タグ:恐竜 ( 51 ) タグの人気記事
立体化されたアメリカ最古のアニメの主人公
The first animation movie of America "Gertie the Dinosaur"

1980年の拙著『超SF映画』や1985年の分冊版『SF-F映画テレビ大鑑1987 - 1949』で紹介したアメリカ最初のアニメーション『恐竜ガーティ』について記述ミスがあった、ような。
1909年と記した製作年度は、正しくは1914年だった、のかもしれない。
確か当時、いくつかの参考文献で09年と14年の異なる記述を見つけ、それなりの理由があって09年と決めつけたような気がする。
というのも1914年にはキング・コングの生みの親ウィリス・オブライエンの、恐竜や類人猿が登場するきわめて精度の高いモデルアニメにして処女作の『恐竜とミッシングリンク』が公開されていたから、新聞連載漫画『夢の国のリトル・ニモ』の作者ウィンザー・マッケイによるパラパラ漫画の域を出ない『恐竜ガーティ』を同じ年の作品と考えるには、いささかムリがあるように思えたからだった。
が、ウィキペディアにも1914年とあるし、この際、長いものには巻かれるべきかしら、なのである。



偶然立ち寄った博物館でブロントサウルスの骨格標本を見て、仲間のひとりに「いくら名監督のウィンザーでも太古の恐竜は動かせないだろう」と言われ、彼は「出来るとも!」と大見得を切る。
しばらく経ち、ウィンザー家でパーティが開かれ、彼が生み出した愛らしい恐竜ガーティがお披露目される。
スクリーンに湖畔が映し出され、ウィンザーが「出てこい!ガーティ」と呼ぶと、恐竜が現れるのだ。
彼女(そうメスなんである)は木を食べ、湖の水を飲み干し、マンモスとじゃれ合いながら芸を披露したりするのだった。
a0077842_9304931.jpg
そんなガーティとタキシードを着たウィンザー・マッケイが、1990年代にILMでモデルメーカーとして活躍したキャロル・ボーマンによって、ものの見事に立体ガレージキット化されていた。
作者が女性だからか、ガーティをよりふくよかに表現し、母性を感じさせて100点満点。
そこでプロによる少数製作の完成品を輸入することにしたので、レトロ恐竜ファンの店主もですが、あなたもおひとついかがでしょうか、っていう話でした。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_9313628.jpg
a0077842_9314419.jpg
We're offering a classic garage kit of the tuxedoed Winsor McCay and his benevolent friend from the groundbreaking 1914 animated charmer "GERTIE THE DINOSAUR," sculpted and manufactured by veteran ILM model maker Carol Bauman. This extremely rare solid-resin treasure from one of the first and most important films in the history of animation comes fully assembled and exquisitely hand-painted by professional.
by tomenosuke_2006 | 2014-09-28 09:41 | TV・映画・ビデオ
BLUECANVASの最新14号、入荷
説明不要のスーパー・アート誌最新号の入荷である。
下の画像はその目次、いつもながら遊びがよく利いている。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/
a0077842_22324422.jpg
Featured Artists: Alekso vs Exit Man, James Gurney, Aaron Smith, Marcela Bolívar, Joe Kresoja, Audrey Smith, Judith Crispin, James Linkous, Juan Travieso, Alejandro Dini, Taylor Mazer, Jaime Brett Treadwell, Lok-Him Fung, Mark Reep.
Featured Articles: Yarn Bombing, McLean's Artist Advice: Submitting Your Portfolio and a Prologue to Marketing 101, Aaron Smith, James Gurney: Land of the Lost Art, Made in Taiwan.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-03-06 22:54 | 書店入荷新着情報
We Love Model Animation Allosaurusという置物
肉食竜アロサウルスが大好きである。
ラクエル・ウェルチが肌も露わに原始美女を演じた1966年の20世紀FOX映画『恐竜100万年』でアロサウルス対原始人の死闘を目の当たりにしたのが、そもそもの原因だと思う。
なので『学校の怪談3』(1997年)でアロサウルスの骨格化石が子供たちを追いかけ回すシーンを発案したのも、少年時代の憧れを職権(件の映画でSFXプロデューサーしていた)の乱用で叶えようとしたためだった。
ライブアクションで使うフルスケールの上半身とアニメーション用の全身ミニチュア・モデルを用意すると、金子修介監督がそれを使って見事なアクション・シーンを作ってくれた。
下呂温泉の倉庫には、その時のアロサウルスの骨格モデル大小がいまだに居候している。
a0077842_11423738.jpg
だからWe Love Model Animation Allosaurus(ぼくたちはモデル・アニメのアロサウルスを愛してる)なんていう、年のいった偏執的映画好きを相手にしているとしか思えない商品名のPVC製スタチューが出るとなると、見逃すわけにはいかないのである。
メーカーが、ハリーハウゼン・クリ−チャーやB・C級SF映画の、かつて誰も商品化しようとしなかった忘却キャラを誰に望まれるともなく世に送り出してきた、あの無謀なX-PLUS USAと聞いて、なるほどだと思った、心からガンバレと思うのだった。
で、さっそく予約を受け付けるのだけれど、下に店主が13才のころに燃えた『恐竜100万年』のアロサウルス対原始人の死闘シーンを貼っておくので、参考までにご覧いただきたい。
映画と特撮職人がねんごろな間柄だった時代の、CGIとくらべたらまるで稚拙なこういう映像が、リアルに怖かったのだ。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19655790/

Once, dinosaurs walked the earth, giant creatures with tails that hung heavily on the ground. We see their skeleton in museums, we watch films with them on the rampage. The detailing on the back of this We Love Model Animation Allosaurus Statue is much like a crocodile's, and the tip of the Allosaurus' tail looks like the atomic monster. The texture and coloring is evocative. You can easily imagine this 8-inch tall plastic dinosaur walking on your desk it's so life-like. Plus, it comes with a 2 1/2-inch tall historical prehistoric man!


by tomenosuke_2006 | 2013-01-22 14:36 | Sci-Fi Classicモチャ
Dudebox x Ron English = 恐竜
T-Rex風の、赤いタテガミがじつにパンクな、どう見ても幼竜とは思えないヤツが卵を割って出て来る。
古生物学的にも生態学的にもありえないムチャぶりが、じつにRon English(ロン・イングリッシュ)なKing Monsterなのだ。
UKのDunnyとなるか、DudeboxがDo It Yourself Vinyl Toyの名称で売り出している高さ19センチの3Dキャンバスを使ったシリーズのひとつ、ただいま大ヒット中。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19372756/
a0077842_11505845.jpg
From the master of POPaganda comes this altogether different beast. Dudebox presents King Monster, Terror From A Lost World.



MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-12-18 11:58 | 商店入荷新着情報
Wrecks & Dazeyの真打ち、Lava Editionの入荷が決まった。
Joe LedbetterのWrecks & Dazey(レックス・アンド・デイジー)のOriginal Edition以外は、すべてメーカーThe Loyal Subjectsのオンラインとイベント直売と決まっていたけれど、第3弾にして最後のLava Editionも留之助だけは例外。
100個限定のうちの6〜12個ぐらいかな、ロイサブのオーナー兼デザイナーのJonathan Cathey(ジョナサン・キャセイ)が、ちゃんとよけといてくれるって言ってきた。
なので心置きなくお待ちください。
この鮮やかなグリーンとブラックのコンビネーションは、いままでのどんなラヴァよりも眩しくフラッシー、しかも3つのカラーウェイで完結するというのもコレクター思いでよろしい。
a0077842_0175772.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-08-24 23:59 | イマモチャ
レトロ恐竜4人組、3年ぶりにお出かけしました。
親しくお付き合いさせていただいている飛騨高山の温泉付きリゾート・ホテルひだホテルプラザさんへ、あのレトロ恐竜4人組を季節労働者として派遣することにしました。
家族連れで賑わう夏休みのあいだ、玄関ホールでお客さまをお出迎えしたり、子どもの相手をしたりと、きっと活躍してくれることでしょう。
a0077842_15132457.jpg
エアキャップをグルグルに巻き、ガレージの奥にしまい込んでいたレトロ恐竜、こういう機会がないと会うこともできないわけで、3年ぶりに梱包を解いて対面したのだけれど、いまさらながらに図星のクリエーションだと自画自賛したのだった。
恐竜はやっぱいいね、レックス・アンド・デイジーもよろしく。
a0077842_15165054.jpg
a0077842_15171148.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-07-16 15:19 | ムカシモチャ
ジョーレッドのWrecks & Dazey Fossil Edition、発売開始。
パッケージの裏には3つのカラーウェイのWrecks & Dazey(レックス・アンド・デイジー)が載っていて、これは2番目のFossil(フォッシル=化石)版。
何度も言っているけれど、単なる色ちがいじゃないところがミソなんである。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/15124010/
a0077842_1402415.jpg


More: レックス・アンド・デイジー化石版の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-07-16 14:03 | 商店入荷新着情報
またもやジョーレッドの新フィギュア。
3日に1回はJoe Ledbetterモチャの話をしているような感じ。
話題にことかかないということは、それだけ作品も発表されるっていうことで、とりわけジョーレッド・ファンにとっては散財を強いられちゃうわけで、まさにうれし涙の日々ではないだろうか。
で、きょうはこれだ。
a0077842_22331531.jpg
ジョーレッドがデザインしたMotion City Soundtrackのアルバム、My Dinosaur LifeのCDジャケットを元ネタに、今度もThe Loyal Subjectsがソフビモチャ化したWrecks & Dazey(レックス・アンド・デイジー)。
高さ7インチ(18センチ)の翼を持ったTレックス風と4インチ(10センチ)のハチのコンビである。
絵そっくりの大胆な造型にまたもや驚く、近日入荷予定。
a0077842_22441728.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-03-25 00:04 | イマモチャ
シーズン物なのに、間に合わないかもしれません。
Pierre Rouzier(ピア・ルージーア)がまごころ込めて手作りしたぜんぶで6種類のワンオフChristmas Vapor(クリスマス・ヴェイパー)、いまから発売します。
ごめんなさい、お届けは25日を過ぎてしまうかも。
でも、来年がありますから、なんて言い訳にはなりませんよね。
a0077842_213067.jpg
a0077842_952562.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Christmas+Vapor/
by tomenosuke_2006 | 2010-12-22 21:20 | 商店入荷新着情報
この子たち、クリスマスに間に合うのか心配です。
留之助4周年記念にバイオニック流線型機関車トレイン・イン・ヴェインを提供してくれたPierre Rouzier(ピア・ルージーア)が、クリスマス向けにカスタムメードしたドラゴンのヴェイパーを送ってくれることになってます。
きよしこの夜にもってこいの色と形、ルージア作品を知る人ならそのていねいな仕事ぶりに疑問の余地はないでしょう。
知らない人には、テーマパークのキャラクター・デザインやコンセプト彫刻を本業とするフロリダ在住のアーティストが、仕事の合間をぬって作り上げたワンオフ・レジン・フィギュアの素晴らしさを、これを機会に味わっていただきたいと思います。
到着次第、発売、続報をお待ちください。
a0077842_9291581.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-12-14 09:31 | イマモチャ