモチャ
『Late Season(季節はずれ)』展、Chris Ryniak作品。
11月18日からStranger Factoryではじまる『Late Season(レイト・シーズン=季節はずれ)』展のChris Ryniak(クリス・ライニャック)作品。
すっごく気になる。
a0077842_12243388.jpg
New work of Chris Ryniak's for “Late Season” @ Stranger Factory from Nov.18th…
by tomenosuke_2006 | 2011-11-01 12:27 | イマモチャ
Stranger Factoryの『季節はずれ』展のご案内。
11月18日から12月4日までニューメキシコ州アルバカーキのStranger Factoryで『Late Season(レイト・シーズン=季節はずれ)』という展覧会が開催される。
ストレンジャー・ファクトリーとは、ご存知 Brandt Peters(ブラント・ピータース)とKathie Olivas(キャシー・オリヴァス)夫妻が経営するギャラリー・ショップのことで、そこではふたりが率いるアート集団Circus Posterus(CP=サーカス・ポスタラス)のメンバーによるイベントが定期的に企画され、つねに好評を博している。
で、今度の『季節はずれ』展はハロウィン・テーマのグループ展『Bewitching(ビウィチング=魔法にかける)』に次ぐ期待の展覧会なのだ。
展示されるのはお馴染みChris Ryniak(クリス・ライニャック)と、当ブログに初登場のAmanda Louise Spayd(アマンダ・ルイーズ・スペイド)の作品群。
というわけで、この機会にアマンダのことをちょっとご紹介したいと思う。

ブラント、キャシー、クリスについてはこちらを参照→http://www.exblog.jp/blog_logo.asp?slt=1&imgsrc=201104/07/42/a0077842_22432688.jpg
a0077842_329893.jpg
グラフィック・デザイナーとしてアートの基礎を学んだアマンダは、オハイオ州の田舎に住むアンティークの収集家であり、石鹸と香水作りの達人でもある。
古い織物や脱ぎ捨てられた子供服を新しい素材と巧みに組み合わせた彼女のミックスドメディア作品は、一様に歯並びの悪い小鬼たちを描いて、その古風で風変わりな人形に熱狂するアート・ドール・コレクターも少なくない。
a0077842_13442036.jpg
そんなアマンダがファンタジー・アーティストのブラントやキャシーと仲良くなるのは自然の成り行きだろう。
クリス・ライニャックと同郷で交流もあったというのが、それもCPに参加する大きな要因となった。
1点ずつ手作りのため、ふたつとして同じドールはない。
『季節はずれ』展ではクリスもワン・オフ作品でアマンダに対抗し、お互い季節に取り残され、人間に見捨てられた淋しげで奇妙なクリーチャーを発表する。
もし彼らの作品を購入したい方がいらっしゃいましたら、あらかじめご連絡ください、留之助がお手伝させていただきます。
a0077842_15265888.jpg
Stranger Factory art space is proud to present “Late Season” a two-person exhibition by Ohio artists Chris Ryniak and Amanda Louise Spayd. Both artists explore the ideas behind the rooted transition and personification of harvest time, including the melancholy of the ultimate expiration of rot and decay. The exhibition opens November 18th with a reception from 6-9pm.

More: 展示作品の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-22 15:34 | イマモチャ
Yoskay Yamamotoの個展、大盛況おめでとうございます。
今月はじめ、アート系サイトArrested MotionYoskay Yamamoto(ヨウスケ・ヤマモト)さんが木槌とノミを手に木の塊と格闘する画像を拝見し、木の国、飛騨高山の住人としてはますます彼に親近感を覚えたのだった。
a0077842_222495.jpg
つい先ごろ、瞬く間に売り切れたオブジェモチャScreaming for the Sunriseの作者であり、日本の伝統美とアーバン・ポップ・アートを絶妙なバランスで融合させたLA在の画家にして彫刻家のヨウスケさん。
そんな彼の個展がLAのギャラリーLeBASSE projectで開催中だ。
ちょっくら寄ってみよう、ってなわけにはいかないウチらのためにオンライン・ギャラリーが用意されている。
Arrested Motion→http://arrestedmotion.com/2011/09/openings-yoskay-yamamoto-%E2%80%93-picking-up-where-we-left-off-lebasse-projects-%E2%80%93-culver-city/
Daily du Jour→http://dailydujour.com/2011/09/11/seen-yoskay-yamamoto-picking-up-where-we-left-off/
ヨウスケさんからのメールでは展覧会は盛況だとか、当然でしょう、おめでとうございます。
おっとそれから、スクリーミング・フォア・ザ・サンライズの新色が年内に発表されるとか、これまた楽しみがひとつ増えました。
a0077842_2215867.jpg
ヨウスケ・ヤマモト: 三重県鳥羽で生まれ育ったヨウスケ・ヤマモトは、15歳で渡米した。自身で修業を積んだ彼の芸術性は、カリフォルニアのポップ・カルチャーに心を奪われたときに広がりを見せた。ヤマモトはふたつの異なる文化を一緒にして、自分の作品に融合させる方法を発見したのだ。アジアの伝統とアーバン・ポップ・アートのバランスを取りながらアメリカで見られたポップ・アートの象徴的キャラクターと日本の伝統的、神話的な要素を、ノスタルジックに調和させている。ニューヨーク、サンフランシスコ、ボストン、ロサンゼルスで最近おこなわれた展覧会では、つねに彼の作品は完売している。

About Yoskay Yamamoto: Born and raised in Toba, Japan, Yoskay Yamamoto moved to the United States at the age of 15. A self-trained illustrator, Yamamoto’s artistic tastes expanded as he fell in love with the pop culture of California. Yamamoto discovered a way to fuse the two different cultural backgrounds together into his work. Yamamoto nostalgically blends pop iconic characters from his adopted western home with traditional and mythical Japanese elements, balancing his Asian heritage with urban pop art. He has sold out his work recently at shows in New York, San Francisco, Boston and Los Angeles.
by tomenosuke_2006 | 2011-09-13 22:27 | ロウブロウアート
Monsters and Misfits展、クリスから第1便着。
感動の嵐が押し寄せはじめた。
Monsters and Misfits(モンスターズ・アンド・ミスフィッツ=怪物と不適応者たち)展の出品作の第1便が到着したのだ。
Chris Ryniak(クリス・ライニャック)からの大きな段ボール箱がまず1個、中には大小3種類のクリーチャーが息を潜めて隠れていた。
a0077842_0171033.jpg
a0077842_0172175.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-23 00:18 | 留之助イベント