留ブラOGのグリップ
Paint the checkering of Tomenosuke Blaster OG

2006年8月にLAで開催された第64回世界SF大会で初公開されたブラスターを、ジャーナリスト、カール・テイト氏が撮影した画像(下)を初めて見たとき、とくに目を引いた個所のひとつに、白く粉を吹いたようなグリップのチェッカリングがありました。
チェッカリングを彫った際に出た樹脂の粉末が凹部に付着しているのかと思いましたが、それがいつまでも残っているはずはなく、あえて色を入れたに違いないとの結論に至りました。
そんな特徴的なグリップを、今度の留ブラOGでは再現しています。
留ブラOGのグリップ_a0077842_10204794.png
留ブラOGのグリップ_a0077842_10242539.jpg
When I first saw the image (above) taken by Karl Tate of the Blaster revealed at "The 64th World Science Fiction Convention" held in LA in August 2006, one of the things that caught my eye was the grip checkering that looked like blown white powder. I thought the plastic dust from when the checkering was carved had adhered to the recessed areas, but since that would not remain long, I came to the conclusion that it was to add color.
That characteristic grip has been reproduced in the current Tomenosuke Blaster OG.
by tomenosuke_2006 | 2020-11-04 10:26 | 留之助ブラスター
<< キース・ヘリングのアンディ・マ... レット・アス・プレイ・ブラック... >>