ファッティ・プロップ・レプリカ・モデル、進捗
Base model is completed, the next step is painting

最初の4体のセパレートラインを削り、気泡等をパテ修正し、牙を付けてサフ吹きが完了したとの連絡が、HIGA Bros. Productionからありました。
このあと、塗装に入るとのことです。
ちなみにこの4体はすでに売約済みで、これからのご予約分は7月の納品となります。

絶賛予約受付中→http://ur0.biz/SE6g
a0077842_21561123.jpg
INTERNATIONAL PRE-ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
# by tomenosuke_2006 | 2019-04-17 21:43 | 留之助プロップレプリカ
トーマス・ノスケ二重成型蓄光版、今月末ごろ発売予定
Someday at the end of the month

トーマス・ノスケのブログ記事で折に触れ話題にしているのが、1956年の古典SF映画『禁断の惑星』です。
なんといってもトーマス・ノスケ自体が『禁断の惑星』の名脇役にしてロボットの代名詞ともいえるロビー・ザ・ロボットをリスペクトしながら、スチームパンクをブレンディングしてデザインされたのですから当然です。
付属のスペース・ピストルも『禁断の惑星』に登場した23世紀の地球軍の軍装光線銃ユナイテッド・プラネット・ブラスター・ピストルを参考にしていますし、このあとリリースを計画しているトーマス・ノスケからは『禁断の惑星』ゆかりのワードをエディション名にする予定でいます。
というわけで次回最新作の蓄光版(Glow In The Dark)の名前は“Id”(イド)。
a0077842_21131403.jpg
消息を絶った移民団を捜索するため、アダムス機長率いる地球軍の宇宙船C-57-Dが惑星アルテアへ降り立つのですが、そんな彼らを待ち受ける脅威こそが目に見えない謎の怪物イドなんです。
で、その正体は、映画のクライマックスで明らかになります。
a0077842_21091660.jpg
惑星アルテアには滅亡した先住民クレール人が残した空想を具現化する究極の装置があり、移民団の生き残りで美しい娘アルティラと暮らすモービアス博士が、その装置を使って自身の能力を飛躍的に増進させ、万能ロボットのロビーをはじめ、ハイテクな生活環境を作り上げていました。
しかし博士の潜在意識の暗黒面が、なんとその装置を介してイドを生み出し、地球軍一行を襲ったのです。
a0077842_21200272.jpg
潜在意識の内なる精神エネルギーが創造した形容し難い存在に、心理学用語を引用してイドと命名するなど、子供騙しのSF映画(それはそれで好きです)が乱作された1950年代にあって、『禁断の惑星』は子供の知性を過小評価することなく、さらに大人の鑑賞にも耐えうるよう製作された類い稀な作品なのでした。
で、そのイドは地球軍の仕掛けた罠にはまり全貌を現します。
激しく発光しながら、おぞましい姿を露わにするのです。
このシーンはディズニーのアニメーション部門が、『禁断の惑星』のスタジオ、MGMのシンボルマークのライオンをモチーフにして製作しました。
なのでトーマス・ノスケ第4弾は、蓄光で光るというところからイドと呼ぶことにしたのです。
しかし蓄光といっても、そんじょそこらの蓄光とは作りがちがいます。
まずは金型にクリアのソフビ材を流し込み、ある程度硬化したところにさらに蓄光材を流し込むという、専門用語でいうところの二重成型。
いつもの倍の手間をかけたぶんだけ異彩を放つとでもいいましょうか、透明の層を透かして発光し、その佇まいはひと味も、ふた味もちがうのでした。
さてさて、ご好評いただきましたスペース・ピストルのオマケですが、このイド・エディションをもって最後となりますので、よろしく。
a0077842_20141368.jpg

▲ Graphic art by Doktor A

Our products are a cut above your average GID (Glow In The Dark) products. For one thing, we use a process that is technically termed double injection molding to first pour clear vinyl material into the mold, and then, when the vinyl has hardened to a certain extent, pour in the special GID material. You could say that this process requires twice the effort but the result is a product that stands out twice as much. By having the glow pass through a transparent layer, we give our products a unique shine. In any case, this will be the last edition that will feature the popular bonus miniature space pistol.
# by tomenosuke_2006 | 2019-04-16 22:47 | 留之助オリジナルモチャ
緊急予約開始、XL・スリー・キング:トゥー・スリー “ホワイト”
PRE-ORDER: XL Three King: Two Three "WHITE"
a0077842_15062264.jpg
去年6月予約開始早々に売り切れ、11月無事お届けしたFools Paradiseの巨大フィギュア、XL・スリー・キング:トゥー・スリーのホワイト・ユニフォーム版が9月に完成します。
世界限定398体の前作(レッド・ユニフォーム)がいっきに売り切れ、買えなかったコレクターをがっかりさせてしまったことから、今回は100個追加の限定498体。
とはいっても留之助の入荷数は前作同様の2ダースということで、思い立ったら即予約をオススメします。
また、入荷が遅れることが大いに予想されますので、入荷新着情報ページから前払いなしのご予約受付とさせていただきます。
ちなみに商品のいわれなどは、2018-06-09のブログで詳述しています。
ぜひご参照ください。

ご予約はこちらから→http://urx.red/5DOV
a0077842_15070753.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2019-04-15 15:29 | 商店入荷新着情報
釉薬の色はこんな感じの3色です
The color of glaze

製造をお願いしているひし力製陶所さんにあった出来合いの釉薬(ゆうやく)を使ってもらうことにしました。
a0077842_14372838.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-14 14:41 | 留之助オリジナルモチャ
マブ・グレーブスのディノキティがフィギュアになりました
Dinokitty Rex by Mab Graves

T-レックスのカラダに猫の顔。
マブ・グレーブスが創作したなんとも珍妙な怪獣、ディノキティといえば、彼女のこれまた一風変わった作品集ビューマスター・コレクターズ・セットを紹介した2018-06-23のブログでご覧いただいたことだと思います。
じつはそのディノキティのフィギュア版が、去年11月に開催されたDCon 2018の3DRetroブースで大々的にリリースされるはずだったんですが、残念ながら間に合わず、中国の工場から急きょ取り寄せた約20個だけがこっそりひっそり発売されたのでした。
あれから5ヶ月、そりゃもうアパトサウルスなみに首を長くして待っていたら、ついに公式リリース日決定の吉報が届きました。
まずは今月27日、LAの3DRetroでリリース・パーティーが催され、その後、小売店では留之助が世界最速で販売の予定です。
店主的には、ファッティのお嫁さんにどうかなと思っています。
a0077842_21115905.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-13 21:54 | 3DRetro 新製品情報
スーパースター・デストロイヤー、5月4日23時59分予約開始
Regarding pre-sale of Superstar Destroyer

たくさんのお問い合わせをいただいていますビル・マクミューレンのスーパースター・デストロイヤーの発売につきまして、メーカーのMunky Kingから昨日お達しがございました。
来たる5月中旬の出荷をまえに、5月4日(土)世界一斉予約開始の準備をせよとのこと。
ご希望のみなさんは、しかとこの日をお忘れなきよう願います。
ちなみに下の商品画像にうっすらと見えるディスプレースタンドらしきものが付属するか否かは、いまのところ不明です。
a0077842_22411382.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-12 07:08 | Sci-Fi Classicモチャ
ローマン・クロネックのジミルキー・5インチ・ダニー画像
This is Zmirky 5" Dunny by Roman Klonek

画像が1点だけ、公開されました。
グングンきますね。
やる気満々なダニーです。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_09594488.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-11 10:04 | kidrobot 新製品情報
新3連作スピナー・ポスター、色校正完了
Checking the colors on a colored proof of NEW Spinner Triptych

460 x 610 mm x 3のレギュラー・サイズにつきましてはすでに色校正が済み、印刷所からの納品を待つばかりとなりました。
週内には発送できそうです。
また610 x 915 mm x 3の特大版につきましては、印刷紙を変えることになり、再度、色校正してからの本印刷になります。
いずれにしましてもお届けは当初の予定より早くなりそうです。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_12415382.jpg
INTERNATIONAL ORDER→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
# by tomenosuke_2006 | 2019-04-10 12:45 | 書店入荷新着情報
突然ですが、12日(金)23時59分、新5インチ・ダニー発売です
SALE ON FRIDAY: Zmirky 5" Dunny by Roman Klonek

いささか堅苦しい表現になりますが、すっかり情報統制がかけられた感の新作ダニーであります。
発売間際まで、画像公開の許可が下りないのです。
で、今回は5インチ・ダニー。
ドイツのデュッセルドルフにスタジオを持つローマン・クロネック(下の画像の人物)が担当しました。
a0077842_04201312.jpg
グラフィック・アートを学んでいた90年代に版画の魅力にとりつかれ、以来、漫画チックなイラストを木片に手彫りして、ブロックプリント用の版を作ると、カラフルな色彩で刷り上げるというスタイルを確立しました。
なのでこの5インチ・ダニーは、クロネックには珍しい立体作品といえるでしょう。
下の画像は彼のブロックプリントを基にしたパッケージ・アートですが、ダニーもまったくこんな感じで、パンクでロックで、かなり挑発的な仕上がりになっています。
金曜深夜の発売をお忘れなく。
a0077842_14124388.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-10 08:07 | kidrobot 新製品情報
現在進行中の新製品ロゴの一部です
A part of the new toy's logo currently in production

試作出来、申し分なし、量産に入ります。
a0077842_22514725.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-04-09 15:49 | 留之助オリジナルモチャ