タグ:YouTube ( 123 ) タグの人気記事
メルズ・ドライブインを買う
Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model

映画『アメリカン・グラフィティ』(1973年)については前にも触れたことだし、ここでは割愛する。
とにかくみんな若かった。
この映画に熱狂した店主だって、まだほんの二十歳だったし、いろんな意味で感慨深過ぎる。
ロサンゼルスに住んでいた1980年代、サンセット・ブルバードとハイランド・アベニューの角に、『アメリカン・グラフィティ』で有名になったメルズ・ドライブイン・チェーンのハリウッド店を見つけ、よく通った。
映画で使われたのはサンフランシスコのメルズだったけれど、ハリウッドのここも同じ時期に、ほとんど同じ図面で建てられたと誰かに教わった。
残念ながらローラースケートをはいたウェートレスはとっくのむかしに引退していたけれど、かつて彼女たちがハンバーガーとコークを載せたトレーを高く掲げ、クルマのまえをスイスイと滑り回っただろうスケート・コースは、建物の周りにそのまま残っていた。



1980年代は安っぽい都市開発がロサンゼルスのいたるところで繰り広げられた時代だった。
メルズもまた、1985年のある日、無惨にも取り壊されて、跡地にはどこにでもあるようなミニモールが出現した。
もしかしたら6年間のロサンゼルス生活に終止符を打ち、日本へ戻ることにしたのは、憧れだった風景や思い出の詰まった場所が次々に消えて行くのを、目の当たりにしたくなかったからなのかもしれない。
なんてことは、こっちに置いといて、あの『アメリカン・グラフィティ』の象徴的な舞台、メルズ・ドライブインがHOサイズのオモチャになっていることをご存知か。
ちょいまえ、Moebius社からそのプラモデル版が出たのを知り、工作に自信のない店主は涙を飲んでスルーしていたのだけれど、この度、なんと組立て完成版が発売になったのだ。
サイズは幅40センチ、鉄道模型のHOゲージと同じスケールなので1/80のミニカー対応。
ということはドライブインのまわりに往年の名車モチャを並べて遊ぶこともできてしまうのだ。
つまりこんな感じで↓ というわけで、予約を募ります。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/22437412/
a0077842_9132595.jpg
Mel's Drive-In from American Graffiti! Ready to display right out of the box - no assembly! Perfectly sized for HO scale train layouts. Featuring classic Mel's Drive-In graphics!
Let's go to Mel's Drive-In! It's the place to be! As seen in the film American Graffiti, this cool Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model Kit measures 16-inches wide x 10-inches long x 4 1/2-inches tall, perfectly sized for standard HO scale train layouts. Fully assembled and painted, the Mel's Drive-In Pre-Built HO Scale Model Kit is ready to display right out of the box! This marks the first time Mel's Drive-In has been recreated as a styrene model based on the original San Francisco location, offered in an attractive window box featuring classic Mel's Drive-In graphics.
a0077842_923326.jpg
a0077842_9225673.jpg

by tomenosuke_2006 | 2014-10-02 10:06 | TV・映画・ビデオ
立体化されたアメリカ最古のアニメの主人公
The first animation movie of America "Gertie the Dinosaur"

1980年の拙著『超SF映画』や1985年の分冊版『SF-F映画テレビ大鑑1987 - 1949』で紹介したアメリカ最初のアニメーション『恐竜ガーティ』について記述ミスがあった、ような。
1909年と記した製作年度は、正しくは1914年だった、のかもしれない。
確か当時、いくつかの参考文献で09年と14年の異なる記述を見つけ、それなりの理由があって09年と決めつけたような気がする。
というのも1914年にはキング・コングの生みの親ウィリス・オブライエンの、恐竜や類人猿が登場するきわめて精度の高いモデルアニメにして処女作の『恐竜とミッシングリンク』が公開されていたから、新聞連載漫画『夢の国のリトル・ニモ』の作者ウィンザー・マッケイによるパラパラ漫画の域を出ない『恐竜ガーティ』を同じ年の作品と考えるには、いささかムリがあるように思えたからだった。
が、ウィキペディアにも1914年とあるし、この際、長いものには巻かれるべきかしら、なのである。



偶然立ち寄った博物館でブロントサウルスの骨格標本を見て、仲間のひとりに「いくら名監督のウィンザーでも太古の恐竜は動かせないだろう」と言われ、彼は「出来るとも!」と大見得を切る。
しばらく経ち、ウィンザー家でパーティが開かれ、彼が生み出した愛らしい恐竜ガーティがお披露目される。
スクリーンに湖畔が映し出され、ウィンザーが「出てこい!ガーティ」と呼ぶと、恐竜が現れるのだ。
彼女(そうメスなんである)は木を食べ、湖の水を飲み干し、マンモスとじゃれ合いながら芸を披露したりするのだった。
a0077842_9304931.jpg
そんなガーティとタキシードを着たウィンザー・マッケイが、1990年代にILMでモデルメーカーとして活躍したキャロル・ボーマンによって、ものの見事に立体ガレージキット化されていた。
作者が女性だからか、ガーティをよりふくよかに表現し、母性を感じさせて100点満点。
そこでプロによる少数製作の完成品を輸入することにしたので、レトロ恐竜ファンの店主もですが、あなたもおひとついかがでしょうか、っていう話でした。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_9313628.jpg
a0077842_9314419.jpg
We're offering a classic garage kit of the tuxedoed Winsor McCay and his benevolent friend from the groundbreaking 1914 animated charmer "GERTIE THE DINOSAUR," sculpted and manufactured by veteran ILM model maker Carol Bauman. This extremely rare solid-resin treasure from one of the first and most important films in the history of animation comes fully assembled and exquisitely hand-painted by professional.
by tomenosuke_2006 | 2014-09-28 09:41 | TV・映画・ビデオ
Munkoがヌイグルミになって帰って来る
ロウブロウアート界の闘争画家David Choe(デイビッド・チョー)の立体作品が3年半ぶりに登場だ。
デイビッドのオタマジャクシのようにも、クジラのようにさえ見えるアイコニック・キャラクター、Munko(ムンコ)のミニ枕サイズ(長さ25センチ)のヌイグルミのことである。
その手足のない彼女を哀れむのはやめてほしい、と、作者デイビッドは語る。
さらにこう続ける。
彼はここで、彼女はそこにいる。
彼女は彼で、また、彼は彼女なのだ。
彼女はまるまる太った小さな赤ん坊のようであり、20億年来の賢明な魔法使いでもある。
彼はあなたの悪夢の中へとトランスフォームする。
あるいは夢精を引き起こす。
彼女は利己的であり、あなたについて何も気にしない。
あなたのくだらない問題なんか、どうでもいい。
あなたの気持ちなんかファックだ、どうでもいい。
けれど、あなたを愛し、心配し、大切に思っている。
彼女の頭の中のブラックホールは、世界のすべての痛みと闇を食べるのだ。
そして彼は彼女のすべての知識を信じているのだ、と。
そういう矛盾が共存する不思議生物、ふたつの性を同時に有することで万事オーライなムンコは4月到着の予定、抱きしめてやってください。
a0077842_1517714.jpg
"Munko is Simple in form and mind and shape, yet so complex living on many levels and realities, not so simple that he can't feel multiple emotions and contradicting feelings and opinions all at once. SHe is telepathic and can read your deepest darkest thoughts, you cannot hide or lie to munko, when you are with munko you just be, and you will finally be at peace with your fucking self. " —David Choe



MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-22 15:27 | イマモチャ
60年代夢の共演、バットマン対グリーン・ホーネットが復活
a0077842_22293946.jpg
Alex Ross' painted cover to "Batman '66 Meet the Green Hornet" gives new life to the characters from the '60s shows: clockwise from top, Batman (played by Adam West), Kato (Bruce Lee), Green Hornet (Van Williams) and Robin (Burt Ward).

長生きすると懐かしいものが増えすぎて困る。
1960年代初めにTV放映されたロケットマンの次は、66年にはじまったTVシリーズ『バットマン』と『グリーン・ホーネット』なんである。
厳密には『グリーン・ホーネット』のヒーロー・コンビが『バットマン』にゲスト出演した3つのエピソードのうち、店主中学3年生の67年に前後編でオンエアされた「グリーンが町にやってきた」の豪華絢爛さ、一粒で二度おいしい超お得感が生涯忘れられないのだ。
なんてことをトートツに思ったのには訳がある。



バットマンのライセンサーDC Entertainmentとグリーン・ホーネットのDynamite Entertainmentが競合会社の垣根をとっぱらい、バットマンとグリーン・ホーネットが共演したあの夢のTVエピソードを再現すべく、コミック "BATMAN ’66 MEETS THE GREEN HORNET" を共同出版すると発表したのだ。
って、店主、アメコミにはあまり詳しくないのだけれど、その5月21日に発売される電子書籍版と6月4日に発売される印刷版のカバー・アート(上の絵)に直撃されてしまったのだ。
作者はリアル&パワフルな筆遣いでアメコミ・ヒーローを活写し、40代にしてもはや巨匠と呼ばれているアレックス・ロス
ついでにその他のメイン・クルーを紹介すると、映画監督で脚本家で編集技師で俳優で映画界屈指のオタク、ケヴィン・スミスと、アニメ『ファミリー・ガイ』の準レギュラー声優で俳優でラジオ・パーソナリティーで、これまた自称スーパーオタクのラルフ・ガーマンが共同で原案を書き、バットマン・アーティストとして有名なタイ・テンプルトンが作画を担当する。
で、なんで長生きすると懐かしいものが増えすぎて困るかというと、バットマン対グリーン・ホーネット復活を記念して留之助でもなんか関連モチャを売りたいな、だから仕入れたいな、けれどこの類いは専門外だし、在庫を増やすだけじゃないかと思ったから。
それにしてもグリーン・ホーネット・モチャのラインアップがやけにさびしいのは、版元のDynamite Entertainmentにその気がないからなのか。
逆にバットマンものは実写TV版をはじめ、無数のコミックス版やアニメ版や映画版などで芋洗い状態なんである。
そういう中から狙いを定めたのが、数ある60年代バットマン・モチャの中でも少年時代の心の琴線に触れた下のBatman Classic 1966 TV Series 8-Inch Action Figure、Figures Toy Company製、5月発売予定のビビッドな新作なのだった。
きっと仕入れます。
余談ですが、前述の『ファミリー・ガイ』にはTVのバットマン俳優アダム・ウェストが市長の声優としてレギュラー出演していましたね。

留之助限定Katoもよろしく→http://tomesyoten.exblog.jp/17110010/
a0077842_0405862.jpg
Celebrate the classic Batman 1966 TV series with this great collection of retro style action figures! The Batman Classic 1966 TV Series 1 8-Inch Action Figure Case includes 12 action figures made to look like some of your favorite characters from the hit series. You'll get Adam West's Batman, Burt Ward's Robin the Boy Wonder, Cesar Romero's The Joker, and Frank Gorshin's The Riddler! Each action figure measures approximately 8-inches tall and includes over 15 points of articulation--- from description of wholesaler.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-13 00:51 | チョイマモチャ
高さ60センチ x 長さ1メートルの大味ゴジラ、5月上陸
面白そうだから、発注しちゃいました。
大きくて大味なのが魅力のアメリカンなモチャメーカーJakks Pacificから発売の、2014年5月16日にアメリカ公開(7月25日本邦公開)されるリブート版『ゴジラ』の、高さ60センチ x 長さ1メートルに達するGodzilla 2014 Movie 24-Inch Action Figure (ジャイアントサイズ・ゴジラ)のことであります。
留之助の路線とはやや外れる気もしますが、ま、洋物だし、デカいし、飛騨高山桜山八幡宮狛犬の顔みたいなので。
さっそく予約を受け付けようと思うんですが、この大きさだと運賃もバカにならない。
どんだけ上代に食い込むかはっきりしないままのプライシング、店主的にはサンフランシスコで大暴れするゴジラより怖いかも。
現在、アメリカでは先行発売版にプレミアがのっかり、ebayでは定価の3倍以上で取り引きされている模様。
当店には映画がアメリカ公開される5月ごろ、入荷いたします。

ご予約はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21772975/
a0077842_14285830.jpg
a0077842_14214217.jpg
Although it deviates from Tomenosuke's palate, I decided to go ahead and order it because it grabbed our attention. It’s an giant size action figure from the “Godzilla” reboot, slated for release in the U.S. on May 16th. It’s got the big and bold feeling to it, the allure of an American toy. The resemblance to the komainu (shrine dogs) of Hachiman-shrine in Hida-Takayama is a bonus reason for the purchase.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2014-03-11 16:48 | チョイマモチャ
素敵なJessica Esperちゃんとお友だちになりました
以前、Banksyのルード・カッパーDIY版を紹介した際、引用したのがJessica Esper(ジェシカ・エスパー)によるカスタム風景を記録したYouTubeだったけれど、そんな彼女とジャンピング・ブレインのEmilio Garcia(エミリオ・ガルシア)を通じてお友だちになりました。
彼女が3個だけ作るCustom painted Jumping Brain "Kreaytivitea"(クリエイティヴィティ)のひとつを何としても欲しかったので急接近、トントン拍子で商談成立したというわけです。
グラフィック・デザイナーでカスタマイザーでイラストレーターで画家で写真家というマルチアーティストのジェシカが最近リニューアルしたというオサレなサイトTHE GRAPHIX CHICKをご覧ください、楽しいよ。
っと、それから、留之助限定カスタムを作ってもらうつもりです。
a0077842_19574419.jpg
Jessica Esper is newest friend of mine. Please check her renewal site THE GRAPHIX CHICK, there are a lot of amazement. And I plan to get her to make Tomenosuke exclusive custom.


by tomenosuke_2006 | 2014-03-05 20:13 | イマモチャ
悪魔の赤ちゃんモチャ
ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』(1969年)こそは本物の悪魔の赤ちゃんであって、ラリー・コーエンの『悪魔の赤ちゃん』(1974年)は単なる薬害ミュータントなんである、どーでもいいけど。
どちらも店主好みの、趣きも品格さえまるで異なるふたつの赤ちゃん映画が、頭の中で低次元に融合する。
っていうか、ローズマリーの赤ちゃんのクライマックスが悪魔の赤ちゃんの分娩室にスイッシュパンとかして、悪魔でミュータントな『最凶の赤ちゃん』が誕生したら・・・きっとこうはならないだろうなァ。
a0077842_1516974.jpg
It's Nearly Aliveという近日入荷予定のモチャ、『悪魔の赤ちゃん』の原題 It's Alive になぞらえてイッツ・ニアリー・アライブ(それはかろうじて生きている)と命名されたゼンマイ人形である。
かつて映画のためにリック・ベイカーがデザインした呪われた赤ちゃんの無断コピーであり、お尻を左右に振りながらハイハイする姿は脱力の愛おしさなのだ。
で、こんな危うく滑稽なブートレグをだれが作ったかというと、あの溶解人間ロウソクの作者で、本業はLAの自然史博物館でファブリケーターをしているStephen W. Bell(スティーブン・W・ベル)。
市販のモチャのオムツを着けた下半身はそのまま応用、上半身をカスタム&ペイントした手作り品だ。
当店では『悪魔の赤ちゃんたち』の名前で発売予定。



Cute little wind-up crawling mutant baby, suitable for warped simpletons of all ages. The back half is a toy that's been hacked and repainted, and the front is an original sculpture by Stephen W. Bell, cast in plastic, painted in acrylics and sealed in polyurethane.
by tomenosuke_2006 | 2014-02-11 16:44 | Sci-Fi Classicモチャ
新春初売り第4弾は留之助書店でGlenn Barrだ
右手にタバコ、左手にゴブレットを握った女の子が、物憂げに、バーカウンターに片膝付いてもたれかかっている。
酒の匂いと紫煙と囁き声が混ざり合う、どんより淀んだ薄暗いバーの片隅で、遠くに視線を落としている。
ベルベット・アンダーグラウンドの1969年の曲 Lisa Says liveからインスピレーションを得たというGlenn Barr(グレン・バール)の絵『Lisa Sez=リサ・セス』。
a0077842_2213428.jpg
もとは2012年のグループ展のために描き下ろされた傑作で、去年の10月、75部限定のアーカイヴァル・ピグメント プリントとして復刻されるも、1時間で完売してしまった。
その内のアーティスト・サイン入りの34/75と35/75の2点を額装して提供する。
ちょっと照明を落とした部屋にでも飾り、ヴェルヴェッツでも聴きながら、とくと味わっていただきたい。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/21401805/



Archival Pigment Print=アーカイヴァル・ピグメント プリントとは、顔料インクを使用する最高級品質のインクジェットプリントの一種で、優れた耐光性・耐オゾン性を実現した、作品の長期保存に適しているプリント技法である。
版画等にも使用されるマット系のアート用紙にプリントできるため、暖かい表現にしたい作品のプリントにとくににその特性を発揮する。
そんな技法で刷られた今回の『Lisa Sez=リサ・セス』は、原画の風合いを美しくとどめた逸品といえるだろう。
a0077842_2224382.jpg

▲ Lisa by Glenn Barr
Signed & Numbered by the Artist
405mm x 405mm / Edition size 75


by tomenosuke_2006 | 2014-01-05 22:28 | 書店入荷新着情報
新春初売り第3弾、The end of the man
たった6個しかない、2013-10-27のポストで紹介したThe end of the man(ジ・エンド・オブ・ザ・マン=男の最期)。
少年だったコーラス・ボーイ・ゴドーが紳士のゴドーに成長し、ついには変わり果てたジ・エンド・オブ・ザ・マンで終わる。
ゴドー・シリーズを締めくくるロシアの作家Sergey Safonov(セルゲイ・サフォノフ)による彫刻を、ズッシリとしたポーセリンで再現したこのスカルは、マット・ホワイト仕上げのザラッとした手触りがじつに独特。
いまから発売開始だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21531314/
a0077842_16122758.jpg
a0077842_16124591.jpg
We have very limited pieces of "The end of the man" which was made with porcelain based on Sergey Safonov's sculpture. We are proud of releasing this particular work at the beginning of the new year.



上のビデオは去る11月にロシアで開催されたセルゲイ初の個展『After Dark』の模様です。
by tomenosuke_2006 | 2014-01-04 16:52 | 商店入荷新着情報
Philip Lumbangのあの有名なクマが到着
カリフォルニアの北、サクラメント近くの緑豊かな都市エルクグローブに生まれたPhilip Lumbang(フィリップ・ランバン)は、漫画と落書きに明け暮れる少年時代を過ごした。
その後、LAのアート・スクルールに進むと奇遇にもシェパード・フェアレイと机を並べることとなり、フィリップの人生に一大転機が訪れる。
グラフィティが逃げ回るアートでもなければ、アーティストがトラブル・メーカーなんかではけっしてないということを学ぶや、ことあるごとに描いてきたクマの絵をブラッシュアップさせて礼儀正しく行儀の良い友好的なシロクマに育て上げると、時には黒クマに染めたり、ある時はパンダに変身させて、LAを拠点に神出鬼没の勢いでクマばかり描きまくっていったのだった。
それがAwesome Bear(アウサム・ベア=最高のクマ)、いまじゃアメリカですっかり人気者のあのクマなんである。



そんなアウサム・ベアを放っておく手はないとオブジェモチャ化に名乗りを上げたのがサクラメントのギャラリーショップDragatomiで、夏のSDCC 2013でデビューさせると反響も上々、やっと留之助にも卸してもらえることになったのだ。
ちなみにグラフィティから抜け出てきたような見事な彫刻はトイ・カスタマイザーとして最近とみに注目を集めているWalter Jacott(ウォルター・ヤコット)による。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21158176/
a0077842_14103812.jpg
Dragatomi introduced their latest produced figure - "Awesome Bear" OG Edition by Philip Lumbang. Awesome bear made it's debut during SDCC 2013 and received much excitement from fans. The figure is approx. 6 inches with 2 points of articulation. The OG Awesome Bear is an edition of 300.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-05 14:14 | 商店入荷新着情報