タグ:Doktor A ( 109 ) タグの人気記事
どこまで付き合うか、それが問題だ。
ゲイリー・ベースマンのホット・チャチャチャを思い出す。
とくに最初の“赤”は仕入れるのも熾烈な戦いで、8個入り1カートンを確保できた時など大仕事をやってのけた気分になったものだ。
2007年6月にスタートし2008年11月に終了した全8色のチャチャチャ、映画でいえば中盤の山場ってやつでしょうか、SDCC 2007限定100個なんてのもあったけれど、そのあとちょっとダレて、カタルシスのない幕切れを迎えたような。
Wheaty Wheat Studiosのミスター・バニーやKidrobotのユニコーナサウルス的に、せめて3バリアントぐらいでまとめてもらえたら気軽に集めようっていう気にもなるけれど、TOY2Rのスマッシュにいたっては現時点で9色(NYCC 2009でVTN限定の在庫を売ったらしい)、もうこれ以上は出ないで欲しいと願う店主なのだった。
a0077842_13384446.jpg
で、最近の悩みどころはスティーブン・レポッドツー・フェイス・ヘイゼル
MINDstyleモチャに手を出すっていうのは、底なし沼にハマることと同じですから。
いずれもグレーが基調色の渋〜いNYCC 2009限定版を見てしまうと、並行輸入で販売するかどうかは別にして、自分用にひとつぐらいはと思ってしまう。
ちょいまえ、DIY風ホワイトやソリッドブラックのほかにも数種のカラーバリアントがリリースされたキャシー・オリヴァスのベニーと赤い鳥で、ほとほと懲りたはずなのになぁ。
a0077842_14234567.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-02-08 23:59 | イマモチャ
Mechtorians Mini Figure Series 1の全貌です。
細密な彫刻、塗りの確かさが特徴だろう、Germs(ジャームス)のコーンヘッドダーククリスタル・フィギュアこそ、MINDstyleのスタイルだと思っている。
内職のおばさんを総動員したような、あるいは大工場に家内制手工業の掟を布いたかのような、作品の向こうに細い絵筆を何本も器用に使い分ける中国職人の技を感じる。
とくに今度発売される6種類のメカトリアンズ・ミニフィギュア・シリーズの第1段は、実寸3.5〜4インチ(9〜11.5センチ)とは思えない妥協知らず、圧倒的な仕上がりなのだ。
大小のスティーブン・レポッドを見比べていただきたい。
本来、ワンオフのカスタマイザーとして出発したDoktor Aの手作り感をマスプロデュースできるのは、MINDstyleをおいて他にないと思うことしきりなのだった。
a0077842_21341241.jpg


じっくり全6種、観察してください。
by tomenosuke_2006 | 2009-02-01 22:26 | MINDstyle 新製品情報
何かと話題のDoktor A・ダニー。
1月18日発売の全高9インチ(23センチ)スティーブン・レポッドではじまったDoktor A・エクストラバガンザ。
このあともレポッド・アジアにメカトリアンズ・ミニフィギュア・シリーズ1が待機している、が、何がいちばん気がかりかっていうとDoktor AデザインのUKダニーなのだ。
いまのところ出たという形跡、一切なし、1/100との噂も飛び交っている。
どなたか幸運にもDoktor Aを引き当てた方がいらっしゃいましたら、せめて背中の画像だけでも送ってください、お願いします。
a0077842_13461952.jpg


エリックのすすめで買ったDoktor Aのカスタムもの。
by tomenosuke_2006 | 2009-02-01 13:51 | イマモチャ
スティーブン・レポッド・アジアの発売日が決まりました。
ツー・フェイス・ヘイゼルもそうだけど、スティーブン・レポッドとといい、Asia Exclusiveを謳いながら、なぜアジア以外の諸外国でも発売されるかというと、こんなストーリーがあったんだよ。
じつはMINDstyleは500個限定のヘイゼル・アジアも200個限定のレポッド・アジアも、ワン・ショップ限定にすべく計画し、ヘイゼルはありがたいことに留之助へ、レポッドはフィリッピンのFreshManilaに、まずオファーがあったのだ。
あっそうだった、50個限定のエイブラハム・オバマ・アジアも。
前者のヘイゼルは圧倒的な資金不足と世界流通のスキルに乏し過ぎな当店が断念するとフレッシュマニラへ、後者は当店にセカンド・チャンスが回ってきたのだけれど、とにかくどこも引き受け手がいなかったから、現在に至る。

2009年2月3日(火)午前0時
a0077842_11494229.jpg
Mechtorians Stephan Le Podd Asia Exclusive
で、通称ブラッディ・レポッドと呼ばれる重〜い色の手塗りアジア版の画像公開OK、予約販売もOK、発売日は2月2日以降とのお達しがあった。
とりあえず発売日が目と鼻の先なので予約なし、3日(火)午前0時に発売開始、こちらも専用注文フォームをご用意いたします。
さて、余談ですがヘイゼル・アジアのシークレットの混入数は50個、総生産数の1/10だということです。

SLP ASIA、別アングル。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-27 12:04 | MINDstyle 新製品情報
9インチの次は3.5〜4インチをよろしく。
18日(日)午前0時発売の身長9インチ(23センチ)のスティーブン・レポッドの次はMechtorians Mini Figure Series-1、3.5〜4インチ(9〜10センチ)の6人組が控えてます。
詳細はこちらの記事のとおり。
で、どんな連中かというと、左からSentry Wheel(セントリー・ウィール)、Mr. Head(ミスター・ヘッド)、D.J. Gram(D・J・グラム)、 Sir Shilling Copperpenny(サー・シリング・カッパーペニー)、お馴染みStephan LePodd(スティーブン・レポッド)、Scuttler the Butler(スカトル・バトラー)。
ご覧ください、この絶妙なハンドペイント仕上げ、それぞれウィンドーボックス入ってやって来ます。
a0077842_1383342.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-17 01:00 | MINDstyle 新製品情報
沖縄にいても商いは忘れません。
MINDstyle本家から1月26日のチャイニーズ・ニューイヤーにDoktor AのStephan Le Podd(スティーブン・レポッド)を発売するよう言われてましたが、なぜかもう解禁するって。
で、1月18日(日)午前0時、発売開始します。
例によって専用注文フォームをご用意、よろしくお願いいたします。
a0077842_144174.jpg
どうぞバイオ+メカの奇怪な生き物たちMechtorians(メカトリアンズ)の中より選ばれし、全高23センチのスティーブン・レポッド、300個限定をとくとご覧あれ。
パッケージングはキャシー・オリヴァスのツー・フェイス・ヘイゼルとまったく同じ驚異ののり巻きタイプ
ヘイゼルはたった2分で完売しましたがレポッドはどうなんでしょう、楽しみ。
a0077842_1153962.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-15 01:30 | MINDstyle 新製品情報
1月6日、世界同時発売。
高級って言葉がぴったりはまるキャシー・オリヴァス作のミニフィギュア、スカベンジャーズ・シリーズ-1のシークレットだったのがツー・フェイス・ヘイゼル。
そのお待ちかね8インチ(20センチ)拡大版(世界限定500個)と、ドクターAのメカトリアンズ・シリーズの代表選手、9インチ(23センチ)のスティーブン・レポッド(世界限定300個)ハンドペイント仕上げが、世界じゅうのMINDstyleリテイラーから1月6日に一斉発売されます。
当店では6日(火)が定休日に当たるため、7日(水)午前0時からオンラインで発売開始、それぞれ専用注文フォームをご用意いたしますのでよろしく。
a0077842_206263.jpg
と、ここからが重要事項。
じつは6種類の、これまたハンドペイントによるウィンドーボックス入りミニフィギュアのメカトリアンズ・シリーズ-1が遂に2月24日に発売決定、で、留之助には12個入りディスプレーケースが8つ(12x8=96個)入荷します。
ただしアソートの関係で6個セットがまんべんなく16組作れる可能性とっても薄く、今回の9インチ・スティーブン・レポッドをお買い上げのみなさまには、こちらのミニフィギュア6個セットを最優先的にご提供させていただくつもりです。
って、なんかこれ、声に出して言ったら、まるでTVショッピングのセールストークだね。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-01 21:15 | MIDNIGHT SALE
秘密は苦しい、の1。
Please take this email as confidential, DO NOT publish any photo=このメールはご内密に、公開厳禁。
とまぁ、こんな但し書きではじまる製品情報がたまに届く。
たとえばキッドロボット本家からシーズンごとに送られてくるイラストで構成された新製品カタログがそう。
もうとっくに来年1月〜3月の新作デザインは知らせれていて、発注も済ませている、なのに榎本店長以外、だれにも教えられない辛さ。
秘密だっていわれると余計だれかに話したくなるのが人情ってもんでしょう、とくにいいもの見せられると、口の軽い店主としては堪えるのが苦しくって。
で、最近著しく苦しかったのがMINDstyleの新作2点だったんだけれど、けさ、やっと解禁になった。
その1は、以前ミニフィギュアが発売されるとお知らせしたDoktor A作MECHTORIANS(メカトリアンズ)シリーズの代表選手、スティーブン・レポッド君の大判。
ミニはひとまずお休みか、なんと9インチ(23センチ)に大きく発育しての登場だ。
ドクターAの筆のタッチまで再現したかのような仕上げで突っ込みどころがない。
商品説明によるとLimited 300 worldwide of the original version、つまりオリジナルバージョンとして300個のみ作られるということ。
MINDstyleというメーカーさんは、ヒットするとかならずそのカラーバリアントを連発するところ。
そういう意味でも成功間違いなしの記念すべき最初のレポッド君は押さえどころでしょうね、その2といっしょに12月上旬入荷予定。
a0077842_7351035.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-11 23:29 | MINDstyle 新製品情報
製品版より7%大きい10個限定レジン・ペイントマスター。
オブジェモチャ界では知らない人がいないイギリスのトイ・カスタマイザー、Doktor Aがデザインする発売前から何かと話題のミニフィギュア・シリーズ、MECHTORIANS。
生命を授けられた機械たちの奇っ怪な一団をメカトリアンズと名付け、MINDstyle 十八番のディテール塗装で仕上げられる。
のまえに、2種類のオリジナル彫刻を型取りしてそれぞれ10個だけレジンで抜き、ドクターAが自らハンドペイントした、通称ペイントマスターがNYCC 2008で早いモン順に販売されるのだ、けっこう高い。
タコのような潜水ヘルメットのようなスティーブン・レポッド(上)と、なんか脳ミソが目や耳や鼻の穴や毛穴からフツフツ吹き出してきた感のミスター・ヘッド(下)。
同じ原型を型取りしても、通常のソフビになると材料の性質上7パーセント収縮する。
つまりどんなソフビモチャも原型より7パーセント小さいのだけれど、この各10個限定のレジン製メカトリアンズは原型と寸分たがわぬ同一サイズ。
ミニフィギュアが発売されても、ちょっと大きい分、エバっていられる仕組みなのである。
各10個のうちの各1個だけ、横流ししてもらうことになりました。
a0077842_13582124.jpg
a0077842_13583440.jpg


メカトリアンズ・プロトタイプ。
by tomenosuke_2006 | 2008-04-15 14:12 | MINDstyle 新製品情報