タグ:YouTube ( 125 ) タグの人気記事
新春初売り第3弾、The end of the man
たった6個しかない、2013-10-27のポストで紹介したThe end of the man(ジ・エンド・オブ・ザ・マン=男の最期)。
少年だったコーラス・ボーイ・ゴドーが紳士のゴドーに成長し、ついには変わり果てたジ・エンド・オブ・ザ・マンで終わる。
ゴドー・シリーズを締めくくるロシアの作家Sergey Safonov(セルゲイ・サフォノフ)による彫刻を、ズッシリとしたポーセリンで再現したこのスカルは、マット・ホワイト仕上げのザラッとした手触りがじつに独特。
いまから発売開始だ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21531314/
a0077842_16122758.jpg
a0077842_16124591.jpg
We have very limited pieces of "The end of the man" which was made with porcelain based on Sergey Safonov's sculpture. We are proud of releasing this particular work at the beginning of the new year.



上のビデオは去る11月にロシアで開催されたセルゲイ初の個展『After Dark』の模様です。
by tomenosuke_2006 | 2014-01-04 16:52 | 商店入荷新着情報
Philip Lumbangのあの有名なクマが到着
カリフォルニアの北、サクラメント近くの緑豊かな都市エルクグローブに生まれたPhilip Lumbang(フィリップ・ランバン)は、漫画と落書きに明け暮れる少年時代を過ごした。
その後、LAのアート・スクルールに進むと奇遇にもシェパード・フェアレイと机を並べることとなり、フィリップの人生に一大転機が訪れる。
グラフィティが逃げ回るアートでもなければ、アーティストがトラブル・メーカーなんかではけっしてないということを学ぶや、ことあるごとに描いてきたクマの絵をブラッシュアップさせて礼儀正しく行儀の良い友好的なシロクマに育て上げると、時には黒クマに染めたり、ある時はパンダに変身させて、LAを拠点に神出鬼没の勢いでクマばかり描きまくっていったのだった。
それがAwesome Bear(アウサム・ベア=最高のクマ)、いまじゃアメリカですっかり人気者のあのクマなんである。



そんなアウサム・ベアを放っておく手はないとオブジェモチャ化に名乗りを上げたのがサクラメントのギャラリーショップDragatomiで、夏のSDCC 2013でデビューさせると反響も上々、やっと留之助にも卸してもらえることになったのだ。
ちなみにグラフィティから抜け出てきたような見事な彫刻はトイ・カスタマイザーとして最近とみに注目を集めているWalter Jacott(ウォルター・ヤコット)による。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21158176/
a0077842_14103812.jpg
Dragatomi introduced their latest produced figure - "Awesome Bear" OG Edition by Philip Lumbang. Awesome bear made it's debut during SDCC 2013 and received much excitement from fans. The figure is approx. 6 inches with 2 points of articulation. The OG Awesome Bear is an edition of 300.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-05 14:14 | 商店入荷新着情報
Monsters & Misfits III、3D movie
映像研究所さん撮影の恒例の3Dムービーです。
いつもながら絶妙な選曲で展覧会会場を幻想的な気分で周遊できます。
a0077842_14584167.jpg
Monsters & Misfits III展、9月26日まで飛騨高山の日下部民芸館にて開催中。
Monsters & Misfits III is held at Kusakabe Folk Museum till September 26.



Here is the usual 3D movie created by Ultimate Future Image Lab. As always, he picked perfect music so you can make a tour of the exhibition site with fantastic feeling. Thanks a lot!
by tomenosuke_2006 | 2013-09-23 15:01 | 留之助イベント
Monsters & Misfits III / movie - 3 / 開催
Monsters & Misfits III展、9月13日から26日まで飛騨高山の日下部民芸館にて開催中。
a0077842_5223015.jpg
a0077842_5285777.jpg
Monsters & Misfits III is held at Kusakabe Folk Museum till September 26.
by tomenosuke_2006 | 2013-09-15 05:32 | 留之助イベント
Monsters & Misfits III / movie - 2 / 開催前日
Monsters & Misfits III開催初日の9月13日午後5時から内覧会を、また6時から会場の日下部民藝館でオープニング・レセプションを開催します。
お気軽にご参加ください。
a0077842_4482849.jpg
a0077842_523561.jpg
Monsters & Misfits III will be held at Kusakabe Folk Museum in Hida-Takayama from 13th September. There is an opening reception from 18:00 of 13th. We look forward to your attendance.
by tomenosuke_2006 | 2013-09-13 05:08 | 留之助イベント
Monsters & Misfits III / movie - 1 / 開催2日前
Monsters & Misfits III開催初日の9月13日午後5時から内覧会を、また6時から会場の日下部民藝館でオープニング・レセプションを開催します。
お気軽にご参加ください。
a0077842_735942.jpg

a0077842_735412.jpg
Monsters & Misfits III will be held at Kusakabe Folk Museum in Hida-Takayama from 13th September. There is an opening reception from 18:00 of 13th. We look forward to your attendance.
by tomenosuke_2006 | 2013-09-12 04:53 | 留之助イベント
BanksyフィギュアのDIY版に挑戦してみては?
完売御礼。
さすがBanksy(バンクシー)だね、値段もリーズナブルだし、いっきにルード・カッパー・ブルー版が品切れに。
そこですかさず新作バンクシー・フィギュアの予約を募ることにした。
のひとつはルード・カッパーのDIY版、あとのふたつは今世紀初めロンドンのイーストエンドに出現して以来、これまた有名なステンシル・アイコンとなったBomb Hugger(ボム・ハガー)の立体化で、ブラック&ピンクとDIYだ。
とくにDIY版はどちらも筆と塗料が付属して自分好みの爆弾を抱く少女が作れる仕組み。
下のJessica Esper(ジェシカ・エスパー)によるカスタム風景を記録したYouTubeで影響されちゃってください。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Banksy/
a0077842_17254342.jpg
Bomb Hugger first appeared on the streets of the East End of London which depicts a girl holding a bomb. Apparently, the girl represents purity, where the bomb represents war, you can make your own minds up, we thought it would be an awesome toy.


by tomenosuke_2006 | 2013-08-18 17:32 | 商店入荷新着情報
Apple IIcのLEGOキットも
実機を弄ったことのない店主には見た目だけの話しかできないけれど、Macintosh 128Kと同じ年に登場したApple IIcくらいベッピンなマシンはないと思うのだった。
それはインダストリアル・デザイン集団 frogdesign による記念すべき最初のアップル製品であり、5インチのフロッピードライブが内蔵されたコンパクトでスタイリッシュなキーボード一体型のケースにはポータブル・タイプライターのようなハンドルまで付いて、専用スタンドに9インチ・フラットパネル・ディスプレーを載せれば、世界でいちばん美しく拡張性の高いマイクロ・コンピュータの一丁上がりなのだ。
a0077842_2134126.jpg
そういう Apple IIc もChris McVeigh(クリス・マクヴェイ)によってLEGOキット化された。
その名はMy First Computer Two Seeds Edition(トゥーシーズ=IIc版)、初代Mac版より多い254ピースで入荷は8月上旬、オンライン組立てマニュアルは近日公開の予定とのこと、続報をお待ちください。



A Lego retro computer building kit custom designed by Chris McVeigh. 254 pieces, shipped in a sturdy cardboard box. Building instructions will be available soon. The computer unit is approximately 3 x 3.5 x 0.75 inches (8 x 9 x 2 cm) in size. The display is approximately 2.5 x 3 x 3.75 inches (6.5 x 7.5 x 10 cm) in size.
a0077842_22145028.jpg
a0077842_221503.jpg

by tomenosuke_2006 | 2013-07-15 22:05 | PCモチャ
これもたくさんは仕入れない、ハウケのもう1種
こちらもユリナル9000狼男の賞金稼ぎディックと同じHauke Scheer(ハウケ・スキーア)作、50個限定の新種レジン・フィギュアである。
ディックとくらべてやや垢抜けており、海の友メカ・ホエールといっしょに遊ばせてもいいかもしれない。
ハウケ創作の物語『Deep Sea Trouble=深海の紛争』に登場するサイボーグイカのDeep Sea Mercenary(ディープ・シー・マーセナリー=深海の傭兵)、別名カラモール。
なんでもこれを皮切りに『深海の紛争』キャラクター・フィギュアをシリーズ化するとか、健闘を祈るとしか言いようがない。
a0077842_19954100.jpg


This character was created by Hauke Scheer for his Deep Sea Trouble line of characters. The mysterious Deep Sea Mercenary who calls himself "Callamorr" has joined the fight against the evil Seahorse Empire. He is the most skilled of all the fighters in the resistance.
by tomenosuke_2006 | 2013-05-30 19:17 | イマモチャ
オゲレツだから、遠慮気味に少数のみ仕入れる
しっかり作り込まれたヴァイナル・フィギュアのメカ・ホエールに注文が殺到したのは頷けるけれど、ロボットに朝顔型男性用小便器を合体させたあんな奇天烈な発想のレジン・フィギュアユリナル9000にまで入荷数を上回る購入希望者が現れたのにはいささか驚いた。
みなさん、ドイツのキャラクター・デザイナーHauke Scheer(ハウケ・スキーア)が好きなんだよね、って思っていいよね。
なので発注しちゃったよ、ユリナル9000と同じ50個限定の新レジン・フィギュアWerewolf Bounty Hunter Dick(ワーウルフ・バウンティ・ハンター・ディック=狼男の賞金稼ぎディック)。
a0077842_18122485.jpg
多元宇宙を股にかけ、乳首手投げ弾(いまいち仕組みが理解できないです)を武器に無法者を片っ端からやっつける。
で、これ、ハウケが創作した初期のキャラクターの立体化であり、洗練されたオブジェモチャとは口が裂けても言いがたく、いやむしろ乳首のあたりがイタ過ぎて、相当にオゲレツでもある。
手投げ弾で飛散した敵キャラの一部がアクセサリーで付属、詳しくは下のメチャクチャなビデオをご覧いただき、ご購入の参考とされたし。





The Werewolf Bounty Hunter is one of Hauke Scheer's earlier and more controversial characters. "Dick Satisfaction" is a transdimensional Bounty Hunter who tracks down criminals across the multiverse. With his pipe, laser rings and nipple grenades Dick can overcome any fiend.
by tomenosuke_2006 | 2013-05-30 18:50 | イマモチャ