タグ:Pixelfillu ( 3 ) タグの人気記事
6年たってやっと入荷の宇宙ガニ
Space Crabs with a extraordinary price

はじめて宇宙ガニを紹介したのは2008-06-06のポストだった。
ゲーム・デベロッパーでイラストレーターで3Dアニメーターのピクセルフィル初のモチャとして、Wheaty Wheat Studios(2008年秋ごろ廃業した)からリリースされるはずだったのだけれど、一向にその気配なく、なんとあれから6年後のいま、デッドストックが破格値で放出されることになったのだ。
ま、これはこれでヨシとしよう。
岩でできたような三角錐の金星ガニよりかっこいい、宇宙服を着たカニ。
大きなハサミにはマシンガンのノズルがのぞいて、ぜんぶで4色、そろいで買えばずっとお得なんです。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Space%20Crabs/
a0077842_22392810.jpg
Space Crabs... Designed & Produced by Pixelfillu... Each figure comes with articulated arms, eyes and removable helmet.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-09-05 22:56 | 商店入荷新着情報
ホッと胸を撫で下ろす。
ジョー・レッドベター・アニマルをはじめてオブジェモチャ化したWheaty Wheat Studios(ウィーティ・ウィート・スタジオ)は社長で彫刻家で、あのマッドエルの原型師でもあるRichard VanOver(リチャード・ヴァン・オーバー)とセールス担当のDeborah Yoon(デボラ・ユーン)のオシドリ夫婦が運営するLAのメーカーだったけれど、ある日、連絡がプッツリ途絶えた。
だいたいのことは3D RETROのオーナーから聞いて知っていた。
離婚→セールス担当者離脱→顧客管理機能麻痺、大変だったろうことは想像がつく。
家のことを一切合切まかせていた妻に去られるだけでも大変なのに(me too)、あのリンゴベアの少数限定カラーバリアントを使った巧みなセールスプロモーションを仕切ったり、オブジェモチャの見本市VTNの発案者のひとりでもあった最優秀のビジネスパートナーがいなくなったんだもの。
が、きのうリチャードからウィーティ・ウィートをNYに移して無事再スタートを切ったとメールが入った。
デボラのことも気になるけれど、ひとまずホッと胸を撫で下ろす、これでPixelfillu(ピクセルフィル)作のスペース・クラブもいずれ留之助にならぶはずである。
a0077842_11405619.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-25 12:00 | イマモチャ
お願いやら、お知らせなど。
ダニエル・ジョンストンのナメゴンガエルJeremiah The Innocent(エレミヤ・ザ・イノセント)の卸売り受付けが開始された。
で、グッドニュースとバッドニュース。
まずグッドの方は、350個限定のホワイトより値段が高かった250個限定のグリーンとイエローのカラー版が、ホワイトと同額にプライスダウンされたということ。
が、バッドなことに、1ケース4個入りから6個入りとなり、当店の予算やらストックルームのキャパを考えると、どうしても2色しか仕入れられない。
そこでグリーンとホワイトでいこうかと思うんですが。
オアさん、Yさん、いかがでしょうか、ご意見をお聞かせくださいな。
a0077842_11272889.jpg
あと、メーカーさんとのお約束で、まだ画像が公開できない新作のご案内。
いつも夏のSDCCに向けて勢いずくUNKL BRANDからは既報のMaK.Poをはじめ、SDCC 2008でデビューする新色のSUG & Ulligusに、これまた新色のHazMaPo3種。
ぶっちゃけた話、留之助への配給数はもう決まっていてMaK.Poは1ケース(6個もしくは8個)、SUG & Ulligusは6セット、100セットしか作られないHazMaPo3種はたった3セットしか入ってこない。
気になる人は、とりあえず予約(キャンセル可)しておいた方がよいかも。

Wheaty Wheat Studiosからも3種類のオブジェモチャが夏に向けて入荷の予定だ。
順番に、既報(本当はまだ公開してはダメだった)のMedfed作ドーリーのブルー、去年のSDCC 2007でプロトタイプが公開されたPixelfillu作のスペース・クラブ、それからスケット・ワン作バックアイ・ロトのレッド。
中でもスペース・クラブは同じ宇宙のカニでも'50年代B級SF映画の金星ガニよりずっと洗練されていて、取り外し可能なヘルメットに可動する頭と大きなハサミ付きの腕を持つ。
じつは去年、SDCCのUrban Underground Projectの会場で作者のピクセルフィルとプロトの写真を撮ってたんで、見てやってください。
SFチックなの、大好物です。
a0077842_1342324.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-06-06 00:01 | 留之助商店計画