バブルズ・アクアティック・ワールド、入荷しました
JUST ARRIVED: Bubbles Aquatic World Series by AUG Journey Studio

甲殻類ファンのみなさま、お待たせしました。
2020-09-22のブログで紹介したバブルズ・アクアティック・ワールドが、ようやく入荷しました。
アソートにつきましては、先のブログをご参照ください。
この、けっこう面白い変種カニ・フィギュアのラインナップを、1957年にロジャーコーマンが製作・監督したB級モンスター映画『巨大カニ怪獣の襲撃』に捧げたいと思います。
『巨大カニ怪獣の襲撃』なんて映画、ほとんどの人は知らないでしょうね。
これは、50年代に無造作につくられたどうでもいい無数のモンスター映画の中の単なる1本のように思われがちなんですが、それはそれは素晴らしくアーティスティックなアニメーションによる1分11秒のメイン・タイトル・シーケンスに救われたというか、このアニメのおかげでいまだに口の端に上る稀な映画なのです。
こちらのURLで映画全編が公開中ですので、ぜひ冒頭のメイン・タイトルだけでもご覧ください。
作者は波乱万丈の人生を生きたポール・ジュリアン(Paul Julian / 1914-1995)。
世界恐慌時代(1929年から40年代初頭)、政府のWPA(公共事業促進局)が推進した公共施設の壁画プロジェクトに参加し、南カリフォルニア各地に数多くの傑作を残しました。
その後、ワーナー・ブラザースで背景画家として働きはじめ、ルーニー・テューンズ・チームに加わるとアニメーター兼声優兼音響効果係として活躍しました。
あのロードランナーの車のクラクションのような鳴き声は、ジュリアンの創作です。
その後、映画のタイトル・デザイナーに転向し、1950年代にはアニメーション・スタジオUPA(ユナイテッド・プロダクションズ・オブ・アメリカ)に高待遇で入社しました。
そんな時、幸か不幸か、あのロジャー・コーマンと知り合ってしまい、彼の映画のメイン・タイトル・シーケンスを低予算でいくつも作ることになったのです。
代表作は前述の『巨大カニ怪獣の襲撃』、ほかにも『美女とエイリアン』(1957年)はものの見事に名作です。
とまぁ、そんなわけですから、ひとつカニつながりで、バブルズ・アクアティック・ワールドもよろしく。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
バブルズ・アクアティック・ワールド、入荷しました_a0077842_23422185.jpg

by tomenosuke_2006 | 2020-12-14 21:03 | TV・映画・ビデオ
<< トムとジェリーのティディベア、... 留ブラOG & 2019用木製... >>