タグ:MMIV・アーディスト・バイオ ( 11 ) タグの人気記事
予告・MMIV/ブラント・ピータースの紹介パネル
Artist bio sign / Brandt Peters
a0077842_16174747.jpg
a0077842_1618273.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-03-24 16:18 | 留之助イベント
予告・MMIV/キャシー・オリヴァスの紹介パネル
Artist bio sign / Kathie Olivas
a0077842_16132392.jpg
a0077842_1613371.jpg

by tomenosuke_2006 | 2016-03-24 16:14 | 留之助イベント
予告・MMIV/ケヴィン・ティツァーの木彫り作品
A wooden work of Kevin Titzer's for Monsters & Misfits IV

初参加アーティスト中、唯一の男性クリーチャー・メーカーがケヴィン・ティツァーである。
店主の強い希望で力作を送ってくれたのだった。
a0077842_15133464.jpg
アーディスト・バイオ
ケビン・ティツァーは、自分のアートにファウンド材やリサイクル材を利用しています。時々、多層塗料やニス塗りで光沢のある表面になっているため、セラミックと間違えられる彼の彫刻は、本来は木から彫られているのです。作品の中心テーマはキャラクターの再起とそのキャラクターたちの弱さにある現在進行形の物語です。ケビンは、ルイジアナ州エバンズビルで生まれち、2011年以降、ケベック州の雪深い奥地に居を構えています。
a0077842_15144890.jpg
Artist Bio
Kevin Titzer utilizes found and recycled materials in his art. Some times mistaken as ceramic because of the multi layered paint and varnished surfaces, his sculptures are primarily carved from wood. The themes in his work focus on a reoccurring cast of characters and a ongoing narrative of their many foibles. Kevin was born and raised in Evansville Indiana, although as of 2011, He has been based in the snowy hinterlands of Quebec.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-17 15:19 | 留之助イベント
予告・MMIV/レスリー・リビングス作品”ティーポット"
Teapot by Leslie Levings for Monsters & Misfits IV

レスリー・リビングスもまた、モンスターズ・アンド・ミスフィッツ初参加のアーティスト。
a0077842_12213925.jpg
アーディスト・バイオ
レスリー・リヴィングスは、彼女が創作した作品と詳細なシーンを通して自然史と世界の成り立ちを探求しています。彼女の作品はアメリカ各地のギャラリーで展示され、レスリーとシン・イエン・コーの二人展シリーズ『疑わしき獣たち』は、今年で4回目を数えています。オドロオドロしいクリエイターとしてレスリーは認知されています。小さいながらも表情豊かなモンスターたちを世界中のファンが収集しています。
a0077842_16564210.jpg
Artist Bio
Leslie Levings explores natural history and world-building through her sculpted creatures and detailed scenes. Her work has been exhibited in galleries around the country, and this year marks the fourth installment of “Dubious Beasts,” the series of two-person exhibitions by Leslie and Shing Yin Khor. Leslie has also gained recognition as the creator of the Beastlies: an ongoing line of small but expressive monsters collected by fans around the world.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-17 12:30 | 留之助イベント
予告・MMIV/シン・イエン・コー作品”14のヒレの人魚"
Fourteen Finnedfiji Mermaid by Shing Yin Khor for Monsters & Misfits IV

モンスターズ・アンド・ミスフィッツ初参加のマレーシア人アーティスト、シン・イエン・コーをご紹介。
a0077842_11523634.jpg
アーディスト・バイオ
造形家、漫画家、イラストレーターのシン・イエン・コーは、変な生き物にあふれたコレクションを構築することで、人々が間抜けな科学と思いっきりくだらない世界にハマることを熱望しています。彼女のテーマは古い博物館、秘密の好奇心、リンネの分類法、恐ろしい植民地時代のコレクションに影響を受けています。マレーシアの港町マラッカで生まれ、ファンタジーという言葉の比喩的用法を常とする文化と植民地独立後の残骸の中で育ちました。シンは現在ロサンゼルスに住んでいます。
a0077842_120645.jpg
Artist Bio
Shing Yin Khor is a sculptor, cartoonist, and installation artist, building universes and collections filled with awkward creatures and yearning people trapped in a world of bumbling science and heroic futility. Her themes are inspired by old museums, cabinets of curiosities, pre-Linnaean taxonomy, and the quiet horror of colonial era collecting. Born in Malacca, a port city of Malaysia – and raised between cultures on a diet of fantasy tropes and post-colonial detritus – Shing currently calls Los Angeles home.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-17 12:00 | 留之助イベント
予告・MMIV/カリ−サ・スウェンソン作品”スーターキン"
Sooterkin by Carisa Swenson for Monsters & Misfits IV

崩れた神秘、醜悪の骨頂、こういうのが人形作家カリーサ・スウェンソンの醍醐味なんである。
今回も来日はしないけれど、それはそれは念入りに手作りされた魔物な不適応者が2体、やって来る。
a0077842_23593726.jpg
アーディスト・バイオ
カリーサ・スウェンソンの好奇心溢れる作品作りへの情熱は、彼女が子どもの時に出会った神話やレイ・ハリーハウゼン作品への愛、ティーンのころのヘンソン・ワークショップへの感動、20代のころの巧妙新奇なヤン・シュヴァンクマイエルとブラザーズ・クエイの映画まで多くの源泉から湧き出しています。カリーサが世界的に著名な人形作家ウェンディ・フロウドに師事したとき、その最終的な型が形成されました。ポージングできる人形が彼女の永遠の魂となり、夜も眠れなくなるほどその情熱が彼女を突き動かし、それを鎮めるには唯一彼女の夢を縫い合わせ形にして現実化することだけでした。2006年から、カリーサの作品はSpectrum 17や19を含む数冊の本で特集され、アメリカはもちろん世界中で彼女の作品が展示されています。
a0077842_010879.jpg
Artist Bio
Carisa Swenson’s passion for creating curious creatures springs from many sources—a love of mythological tales and Ray Harryhausen’s creations when she was a child, an appreciative eye for Henson Workshop in her teens, to the weird and wonderful films of Jan Svankmajer and The Brothers Quay in her twenties. When Carisa studied with world-renowned doll artist Wendy Froud, the final die was cast: posable dolls would forever own her soul and trouble her nights, stirring her with a fervor that could only be quelled by stitching and sculpting her dreams into reality. Since 2006, Carisa’s work has been featured in several publications, including Spectrum 17 and 19, and exhibits her dolls throughout the United States as well as internationally.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-14 00:18 | 留之助イベント
予告・MMIV/クリス・ライニャック作品"タートルバム"
Turtlebum by Chris Ryniak for Monsters & Misfits IV

亀の甲羅を持つタートルバム。
2016-02-13のブログで紹介したクリス・ライニャックの粘土彫刻のうち、いちばん小さいヤツの完成図である。
a0077842_1012575.jpg
アーディスト・バイオ
クリス・ライニャックはミシガン州デトロイトの郊外で生まれたアメリカ人アーティストです。子供のころはほんわりとぬくもりのある土曜の朝のアニメの恩恵を受け、昆虫、爬虫類やおばけを見つけるためにあちこち駆け回りました。
大きいものから小さなものまであらゆる種類の創造物の造形と絵を、彼は世界中のギャラリーや美術館で展示してきました。彼の作品は、アメリカはもちろんヨーロッパやアジアの多くの本や雑誌でも紹介されています。クリスは多くのおもちゃのデザイナーと造形家で、デザイナーアート版のおもちゃとフィギュアはたちまち売り切れてしまいます。毎日モンスターを描いた「Morning Scribbles (朝の落書き)」というタイトルの一連のプロジェクトでも有名で、その中で彼は800以上のオリジナル作品を創作公開しています。
a0077842_11303782.jpg
Artist Bio
Chris Ryniak is an American artist born in the suburbs of Detroit, Michigan. He spent his childhood basking in the warm glow of Saturday morning cartoons and flipping over rocks in search of insects, reptiles and ghosts.
A sculptor and painter of all manner of creatures both large and small, he has exhibited in galleries and museums throughout the world. His work has also been published in numerous books and periodicals in the US as well as in Europe and Asia. Chris is a toy-designer and sculptor of numerous instantly sold-out editions of designer art toys and figures. He is also well-known for his series of daily monster drawing project entitled ” Morning Scribbles” in which he has created and shared over 800 original creatures.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-13 11:32 | 留之助イベント
予告・MMIV/アマンダ・スペイドのミックスド・メディア作品
Amanda Louise Spayd' mixed-media work for Monsters & Misfits IV

下の画像の怪物のような不適応者のようなヌイグルミは、 2016-02-15のブログでご覧いただいたアマンダ・ルイーズ・スペイド作品の完成図である。
ただいま十数人の他のヌイグルミたちといっしょに名古屋税関で通関中。
a0077842_8175197.jpg
アーディスト・バイオ
マンダ・ルイーズ・スペイドのミックスド・メディアワークは、古風な家庭用置物、自然の世界と強迫的に細部までこだわった質感と色を組み合わせています。彼女の感性はアンティークと質感に対する愛はもちろん、子供のころの無邪気な好奇心と愛着心への深い郷愁の影響を受けています。強い感情、それは哀れみ、愛つまりは作品に対する保護の感情を引き起こす作品作りが、彼女の芸術性を突き動かす中心です。すでに国際的に作品を発表していて、世界中の収集家から高く求められています。また最近では日本のソフビとビニール食玩はもちろん、レジンキャストの収集人形のおもちゃ市場にも参入しています。
a0077842_8141552.jpg
Artist Bio
Amanda Louise Spayd's mixed-media work combines the textures and colors of antique domestic objects, the natural world, and an obsessive attention to detail. Her aesthetic is influenced by her love of antiques and textiles, as well as a deep nostalgia for the innocent curiosity and emotional attachments of childhood. Creating objects that evoke strong emotions - pity, love, or a feeling of protection over them - is at the core of what inspires her artistically. She has been published internationally, and is highly sought after by collectors around the globe, as well as having recently entered the toy market with both Japanese sofubi and vinyl blindbox toys, as well as cast-resin collectible figures.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-12 08:25 | 留之助イベント
予告・MMIV/アンドリュー・ベル作品"戦士と犬"
Warrior and dog by Andrew Bell for Monsters & Misfits IV

下の画像の怪物と不適応者たちは、2016-02-13のブログでご覧いただいたアンドリュー・ベル作品の完成図である。
a0077842_22542895.jpg
アーディスト・バイオ
アンドリュー・ベルは、イラストや絵から、オモチャや彫刻まで、様々なメディアで精力的に仕事をしいます。その表情豊かなキャラクターたちは複雑な感情を体現し、現実感のある生命を与え、奥深くに秘めた物語を暗示しています。ユーモアのセンスに時に相反する、よりシリアスで陰鬱なメッセージが入り混じっています。
アンドリューは旅行や夢、ブルックリンにある彼の家の周りの多様な生き物からインスピレーションを得ています。この15年で、彼のイラスト集「Creatures in my Head (頭の中の生き物たち)」を基にした本を数冊出版しています。また彼の会社Dead Zebra Incを通して何百部の本、おもちゃや商品を発売しています。彼の作品は世界中のギャラリーショーなどで取り上げられてきました。
a0077842_2256886.jpg
Artist Bio
Andrew Bell enjoys working in a variety of mediums, from illustrations and paintings to toys and sculptures. His expressive characters embody a complex set of emotions, lending them a real sense of life and hinting at a deeper narrative. It is tied together by a sense of humor that often belies a more serious and somber message.
Andrew draws inspiration from his travels, his dreams, and the diversity of life surrounding him in his home of Brooklyn, New York . Over the last 15 years he has published several books based on his “Creatures in my Head” series of illustrations and has released hundreds of prints, toys and products through his company Dead Zebra Inc. His work has been featured in gallery shows and publications around the world.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-11 23:01 | 留之助イベント
予告・MMIV/スタン・マヌキアン作品-1
Amazing and elaborate creatures for Monsters & Misfits IV by Stan Manoukian

MMIIIにユニークな怪物作品を送ってくれたフランスのクリーチャー・メーカー スタン・マヌキアンが、今回は大作をひっさげ来日する。
a0077842_10184518.jpg
アーディスト・バイオ
1969年、フランスのパリに生まれたイラストレーターのスタン・マヌキアンは、長年フランスとアメリカのコミック出版界で過ごしたほか、映画やコマーシャルのデザイナーとして、またストーリーボーダーとして働いた。古いSF、昔のモンスター、エドガー・ランポー、ラブクラフト、メアリー・シェリー、ジュール・ヴェルヌやH・G・ウェルズのロマンチックな物語は、彼の子ども心に奇妙な生き物を描くことを促した。宇宙の生物とクトゥルフの子どもをミックスしたような。2006年にスタンは生き物の世界を創造するトレーニングに、ア・モンスター・ア・デイ(A Monster A Day=1日1匹の怪物)を描き始め、そのプロジェクトはますます大きくなった。古書、辞書、古い版板の影響を受け、彼の父親の情熱的な後押しもあり、古い百科事典の方法で生き物を表現している。インデックス順に記述する方法である。未知の動物学者が新しい宇宙を見つけるように、自然の環境で生き物を表現し、おたがいの交流を描いている。
a0077842_10224534.jpg
Artist Bio
Born in 1969, in Paris, France, Stan Manoukian is an illustrator who has spent many years working in the comic book industry in France and the U.S, as well as a designer and storyboarder for movies and commercials. Vintage science fiction, classic monsters, and the romantic writings of Edgar Poe, Lovecraft, Mary Shelley, Jules Verne and Wells filled his childhood and inspired him to spend his time drawing strange creatures - the mixed result of aliens from outer space and Cthulhu's children. In 2006 Stan started to draw "A Monster A Day" as an exercise to develop the world of his creations, and the project grew bigger and bigger. Influenced by old books, dictionaries, antique engraved plates and paintings discovered through his father's passion, he represents his creatures in the manner of old encyclopedias - by indexing and describing them. Like a cryptozoologist discovering a new universe, he represents them in their natural environment and describes their interactions among one another.
by tomenosuke_2006 | 2016-03-02 10:25 | 留之助イベント