タグ:kaNO ( 91 ) タグの人気記事
NYで開催中のStreet Tribeっていうアートショー。
Vincent Yu(ヴィンセント・ユー)が主宰するNYのmy plastic heartといえば留之助商店の半分ぐらいの、そりゃぁ狭いショップだけれど、オブジェモチャとロウブロウアートの布教にはとくに積極的で、年に4〜5回、旬なアーティストを招いて開催する作品展はもはやNY名物である。
去年、ショップを訪ねて、これだったらウチでもちょこちょこっとモノを片づけ、壁面に掛けてある絵を隅に寄せれば、アートショーができるぞっと勇気づけられたりもした、が、ようは噐(Hard)じゃなくって出し物(Soft)なんだよね、ウチには玉がないわ。
それに引きかえヴィンセントの元にはいろんなアーティストが集まって来て、いまもkaNOJesse HernandezをフューチャーしたStreet Tribe(ストリート族)っていう面白そうなアートショーを開催中なのだ。
a0077842_0123451.jpg
『ストリート族』の出品作をオンラインで鑑賞したり購入したければ、まずmyplasticheartnycで登録し、折り返し送られてくる招待状に添付のリンクから入室する必要がある、遠慮なくどうぞ。
で、kaNO(下の画像の左)はすっかりお馴染みだけれど、ジェシー・ヘルナンデス(右)は当ブログでは初お目見え、どこのストリートが縄張りかというとNYではない、西海岸はSF近くのレドウッド・シティなのである。
そこできれいな奥さんとふたりの娘と生まれたばかりの赤ちゃんに囲まれ、シアワセを謳歌しながら多方面で創作活動中なのだ。
a0077842_0594693.jpg
ジェシーの大胆なラインと鋭い配色、しばしば牙をむく獣の口をあしらったエキゾチックでコワモテな作風は、アーバン・ネイティヴとかアーバン・アステカと呼ばれている。
ヘルナンデスという姓からしてルーツはメキシコ以南だろう、サンフランシスコ芸術学院でデジタル・メディアを専攻するかたわら、インディアンなどアメリカ先住民族の絵や織物に傾倒し、その道の著名な画家Oscar Howe(オスカー・ハウ)の元でペインティングを学んだ。
現在はレドウッドのローカルTV局でアートディレクター兼アニメーターとしてフルタイムで勤務しながら、絵を描いたり、モチャをデザインする注目株なのだ。
『ストリート族』の出品作のひとつ、ブラックドラゴンと名付けられた下の10インチMADLをご覧ください、この暑苦しさがジェシー・ヘルナンデスなのです。
で、キッドロボットが彼を放っておくはずがない、このタッチでいよいよ3月、さらに暑苦しい8インチの・・・が出るっていうから、楽しみこの上ないのだった。
a0077842_1656584.jpg


kaNO君の作品は相変わらずスゴイ。
by tomenosuke_2006 | 2009-01-20 17:20 | ロウブロウアート
kaNOついでに、ボッデガ発売。
6インチ(15センチ)といっても、不思議とこのボッデガは大柄に見えるし、とにかくクール。
NY、ゲットーで生まれ育ったkaNOらしい洗練でいっぱいだ。
2ケース入荷したうちから1個抜いて、迷わず店主のkaNOコレクションに加えました。
あなたにも絶対オススメ。
a0077842_23415189.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-26 23:45 | 商店入荷新着情報
ホント、kaNOってヤツは、ウマイ、うますぎる。
a0077842_21252074.jpg
LAの369 East First Streetといえばリトルトーキョー界隈だと思う、そこのJapanese American National Museumで12月6日(土)から面白いカスタム・トイ・ショーが開催される。
題してDreams to Dreams、親日派のDacosta Bayley(ダコスタ・ベイリー)が創作したソフビモチャ、Dreams Come True Objectの頭文字をとってDCTO(ディクト)と名付けられたモダンダルマを、内外40人以上のアーティストたちがカスタマイズ、一堂に展示されるのだ、縁起がいい。
日本からもItokin Parkさんをはじめ楽しい顔ぶれが参加するし、ダコスタを支援してディクトを早い時期から販売してきたNYのオブジェモチャ屋ToyQubeのあるじでデザイナーのKeith Poon(キース・プーン)も出品メンバーに名を連ねている。
で、ボッデガのkaNOも。
まぁ見てください、kaNOから送られてきたディクトの画像、その名もK-wing rebel dcto。
あえて説明は省略しますね、May the force be with you。
a0077842_23113880.jpg
a0077842_23124185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-26 23:23 | イマモチャ
その他のビップラ(BIC Plastics)モノ、3の2。
本日はBodega(ボッデガ)のディテールのアップ画像をお届け。
kaNOこの夜光する6インチ(15センチ)のギャングについては、9月にNYからレポートしてるんでそちらを参考にしていただきたい。
が、ひとつ訂正。
“スプレー缶がモチーフなのはひと目で分かる”と書いたけれど、じつはジュースのボトルにスプレー・ノズルをくっつけたデザインだった、忘れてた。
a0077842_239811.jpg


ボッデガのフライヤーはこちら。
by tomenosuke_2006 | 2008-11-15 23:08 | イマモチャ
10インチ・マッドエルはDIYに最適なプラットフォームかも。
カンサス・シティ在のアーティストJeremy Madl(ジェレミー・マドエル)、通称Madが生んだ福耳のキャラクターがMad L
夏に入荷した10インチのDIYや今月はじめにToyQubeから直送されてきたニンジャなど、留之助でもほどよく売れている。
DIYやスキンデザイン用のプラットフォームとしてはダニーに次ぐ古参ながら、発売元がWheaty Wheat Studiosから著作権を持つマッド自身の会社MAD TOY DESIGNに移り、やっと本格始動したという感じだ。
で、10月25日からデトロイトにあるギャラリーストアLIFTで開催されるMADL Citizens Exhibitは、まさしくマッドを支援し、マッドエルをオブジェモチャの桧舞台に押し上げようという試みで、ロウブロウアート界のカリスマ、トリスタン・イートンが全面的にバックアップしているから間違いない。
a0077842_1623475.jpg
オブジェモチャ界で活躍するトップ60名のアーティストによる10インチ・マッドエルを使ったDIYショー、どんなデザインが登場するか興味はつきない。
マッド、トリスタンをはじめキャメロン・タイド、ホアック・ジー、kaNO、キャシー・オリヴァス、ミスト、スケット・ワン、チルト、アーバン・ミディアムなど、留之助でもお馴染みの面々が名を連ねる。
またショーを記念してトリスタン作の5インチ(13センチ)マッドエル・デトロイトが500個のみ発売になるが、これも見逃せないのだ。
Gallery 1988 SFで開催中のMonster Art Rally(モンスターアートラリー)でも10インチ・マッドエルのチャッキーを披露したkaNOから、今回のショーのための新作画像が届いたので紹介する。
ホントにいいわ。
ダニーとマッドエルとシャーキー、以上3点はDIYまたは競作スキンデザインにもってこいの3大プラットフォームであると、ここに断言する。
a0077842_18472063.jpg
a0077842_18473440.jpg


トリスタンのマッドエル・デトロイト。
by tomenosuke_2006 | 2008-10-23 18:55 | イマモチャ
見るだけでも楽しいモンスターアートラリー。
Crazy 4 Cult(クレージー・フォー・カルト=カルト映画に首ったけ)といえば、カルトムービーをテーマにロウブロウ・アーティストたちが絵やヌイグルミや彫刻等で創作したバラエティ豊かな作品を紹介するグループ展のこと、主催はLAのメルローズ・アベニューにあるGallery 1988で、さすがハリウッドのお膝元らしいイベントだ。
去年第1回目が成功し、今年の夏の2回目もさらに好評を博して、年に1度開催のアニュアルショーにすると発表された。
そのGallery 1988がSF(サンフランシスコ)に姉妹ギャラリーをオープンさせたのは今年はじめ、で、同じショーを持ち回るのではなく、それぞれ別の企画で競い合うような運営方針が評判を呼んでいる。
a0077842_9441875.jpg
Monster Art Rally(モンスターアートラリー=怪物芸術大集会)。
Gallery 1988 SFがハロウィン・シーズン企画としてスタートさせたばかりの新グループショーで、まさにLAのクレージー・フォー・カルトの対抗馬、これがまた楽しいのだ。
出品作品はオンラインでも展示中、ぜひこちらのプレビューページをご覧いただきたい。
中でも店主の目を引いたのはMotor Bot作カスタム・8インチ・ダニーのアンドリュー2(上)と10インチ・DIY・マッドエルを使ったkaNOのチャッキー(下)。
モンスターアートラリー展が11月1日に閉幕したあと、およそ1週間ほどすると、飛騨高山の留之助商店で実物がご覧いただけます。
a0077842_9532159.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-10-12 09:55 | イマモチャ
kaNOとmy plastic heartへ。
colette x GAPの手提げ袋を持ったまま、kaNOとの待ち合わせ場所のロウアー・イーストサイドにあるWhole Foods Market2階のカフェテリアへ向かう。
ホールフーズといえばアメリカとイギリスでチェーン展開するナチュラル&オーガニック・フーズのマーケット・チェーン。
作品展の準備で雑然とした仕事場なんかで会うより、こっちの方がいいとkaNOが指定してきた。
近くには仲良くしているショップのmy plastic heartもあるし、まだ行ったことがないなら案内したいとも。
メールで何度かやりとりしただけだというのに、オーガニック・ジュースを飲みながら旧知の中のように話が弾んだ。

a0077842_13243758.jpg
kaNO持参のMacBook Proで、マル秘プロジェクトのスケッチやプロトタイプの画像をいろいろ見せてもらった。
中でも身長10インチ(25センチ)のワックス原型に目がとまった。
鉄人28号似の顔にヤカンの把手を付けたようなロボット風、みなさんにもお見せしたい不思議デザインの一等賞だった。
発売はクリスマス前だけれどメーカーとの契約でこれに関することはいっさい語れないと、そんな生真面目なところがまたkaNOのかわいいところだと感じた。

a0077842_15361778.jpg
新興のモチャ・メーカーBIC Plasticsから発売予定だったBodega(ボッデガ)は、ようやく今月末からの出荷となる。
スプレー缶がモチーフなのはひと目で分かるけれど、右手にカッターナイフ、左手はメリケンサックで武装する、けっこうあぶないヤツだと判明した。
スケルトン・ボディの中の赤色はGIDで、ほかにも4色が順次発売されるとか。
全5色の夜光シーンはさぞかし幻想的だろうと想像してみたけれど、よかったらグリーンを留之助エクスクルーシヴにどうかなんて言われて、返事は保留、4色でもきれいにちがいないと思い直すのだった、だって引き受け数が300個だもんね。
楽しいおしゃべりのあと、kaNOのマネーグリップ・レッド版エクスクルーシブを販売したり、マネーグリップのDIYを使ったアーティスト・ショーGet a Grip!をはじめ、しょっちゅう面白いイベントを主催しているNYオブジェモチャ界の老舗マイプラスチックハートへ。
オーナーのVincent Yuも若くていい子、大いに盛り上がり、kaNOがサインしたマネーグリップ・レッド版をお持ち帰りしたのだった。

a0077842_16342484.jpg
朝、目覚めたら、マネーグリップが窓辺に立ち、物思いに耽りながらマンハッタンを眺めていた。

右がmy plastic heartのヴィンセント。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-16 23:59 | イマモチャ
NYでkaNOのショーが好評開催中だね。
a0077842_9948100.jpg
my plastic heartっていえば、まだ留之助商店をはじめるまえにちょくちょく通販でお世話になったニューヨークのオブジェモチャ屋。
キッドロボット創業以来の契約ショップでもあるけれど、2年前から単に売るだけじゃないユニークなギャラリーショーを主催したりして羨ましいかぎりだね。
たとえばアンドリュー・ベルのジリクスをバラエティ豊かな顔ぶれのロウブロウ・アーティストが寄ってたかってスキンデザインしたAttack of the 19" Zliksなどは記憶に新しいところ。
で、今度は我らがkaNOのマネーグリップを45名のアーティストが、そりゃぁもう、思い思いにデザインしたショーGet a Grip!がスタートした。
もうじき45の作品はmphのサイトで紹介されるはずだけれど、一足先にショーの模様がYouTubeでオンエア中、ぜひ見てちょーだい、ひとまわり太ったkaNOがいい感じで出ています。
a0077842_9103243.jpg
上の画像は当店取り扱いのマネーグリップ、いまごろ欲しいといわれても右のオリジナルがほんの少し残るのみ、左の100個しか作られなかったステルス・マネーグリップはいつかに売り切れちゃったよ。
おっと、彼の初めての作品集市民カノー・ハッスルアートも残部僅少。
by tomenosuke_2006 | 2008-01-28 20:34 | イマモチャ
kaNO兄弟。
a0077842_3213517.jpg叶姉妹ほどゴージャスではございませんが、ひさしぶりにkaNOがマネーグリップの兄弟、ステルスを投入してきたねぇ。
もちろん仕上げはレーダーに捕獲されない電波吸収材塗装、っていうのはウソだけど、前作とは打って変わった渋い色合いで100個だけしか作られていない。
で、このステルス・マネーグリップと同じ便に乗ってこっちに向かっているのが、kaNOの処女画集Citizen kaNO: The Art of the Hustle、その名のとおりハッスルな内容で45ページのフルカラーだ。
イラスト、スケッチ、グラフィティの下書き、カスタムトイなど、kaNOが目指すアーバン・アートの洗練をたっぷり味わえる仕組みになっている。

ハッスルな中身はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2007-12-14 03:51 | イマモチャ
kaNOのマネーグリップの予約受付開始です。
ぼくのオモチャが日本で売られるなんて、すごくうれしいよ。
ぼくの義兄とその家族は長崎の近くの諌早(いさはや)に住んでるんだ。

今月はじめ、ブログでkaNOの仕事ぶりや新作オブジェモチャのマネーグリップを紹介するのに、どーしても彼のサイトにある絵を1、2点引用したくってコンタクトをとると、ベリーグッドなレスが返ってきた。
ついでに日本に親戚がいることも教えてくれた。
kaNO・・・つまり元をたどると日本の加納さんなのだった。
日系3世か、4世か、とにかくほとんど日本語が話せないジャパニーズ・アメリカン。
1980〜90年代をNYゲットーで過ごした少年時代の体験が、作品に影響していると語る。
kaNOの軽快なタッチと色使い、それは楽しく夢のある少年時代だったんだろうね。
はい、そういうkaNOのマネーグリップが今週入荷、ただいまよりオマケ付き予約受付を開始します。
a0077842_1614170.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-07-15 16:23 | イマモチャ