徳さん謹製・留ブラ2019ブルーング・カスタム詳報 1/2
Report in detail of Tomenosuke Blaster 2019 blueing custom 1/2

チャーターアームズ・フレームのエイジング処理
HWのブルドッグ・フレームに残る大小約7ヵ所の押し出しピンの痕をすべて除去・研磨し、シリンダーも含め全体をラッカー系の艶消し黒で塗装後、適度に表面を擦って金属の質感に近づる。
a0077842_12005126.jpg




a0077842_12011626.jpg
Aging for Bulldog frame.

チャーターアームズ・グリップ・フレームの加工 - 1
グリップ・フレームの表と裏にある加工痕を金属の下地が出るよう、削る。この加工痕は、一説によるとグリップにLEDを内蔵させ光らせるためのトグル・スイッチ設置用のものではなかったかといわれている。徳さんはこの説を強く支持している。
a0077842_20013566.jpg
Process the Bulldog grip frame - 1.

チャーターアームズ・グリップ・フレームの加工 - 2
工業製品として最小限必要なクリアランスを確保した結果、PRO以降の留ブラはグリップ・フレームとトリガー・ガードのパーツ間のクリアランスが実物より0.5ミリ広くなっている。そのクリアランスを修正するため、チャーターアームズ・グリップ・フレームにあるブラスター・グリップ・フレーム取り付け用ネジ穴の位置を、前方に0.5ミリ移動させる。
a0077842_22562991.jpg
a0077842_22563372.jpg
Process the Bulldog grip frame - 2.

ローレットワッシャーのパーティングライン除去
バインディングポスト付け根のローレットワッシャーの両サイドに残る2本のパーティングラインを除去し、ブルーイングを施す。
a0077842_15080446.jpg
Remove the parting line of roulette washer.
by tomenosuke_2006 | 2019-08-11 14:54 | 留之助ブラスター
<< 徳さん謹製・留ブラ2019ブル... ディーズ・ナッツのその後と発売再開 >>