タグ:流線型 ( 12 ) タグの人気記事
ウォーマシンを売った手前、素通りできない宇宙版ノアの方舟
a0077842_100334.jpg
半世紀以上もまえのハリウッドでSFファンタジー映画を作り続けた名プロデューサー、ジョージ・パルの、映画史に語り継がれる宇宙SF映画4部作の2作目『地球最後の日』(1951年)に登場したカタパルト式超大型輸送船スペース・アーク号のモチャが近日飛来だ。
ちなみに4部作の1作目は世界初の総天然色SF映画『月世界征服』(1950年)、3作目は火星人の円盤ウォーマシンの『宇宙戦争』(1953年)、4作目は『宇宙征服』(1955年)。
で『地球最後の日』のアーク号は、惑星の衝突で消滅してしまう地球から選ばれし人間とつがいの動物たちを乗せて新天地を目指す宇宙版ノアの方舟(アーク)。
映画のクライマックスは、やはり滅びゆく地球からのアーク号の脱出シーンだろう。
山の頂きに向かって伸びる銀色のカタパルトを速度を上げながらばく進するアーク号を、SF少年は手に汗握りながら見守ったものだった。
のちにウォーマシンで脚光を浴びる日系のアルバート・ノザキが流線型のアーク号をデザイン、今回入荷するのはカタパルトに載った発射寸前の勇姿を見事に再現したジオラマモデルで、ウォーマシンと同じメーカーPegasus Hobbies製である。
この際だからペガサス・ホビーには『宇宙征服』のフライング・ウィング型火星着陸船もぜひとも商品化してもらいたいものだ。

Sci-Fi Classicな商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Sci-Fi%20Classic/



Calling all sci-fi and early Hollywood disaster-movie fans! An ultra-cool prebuilt model kit at 1:350 scale! Here's the Space Ark from the When Worlds Collide film. Simply take it out of the box and enjoy!

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-05-01 10:31 | Sci-Fi Classicモチャ
バック・ロジャースの流線型ロケット第2弾、出来!
今年2月7日のポストで詳述したので、そちらを見てほしい。
ようは1929年に発表されたフィリップ・フランシス・ノーラン原作、ディック・コーキング作画の一世を風靡した新聞連載コミックにして奇抜デザインの宝庫『Buck Rogers(バック・ロジャース)』に登場した様々な流線型ロケット・シップの完全立体化シリーズの、宇宙遊覧ロケット・シップ・アスタライトに次ぐ第2弾、バトル・クルーザーが完成したのだ。
前作同様レジン製完成モデルで、サイズもほとんど同じの長さ28センチ、バック・ロジャースのロゴ入りディスプレイ・スタンドに載る。
それにしても80年以上もまえのことだよ、25世紀の宇宙時代を空想しながらこんな楽しい乗り物を考え出したディック・コーキングっていう漫画家は、つくづく天才だと思う。
今回、バトル・クルーザーの予約を募るついでに、前作のアスタライトも再度予約を受け付けることにした。

バトル・クルーザーのご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/19250082/
a0077842_932099.jpg
The Battle Cruiser is one of the classic Buck Rogers ships. Distinguished by its bullet shape and porthole windows, the Cruiser also sports front and rear gun turrets, and a main gun on the top. Mounted on its own custom resin base with raised "Buck Rogers and the 25th Century" logo.

アスタライトのご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/17333706/
a0077842_93235100.jpg
The "Asterite" ship is the first in a licensed series of original Buck Rogers spaceships from the 1930's and 1940's. They are Resin castings made from masters produced by Jeff Brewer, Creator of the Cool Rockets line.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-22 09:45 | Sci-Fi Classicモチャ
宇宙遊覧ロケット・シップ、予約再開
2月7日のポストで詳解し予約を募りながら、2月25日のポストでいったん予約を中止したレトロ・スペース・ヒーローBuck Rogers(バック・ロジャース)のロケット・シップ "Asterite" space ship desk model(アスタライト卓上モデル)が、今度こそ完全なかたちでLAのディストリビューターへ届いたと連絡があった。
ので、予約を再開する。
入荷は9月上旬を予定。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/17333706/
a0077842_8231172.jpg
The "Asterite" ship is the first in a licensed series of original Buck Rogers spaceships from the 1930's and 1940's. They are Resin castings made from masters produced by Jeff Brewer, Creator of the Cool Rockets line. Inspired by the fantastical Art of that time period, these pieces have never before been offered at this size or level of artistry and detail. Over 12" long.
We canceled the pre order of this once in February. However, all the problems are solved and an order is accepted again now at here.
by tomenosuke_2006 | 2012-08-18 08:32 | 商店入荷新着情報
Buck Rogersのロケット・シップに関する残念なお知らせ。
LAのディストリビューターから、当店が予約受付しましたBuck Rogers "Asterite" space ship desk model(バック・ロジャースのロケット・シップ"アスタライト"卓上モデル)がすべて破損して入荷したと連絡がありました。
製造上の問題なのか、輸送事故なのかはっきりしませんが、今年の後半に再度、案内があるようです。
ご予約いただいたみなさまには大変申し訳ございませんが、次の機会までいましばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
a0077842_124293.jpg
We got the following e-mail about Buck Rogers "Asterite" space ship desk model from the distributor.
"I have to cancel the buck rogers, they are all breaking, they company will remake them and we will resolicit later in the year".
And so we will take order later in this year again. Sorry about that.
by tomenosuke_2006 | 2012-02-25 23:59 | Sci-Fi Classicモチャ
Cool Rocketsの新作がBuck Rogersで来た。
去年10月に発売するや予想外の反響に店主いささか驚いたCool Rocketsのレジン製ロケット・シップ各種、ご記憶の方も少なくないと思います。
2007年製のデッドストック品ながら、日本で売られたのはあの時がはじめてだったし、なんといってもテーマが1930年代に流行った流線型ロケットだもの、いまさら古いとか新しいとか、旬だとかそうでないとかを語る類いのモチャではなかった、というのがウケた大まかな理由でしょう。
映画のSFX部門でミニチュアやプロップ・メイカーとしてキャリアを積んだSF好きJeff Brewer(ジェフ・ブルアー)が原型を担当したというのも、正しかった。
少年たちを夢中にさせたティン・トイの愛情あるレストレーション、古き良き時代の空気感を見事に表し、夢さえ漂う。
で、まさかの吉報なのだ、Cool Rocketsからジェフ・ブルアー原型の新作が発表になった。
a0077842_048962.jpg
去年7月のSDCC 2011のDKE TOYSブースでそれのプロトタイプ(上の画像)が飾られたのだけれど、商品化されるなんて思ってもみなかった。
しかも新作は1929年に発表されたフィリップ・フランシス・ノーラン原作、ディック・コーキング作画の一世を風靡した新聞連載コミックにして奇抜デザインの宝庫『Buck Rogers(バック・ロジャース)』の公式ライセンス商品なのだ。
先端に球体の燃料ユニットを備えた宇宙遊覧ロケット・シップAsterite(アスタライト)、長さ12インチ(30センチ)のレジン製、500個限定でスーパー・レトロなパッケージに収まる。
うれしいのはこのアスタライトを皮切りにコミック版バック・ロジャースのロケット・シップ(下のディック・コーキングの絵のような)を次々に立体シリーズ化するというのだ。
というわけで今回は希望者全員にお届けできますよう予約を募ることにしました。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/17333706/
a0077842_115183.jpg
a0077842_1214443.jpg
The "Asterite" ship is the first in a licensed series of original Buck Rogers spaceships from the 1930's and 1940's. They are Resin castings made from masters produced by Jeff Brewer, Creator of the Cool Rockets line. Inspired by the fantastical Art of that time period, these pieces have never before been offered at this size or level of artistry and detail. Over 12" long.
by tomenosuke_2006 | 2012-02-07 01:27 | Sci-Fi Classicモチャ
Cool Rockets、4年の歳月を経て、ようやく取り扱い開始。
お気に入りの写真がある。
1985年の秋、構想を温めていた本のリサーチのため、ワシントンDCの国会図書館(ライブラリー・オブ・コングレス)を訪ねて見つけた一葉の8x10。
真っ白い煙をモクモクと吐きながらトンネルから出て来た弾丸型蒸気機関車"20世紀号"が、線路脇に佇む鉄道員の父と子の前をいままさに横切ろうとしているモノクロ画像だ。
その機関車はマシン・エイジといわれた1930年代のアメリカで、レイモンド・ローウィとともに一世を風靡したインダストリアル・デザイナー、ヘンリー・ドレフェスの傑作。
機関車の威容に驚き、白い煙に漲る無尽のパワーに圧倒された。
まるでランタンを手に見上げる少年になったような気分で。
a0077842_18484238.jpg
以来、"流線型"と"煙"は少年心を刺激する切っても切れない存在となった。
だから4年前、レトロ・ティン・トイ風レジン製ディスプレー・モデルCool Rocketsシリーズを仕入れようかどうか悩んだのも、"流線型"と独創的な"煙"の表現に魅せられたからだった。(2007年6月19日のポストを参照→http://tenshu53.exblog.jp/5757681/
当時はミニマム6個を仕入れる勇気がなかったというか、種類も豊富で目移りもして、結局はスルーしてしまったのだけれど、たぶん在庫処分の意味もあるんだと思う、今度は割り引いてもらえるし、円高ドル安だし、いまさら取り寄せることに決めたのだ。
1930年代から50年代の少年たちが熱狂したスペース・オペラの宇宙を、ワイヤーで吊られ、煙をくゆらせながらプカプカと飛行したロケットやフライング・ビークル風、中でもとくに気を引いた3種類。
いまどきのディテール過剰な船とちがって、あっさりツルンな流線型がほどよいし、爆煙まで造形してディスプレーの支柱代わりにしたあたりがとくにアイディア賞なのだ。
作者は映画のSFX部門でミニチュアやプロップ・メイカーとしてキャリアを積んだJeff Brewer(ジェフ・ブルアー)。
届いたらどれかひとつ、机に飾るつもりだよ。
a0077842_20462683.jpg
Cool Rockets are designed and created by Jeff Brewer who is working at film industries. All models are cast in polyresin plastic and hand painted. Comes carefully packaged in a reinforced gift box with color label and a Cool Rockets Authenticity Card.

More: その他のクール・ロケット。
by tomenosuke_2006 | 2011-09-22 21:12 | Sci-Fi Classicモチャ
ロケッティアを買うと希少本とポスターが付いてくる!
さっさと予約を募りたかったのですが、プレゼント用の本とポスターが下呂温泉の倉庫にしまってあって、それを撮ってご覧にいれないことには本当じゃないでしょ。
ものはロケッティアの時代、1930年代アメリカのモダン・スタイリングを紹介した展覧会『アメリカン・デコ展』の図録と記念ポスター4種類のデッドストックなんです。
およそ20年前、店主がいまのオブジェモチャのようにハマっていたのがアメリカのアール・デコとインダストリアル・デザインで、それをまとめてアメリカン・デコと命名。
東京新聞主催で展覧会などを監修させてもらったのですが、その時の出版物の売れ残りをずっと大事にしまっておいたというわけ、こういう時のために。
a0077842_22273313.jpg
図録のサイズはA4変形の210x258ミリ、総136ページ、内カラー104ページのソフトカバー。
自分で言うのもナンですが、キレイです、傑作です。
一方、ポスターのサイズはB3の364x515ミリ。
ワシントンDCの国会図書館のライブラリーで、1930年代のオリジナルネガから焼いてもらった8x10を使っている。
ちなみに下のポスターの機関車が20世紀号(トゥエンティー・センチュリー・リミテッド)、ティキ製ロケッティアのディスプレーベースのモチーフになっていると店主が決めつけた弾丸型だ。
1938年に登場し、ニューヨーク・シカゴ間を最高速度185キロで走った。
その1938年という年は、ロケッティアの物語の時代設定とまったく同じでもある。
おっと、言い忘れてましたが、図録とポスター4枚の『アメリカン・デコ展』(1990年)での合計販売価格は4,400円でした。
a0077842_2311392.jpg
ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/12271222/

More: 図録の中身を少々。
by tomenosuke_2006 | 2010-03-08 00:15 | ムカシモチャ
日本橋茅場町でレイガン(光線銃)を愛でなさい。
造型作家さかうえたけしa.k.a.mooomingさんが取り組んでいらっしゃるレイガンの数々が茅場町のレクトヴァーソギャラリーで展示中だ。
a0077842_13563918.jpg

グループ展
Figure Art Exihibition vol.1/立体造形アートの小宇宙
6月16日(月)〜6月28日(土) 日曜祝日:休廊

1930年代、世界恐慌の陰鬱な空気を払拭しようと生まれた科学万能の未来趣味。
機関車からささやかな生活雑貨にいたるまで、あらゆるプロダクツが流線型のシェイプをまとって現れることになった。
流線型こそはユートピアを夢想したデザインの最たるもの、最新のトレンドだったのだ。
知ってますか、丸顔でグラマラスな女優ジーン・ハーロウが持て囃される一方で、痩せてアゴの張ったキャサリン・ヘップバーンが時代遅れといわれて売れなくなったことを。
映画では連続活劇『フラッシュ・ゴードン』(1936)や『バック・ロジャース』(1939)などSFモノが流線型の見本市となった。
中でも架空のSF世界にしか存在しなかったレイガン、ヒーローが握りしめた光線銃こそは、少年たちの熱い視線を集めた、流線型がもっともよく似合う悪役退治のシンボルだった。
さかうえさんは、そんな架空の世界のプロダクツに魅せられ、現実のものにしようと創作に熱中している。
彼の言葉をかりれば「素材感やカラーリング等、製品的なリアリティと奇想のさじ加減に配慮しつつ、ファッションアイテム的な個性を放つ事をも目指して製作をしている」。
上の画像の赤いレイガンは近々量産の予定だとか、1挺、買うしかないでしょう。
また、彼のサイトには他にも夢のある造型作品が満載で必見だ。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-18 00:01 | プロップ
いまもせっせとシンクレア恐竜。
ほら、この夏、名古屋の恐竜イベント用にこしらえたレトロ恐竜の、その元ネタになったシンクレア恐竜だけど、いまもいろいろ収集中だよ。
とくにニューヨーク万博(1964〜65年)のシンクレア恐竜庭園で販売された8種類の恐竜フィギュア。
一見ソフビ風、でもずいぶんデリケートで、まるでワックスでできているんじゃないかと思わせる“もろさ”なんだ、これが。
ステゴサウルスのシッポをはじめ、トリケラトプスの角やシッポ、コリトサウルスやトラコドンの手など、小さな突起部分が欠けたのはよく見かけるけれど、完品となるとなかなか。
同じく1930年代のブロンズ仕上げの金属製や、1950年代のプラスチック製のブロントサウルス貯金箱も探してる。
まだお店にならべてないシンクレア恐竜モノはというと、やっぱり雑誌広告のコレクションかな。
まえにもその一部を紹介したけれど、きょうはとっておきの2点を。
a0077842_15564834.jpg
「4匹の恐竜の中でどれが好き?・・・万博のシンクレア恐竜庭園で見てください」
そんな見出しの1ページ広告を飾る4大恐竜は一見イラストのようだけれど、実際は庭園に飾られた原寸大模型の写真。
ティラノサウルスの縞模様がなんとも古風です。
が、つい自慢したくなるのは最近見つけた下の広告、1934年の「150ものアメリカの鉄道がシンクレア・オイルを使っている」なのだ。
店主、レトロ恐竜と同じくらい1930年代のアメリカに誕生し一大ブームを巻き起こした固有のデザイン“流線型”が大好きだから、中段右側の1934年に登場したアメリカ最初の流線型列車、その名もシティ・オブ・サリーナと、左下の恐竜化石ハンターにしてティラノサウルスの発見者としても名高いバーナム・ブラウン博士(1873-1963)が共演しているこの広告は、家宝の何ものでもないのだ。
かつてシンクレアがアメリカの古生物学研究を資金面でもバックアップしていたというのは有名な話だけれど、これは当時のアメリカ自然史博物館の学芸員だったブラウン博士もその恩恵を受けたひとりだったという証しだね。
ティラノサウルスの巨大な脚の関節部分を、なにやら神妙な顔で測定している。
(画像をクリックすると拡大します)
a0077842_2048087.jpg
ところで例の恐竜イベント『恐竜大陸』は会場を幕張メッセに移し2008年3月20日(木)〜5月18日(日)まで開催されることになっている。
企画に変更がなければ名古屋会場で飾られたレトロ恐竜やシンクレア恐竜のコレクションなども再展示されるんじゃないかしら。
『恐竜大陸』公式ホームページはこちら

流線型列車 The City of Salina
by tomenosuke_2006 | 2007-12-30 21:16 | ムカシモチャ
こういうの、とっても趣味なんだけどなぁ。
映画のSFX部門でミニチュアやプロップ・メイカーとしてキャリアを積んだJeff Brewer(ジェフ・ブルアー)がデザイン&モデリングしたロケットの数々。
1930〜50年代の漫画や科学雑誌、映画やTVやブリキモチャからインスパイアされたとおぼしきレトロ風味は、懐かしくもあり、新鮮でもあり。
クールロケットと名付けられたこのシリーズ、いまでは11を数え、アメリカやヨーロッパのトイショップのみならずインテリアショップやアートギャラリーで売れている。
レジン製で重量感たっぷり、手仕上げでアートピースのおもむき大、飾るにほどよいサイズは20〜30センチときた。
店主、2年前にLAのSOAP PLANTで見て、ひとつ買って帰ろうと思ったんだけれど、発泡スチロールのクッション材を使ったパッケージはトランクに入れるには大き過ぎて断念、あれからずーっと思い続けてきたんだけれど、なんと日本でいかが?ってメールが入った。
どうせ入れるなら全種類と思ってしまうのが店主のイケナイところ、ミニマムオーダーが6個入り1ケースだから、けっこうお金もかかるし、ストックする場所はどーするの?
なんて考えていたら思い出したよ、まだIWG ロケットシップ-エコ・グリーンだって売り切ってないんじゃないの。
クールロケット・・・このあともずーっと思い続けることになるのでしょうか。
a0077842_912370.jpg
ついでだからジェフ・ブルアーのフィルモグラフィを紹介しておくと、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993)、スター・トレック・ファースト・コンタクト(1993)、ジャイアント・ピーチ(1996)、スターシップ トゥルーパーズ(1997)、メン・イン・ブラック (1997)、ディープ・インパクト(1998)、スター・ウォーズ/エピソード1〜3(1999-2005)、ジュラシック・パークIII(2001)など、ビッグプロジェクトに参加してる。
by tomenosuke_2006 | 2007-06-19 10:26 | ムカシモチャ