タグ:kidrobot black ( 8 ) タグの人気記事
"ブルーベリー"、パッケージ開封の際の注意事項
Yury Ustsinau’s “Blueberry”: warning regarding the opening of the package

段ボール製の外箱から黒い化粧箱を取り出し、大いに戸惑った。
蓋らしい部分が見当たらない。
どうやって箱を開け、フィギュアを出していいのか分からないのだ。
開封方法を記したメモでも入っていないかと、あたり見回すが、それらしいものは一切なし。
箱の正面の四角く切り抜かれた部分がぐらつくのを知って、傷つかないよう、そっと押したり、引いたりした。
するとそこがグルッと回転するじゃないか。
まるで回転ドアか回り舞台のよう。
いや忍者屋敷の仕掛けのようだ。
中から黒く反射するブルーベリーが現れた。
凝った作りのフィギュアにふさわしい驚きに満ちたパッケージ。
さすがkidrobot black、期待にたがわぬ傑作の登場である。
発売は3月26日(木)午前11時。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/22823282/
a0077842_20443180.jpg
I took the black presentation box out of the outer box made of cardboard, and found myself at a loss. I could not find any part on the box that looked like a lid, so I did not know how to open the box and take out the figure. I looked around to see if there was a note explaining how to open it, but there was nothing of the like. I then realized that a part cut in the shape of a square in the front of the box was shaky, so I pushed and pulled it gently, in order not to damage it. As I did that, I was surprised to see it flip over, just like a rotating door or a revolving stage. It was like a trick in a ninja residence. Yury Ustsinau’s “Blueberry” appeared, shining black, inside the box. This surprising package is perfect for the intricately built figure. One would expect no less from Kidrobot Black. This is a masterpiece that does not betray your expectations.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2015-03-17 23:59 | 商店入荷新着情報
kidrobot black最新作、入荷決定
Coming Soon: Yury Ustsinau’s “Blueberry”
a0077842_6482162.jpg


黒基調のアート・フィギュア・シリーズ、kidrobot blackのために生まれて来たと思しきドイツ人アーティスト、ユーリー・ウストゥシノウ
様々なトーンの黒色を巧みに操り、まるで悪夢に巣食うような人型モンスターを描いてきた。
そんなユーリー作品の中でもとくにアブストラクトな絵 "ブルーベリー" (下)が、ここに見事立体化されたのである。
高さ25センチのヴァイナイル製細密スタチュー、製作数は明らかにされていないが100体前後だろうか、もちろん日本では留之助だけの取り扱いとなる。

近日発売→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/
a0077842_6521918.jpg
The time for rumors have passed and the time for the epic release of Blueberry has come.
The latest release in the artist based ‘Kidrobot Black’ series, German artist Yury Ustsinau’s “Blueberry” is a brilliant derivative from his original vector based image. Standing at 10 inches in height with a myriad of detail, texture and finish, Blueberry is a true definition of limited edition art toy.
Releasing this February at Kidrobot.com, Kidrobot SF, Kidrobot LV and select specialty retailers
by tomenosuke_2006 | 2015-02-18 00:00 | kidrobot 新製品情報
最新kidrobot black、発売
ヴァイナル製にしては値が張るけれど、それもそのはず妥協皆無で製造原価には糸目もつけず、生産数をグッと抑えるからさらにコストは跳ね上がる。
そう、多少フトコロにゆとりがあって、真に欲しい人だけがそのアーティスティックでレアな作品を存分に味わえばよいのだ。
みたいなコンセプトで作られるのが、旬なロウブロウ・アーティストを起用して年に1、2度リリースされる特別なオブジェモチャ・シリーズ、kidrobot black。
これぞ業界のリーディング・カンパニーkidrobotの面目躍如たるところなのである。
で、おかげさまでこれからはkidrobot blackも留之助に直接配給してもらえることになったというわけ、じつによろこばしい。
Craww(クロウ)のMurder(マーダー=殺人)、高さ305ミリ、200個限定。
a0077842_15382317.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/21243544/
a0077842_15384180.jpg
解説 / クロウの芸術(本家ブログより)
あなたはその忘れがたい美に気づいたばかりかもしれないし、何年も前からその作品を追いかけているかもしれない。しかし、いまや誰もがCrawwのアートに気づいた。
イギリス、シェフィールドのこの独学の芸術家で常習的な落書き屋は、長年にわたって描きまくり、膨大な量のインクを消費してきた。空想、音楽、コミック、 自然、ジン、それに活発すぎるくらいの創造力から得たインスピレーションを使って、Crawwは暗くすばらしい場所についての美しく、忘れがたく幽玄的な作品を、絵の具や鉛筆を使って、またデジタル処理を利用して描き出す。
その作品は、落胆し悲嘆に暮れた、痛みが顔に表れた繊細でもろい姿を描き出し、動物や不気味なイメージがまとわりついていることがよくある。Crawwの暗く心を乱す作品は、想像のなかで見つけた秘密のストーリーと、変貌し続けるキャラクターたちの曖昧なつながりを探求するものであり、それゆえ彼のメランコリックな少女たちが髑髏(されこうべ)や烏に従順に服従しているのをしばしば目にすることになるのだ。それらの姿には、見る者を惹きつけ、言葉を奪いとり呆然とさせるところがある。
a0077842_15504163.jpg
The Art of Craww
You may have just noticed the haunting beauty or have been following his work for years, but the art of  Craww is now on everyone’s radar.
Based in Sheffield, England this self-taught artist and habitual doodler, has been painting and spilling copious amounts of ink for years. Using inspiration from daydreams, music, comics, nature, gin and an overactive imagination, Craww paints, pencils, and digitally depicts beautiful, haunting, and ethereal works of dark and wondrous places.
Often, his work depicts a delicate frail form with despondent and heartbroken pain on their face entwined with that of an animal or macabre image. Craww’s dark and disturbing works explore the secret stories and ambiguous connections of a constantly evolving cast of characters found in his imagination which is why many times we see his melancholic girls gently subdued with a skull or crow. The figures have a way of seducing you in and leaving you speechless and haunted.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2013-10-26 16:00 | kidrobot 新製品情報
3DRetroで見つけたkidrobot black
日本ではいろいろ事情があって、入荷がほとんど期待できないのがkidrobot blackである。
アーティストの計り知れない創造力を高度なビニール成形技術を駆使してカタチにする究極のオブジェモチャ・プロジェクトがkidrobot blackであり、作品はつねに黒を基調に仕上げられる。
品質が第一、生産数もギリギリに抑えられ、ゆえに高価で入手困難、これまでに発売されたすべての作品はすぐさま幻のコレクターズ・アイテムと化す。
と、そんなkidrobot blackから5月に発売されたのがRon Englishの名画AMERICAN DEPRESS(アメリカン・デプレス=アメリカの憂鬱)の立体化作品、200個限定だった。
a0077842_1371546.jpg
AMERICAN EXPRESSのカードが台座になったネズミ捕りにミッキーマウスが捕らえられるの図、で、カード&ローン破産者続出のアメリカを激しく風刺している。
説明するまでもなくDEPRESSはEXPRESSのモジリでもあって、kidrobot blackはアメックスもブラックカードにグレードアップ、ミッキーも丸々と太り、さらにリッチな装い。
壁に掛けて飾るにもってこいの稀少な逸品を、3DRetroのオーナーでDConの発起人Ben Goretsky(ベン・ グレッキー)から譲り受けたので、ご希望の方はどうぞ。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/i0/



Kidrobot Black x Ron English - "America Depress" Art Toy was released in May, but today is the first launch in Japan. The 12” wall-mounted piece highlights dark times with an iconic, overweight mouse in the grip of an iconic credit card reimagined as a trap for the unwary and unrepentant seekers of the luxurious life.
by tomenosuke_2006 | 2012-11-14 14:12 | 商店入荷新着情報
NYCC 2011みやげ、最後の3D作品。
ブラント・ピータースやキャシー・オリヴァスたちCircus Posterus(CP=サーカス・ポスタラス)の作品展会場となったTara Mcpherson(タラ・マッファーソン)経営のギャラリー・ショップCotton Candy Machineを訪ねた時も、日参したNYCC 2011のコットン・キャンディ・マシーンのブースでさえ、どういうわけかタラ本人には会えずじまいに終わってしまった。
ただしちゃんとこちらのメッセージは届いていた。
kidrobot blackレーベルで発売され、一瞬にして完売、すでに幻のフィギュアとなった彼女の最新作LILITU(200個限定)の、別に用意されたアーティスト・サンプル(およそ10個)の内、NYCC記念に一般販売される予定だった3個の内の1個を、留之助ユーザーのためによけておいてくれたのだ、もちろんサインを入れて。
a0077842_9272489.jpg
古代バビロニアのシュメールに伝わる神話の悪霊リリトゥ、次々に男と交わり殺すことを業とする。
タラの有名なアートワークでもあるそんな半身を露わにした漆黒の悪霊を、おぞましげな色香とともに立体化している。
未成年者お断りの問題作にして稀少品、ご希望の方がいらっしゃいましたら右の「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_1045699.gif
There is no hiding. A succubus walks. Lilitu. Sexually charged, violently destructive, A Sumerian myth, a demon to be feared. To love and to kill without remorse, one man at a time. Intended for ages 18+ for its mature content. Should not be purchased by minors.

More: リリトゥ・アーティスト・サンプルの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-11-01 10:36 | 商店入荷新着情報
The GODDESS by Doze Green、公開。
Doze Green(ダズ・グリーン)のThe GODDESS(ザ・ゴデス)がついにベールを脱いだ。
オーガニックとメカニックが有機的に結び付いた形容し難い神々しさ、宇宙のすべてを包み、癒し、愛する永遠の母の姿である。
角の先から足元まで高さは20インチ(51センチ)、$500.00 + 送料、kidrobot blackで発売開始。
個人輸入が苦手な方や面倒くさい方は「Inquiry お問い合わせ」バナーか、こちらからご連絡を。
a0077842_737753.jpg


More: ゴデスの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-06-15 07:47 | kidrobot 新製品情報
KRのハイパー・レーベル、kidrobot blackの新作がスゴイ。
筋肉模型のような筋だらけの顔を真っ先に連想してしまう、NYCのグラフィティ・ライターDoze Green(ダズ・グリーン)が描く数々のキャラクターたち。
2006年だったか、腹と背中にスピーカーが付いたカラフルなモビルスーツを着て、下半身はブリーフむき出し、両手にはキャリングケース入りのターンテーブルを持つ摩訶不思議なフィギュアTravela(トラベラ)を発表し、オブジェモチャ・シーンでも大いに話題になった。
a0077842_7344281.jpg
そんなアーティストの満を持しての超大作がKRのハイパー・レーベルkidrobot blackから近日発売になる。
題してThe GODDESS(ザ・ゴデス)、たぶん全身黒ずくめになるだろう、これまた奇々怪々なモビルスーツを着た女神像だ。
すでに発表になっている全身のシルエットに、3点のクローズアップを割り振ったのが下の画像である。
a0077842_833572.jpg
ベンツにマイバッハがあるという例えは大袈裟か、ヌイグルミ(Aクラス)から20インチ・ダニー(Sクラス)まで何でもありのKRラインナップとは一線を画すのが、kidrobot blackのあえて生産数を抑えた個性派作品なのだ。
中国ソフビ業界の通念でもある採算ベースの最低ロット300個を下回る数ゆえ、おのずと割高になるのは仕方ない。
基調色はマット・ブラックのみ、もとより帳尻を合わせるためのカラーウェイという発想はkidrobot blackにはないのだ。
懐に余裕があり、本当に欲しい人だけが買えばいいという製作者サイドの強硬な姿勢、妥協や迎合でオブジェモチャの価値を下げるわけにはいかないというリーディング・カンパニーの責任のようなものを感じないではいられない。
なんて堅い話はこれくらいにして、まだベールに包まれているザ・ゴデスのシルエットに酷似したダズ・グリーンの絵を下に紹介する。
近年稀に見る最高に変なフィギュア誕生の予感である。
a0077842_9483220.jpg
さて、kidrobot blackモチャには卸販売はなく、KR-USAの専用オンライン・ページでしか買えない仕組み。
が、思い出してほしい。
当ブログが留之助商店の取り扱い商品や懇意にているアーティストの話題に特化し、オンライン・ショップの商店入荷新着情報書店入荷新着情報とリンクしながら、販売促進に明け暮れていることを。
という点で海外のオブジェモチャ・ニュースサイトとは性質を異にしている。
つまりここで紹介する品々は一部を除き、ほとんどが売り物なのだ。
諸般の事情で留之助オンラインに出せなかったり、声高にセールスできないモノがたまにあったりはするけれど。
a0077842_949389.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-06-12 23:59 | kidrobot 新製品情報
NYCC 2010限定モチャ、じょじょに発売。
卸値で仕入れたモノ、お友だち価格で分けてもらったモノ、定価で買ったモノなど、きょうからいろいろ留之助オンライン入荷新着情報に並べていきます。
まずはRAJE Toysのミスター・ブレイン・スペシャル・カラーあたりから。
で、その収益はNYで贅沢した1週間分の食事代に充当させていただけたらと思っています、下世話な話で失礼。
a0077842_2375226.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-10-16 02:47 | 商店入荷新着情報