タグ:時代物家電 ( 4 ) タグの人気記事
日記風。
a0077842_2146491.jpg
2月15日(木)朝、コイルさんから届いた新ブラスターの画像をアップしたあと、留之助商店へひさしぶりに出勤。
自分でいうのもナンだけど、いつ来ても楽しい店だねぇ。
2階のストックルームをスタジオ代わりに、岐阜市から来てくれた従弟のカメラマンに留之助ホームページ用の、まずは額装済みロウブロウアートを撮影してもらう。
昼食後、お店に戻ると岐阜放送さんが店内を撮影中。
今度の土曜日、17日の18時〜19時の番組『飛騨國テレビ』で当店を紹介してもらえるんだよ、ありがたいことです。
a0077842_22522113.jpg
↑ ロウブロウアートの次は時代物家電の撮影。
テーマは店主少年時代の宇宙的デザインもの。
角がなく、流線型だったり、真ん丸だったりするラジオやテレビやレコードプレーヤーがいくつも。
ぜんぶレストア済みだけど、こんなのマジで使いたいって思う人、大枚投じて買おうなんて人、いるのかなぁ。
a0077842_2252537.jpg
↑ 買い手の心配してちゃはじまらないでしょ、デザイナーズトイの番。
留之助ホームページのデザイナーズトイの頭のページにある“Be@rbrick/ベアブリック”を“Super Rare & One Off/これだけ”に変更する予定なんだけれど、そこで展示販売する品物を念入りに撮影してもらう。
とっておきのコーナーになると思うよ。
a0077842_23252896.jpg
↑ ついでだから、こんなのも。
店主、デザイナーズトイはまずここらへんから入っていきました。
シリーズ10までは上の写真のようにきちんと専用ブリスターに入れてコンプリートしたけれど、それ以降は4ケース入りのカートンを2つずつ買ったまま、箱も開けてない、ほかのオモチャで忙しくって。
a0077842_23431814.jpg
↑ 最後は“WEIRD AND UNUSUAL STUFF/変で普通でないモノ”のスパイモチャの撮影。
これも店主少年時代の至極個人趣味の世界、ご賛同いただけるオジサン大募集です。

各種オブジェモチャの撮影は4時に終了、5時半には、そう、中京テレビのリアルタイムなのでした。
けっこう時間を割いて当店を紹介いただいたのにはビックリ、ありがとうございました。
大物プロップの値段をたずねられるシーン中心の構成で、それはそれで面白く仕上がってました。
ただしィ、いちばん旬なデザイナーストイについて店主が熱弁ふるった部分がぜんぶカットされてたのは・・・まっ、いっかぁ。
by tomenosuke_2006 | 2007-02-16 00:16 | 留之助商店計画
ちょっとだけ便利に。
朝からずっと、ほとんどパソコンのまえにいた。
何してたかっていうと、このブログの右側のエリア、メニューっていうみたいだけれど、そこにリンク用の画像が貼れるの知ったもんだから、いろいろ遊んじゃって。
留之助ホームページの目ぼしい場所やら、開催中のオークション・ページへひとっ飛び。ちょっとは便利になったと思うよ、記事中にリンク貼る手間も少しは解消されそうだし。
夕食すませたら、Googleのアドワーズ広告の勉強でもしよっと。
a0077842_23112840.jpg

これは当店でいうところのWEIRD AND UNUSUAL STUFF/変で普通でないモノに分類されるオブジェモチャ。1960年代のアメリカ製缶ビールの宣伝用ムービングディスプレーで、けっこう大きいよ(直径1m以上)。三角錐の台座の上でサラリーマンのオジサンが乗った空飛ぶ円盤がグルグル回転します。ビール飲むと、こんなに気持ちよくなっちゃうよっていうのが狙いでしょう。お店で回転販売中。


by tomenosuke_2006 | 2007-02-06 19:13 | 留之助商店計画
外泊許可。
月末が迫ってくると、いろいろ気がかりなことが頭をもたげはじめる。
小さいながらも、私は会社(ハローランチ飛騨店)の社長なのだ。
小さい会社だから、悲しいかな社員まかせにできないこともあり、とくに25日の給料日と月末の支払い日の資金繰りには、長年培った高度なスキルを要するのである。
つまり充分にキャッシュフローのある楽ちんな経営状態ではないから、あっても社長が仮払いしてオモチャを大量に買ったりするもんだから、大変なのだ。
だからこの週末、外泊許可をもらって県立岐阜病院から下呂へもどり、懸案をいっきに片づけてしまいたい。
先日の大雨で本社工場のある下呂市から高山市へと向かう国道41号線が寸断し、1000人以上の顧客にお昼の弁当が届けられなかったことの詳細についても知っておきたい。
8月1日から新しいコンピュータ・システムに移行するための準備は大丈夫か、それもこの目で確かめておきたい。
それに3週間も留守にしていると、オモチャが詰まった段ボール箱がいくつも届く。
いまある中のいちばんの大物は、テキサスのヴィンテージTV専門店が航空便で送ってくれたPHILCOのテレビジョンセット、プレディクタ、1959年製。
チューナー本体とその上に載るブラウン管をバラして梱包すると聞かされていたから、ぜひ具合を確かめたい。
是が非でも外出許可をとらねばならないのだ。
a0077842_148683.jpg

きのう、担当の研修医、新之介先生に週末の外泊についてお伺いをたてると、いいと思いますとのことだった。
そのことを詰め所で聞いたベテランの看護師さんが、パルス療法直後の体力が落ちている危険なときに外泊だなんてもってのほかだと、忠告に来た。
その晩、ふたたび私の部屋を訪れた新之介先生にどうにかならないかと迫ってみると、主治医の小田先生に確認するといわれた。
雑菌の蔓延していそうな人混みを避けること。
疲れたと思ったら即座に休息を取り、けっして無理をしないこと。
1日の塩分5グラム以下、タンパク質50グラム以下、総カロリー1700前後の食事を心がけ、薬の服用を怠らないこと。
常時マスクを着用し、手洗いとうがいを忘れない。
風邪でも拾ったら、いままでの治療が水泡に帰すばかりか、取り返しのつかないことになりかねない。
つい先ほど、以上のことをきっかり守れば、外泊してもよしとなった。
ラッキー。
が、いま、雨雲がどんよりとたちこめた窓外の涼しげな景色を見て、はたと気がついたのだった。
あの日、着の身着のままで入院して、上着といえば半袖のポロシャツが1枚。
靴もソックスさえなく、履物といったらサンダルのみ。
こんな格好で表に出たら風邪ウィルスの総攻撃にあってしまう。
さあ、どうする、どうなるんだ〜。
アンラッキー?
by tomenosuke_2006 | 2006-07-21 14:48 | ネフローゼ症候群
JVC Video Capsule
気がついてよかった。
10日以上まえ(つまり入院するまえ)から狙っていたebayの出モノ、1973年製JVC Video Capsule(ビデオ・カプセル)の落札時間が、あと15時間に迫っていた。
・・・腎生検のあとは出血しやすく、一晩安静がきまりだから、夜中ごそごそノートブックを取り出して入札なんてできっこない・・・
ebayは自動延長がないぶんだけ、ヤフオクよりスリリングで面白い。
秒刻みの入札合戦。
残り数秒でひっくり返され、悔しい思いをしたことが何度かある。
残り数秒でひっくり返し、いい気分になったことが何度もある。
が、今回だけは競争を断念し、高めに入れておいて、あしたの朝の楽しみにしておこう。
a0077842_13125889.jpg

時代物家電も当店のレパートリーのひとつである。
時代物といっても、とくに60〜70年代の奇抜なデザインのレコードプレーヤーやラジオやTV。
ヴィンテージFMラジオはFMトランスミッターiTripをつけてiPodコンパチで楽しむ。
さしずめ音源は必須のビートルズに、ぜったいモンキーズ。
ナンシー・シナトラやシルヴィ・ヴァルタンもいい。
DVDデッキをつないだヴィンテージTVで0011ナポレオン・ソロでも再生すれば、気分はもはやいたいけな少年時代。
ただしアメリカから仕入れるラジオやTVは、そのまま日本の環境では使えない。
たとえばiPodはiTrip Stationsと呼ばれるアメリカ版プレイリストをアメリカのサイトからダウンロードして周波数帯域を増やす必要がある。
TVはRFモジュレーターという小さなメカをデッキの間にかまして使う。
いま狙っているJVC Video Capsuleは、FMとTVの一粒で二度おいしいコンパチモデル。
何がなんでも落とさねば。
by tomenosuke_2006 | 2006-07-07 13:20 | ムカシモチャ