タグ:Ragnar ( 26 ) タグの人気記事
ラグナーの宇宙少年フィギュアと空想画集
Ragnar's Astro figure and Art of Fiction Sketchbook
a0077842_1818266.jpg
ブランドン・ラグナー・ジョンソン(通称ラグナー)がアメリカのネット決済会社Go Astro! のためにデザインし、3DRetroがプロデュースしたマスコット・フィギュアの宇宙少年アストロは、3DRetroのショップから。
ディズニー、ワナーブラザース、ソニーなどに提供したコンセプト画を含む未来テーマの作品を、スケッチブック風にまとめた総48ページのサイン入り最新画集はDCon 2015で。
両方まとめていかがですか?
フィギュアの原型はほとんどすべてのオリジナル3DRetroモチャを彫刻しているジョージ・ギャスパー(George Gaspar)。
そう、オブジェモチャ・ニュース・ビデオToy Breakで、いつもカウチの向かって左側に座っているオヒゲの彼である。
で、このアストロ、けっこう精密な造りに比して値段が安すぎるのは、スポンサーのGo Astro!がプロダクションコストの半分を持ってくれているからなんだって。

フィギュアのお求めはこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/23926671/
スケッチブックのお求めはこちら→http://tomeshoten.exblog.jp/25016370/
a0077842_17152112.jpg
Designed by artist Brandon Ragnar Jhonson. Astro is the mascot for the Go Astro! Processing company.
a0077842_17165546.jpg
This 48 page spiral bound book is full of analog and digital sketches. Sketches include client work for Disney, Warner Bros, Sony etc. as well as nonsense doodled while on jury duty, waiting at the car wash etc.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-12-03 17:46 | モチャ行脚
ラグナーのペッパー、全4種、半額セールだよ
Ragnar's Pepper 50% off sale

間抜けな犯罪者ペッパー。
未入荷のGID以外は留之助でも発売して好評だったブランドン・ラグナー・ジョンソンのペッパーが、メーカー3DRetroの好意で半額セールなのだ。
数に限りありの、善は急げなのだ。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Pepper/
a0077842_4412449.jpg
Ragnar and Pepper 2 Bags Version. Approx 6 inches tall with base. Removable hat.
by tomenosuke_2006 | 2014-09-10 04:45 | 商店入荷新着情報
ヒューゼンキス提督の初期スケッチ
Monsters & Misfits IIIに作品を提供してくれたゲスト・アーティストのひとり、Brandon Ragnar Johnson(通称ラグナー)が彼のFBヒューゼンキス提督の初期スケッチ(右側)を披露している。
できたら左のモンスターも創ってもらいたかったなぁ。

提督まだいます→http://www.tomenosuke.com/MandM_III/index7.html
a0077842_1351431.jpg
"Prelim sketches for the sculpt I did for Monsters & Misfits". Source from Brandon Ragnar Johnson's FB.
by tomenosuke_2006 | 2013-10-10 13:58 | 留之助イベント
Monsters & Misfits III、Ragnar作品の全貌
暗黒の地から忍び出た怪し気な宗教の伝道師。
最初の入荷分はいっきに完売し、只今第2次入荷分の予約受付中の大人気画集Aphorismyth(アフォリズミス)の作者Brandon Ragnar Johnson(通称ラグナー)が、Monsters & Misfits IIIのためにダークサイドな夢を具現化したワンオフ立体作品を完成させた。
a0077842_9321265.jpg
アーティストについて
今更な気もするけれど、念のために。ラグナーは高く評価されているアーティストでありデザイナーだ。自分の愛するものすべてからインスピレーションを受けている。すなわち、フィルム・ノワー ル、クラシック・アニメ、世紀半ばのデザインとパンクロック。日本、メキシコ、台湾、サンフランシスコに長期滞在した後、アートセンター・カレッジ・オブ・ デザインに入学するためロサンゼルスに落ち着いた。ほぼ10年間、彼のクリエイティブ・プロジェクトには、実質的にロサンゼルスのすべてのスタジオ (ディズニー、カートゥーン・ネットワーク、 ニコロデオン、ソニー、MTV、ワーナーブラザースなど) でキャラクター・デザイナーやアートディレクターとして働くことが含まれている。

Monsters & Misfits III開催初日の9月13日午後6時から、会場の日下部民藝館でオープニング・レセプションを開催します。
お気軽にご参加ください。
a0077842_9324614.jpg
About the Artist
Ragnar is an acclaimed artist and designer, inspired by all the things he loves; film noir, classic cartoons, mid century design and punk rock. After extended stays in Japan, Mexico, Taiwan and San Francisco he landed in Los Angeles to attend Art Center College Of Design. For the better part of a decade, creative projects have included working as character designer and art director for virtually every studio in town including- Disney, Cartoon Network, Nickelodeon, Sony, MTV and Warner Bros.

Monsters & Misfits III will be held at Kusakabe Folk Museum in Hida-Takayama from 13th September. There is an opening reception from 18:00 of 13th. We look forward to your attendance.
by tomenosuke_2006 | 2013-08-15 10:09 | 留之助イベント
Monsters & Misfits III、Ragnar作品を垣間見
ゲスト・アーティスト(作品は提供するけれど来日はしない)のひとり、Ragnar(ラグナー)作品の粘土原型のようである。
何だか分からないけれど、凄そう。

ラグナーの商店在庫をチェック→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Brandon%20Ragnar%20Johnson/
ラグナーの書店在庫をチェック→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Brandon%20Ragnar%20Johnson/
a0077842_21544033.jpg
This profound piece is for Monsters & Misfits III by Brandon Ragnar Johnson. We can't understand what this is, but we know that this will be amazing creature.
by tomenosuke_2006 | 2013-08-06 22:14 | 留之助イベント
Ragnarの最新刊Aphorismyth、予約受付開始
Monsters & Misfits IIIへの作品提供を約束してくれたマスター・オブ・モダン・デザイン、Brandon Ragnar Johnson(通称ラグナー)の最新作を集めた通算4冊目に当たるアンソロジーAphorismyth(アフォリズミス)が上梓された。
ラグナーの長年のファンはこの新しいリリースを大歓迎するだろうし、ラグナーをまだ知らないウブな人たちは彼の視覚的ショーマンシップに吹き飛ばされることだろう。
ソフトカバー、めくるめくカラーの総80ページ。

ご予約はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/tags/Brandon%20Ragnar%20Johnson/
a0077842_13251837.jpg
Fourth in a series of popular, affordable art collections by modern master of design Ragnar, this new book offers an amazing assortment of chromatic visuals. The quality and quantity of character and typographic design on display is astonishing. Longtime fans of Ragnar should be thrilled with this new release, and newcomers to the artist's work will be blown away by the visual showmanship.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-08-01 13:32 | 書店入荷新着情報
Ragnar模様のIDケース出来
タイトなスーツの内ポケットから、こんなカード・ケースを出したら、上出来だと思う。
お馴染みレトロ・カリフォルニアン・アーティストBrandon Ragnar Johnson(ラグナー)の60's・パターンがプリントされたIDケース4種が完成した。
ニッケル・フリー(発ガン性なし)の金属ケースにパターンを印刷し、クリアレジンで塗り固めて、まさしくガラスの光沢。
クレジット・カードなら6枚収納可能で重宝しそうなのだ。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Ragnar%20Patterned%20Case/
a0077842_1320461.jpg
Each retro-themed card holder measures 3.65" (93mm) long by 2.25" (57mm) wide by 0.25" deep. This nickel-free, polished prefinished steel snap-close case will safely hold 16 business cards or 6 plastic cards. Each image is coated in hand-poured clear resin for a shiny glass-like finish!
by tomenosuke_2006 | 2013-05-26 14:42 | 商店入荷新着情報
DCon 2013のは11月9日〜10日の2日間開催
毎年1日のみ開催されてきたDconも、年を追うごとに規模が拡大し、ついに会期も2日間に延長されたのだった。
店主、すでに羽田〜LA便のチケットも予約済み。
下の画像はDConのポスターを描き続けているレトロ・カリフォルニアン・アーティストBrandon Ragnar Johnson(ラグナー)のFBから転載したもの、公式作品かは不明だ。
a0077842_144125.jpg
This beautiful art work was re-posted from Brandon Ragnar Johnson's FB.
by tomenosuke_2006 | 2013-04-07 14:07 | モチャ行脚
お約束のDCon 2012公式ポスター発売
9月9日10月5日のポストで紹介したBrandon Ragnar Johnson(ラグナー)作DCon 2012公式ポスター3点に、Dcon開催前日にLAのあちこちを流して回ったビルボード・トラックと同じ絵柄のポスターを加えた計4点セットをこれより発売だ。
販売用に各20枚ずつ(20セット)用意されたうち、5セットを回してもらった。
もちろんラグナーのサイン入り。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/18751346/
a0077842_10163321.jpg
We are ready for the launch of Ragnar's DCon 2012 official posters.
a0077842_20585349.jpg

by tomenosuke_2006 | 2012-11-12 21:04 | モチャ行脚
RagnarのDCon 2012の公式ポスター、あとの2点
9月9日のポストで紹介したBrandon Ragnar Johnson(ラグナー)作のDCon 2012公式ポスターにこれが加わり、3点コンプリートなのだ。
a0077842_213721.jpg
a0077842_2131743.jpg
Ragner created that and these two official posters for DCon 2012. I love his painting filled in his narrativity and graceful color usage very much.
by tomenosuke_2006 | 2012-10-05 21:38 | ロウブロウアート