タグ:iPad ( 2 ) タグの人気記事
クパチーノのビーナスという名のiPadアクセサリー
機能や耐久性を重んじるあまり、結果、金属パーツの素っ気ないスタンドに立てかけてiPadを使ってきたけれど、これからは柔らかいマットレスのようなお肉自慢の彼女に抱かせてみよう。
その名はVenus of Cupertino(クパチーノのビーナス)。
ディスプレーを正面から見ようとすると左右に育った背中の脂肪がジャマするし、お腹まで垂れ下がった超たわわなオッパイはホームボタンを呑み込んでしまう。
ゆえに機能を求める人には絶対不向きだし、硬質レジンキャストとはいえ、落とせば必ず割れる。
ようするに、これまでのドッキング・ステーションの概念とは一線を画す"美しくふくよかな"iPadアクセサリーなのだ。
作者は古典的な彫刻技術と最新鋭の3Dプリンティングの両刀を巧みに使いこなすロンドン在のアーティストScott Eaton(スコット・イートン)。
映画界での活躍もめざましく、最近ではスピルバーグの『戦火の馬』をはじめ、『タイタンの戦い』『タイタンの逆襲』『ハリー・ポッターと死の秘宝』『キャプテン・アメリカ』などのVFX部門で主要なキャラクター造形を担当した。
そんなスコットが愛情こめて創りあげた全裸でiPadを見やるクパチーノのビーナス、アップルストアではたぶん買えない芸術みたいな玩具みたいなiPadアクセサリーのお求めは、留之助におまかせを。
ちなみにこれは第2、3、4世代の30-pinアダプタはもちろんのこと、最新Lightningコネクタも使える便利この上ない仕様となっている。
a0077842_23452975.jpg
This sculptural docking station is a true work of art—an ode to the curvaceous forms and symbolism of the ancient Venus figurines. The work of artist and designer Scott Eaton, she’s cast by hand in museum-quality resin, ready for easy syncing and charging, and to support your tablet so it (and you) will be nothing short of prolific.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-07-16 00:11 | PCモチャ
こんなiPadケースはいかが? 書店で発売中です。
iPadを手に入れるまえから、ケースのことばかり考えていた。
純正とかはゴツすぎるし、シリコン・ケースだとみんなが使いそうでイヤだ。
壁紙をダウンロードして併用すれば表も裏もユニークに生まれ変わるGelaSkinなら、大量のラインナップの中から好みのロウブロウ・アートが選べて楽しいけれど、壁紙を変えるようなあんばいでスキンを気軽に張り替えるわけにはいかないのが難点、飽き性の店主には向かない。
別に小キズがつくのがこわくてケースが欲しんじゃないよ、仕切りのないショルダーバックに突っ込んで持ち運ぶのに、中でガチャガチャさせたくないのは確かだけれど、それより猫も杓子もiPadだもの、せめてケースぐらいは人とちがうのを持ちたいじゃないですか。
a0077842_315387.jpg
そこで見つけましたよiPad Bacon Case、只今ありがたく活用させてもらってます。
ドイツのハンドクラフト・アーティストAntjes(アンジェス)が、手染めの圧縮ニットで仕立てたiPadケース、ものの見事にベーコンしてる。
じつは同じ手法のキーホルダーや鍋つかみやiPhoneケースなんかもヒット中だとか、でもやっぱりこれがいちばん、ありえない大きさがよい。
2007年末に発泡スチロールのトレイに載せられサランラップで包まれたお肉の写真集『ガッツ』っていうのを発売したら、けっこう物好きさんに好評だった。
で、これもそんな物好きさんのiPadユーザーなら喜んでもらえるんじゃないかと。
電車でベーコンからおもむろにiPadを取り出す自分を想像してみてください、絶対“変”だから。
手作りゆえ、けっしてお安くはありませんが、留之助書店で発売中です。
a0077842_3311129.jpg
a0077842_3332369.jpg
ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/14647580/
by tomenosuke_2006 | 2010-06-24 03:34 | PCモチャ