タグ:YouTube ( 123 ) タグの人気記事
2月のキッドロボット。
これで全部じゃないと思うんだけど、とりあえずいまのところキッドロボット本家から公開のお許しが出たのはこの2種類だけ。
2月発売予定だったMadモノが延期になったり、3月モチャが2月に来たりしている。
2月の目玉のひとつ、単に色を変えただけじゃない斬新10インチ・スモーキンラビットは追って公開可になりそうだ。
毎度、掲げる発売日はあくまでもアメリカ本国のもので、留之助ではだいたい週明け日曜日の午前0時になりますので。

2009年2月19日
a0077842_23325354.jpg
Quasimoto
店主、音楽関係ぜんぜん詳しくないし、といってキッドロボット本家のリリース資料読んでもよく分からないし、こういう時はnankotu-rockに訊け!、である。
彼から送られてきたレポート、全文引用しちゃいますね。

そもそもこのQuasimotoは、DJ(曲を作ったりする人)兼MC(ラップする人)のMadlib(マッドリブ)がやっているサイドプロジェクトのひとつなんです。
このMadlib、もの凄い才能の持ち主でアンダーグラウンドHIPHOP好きの間ではかなり有名な人物です。
99年にLootpack名義でアルバムをリリースした後、架空のジャズクインテットバンド、Yesterday New Quintetを一人5役で全ての楽器をこなしてしまうというスゴ技をやってのけ世界中の音楽ファンの度肝を抜きました。
そして肝心のQuasimotoは、そんな彼の分身ともいえるキャラクターであり、個人的には彼の“おちゃらけ感”から生まれた別名義プロジェクトなんだと思います。
ヘリウムを吸った後みたいな宇宙人声で、他では有り得ない有一無二のラップは、さぞかし多くの人々の脳みそを溶かしたことでしょう。
Madlibは極度の照れ屋で自分の声が気に入らなかったためにそんな変則的な方法を考えついたらしく、父親は元R&Bシンガー、叔父がジャズトランペッターだったため、自分の切った貼ったで生み出すサンプリングミュージック自体に引け目を感じ、一人5役なんていう荒技で技術的に追いつこうとしたりする努力家な一面があるそうです。
こんな人が生み出したアングラキャラなら、KIDROBOTから発売されるのに相応しいToyといえるんじゃないでしょうか?


よっしゃ、分かった、ありがとう!
nankotu-rockさんには、お礼にクァシモト発売の折りに1個分のお値段でふたつお届けします。



榎本店長からもYouTube情報を教えられ、店主老いても、留之助商店は当分大丈夫な感じだね。

2009年2月26日
a0077842_055095.jpg
Let’s Hang Zipper Pulls
こちらはサラッといくね。
NY在のイラストレーターAaron Meshonがキッドロボットとともに2年がかりで仕上げた26種類のジッパープル、アーロン・メションの平和なイラストが3D化、テーマはNYC。
留之助商店取り扱いキッドロボットモノでは、いままででいちばんお安いブラインドボックスモチャとなります。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-30 00:28 | イマモチャ
さらばパトリック・マクグーハン。
タイトなスーツがすっきり似合う秘密諜報部員ジョン・ドレイクとは、小学生の時に出会った。
0011ナポレオン・ソロが架空の秘密結社やマッドサイエンティストを相手に闘うのとちがい、NATO所属のジョン・ドレイクは西側のために働いていた。
東西スパイ戦の只中で裏切りや二重スパイの非情な罠に巻き込まれ、つねに頭脳の勝利をおさめる。
原題はDanger Man(アメリカ放映タイトルはSecret Agent、日本題名は『秘密指令』のちに『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』)、軽快なオープニング・テーマはいまでも口ずさむことができる。
ジョン・ドレイクを演じたのは30代半ばのイギリス紳士パトリック・マクグーハン、番組の成功で1960年代イギリスTV界きっての大スターとなった。
a0077842_23472151.jpg
しかし彼が希代のクリエイターと称賛されたのは『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』の放送が終わり、自らの企画・主演(ときには脚本や監督も担当)による新番組『プリズナーNo.6』が放送された1968年のことである。
当時中学3年の店主にはカフカ的不条理に満ちたTV番組を理解できるほどの知恵はなく、ただただ不思議をあんぐり面白がるだけ。
『プリズナーNo.6』を解明するのに10年あまりを要しただろうか、核心に迫ったのは25才の頃、その思いの丈をSF雑誌奇想天外の連載『新主流派SF映画作家論』に書き綴ったのだった、でも恥文。
現代社会の非人間化、個人的自由の喪失、国家的意志に対する個人の服従といったSFの主題でもある社会の中に実在する真の危機を寓話のかたちを借りて描いた傑作である、とかなんとか書いたような。
a0077842_15171316.jpg
当時、1970年代の終わりといえば、ハリウッドに移り住んだマクグーハンが『刑事コロンボ』の主演俳優ピーター・フォークと意気投合して、そのTVシリーズにゲスト出演したり何度か監督をこなし、クリント・イーストウッド主演の『アルカトラズからの脱出』では『プリズナーNo.6』とまったく逆の立場の冷徹な刑務所長を演じて、ファンにはまだまだ楽しみの尽きない時代だった。
さらに店主がLAに住み始めた1981年には、デイヴィッド・クローネンバーグ監督の『スキャナーズ』で威風辺りを払うマクグーハンとスクリーン越しの再会を果たした。
そのクローネンバーグ監督へのインタビューをセットアップしてくれたパブリシストにマクグーハンと直に会えないものかと打診すると病気療養中だと教えられ、監督に現場でのマクグーハンのことを尋ねるとアルコールに強く依存し、撮影がいささか難航したと聞かされた。
しばらくたって盟友ピーター・フォークの『新・刑事コロンボ』で監督のほか、ときには共演、製作総指揮、脚本もこなしたが、その後はほとんど彼の名前を聞くことはなかった。
晩年は長年連れ添った妻や娘や孫たちと幸福な引退生活を送っていたとか。
2009年1月13日、入院先のサンタモニカの病院で静かに息を引き取ったことを新聞で知り、ふといろんなことに思いを馳せてみたのだった。
享年86歳。
パトリック・マクグーハンの出世作『秘密諜報部員ジョン・ドレイク』は、アメリカで原題のDanger ManがSecret Agentに改題されたと先述したが、その際、ジョニー・リバースが歌うSecret Agent Manというテーマ曲が新たに作られて世界中で大ヒットした。
それを彼の葬送曲としたい。


by tomenosuke_2006 | 2009-01-18 17:17 | TV・映画・ビデオ
ルーク・フェルドマンからメール。
SDCC 2007の会期中、別会場で開催されたUUP(アーバン・アンダーグラウンド・プロジェクト)で会って以来、ずいぶんご無沙汰のLuke Feldman(ルーク・フェルドマン)、またの名をSKAFFS(スカフィス)。
Wheaty Wheat Studiosから発売予定だったソフビ・フィギュア、瞑想する少女Maiの製作が大幅に遅れたままで、留之助で取り扱うルーク作品もなく縁遠くなっていたけれど、いまもレモンのようなかたちの顔に大きな猫目をした東洋の女の子を描き続けていることや、彼のアクティビティについては欠かさずチェックを入れていた。



そんなルークからメールが。
Amanda Chin(アマンダ・チン)とルークのストーリーをもとに、彼がイラストを描き下ろした絵本『Chaff n' Skaffs/Mai and the lost Moskivvy』(チャフとスカフィス / マイと失われたモスキヴィー)が4月に出版されるのだ。
ストーリーはいたって単純、マイが友人のチャフとともに、迷子のモスキヴィーを家族の待つ家まで送り届けるという話。
が、そこはルーク、極彩飾の摩訶不思議な異次元ワールドを次から次へと披露してくれる、はずだ。
a0077842_18184218.jpg
たとえばSkinnie誌のレビューでは「ティム・バートンは映画で、ルーク・フェルドマンはデジタルアートでワンダーを見事に表現する。両者は芸術家特有の紛れもないスタイルの持ち主だ」と、大絶賛。
ハードカバー、36ページ、25x25センチ、当然、留之助書店に入荷するんで、ぜひこの機会にマイといっしょにルーク・ワールドを旅してみませんか。
余談ではありますが、ルークとストーリーを共作したアマンダ・チンって、たぶん彼の奥さんだと思う。
ルークが描く女の子たちのモデルじゃないかと思わせる意志の強うそうなパッチリ目の東洋系美人をUUP会場で紹介されたとき、アマンダって呼んでたような。
a0077842_18424111.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-01-12 18:56 | 書店入荷新着情報