タグ:LOGIC ( 14 ) タグの人気記事
ロジック製、懐かしすぎるアンクル・グリップ。
P38やM1914ベースのTV版プロップの再現だけでは飽き足らず、現行のABS製ブローニング・ハイパワーを昭和46年規制前に中田商店から発売された珍品アンクルガンに変身させるグリップを復刻したロジックさんなんである。
だからマルシン製ABSモデルガンのP38用に中田商店型アンクル・グリップを作りはじめたと聞かされたって驚かない。
亜鉛ダイカスト製のストックを取り付けると、あまりの重さにブヨブヨと軋み、いつヒビがいってもおかしくないと思わせた懐かしのプラ・グリップ。
それをマルゼンのエアガンではなく、マルシン用に復刻させたところがとくにうれしいのだった。
マルシンのP38と中田商店型アンクル・グリップこそは最高のコンビネーション、というか、当時マルシンは社名を丸真ダイカスト工業といい、中田商店ブランドのモデルガンのほとんどを下請け生産していた。
つまりあのアンクルガンは紛う方なきマルシン製品だったのだ。
だから同じDNAのマルシン製ABSモデルガンにロジックさんが手作りしたグリップが似合わないはずがない。
ロジックHPの画像を見ると、40ン年前のモデルガンをめぐる大人たちの喧騒と、その成り行きを不安に駆られて見守るしかなかった少年時代が蘇るのだった。
a0077842_15461830.jpg
ロジックHPの詳細画像ページはこちら→http://www.logic.ne.jp/p38mrnaka/
by tomenosuke_2006 | 2011-07-27 15:48 | ムカシモチャ
ロジック製無可動モーゼル・アンクルカービン出来。
最近は当店取り扱いモチャの広報にばっかり熱心で、ついついその他の話題がおろそかになってました。
で、きょうはひさしぶりにアンクルガン開発では留之助よりずっと先輩の、何かとお世話になっているロジックさんの最新ニュースをご紹介。
6月13日のポストで無可動版のモーゼル・アンクルタイプが再販される旨、お伝えしましたが、この度、カービン用パーツも一部改良されて再販される運びとなりました。
目を引くのはよりリアルになったストックでしょう、バットプレート回りが大幅に変わった模様です。
銃本体のグリップに変更はないため、前作のカービン所有者はこのストックだけ買ってバージョンアップが楽しめます。
詳しくはロジックさんのサイトをご覧ください。→http://www.logic.ne.jp/m1914muka1/
a0077842_143657.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-09-04 21:59 | プロップ
ロジック製モーゼル、無可動で再販されましたね。
今度のM1914アンクルタイプは前作のスライドやトリガーの可動部を廃した分、さらにシッカリした模様。
隠れて見えなくなるマガジンは3分の2ぐらい切り落としたり、とにかくシンプル&リーズナブルになりました。
詳しくはロジックさんのサイトをご覧ください。→http://www.logic.ne.jp/m1914muka1/hontai.htm
さ、こうなると去年のいまごろ発売終了したカービン用アクセサリーの再販もありそうで、買い逃した人には吉報であります。
a0077842_21281252.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-06-13 21:38 | プロップ
ロジックさんの新作は、ますますマニアなhpグリップ。
こんなの知ってる人は、大事にしていた亜鉛ダイキャスト製鉄色モデルガンを、いわゆる昭和46年規制で黄色か白のペンキで塗るハメになった悲しい思い出の持ち主か、偏った趣味のレトロ・モデルガン・マニアしかいないでしょう。
スリングフックが付いたままの通常バレルのワルサーP38を、らしい横縞グリップに付け替えただけで、アンクルタイプの決定版とかいって売り出しちゃう中田商店の強引さが、ブローニング・ハイパワー(hp)アンクルタイプを生んだのだった。
当時、中学生の店主にしてみれば、どちらもTV番組のそれとは似ても似つかぬ嘲りの対象、やっぱり真打ちはMGCしかないと思ったのだった。
が、時の流れはしばしば悲しみや失望までも懐かしい思い出に変えてしまう。
なぜあの時、お年玉はたいて買わなかったのだろう。
買って、こっそり取っておくべきだったと後悔さえする。
中田商店のブローニング・ハイパワー・アンクルタイプこそは、銃刀法改正前の古き良き時代の、自由奔放の証しだと思うのは店主だけではないだろう。
オヤジたちのそんな少年心に、なんとロジックさんがこたえてくれることになった、朗報でしょ。
マルシン製ABSモデルガンのブローニング・ハイパワーをアンクルタイプに化けさせるための、中田商店もどきの専用グリップを売り出したのだ。
左グリップの右下にはあの“丸hp”マークを減摩合金でしっかり再現、気になる方はこちらへどうぞ。→http://www.logic.ne.jp/hi1/
a0077842_2303229.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-03-17 23:12 | ムカシモチャ
壊れてもいいから発火ブローバックさせたい。
スーパーメジャーのマルゼンさんやZEKEさんがアンクルガンを本格製品化しているさ中、真・留之助ver.で向こうを張ろうと威勢だけはいい店主である。
が、情けないかな、まだ最初のフルセットが完成に至っていないのだ。
そうこうしているうちに日本のアンクルタイプのパイオニア、ロジックさんがですね、マルシン製ABSモデルガンのP38をアンクルガン化するアクセサリー・キットを完成させ、予約受付を開始した。
こちらがロジック製アクセサリー・カタログ
こちらはアクセサリーのインストール画像や動画が見られるページ
そのページのいちばん上の「7mmキャップ火薬で数発、発火してみました。破損する事は無かったですがショートバレルはダミーカートタイプですので発火しますと破損する場合があります」という但し書きが付いた動画がゾクゾクくる。
目の毒である。
壊れるの覚悟で発火させないさいと言われてるような。
とにかくアンクルガン百花繚乱の昨今、いろんなアンクルガンがあっていいじゃないかの贅沢な時代、留之助も取り残されないようにがんばらないと。
a0077842_18581694.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-20 19:02 | プロップ
ロジック製モーゼル・カービンが発売になりました。
ロジックさんのサイトでモーゼル・アンクルカービン用パーツの注文受付けが始まりました。
先行発売されたM1914本体を購入済みなら、あと2万円でカービン化できるのだからうれしい。
ストックの伸縮機能がP38用より進化して、ロジックさんの創意工夫、ここにあり、ですね。
さっそくアンクルガン・ドット・コムのブラッドさんにも教えてあげようと思います。
a0077842_178482.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-25 17:09 | プロップ
ロジック製モーゼル、アンクルカービンへ。
着々と進んでますね、ロジックさんのモーゼル・アンクルタイプのカービン化計画。
スコープにロジック製P38・アンクルタイプでも使用されていたブシュネル型を流用したほかは、専用のスコープマウント、フォアグリップ付きエクステンションバレル、ロングマガジンを新調、あとはストックのみという感じです。
黒いボータイにタキシードのナポソロがモーゼル・アンクルカービンを縦にギュッと構えたあのポーズを早く真似してみたい?
ロジックさんのサイトのここも面白いから見てください。
小型パーツ製作用に自作したPC制御できる小型CNCスライス盤の製作工程が紹介されています。
ロジック製品の精度がますます高くなりそうです。
a0077842_6445987.jpg
a0077842_6451550.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-02 00:05 | プロップ
ロジック+アンクルガンドットコム。
さっそくロジック製モーゼルM1914のアンクルタイプを手にしたTHEUNCLEGUN.COMのブラッドさんから画像付きメールが届いた。
バレルにオリジナルと同じ7/16インチ・ピッチ14(P38も同一サイズ)のネジを切り、とりあえずはP38用のエクステンション・バレルやサイレンサーを取り付けれるようにしたという。
このあと本物のモーゼル用アンクルグリップやロングマガジンをコレクターから借り受けて型取りし、ストックやスコープマウントが装着できるようにしたり、専用のエクステンションバレルも作るとか。
続報を待ちたいと思う。
a0077842_00547.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-07-06 00:01 | プロップ
ロジック製モーゼル・アンクルタイプが発売になりました。
ロジックさん、お疲れさまでした。
モーゼル・アンクルタイプが完成し、待ちに待った予約受付がはじまりました。
銃本体価格は17,000円。
詳しくはこちらをご覧ください。
組立て中の動画も観られます。
今後、カービン用アクセサリーパーツも製作されそうな気配で、楽しみでなりません。
a0077842_19343981.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-05-25 19:45 | プロップ
ロジック製モーゼル・アンクルタイプが見えてきました。
ロジックさんがついにモーゼルM1914-アンクルタイプの仮組まで漕ぎ着けました、お疲れさまです。
トリガーとマガジンキャッチがバネで動き、ダミーマガジンの着脱が可能。
たぶんカービン用のロングマガジンも造ってくれるんだと思います。
銃口にはエクステンションバレルのためのネジも切られていることですし。
リコイルスプリングをはじめ内部パーツが省略されているため、前後のスライドアクションなどは手動になるとか。
とにかくこれから材質等の調整に入るため、予約受付はもう少し先になりそうです、待ち遠しい。
詳しくはロジックさんのこちらをご覧ください。
a0077842_15172976.jpg
a0077842_15175429.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-05-05 15:19 | プロップ