フライトナイト・バンパイア・スカル・ストーリー
A story of the Fright Night Vampire Skull

私ごとですが、映画ジャーナリストを生業に1980年代のLAに住んでいたころ、ハリウッド製SFX映画と親密になりすぎて、作品そのものを冷静に評価できないでいたような気がします。
創作意欲と情熱が充満するスタジオで、日頃から仲良くしているモデルメーカーの友人がミニチュア未来都市製作の陣頭指揮をとったかと思えば、別の友人が怪物作りの責任者として数十人のクルーを束ねる。
暇さえあれば現場を訪ね、そんな様子を間近で見ていたら、彼らの努力や苦労が他人事ではなくなり、キャスト&クルーの完成試写会に呼ばれようものならスタッフの一員になったような錯覚に陥り、なんでもオッケーな傑作に思えてしまう。
これではジャーナリストとして、あるいは批評家としての資質ゼロ、落第間違いなしなんですが、不思議にやっていけたのは、SNSもインターネットさえない時代、SF&ホラー映画ファンが旬な情報を得るためには、当時のスターログやホットドッグプレスに寄稿した(店主の)レポートを読むぐらいしか手立てがなかったからでしょう。
おかげで需要が供給を上回る忙しさを経験させてもらいました。
稀ではありますが、辛辣な評を書いたこともあります。
深入りすぎて、見なくてもいいもの、知らないでこしたことがないものに運悪く遭遇し、変な正義感が先走って冷静さを欠き、頭っから映画を否定してしまう。
大の仲良しだったロブ・ボーティンがモンスター製作を監修した『遊星からの物体X』(1982年)の当時の評価は、ある理由でネガティブなものになってしまったのでした。
すみません、本題に戻ります。
ようするに当時、SFXの現場にドップリ浸かったがために盲目的となり、いまも変わらず愛しすぎるホラー・コメディ『フライトナイト』(1985年)の、店主にとっては思い出のアイコンとでもうべきバンパイア・スカルにまつわる話をしようと思うのです。
a0077842_21093278.jpg

▲ ライブラリアン・ゴーストの骨格を彫刻するマーク・ウィルソン


『フライトナイト』はリチャード・エドランドが運営するSFXスタジオ、BFCの第2作目として、『ゴーストバスターズ』(1984年)完成直後、休むまもなく製作がはじまったトム・ホランドの初監督作品でした。
ちなみにエドランドとは、ILM時代に『スター・ウォーズ ep.4〜ep.6』(1977年〜1983年) でアカデミーSFX賞を受賞後、ハリウッドに自前のスタジオを開設した当時のスターSFXマンのことであり、ホランドは秀作『サイコ2』(1983年)の脚本家です。
当時、この二人がホラー映画を撮ると聞いただけで、無条件降伏したものです。
SFXに投入される製作費が『ゴーストバスターズ』の4分の1以下、製作期間も半分という厳しい条件や、BFCのモンスター・ショップが縮小されると聞いても、そんなに心配ではありませんでした。
『ゴーストバスターズ』のトップクルー、スティーブ・ジョンソンとランディ・クックがチームを再編成するのですから間違いなしです。
スライマーの彫刻をアシストし、そのぬいぐるみに入って緑のオバケを演じたり、ライブラリアン・ゴーストの骨格を彫刻したマーク・ウィルソンたち選りすぐりのクルーがチームに残こりました。
a0077842_11092876.jpg

▲ ライブラリアン・ゴーストの劇中カット


スティーブが膨大なスペシャル・メークアップ・エフェクトすべてを監修しました。
主人公チャーリーの友人で事件に巻き込まれてしまう悲しい犠牲者エドのメイク、狼と化したエドが死とともに人間に戻る逆変身効果、バンパイアの同居人ビリーの溶解効果、血を吸われて変貌したヒロイン、エイミーの醜くおどろおどろしいメイクなど。
余談ですが、かつて店主がSFXを担当した東宝映画『学校の怪談』(1995年)の口裂け女(のマスク)は、スペシャル・メークアップ・アーティストの故・高柳祐介くんに、『フライトナイト』のヒロインの醜い歯並びをそっくり真似するよう頼んで作ってもらったのでした。
『ゴーストバスターズ』でテラードッグのミニチュアを彫刻し動かしたモデル・アニメーターのランディは、バンパイアが変身した大コウモリのパペットの製作と操演がおもな仕事でしたが、時にはバンパイア役のクリス・サランドンのメークアップに駆り出されたりしました。
a0077842_22440910.jpg

▲ スティーブ(左)とエド役のスティーブン・ジョフリーズ

a0077842_22464353.jpg

▲ バンパイア役のジェリー・ダンドリッジとランディ(右)


そんな低予算で人手不足にもかかわらず、仕事が山積みのモンスター・ショップの熱気に魅せられ、通いつめました。
ある日、映画のクライマックスでバンパイアが巨大コウモリに変身して燃え尽きるとき、炎の中に浮かび上がる全身骨格の作り方をスティーブが提案するのを見て、心底、天才を感じたものです。
それは最高に効果的で安上がりな方法でした。
「ライブラリアン・ゴーストのモールドがどこかにあっただろ。あれを利用すればいい。スカルは強面の男に変えて鋭い牙に付け替え、腕はコウモリの翼の骨格に似せたらなんとかなるはずだ」
そうなんです、あまり公にはされていませんが、『フライトナイト』のバンパイアの断末魔の姿は『ゴーストバスターズ』のライブラリアン・ゴーストの生まれ変わり、いや、息子のようなものだったのです。
さらにこのことを知る人はほとんどいないと思いますが、マーク・ウィルソンが作ったライブラリアンのスカルを、スティーブの指導のもと、バンパイア・スカルにカスタマイズしたのは『フライトナイト』にボランティアとして参加し、努力が認められて他のクルーとともにエンディング・クレジットに名を残した木田眞紀夫くんという日本人青年でした。
スペシャル・メークアップ・アーティストを志し、LAに住む店主を訪ねて来た熱血男児で、勉強がてらスティーブの元で働けるよう橋渡しをさせてもらったのでした。
と、まぁ、本日、キャスト工場から届いた分納第1回目のバンパイア・スカルを検品しながら、青春の80年代に思いを馳せらせてしまった、いまではいい年の店主なのでした。

検品後、バンパイア・スカルは東京都町田市の造形工房に送られ、そこで軽く汚し塗装が施されて完成の運びとなります。
9月下旬には発売したいと思っています。
a0077842_23262461.jpg

▲ 断末魔のバンパイア

I talked mixing in some of the episodes from the time, such as how the skeleton of the Librarian Ghost made for “Ghostbusters” was actually used for the Vampire Skeleton of the following year movie “Fright Night.”
a0077842_20382935.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2018-08-21 08:07 | プロップ
猿の惑星・自由の女神プレイセット
Planet of the Apes - Statue of Liberty Action Playset

猿5月、大好評のうちに売り切れたスーパーセブンのリアクション・フィギュア『去るの惑星』6点セット
ご購入のみなさんは、その後、いかがお過ごしでしょうか。
SF怪奇イラストレーターのエド・レピカがデザインしたブリスターを壊すのがいやで、そのまま大事にコレクションしていらっしゃる人の方が多いかも。
でも、これを機に開封しちゃってください。
7月のSDCC 2018で先行発売された猿の惑星のジオラマ・プレイセット。
レピカが描いた自由の女神のカットアウトに、岩場のステージを取り付けて、6人のキャラクターを飾りましょう。
プレイセットはほしいけれどブリスターを破るのはイヤっていう人は、この際、追加入荷の6点セットもついでにお求めください。
9月下旬の入荷を予定しています。
a0077842_13390510.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2018-08-20 13:41 | Sci-Fi Classicモチャ
キャンディー・ボルトンの8インチ・キツネ・ダニー?
Candie Bolton's new 8" Danny?

2018-07-28のブログシティ・クリプティッド・ダニー・シリーズに参加した美少女アーティスト、キャンディー・ボルトンと彼女の3インチ・キツネ・ダニーを紹介しましたが、その時、10月にキツネの8インチ版が出るような話をしたかと思います。
で、Kidrobotのインスタにこんな画像がアップされたので転載させていただきました。
中央の白いのが本家と世界の特約店で発売されるカラーウェイだということは分かっているのですが、左の黒いのと右のオレンジ色が気になります。
おそらくひとつはKidrobotのオンライン限定で、もうひとつは時期からいってDCon 2018限定ではないかと勝手に想像しているわけです。
もしそうなら、11月に参加するDConで買い付けたいと思います。
a0077842_17144040.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2018-08-19 17:20 | kidrobot 新製品情報
留ブラ・ピン、完成
1/5 Tomenosuke Blaster Pins are complete

留ブラ専属アーティスト、ジェイコブ・シュテルモーセさんのデザインで留ブラ・ピンを2種類、RサイドとLサイド、各300個作りました。
絶賛発売中です。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_21121637.jpg
International Order→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
# by tomenosuke_2006 | 2018-08-18 21:33 | 留之助ブラスター
8月限定クレジットカード決済 送料無料キャンペーン
Free Shipping campaign @ STORES

いつもTOMENOSUKE STORESをご利用いただき、ありがとうございます。
100円以上の商品をクレジットカードで購入されると送料が無料になるお得なクーポンが発行されました。
クーポンコードは「coupon1808」。
キャンペーン期間は8月31日まで。
クーポン対象はクレジットカード決済のみです。
その他の決済、PayPal/キャリア決済/楽天ペイ/Amazon Payなどを経由してのクレジットカード払いは対象外ですのでご注意ください。
a0077842_16031716.png

# by tomenosuke_2006 | 2018-08-18 16:10 | 留之助商店計画
10周年記念ポゼッスド、追加分の入荷が決まりました
All order of Possessed will surely arrive

ご心配をおかけしましたが、追加注文分を含む十分な数の10周年記念ポゼッスドの入荷が決定しました。
というわけで、心置きなくご予約ください。
また仮予約のみなさまには、ご予約受付のメールを改めてお送りいたします。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/8BbFww
a0077842_10510581.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2018-08-18 10:55 | 商店入荷新着情報
留之助限定キルカット"トゥーマッチ・サケ"発売予告
KillKat "Too Much Sake" Tomenosuke Exclusive by Andrew Bell

2016年開催のMonsters & Miisfits IVで来日したAndrew Bellさんが、日本には酒バージョンをはじめ、いろんな種類のキットカットがあるのに感動し、手当たり次第に買い漁っているところを見ましたが、まさかこんな大ヒット・シリーズに生まれ変わるとは思ってもいませんでした。
とくにこれ、あまたのキルカットの中でも最高傑作、いちばんウィットに富んだパッケージ・デザインではないかと思うのであります。
留之助版"トゥーマッチ・サケ"は150個限定。
9月8日、シンガポールで開催のSTGCC 2018で先行発売のあと、12日からは留之助オンラインでも一斉に発売します。
続報をお待ちください。
a0077842_20053050.jpg
Out of all the many KillKat series, this may be the best one with the most witty package design. "Too Much Sake" Tomenosuke Exclusive has a limited release of only 150 units.
After early sale at STGCC 2018 on September 8th, it will be sold in our online store from the 12th. Please look for further information on this.
# by tomenosuke_2006 | 2018-08-17 07:35 | 留之助限定モチャ
Coarseの新作"メルトダウン"、9月1日予約開始
Meltdown will go on sale September 1, 2018

ホンコンからLAに本拠地を移して活躍するハイエンド・アート・フィギュアのデザイン・スタジオ Coarsetoyから、新作の案内が届きました。
7年前、ファンを魅了したあの原寸大胸像のヌープが、今度は顔と胸の半分をアイスクリームでコテコテにされて帰って来ます。
まるでデザートのようなヌープはメルトダウンと名付けられ、2種類のレシピで提供されます。
ひとつはアルター・エゴ(別人格)。
バニラとバタースコッチのアイスクリームに鮮やかなベリーフルーツシロップ、レインボースプリンクル、マラキーノチェリーを添えた299個限定です。
もうひとつはロング・グッドバイで、ピンクとパープルのフルーツシャーベットにパステルシロップとスプリンクル、ピンクのチェリーを添えた199個限定です。
いずれもこめかみのあたりにCOARSのロゴが刻まれたスプーンが刺されて、食べるばかりの状態。
9月1日の予約開始まで、楽しみにお待ちください。
a0077842_11115060.jpg


Meltdown – Alter Ego
life-size 16'' [40 cm] vinyl bust
Limited to 299 pieces

a0077842_11122518.jpg


Meltdown – The Long Goodbye
life-size 16'' [40 cm] vinyl bust
Limited to 199 pieces


# by tomenosuke_2006 | 2018-08-16 11:18 | イマモチャ
10周年記念ポゼッスド、入荷予定日のご案内
Possessed - 10th Anniversary arrives in 3-4 weeks

お待たせしていますルーク・チュー(下の画像の中央の男子)の10周年記念ポゼッスドですが、本日、メーカーのMunky Kingから出荷日について連絡がありました。
それによりますと中国での製造も無事終了し、近日出荷の予定で、アメリカには3〜4週間で到着、日本の留之助には直接中国から発送されるので、それより早くなるだろうということです。
また2、3日のうちに請求書を送るから、清算してくれとも言ってきました。
このポゼッスド、予約受付を開始してすぐ入荷分に達したため、追加注文したのですが、それについての受注確認メールは送られてきておりません。
というか、初回分についても確認メールは届いておりません。
Munky Kingって、昔からそういうところで、請求書が届いてはじめてこちらの注文通りの数が届くのか、そうでないかがわかるとてもスリリングなメーカーなんです。
というわけで追加注文分につきまして、現在も予約受付中ですが、確実にお届けできるかどうか現時点では確約できません。
ダメモトでいいという方のみ、ご予約をお待ちしています。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/8BbFww
a0077842_10254364.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2018-08-15 10:32 | 商店入荷新着情報
クロックワーク・ピノ、予約開始
PRE-ORDER: Clockwork Pino by Fools Paradise –

この右足に重点を置いて斜に構えたポーズが憎らしくてたまりません。
もはや説明は不要でしょう。
スタンリー・キューブリックのふとどきな傑作『時計じかけのオレンジ』(1971年)のドルーグ・リーダーを木彫りのあやつり人形が演じるという、悪と善のクロスオーバーな逸品を、香港のFools Paradiseが発表しました。
ただいま絶賛予約受付中のXL・スリー・キング:トゥー・スリーの、あのメーカーさんです。
素材はソフトビニールとPVC、ピノの高さは30センチ、ディズニーが苦心して誕生させた、映画の良心であり、ストーリーテラーとしての役割も担う重要なキャラクター、ジミニー・クリケット風のミニフィギュアが付属、発売は来年1月〜3月です。
これより特価で予約開始します。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/Crvc4c
a0077842_17212778.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2018-08-14 18:28 | 商店入荷新着情報