タグ:雑誌 ( 105 ) タグの人気記事
ロケット時代の雑誌でございます。
a0077842_0232620.jpg
トム・ウルフのニュージャーナリズム“ライトスタッフ”のとおり、またはフィリップ・カウフマン監督の同名映画版を観れば一目瞭然でしょ。
1960年代といえば、宇宙開拓の熱狂時代。
ペンシル型の飛行装置は、20世紀のカウボーイが馬代わりに操る当代切ってのアイコンだったんだよね、ロケットさん。
そういう時代だもの、どちらかっていうと怪奇モンスター博士のアッカーマン様が宇宙モノに手を染めたってしかたないわけね(売れるときに売る、これが生活のための処世術、資本経済に生きる者の心得ってもんです、ねっ、店長)。
SPACEMENの内容は表紙に謳ってあるように、世界で唯一の宇宙映画雑誌。
古今東西のあらゆるSF映画&TVから宇宙ネタをぜんぶ集めて料理した、いわゆるアッカーマン・レシピー。
よーは、ごった煮です。
それくらいのことはMONSTER WORLDの表紙見たってわかるよね、蛇女のドアップの横にバットマンとロビンだもの。
こっそり教えちゃうけど、SPACEMENのある号ではキングコング対ゴジラを何ページにもわたって特集しているし。
けれど、廃刊直前に出た1965 YEARBOOK(右上)の表紙絵だけは文句のつけようがありません。
はっきりいって子供にはもったいなさすぎ。
タイトルはSpacemen of Distinction(特別扱いの宇宙飛行士)とあり、本当のミス・ユニバースたちに囲まれてご満悦の宇宙野郎を描いてる。
アーティストはWally Wood=ウォーリー・ウッド(1928〜1981)。
1950年代、パルプマガジンの挿し絵画家としてスタートし、SF・ファンタジー・ホラー・ハードボイルド・エロチックと、いろんなジャンルの絵を描いてきた。
店主と同い年で非業の死を遂げたという彼を、アメリカのある評論家は世界で2番目に最高のコミックアーティストと呼んでいる。
店主、ウォーリー・ウッドについて、この機会にもうちょっと勉強してみたくなりました。

a0077842_2381995.jpg

Amazonで↑見つけたんで1-Clickしたよ。


by tomenosuke_2006 | 2006-12-24 02:49 | ムカシモチャ
こんなのがいっぱいあるわけで。
留之助商店オープンしたての9月末だったか、10月のはじめかにお会いしたきり、あとは店長を介してヨロシク言い合ってた常連のロケットさんと、もうひとり、店主でさえ見逃してそうな極B級映画&和製ソフビの発掘人、中谷さんが、そろってお店に集まるって聞いたから出かけて行きました、先週の日曜(12月17日)の昼下がり。
楽しく盛り上がり、客足が途絶えた瞬間ねらって早々にお店を閉めると、みんなで店主行きつけの喫茶店ドン(ここから“Shopping・お買い物方法”のリンクボタンをクリックしてもらえれば、そのうちコジックの暗黒ダニーが睨みをきかす老舗喫茶店の店内が見られます)へリングを移し、延長戦にもつれこんだのでした。
フォレスト・J・アッカーマンの、通称アッカーマンションへ何度も遊びに通った話から、氏が編集長の雑誌FAMOUS MONSTERSに話題がおよんで、あげくは店主の下呂市の別荘の書庫に眠るお宝雑誌について。
中でも同じアッカーマンが1960年代に編纂したSPACEMENとMONSTER WORLD、前者は9号、後者は10号続いただけで廃刊になった幻のSFホラー姉妹誌を、いまもコンプで持ってるって言ったら、ふたりともググッと身を乗り出したんだよね。
そう、どんな表紙かって聞かれて、今度ブログで紹介する約束してたの、思い出しました。
なわけだから、まずは中谷さん系?のMONSTER WORLDでメリークリスマス。
a0077842_20332131.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-12-23 22:38 | ムカシモチャ
SWINDLE Magazine入荷しました。
a0077842_16374455.jpg
SWINDLEと書いて、スウィンドルと読みます。
意味は、ペテンとか、詐欺とか、ボッタクリといったところでしょうか。
ロサンゼルスの先頭をいく超人気ポップカルチャー誌の名前です。
LAのファッション、音楽、アート・シーンをくまなく網羅した内容は、ながめるだけでも目に保養なグラフィカルで、折衷主義で、反体制的な総160ページ。
もちろん誌名とは裏腹の、たっぷり信頼できる記事と絵と写真が満載され、そう、デザイナーズトイの源流を見る感じなんです、店主的には。
2004年にOBEY GIANTで知られるアーティストShapard Fairey(シェパード・フェアレイ)とエディターのRoger Gatsman(ロジャー・ゲイツマン)が立ち上げ、年4回の発行で、現在通算8号を数え、さらに最初の年鑑ICONS号がつい先日発売となりました。
SWINDLEがいろいろ面白いのは内容のみならず、その発行の形態です。
ニューススタンド用のソフトカバー廉価版と、高級紙を使って印刷もていねいなハードカバー版の2種類を毎回発行してる。
で、最新のICONS号にいたっては、内容同じで2種類のカバーなんか出すもんだから、2冊とも欲しくなっちゃうじゃないですか。
キョトン目のツイギーもいいし、チェーンスモーカーのSlash(=スラッシュ、映画ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFTの音楽もやってたような)もすてがたい。
ICONSというだけあって、近年の象徴的人物にスポットを当てたインタビューと写真が満載。
いまのツイギーさんも登場します。
現代史とはいかに人工的産物なのかということが学べる構成・・・コーヒーテーブルに置く歴史書・・・気楽に見てください。
a0077842_17244951.jpg

留之助商店取扱のSWINDLEはすべてハードカバー版で、上のバックナンバー1号〜4号と8号は各3450円、ICON特集号は3800円です。スウィンドル=ボッタクリといわれないよう控え目に値付けさせていただきました。


by tomenosuke_2006 | 2006-12-11 18:43 | 書店入荷新着情報
今度のQuantoの広告です。
今度は4分の1広告を2パターン、1ページおきに同じ位置、できれば右ページの右下にくるよう掲載してほしいと頼みました。
ひとつは留之助商店がどこよりも力を入れているキッドロボット製品の、中でも最近のヒット作レドラム・ダニーを大きくあしらったバージョン。
もうひとつは店長の強い要請でデザインしたデッカード・ブラスターの集合写真バージョン。
店長いわく、ブラスターだってキッドロボットに負けない留之助商店の得意技だってこと、ぜひ、アピールしましょうよ。
なら、リペイント・カスタムしたハートフォード版を真ん中に、届いたばかりのOFF-WORLD MFG版はその下に・・・どれが何だか分かる人って、どれくらいいるんだろうね。
と、そこへQuantoの担当者さんからTEL。
すみません、年末進行で台割が終わちゃって、同じページなら2個所、なんとかなるんですが・・・。
ん〜、しょーがないか。
広告を1点追加しようと思いたったのは2日前の土曜のことだし、本当なら先月末には決めてなきゃならなかったんだから。
キッドロボットものは日本で市民権を得るまで根気に宣伝していきたいし、じつはOFF-WORLD MFG社とも特約店契約とれたから(といっても総生産数240丁のうち、いまのところ極少数しか回してもらえないんだけれど)ブラスターもはずせない。
というわけで、下の広告を同じページに対角で載せることにしたのでした。
a0077842_12372639.jpg
a0077842_1238016.jpg

by tomenosuke_2006 | 2006-12-11 12:39 | 留之助商店計画
広告
a0077842_16372833.jpg
月刊オモチャ雑誌クアントの12月号に掲載する当店の広告原稿を、いまCDRに焼いてEXPACK500で送りました。
11月13日月曜日必着だってこと、けさ気がついてホントよかったわ。
9月末発売号で景気よく1ページ広告の大花火を打ち上げたわけですが、開店準備に追われ、大事な販売ツールのホームページ作りまで手が回らず、せっかくアクセスしてくれた読者のみなさんには迷惑かけちゃいました。
で、ホームページの充実を図ろうと10月末発売号の広告掲載をいったんお休みしたまではよかったんですが、ご存知のようにあまりはかどってません。
なんとか12月号が発売される今月末までには、留之助ホームページ、もちょっとカッコつけなくっちゃと思ってるんですが、期待できません、自分でいうのもナンですが。
今度の広告は1ページの4分の1サイズで、掲載料も4分の1。
これくらい慎ましい方がいいと思いますよ、売り上げ比率や費用対効果など考えると、っていうのは優秀な店長の意見です。
はい、もっともだと思います。
by tomenosuke_2006 | 2006-11-11 16:48 | 留之助商店計画