タグ:ToyQube ( 45 ) タグの人気記事
Hammerhead Sharky by Keith Poon、呆れて言葉を失う。
オブジェモチャ界の魚市場、キース・プーン率いるNYのショップ&メーカーのToyQubeでは、とっくの昔にやや小ぶりながらハンマーヘッドを売り出していた。
そ、ブラインドボックス入りフィギュアとしては当店最高値のかに座の仲間の第1星団に、イカやハコフグやヒトデに混じって、シュモクザメ、つまりハンマーヘッドがいたのだ。
が、最新のハンマーヘッドを目の当たりにすると、大胆に思えたかに座のあの子がかわいく見えてしまう、くらい今度のキースのデザインには度肝を抜かされた。
a0077842_22502158.jpg
全高9インチ(23センチ)、真横から眺めると口が半開きになったかなぁ、くらいで、お馴染みシャーキーとほとんど変わらない。
けれどぐるり後ろに回り込むとオタマジャクシに手足が生えたように見えないでもない、ある意味Tバック、趣味の範疇である。
a0077842_22515262.jpg
胴体をはるかに凌ぐ頭でっかち、対面すると、完全に負けたっていう気になる。
だいたい魚類が2足直立するという奇想天外な発想でシャーキーを生んだキースなのだ、それ以上に攻めてくれなきゃ本当じゃないし。
コジックやティム・スイやホアック・ジーたち錚々たるメンバーがシャーキーをスキンデザインしたように、このハンマーヘッドも今後に余韻を残すデビューである。
お愛想程度の小さな出刃包丁のアクセサリー付き、尾ひれの先が曲がっているのはデザインのうち、シャーキー・シリーズが一部血染めの黒色ではじまったように、ハンマーヘッドも同じカラーリングでスタートを切る。
a0077842_055867.jpg
余談ですが、1年前に発売したかに座の参加アーティストって粒ぞろいだったんだなぁと、いまさらながらに思う次第。
UKダニー・シリーズのジュリー・ウェストとか、今度、8インチ・ダニーを放つ彼も参加していたのだ。
じつはまだ25個入りケースを丸っと在庫してるんです、っていうことは新しいハンマーヘッドともどもお持ち帰りいただけるっていう。
by tomenosuke_2006 | 2009-02-10 23:59 | 商店入荷新着情報
お前ら人間には信じられないウサギを俺は見てきた。
オニオン皮むき過ぎて泣けたスモーキンラビットや、ジョーレッドダニーの大虎
そういう思い出もやがて消える。
時が来ればアイコバニーのように、ジェイクのように。
その時が来た。
ハーレマンガスの発売だ。
a0077842_172182.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-24 17:10 | イマモチャ
TOY QUBE第1便、入荷。
やっとこさNYのTOY QUBE本店で直に注文入れたモチャが届いたと思ったら、ずいぶん抜けがあってね、とりあえず第1便ということでシャーキー3種とSDCC 2008限定だった5インチ(13センチ)マッドエル・ニンジャを入荷新着情報にポストした。
a0077842_18371928.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-08 18:45 | 商店入荷新着情報
TOY QUBEのKeith Poonと契りを交わす。
TOY QUBEといえばNYの老舗オブジェモチャ・ショップであり、かに座やシャーキーなど魅力的なオリジナルモチャを製造販売していることでも有名だ。
そのオーナー兼デザイナーのKeith Poon(キース・プーン)とは去年のSDCCで名刺交換していたけれど、彼らの製品はオブジェモチャの専門卸売り会社DKE TOYSから仕入れてきた。
ただしDKEでTOY QUBEがすべて揃うかというと、そうではなかった。
業者を頼らなくても自分たちだけで売り切る自信のあるパワフルな作品や、生産数が極少数のエクスクルーシブなどはけっして飛騨高山まで回ってこないのだ。
エリック・スケアクローと別れるとクィーンズのフラッシング・モールにあるTOY QUBEへと向かう。
誰でもDKEから仕入れられるようなモチャじゃないのが欲しいから、キースともうちょっと親交を深めてもおきたかったし。
TOY QUBEは中国人街の中ほどにある、一昔前の、少々荒れたショッピング・モールの2階奥に店を構えていた。

a0077842_14551393.jpg
趣味が同じだったり、目指すものがよく似ていると、国籍や男女の別、年の差などに関係なく打ち解け合えるものだ。
で、店主のような高齢だと相手にいたわりの気持ちが芽生えるのか、とにかくナイスにしてくれる。
だいたいのことは聞き入れてくれる。
さいわいDKEとの契約はそれほどタイトでもないらしく、今後TOY QUBEの全オリジナルは直接卸してもらうことになった。

a0077842_15353648.jpg
たとえばTOY QUBEのお抱えスカルプター、Mike "Nemo" Mendez (マイク・ネモ・メンデス)作の戦支度のラビット君、ハーレマンガスの200個限定ブラックと300個限定ホワイト。
いずれもウィンドーボックスにマイクのサインが入る。
シャーキーは9月14にポストしたホワック・ジー作品以外にも、歴代コジック版全種、最新Tim Tsui(ティム・スイ)版などが送られてくる。
下の画像が店主の要望をすべて聞き入れてくれたTOY QUBEファミリー、左からキース・プーン、名前忘れちゃったけれどキースの可愛い奥様、右がダンカン・プーン。
みんなとってもいい子たちだった。

a0077842_1614988.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-09-18 00:00 | イマモチャ
TOY QUBEからアンドリュー・ベルの不気味、出ました。
留之助扱いのアートブックの中ではめずらしく俊足で完売したのがNow You've Done It
作者は不思議モンスターの専門画家アンドリュー・ベルで、WWS(Wheaty Wheat Studios)から発売されているニョキニョキなジリクスの生みの親でもある。
その彼がデザイナー&彫刻師のキース・プーン率いるNYのオブジェモチャ屋兼メーカーのトイキューブで面白い仕事をしてくれました。
シャーキーに次いでキースが創作したキャラクターの第2弾、メットをかぶった変な生き物カンザーのアーティスト・シリーズに参加、一番打者として登場したんだよ。
名前をロータス(400個限定)といって、そりゃもうアンドリュー節全開、見るからに販路が限定されそうな不気味さに満ち溢れ、でも、ついオーダー入れちゃったですよ。
a0077842_17302249.jpg
ガールフレンドにプレゼントして、びっくりさせるっていう使い方もよいかも、携帯お化け屋敷? デザイナーびっくり箱?
キースだってもちろんデザインしている、こっちはもっと親しみやすい漫画風で赤丸のヘン(300個限定)と緑丸のシュー(200個限定)、アンドリューのロータスと同じ身長15センチのソフビ製で、まもなく3人そろって入荷するはずだから。
a0077842_17322465.jpg
孫にも衣裳、おかめに化粧・・・着せる服、仕上げのメイクでこうも違うかって思わせるのが立体キャンバスモチャだけど、カンザーもそんな仲間のひとり。
で、こちら(↓)の写真はキースが仕上げた粘土原型、ツルンとした丸みを出すのが大変だっただろうね。
カンザーの新しいところはメットを着けた姿と脱いだ素顔の一粒で二度おいしい構成。
今後、どんなアーティストのカンザー兄弟が誕生するか、楽しみがまたひとつふえました。
a0077842_17335922.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-08-30 10:02 | イマモチャ