タグ:本 ( 99 ) タグの人気記事
スティーブ・ジョンソンの自伝作品集、いまも発売中
FEW COPIES LEFT: Steve Johnson's RUBBERHEAD

一度は売り切れたスティーブ・ジョンソンの自伝作品集『ラバーヘッド』ですが、引く手あまたで再入荷しました。
買い逃された方、これが最後のチャンスです。

ご注文はこちらから→https://goo.gl/ajpjQk
a0077842_00081057.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-10-26 00:09 | 書店入荷新着情報
『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』10月26日発売
The Ultimate Guide Book to BLADE RUNNER

留ブラだけでカラー23ページ、巻頭からブチ抜き怒涛の大特集です。
10/26(木)1,500円+税にて発売!

お求めはこちら→https://goo.gl/PT2tgM
a0077842_14352510.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-10-20 14:36 | 留之助ブラスター
比嘉ブラザーズの『沖縄のマジムンと怪』
A Book of Yokai Monster of Okinawa by Higa Bros.



マジムンっていうのは、沖縄では「魔物や妖怪」のことを言うらしいのですが、なんとあそこは、本島と離島を合わせると108種類ものユニークな怪物がひしめくホラー・パラダイスだったんですね。
この本、『沖縄のマジムンと怪』は、沖縄でいちばんの怪物好きで、留之助ともピラニアのプロップ・レプリカ・モデルの製作等でご縁のある比嘉一哲と之典の比嘉ブラザーズさんが、詳細なイラスト(下のリンク"MORE PICS and INFO"をご覧ください)と文章で伝説のマジムンを力説紹介した、百科事典にして、新しい切り口の沖縄旅行ガイドブックなんです。
本州では留之助書店が『沖縄のマジムンと怪』の取り扱い1号店だとか。
どうぞ奮ってご注文ください。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/i0/





MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2017-09-29 11:44 | 書店入荷新着情報
スティーブ・ジョンソンの『ラバーヘッド』をご予約のみなさま
Will arrive to Narita on October 3rd

大変お待たせしまして申し訳ございませんでした。
フロリダを襲ったハリケーン"イルマ"の影響で到着が遅れておりましたスティーブ・ジョンソンのモンスター・メイクアップ自伝作品集『ラバーヘッド』ですが、去る9月24日にフロリダ州オーランドを発ち、10月3日には成田に到着の予定です。
お届けまで、いましばらくお待ちください。
それにしても心配なのは、カリフォルニア州シャーマンオークスから3個口で送り出された荷物が、国際貨物便ターキッシュ・カーゴのトラッキング・ページを見ますと6個になっていることです。
また何か起きなければいいのですが。
a0077842_01545972.jpg
a0077842_01555761.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-09-26 01:57 | 書店入荷新着情報
スティーブ・ジョンソンの『ラバーヘッド』をご予約のみなさま
We are so sorry about shipping delay

スティーブ・ジョンソンのモンスター・メイクアップ自伝作品集『ラバーヘッド
の到着を楽しみにお待ちの皆さま、入荷が予定よりも大幅に遅れ、大変ご迷惑をおかけしております。
本当に申し訳ございません。
書籍は9冊入りの段ボール箱数個に小分けされ、8月29日にカリフォルニア州シャーマンオークスからFedex便で発送されました。
スティーブの提案で、輸送費を抑えるため荷物はトラック便でいったんフロリダ州のクリアウォーターにあるFedexの国際貨物センターに送られ、そこで日本行き専用機に積み替えられる予定でした。
しかしながら、9月5日に入庫後、積み替えを待っている最中に、あの忌まわしいハリケーンのイルマの襲撃を受けて、すべての業務が中断されてしまったのです。
スティーブによれば荷物が無事だということは確認が取れたらしいのですが、出荷までまだ時間がかかりそうです。
どうか事情ご賢察のうえ、いましばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。
a0077842_08364002.jpg
a0077842_08194352.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-09-16 08:41 | 書店入荷新着情報
スペシャルメイクの天才、スティーブ・ジョンソンの作品集発売
RUBBERHEAD: Sex, Drugs and Special FX by Steve Johnson
a0077842_02365707.jpg
スティーブ・ジョンソンとの付き合いは、彼がスペシャルメイクのレジェンド、リック・ベイカーのファースト・アシスタントとして『狼男アメリカン』(1981)をはじめ、『ヴィデオドローム』(1983)や『グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説』(1984)の現場を仕切っていたころに始まります。
その後、リックの元を離れ、『スター・ウォーズ・オリジナル・トリロジー』のSFXスーパーバイザーだったリチャード・エドランドが興したスタジオ、ボス・フィルムの怪物監督(モンスター・ショップ・スーパーバーザー)に招かれると、『ゴーストバスターズ』(1984)や『フライトナイト』(1985)で本領発揮。
しょっちゅう現場を訪ねたものです。
a0077842_20101410.jpg
1985年の暮れに帰国してからも交流は続き、いまもオモチャ絡みでLAに出張するたび、お互い都合をつけては朝まで飲み明かす35年来の悪友でもあります。
そんな彼が、去年、KICKSTARTERで全5巻構成の自伝的作品集の資金を集め、その1巻目 『RUBBERHEAD: Sex, Drugs and Special FX - 01』(最上段の画像)を上梓したのが今年2月。
で、第2巻の編集作業も佳境を迎えた今日このごろ、ステイーブからメールがあり「第1巻の余剰在庫があるんだけれど、定価の半額で送るから、日本のモンスター・ファンにセールスしてくれないか」と言われたのでした。
a0077842_12134016.jpg
KICKSTARTERプロジェクトへの日本からの出資者が数えるほどしかいなかったと聞き、唖然としました。
なぜなら日本の怪物造形界の第一線で活躍するアーティストさんをはじめ、往年の怪物好きは、店主執筆監修、スティーブ・ジョンソン大協力のもと出版された1985年の著作『SFX映画の世代』(講談社)で、基礎固めをしたんじゃないかと思っていたからです。
直接ではないにせよ、スティーブには少なからずお世話になっていたはず、影の師匠といっても過言ではないかと勝手に想像していたわけです。
だから大勢の日本人が出資しているにちがいないと、疑いもしませんでした。
が、もしかしたらKICKSTARTERのこのプロジェクト自体を知らなかった可能性も否めないですし、出資といっても、慣れていないとかなり面倒臭くもあり。
裏を返せば、まだまだ日本では『RUBBERHEAD』を知らない人がたくさんいらして、あんがい受け入れられるかもしれない。
とにかく余剰在庫の半分の81冊を引き受けることにしました。
そのうちの27冊が近日、航空便で届く予定で、さっそく予約を募りたいと思います。

ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/
a0077842_14343125.png
スティーブ自身の言葉を借りれば『RUBBERHEAD』は「半分回想録、半分芸術書籍、ぜんぶ驚異的な本」ということになります。
この盛りだくさんなシリーズ第1巻に、みなさんは完全に魅了されるはずです。
いまはもう伝説になっているスティーブの工房内外での偉業に関する逸話にはじまり、彼の会社が映画史上最大かつ画期的なジャンル映画のヒット作を担当したころからの、数々の未公開現場写真が満載です。
スティーブは、プラティカルSFX(実践的視覚効果)や "ハンドメイド" 映画が台頭していた時代に、長年最高の地位に君臨していました。
a0077842_14464858.jpg
スティーブの巨大な工房XFXで、彼の率いるグループはいくつかの真に驚愕すべきキャラクターやSFXを創造しました。
あなたが観たことのある映画ばかりか、観たことのない映画でも。
XFXが賞を獲らなかったプロジェクト、あるいは単に実現しなかったプロジェクトからの未公開写真も、今回初めて日の目を見ることになりました。
スティーブは自ら撮影した驚くべき量の写真ライブラリ―を所有しているのです。
これらの公開・未公開作品からの最高傑作群は、全5巻を通して紹介される予定です。
重量が1.5キロ(取り寄せ送料もバカになりません)のオールカラー250ぺ―ジの第1巻、見逃す手はありません。
一般販売は、いまのところ世界で留之助商店だけのようです。

ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/
a0077842_14484129.jpg

by tomenosuke_2006 | 2017-08-28 00:04 | 書店入荷新着情報
東京コミコン・留之助ブース情報 - ミスター・クレメント緊急参戦
Tomenosuke Booth @ Tokyo Comic Con - mr clement

mr clement(ミスター・クレメント)から、小鳥やウサギをモチーフにした、じつにメルヘンな、時にSFチックだったり、たまにホラーっぽかったりする、いろんなフィギュアを直送してもらい、留之助商店に並べはじめて、はや8年になります。
で、ミスターを名乗っているけれど、クレメントって、本当に男性なのかと思うようになったのは、ここ2、3年でしょうか。
とにかく彼(彼女?)は、本名を名乗らず、自分の姿を見せようとしない。
少女がマスクを着けたFBのプロフィール写真だって、本気だか、ジョークだか分からない。
ロンドンとホンコンを行き来する仕事を中断し、いまは東京で暮らしながら、いろいろお勉強しているんだと、ソフトな文体のメールを最近、受け取り、驚き、なら、東京コミコンに誘わない手はないでしょう。
というわけで、昨夜やっと話がまとまり、当店未発売のグラフィック・ノヴェル"ji ja café"を数冊持って、留之助ブースに急きょ参戦いただくことに。
12月3日のお昼ごろ、謎に包まれたミスター・クレメントの素顔が、ついに明らかになるのです。
a0077842_6594257.jpg
a0077842_6595660.jpg
mr clement will join the Tomenosuke Booth (#N-12) on December 3rd.
by tomenosuke_2006 | 2016-11-30 07:08 | 書店入荷新着情報
水野純子のポップアップブック"TRIAD"入荷決定
PRE-ORDER STARTS SOON: Junko Mizuno’s Triad Pop Up Book

留之助商店で水野純子さんの新作ポップアップブック『TRIAD』を販売することになりました。
ただいま純子さんと出版社とで校正見本をチェック中で、11月ごろ出版予定、近日、当店でも予約を承ります。
純子さんの説明によりますと、この本は去年の暮にブルックリンのタラ・マクファーソンのギャラリーCotton Candy Machineで開催された個展用に描き下ろした絵が元になっているのだとか。
それを、気鋭のロウブロウ・アーティストたちの作品を次々に飛び出す絵本化している出版社Poposition Pressがプロデュースしたのであります。
2次元の絵を立体的に改造するわけなので、当然、描き足したり、形を変えたりで、凡人には想像もつかない産みの苦しみを味わったようです。
おかげで魑魅魍魎さがいっそう加速されて、ファンにはかつて体験したことのない新しい純子ワールドが待ち受けているにちがいござんせん。
最後になりましたが、この本には飛騨の伝統キャラ、さるぼぼが大挙出演しておりますこと、こっそりお伝えしておきますね。

近日予約開始→https://goo.gl/ViO6As

幕張メッセで12月2日〜4日に開催される東京コミコンの留之助商店ブースでも発売の予定。
a0077842_22304469.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2016-09-21 22:44 | 書店入荷新着情報
POの8年間にわたる創作活動を網羅した濃〜い作品集
The Art of The Tenebrae by Parricio Oliver
a0077842_23131978.jpg
日本を満喫し、つい先日アルゼンチンへ帰って行ったパトリシオ・オリバー(PO=ピーオー)だったけれど、その彼が遠方より持参したソフトカーバー作品集を発売する。
が、POといっても、ひさしぶりに出す名前だからピンとこない人も多いかも。
2008年3月に8インチのゾンビペット・ダニーで留之助初登場、2009年のハロウィンには同じKidrobotから彼のワンマン・ミニシリーズ キューコスがリリースされて好評を博した。
翌年にはUKのメーカーRAJE ToysからレジンとPVCの特性を見事に融合させた驚くべきハイブリッド・フィギュアテネブレを発表し、ちょうどそのころ、店主はNYCC 2010で彼に会ったのだった。
好奇心にあふれた強い眼差しとは対照的で、物腰きわめて静か。
大胆な空想を繊細なタッチで表現する彼の絵の秘密に接した気がした。
意気投合し、翌年にはPOの口利きでUnbox Industriesの実験的フィギュア アーモンドとサラマンダラ(下の画像)を独占的に販売。
この作品もハイブリッドな仕上げで、テネブレの続編ともいうべき傑作だった。
a0077842_18303198.jpg
さてPOの画集『ザ・テネブレ』は、彼の過去8年間の創作をオールカラー117ページに整然とレイアウトした心踊る内容だ。
母国語と英語が併記され、POが育て上げた空想の王国テネブレの住人と怪物と風景が美しいアートワークで紹介されるだけでなく、一葉のスケッチからフィギュアが生まれるまでをふんだんな写真を使ってドキュメントしている。
隅々にまで気が配られたエディトリアルワークはPO自らが担当。
彼の作品に対する愛情の熱さ、深さがひしひしと伝わり、本から彼の声が聞こえてきそうな親近感さえ抱かないではいられない1冊なのだった。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/25074866/
a0077842_23112566.jpg
117 pages soft cover art book. A culmination of 8 years of character illustration and toy design under The Tenebrae by PO! brand. The book explores from design concept and development to final product including early sketches, unreleased toy design concepts and exhibitions.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-12-17 23:27 | 書店入荷新着情報
アンドリュー・ベルの気の毒な生き物たち画集、発売
Andrew Bell’s “Make It Stop” New Book Available Now!

Monsters & Misfits IIIにつづき、来年4月1日から渋谷ヒカリエで開催されるIVにも参加決定のクリーチャー作家アンドリュー・ベルが、2008年から2015年にかけて描いた気の毒な生き物たちの一大コレクションが、この画集『メイク・イット・ストップ』なのである。
オールカラーの144ページ、アンドリュー・ワールドが堪能できる。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/24665369/
a0077842_15122042.jpg
A new collection of creatures from Andrew Bell featuring a menagerie of monster illustrations and art from 2008-2015. This new book clocks in at 144 pages and features a flexi-bound cover.
by tomenosuke_2006 | 2015-09-10 15:13 | 書店入荷新着情報