留ブラOG発売記念レプリカ・ホルスター、1月18日、予約開始
PRE-ORDER SOON: Tomenosuke Blaster Replica Holster by H. Futamura

ワタクシ、もともと変態ですが、最近、身内から呆れ顔で変態呼ばわりされる回数が倍加しています。
理由は、留ブラ用に開発したレプリカ・ホルスターが期待以上の仕上がりで、それはそれは愛おしくて、片時も離れがたく、できることならずっとそばに置いておきたい、一緒にいたいと思う心のうちを見透かされてしまったからなんです。
たとえば食後、ソファで寛ぐ時など、レプリカ・ホルスターに留ブラを挿して左手で握ると、右手のグローブ式靴磨き専用クロス コロンブス(COLUMBUS)グローブシャインでホルスターの表や裏や背をせっせと擦り、磨きをかけるのです、黙々と。
そんな姿が側から見ると尋常ではないらしいのですが、知ったことか、です。
表皮と内張のあいだに通した線バネが描く弓状の膨らみ、ホルスター表面のウェットフォーミングでできたボルトハンドル上部の瘤やウェバースコープノブの盛り上がり、さらにはレシーバー先端の微かな凸などが、磨けば磨くほどテカリだし、"皮革は生き物" を実感しながら愛着は深まるばかりなのです。
ガッツリ重い留ブラを確実にホールドする留之助レプリカ・ホルスター。
ホルスターに抱かれて、留ブラも気持ち良さげです。
留ブラのあるべき姿とは、ディスプレー・スタンドに載せたり、アクリルケースに入れて飾るのも一興でしょうが、レプリカ・ホルスターに収めて座右に置く。
これぞ留ブラとの究極の共存生活だと思うのでした。
留ブラOG発売記念レプリカ・ホルスター、1月18日、予約開始_a0077842_21485396.jpg
I have always been perverted, but recently I have been called one twice as often by my relatives, who have had a shocked look on their face. The reason for this was that replica holster, developed for Tomenosuke Blaster, was better than I had expected. It was absolutely adorable, and I wanted to keep it by my side without even a moment apart from it, and it was those kinds of thoughts that people picked up on.
When relaxing on the sofa after dinner, I put Tomensouek Blaster into the holster and grabbed it with my left hand, then rubbed down its surface, underside, and back diligently with a glove-type cloth specialized for polishing with my right hand. According to people seeing that sight close up, it wasn’t normal, but I didn’t really care.
The bulge of the arched line of wire spring between the surface and the lining, the bump of the top of the bolt handle made from wet forming on the holster surface and the bulge of weaver scope knob, and the bulge at tip of the receiver. The more I polished them, the glossier they became, and I just got more and more attached to it as I felt that the leather was like a living creature.
The replica holster that held the heavy Tomensouke Blaster firm. Being held by the holster, Tomenosuke blaster looked so comfortable, too. Tomenosuke Blaster should be on a display stand and having it in an acrylic case on display is an added bit of fun, but I put it inside the holster and kept it at hand. I think that this is the ultimate combination with Tomenosuke Blaster.

上と下の画像は、店主がまだ愛情磨きに没頭する前の、革職人 H. Futamuraくんから届けられたばかりのレプリカ・ホルスター1号です。
H. Futamuraくんはオリジナル革製品を造ってきた腕の立つ職人さんですが、銃を収めるホルスター製作の経験はありませんでした。
人を殺めるための武器の付属品です。
もとより綺麗なだけの仕上がりに興味はなく、考証に則り正確に、限りなく美しのは当たり前で、かつ無骨に仕上げてほしいという店主の期待に応えてもらうべく、いくつかのステップを用意しました。
それが留ブラワンサード用ホルスターであり、留ブラ・ゴム鉄砲用ナンチャッテレプリカ・ホルスターの製作でした。
何度かの試作の後、前者20点、後者25点を、工業用ミシンは一切使わず、誰の手も借りずに、たった一人で手縫いしてもらい、その申し分のない完成度を確認して、留ブラ・クロム用のブラック・レプリカ・ホルスターに取りかかってもらったのでした。
というわけで、文字通り、満を持してお贈りするブラウンレザーの完全手縫い留之助レプリカ・ホルスターとなります。
留ブラOG発売記念レプリカ・ホルスター、1月18日、予約開始_a0077842_01242048.jpg
The pictures of above are of holster #1 when it had just been delivered by leather craftsman, H.Futamura, and before I had immersed myself in polishing it with all my heart. Futamura is a truly talented craftsman who creates original leather products, but he didn’t have experience making holsters to put guns in. It is an accessory for a weapon made to kill people. I was never interested in just a pretty finish. I not only wanted them to be faithful to historical works and accurate, with an outstanding beauty, but also with a rugged feeling to them. For him/her to need my requirements, I set out a few steps.
That was the miniature holster for Tomenosuke Blaste 1/3 and the production of Nanchatte (just kidding) replica holster for Tomenosuke Rubber Band Gun. After a number of prototypes, I had 20 units of the former and 25 units of the latter made all hand-stitched without the use of any industrial sewing machines, and all by one craftsman. After seeing the incredible degree of perfect to which they had been made, I had him work on Tomenosuke Blaster Chrome version Black Holster.
This is the literally long-awaited brown leather Tomenosuke Replica Holster.

1月18日(月)23時59分からTomenosuke.Stores.jpで予約受付を開始します。
当面の製作目標は24個で、2月上旬引き渡し分10個、3月上旬引き渡し分7個、4月上旬引き渡し分7個を、同日、時間をずらしながら3回に分けて受け付けの予定です。
また、単品販売のご要望が多かったナンチャッテレプリカ・ホルスター(下の画像)も同日同時刻から数量限定で予約を受け付けます。
本来、こちらのホルスターは木製品の留ブラ・ゴム鉄砲用に企画されたもので、重量のあるモデルガン版留ブラには対応しません。
が、留ブラ・スタント・モデルには十分で、コスプレ・アクセサリーとしても申し分ないでしょう。
現在、準備中の留ブラOG・スタント・モデル組立キットの3月発売に合わせてお届けできるよう、H. Futamuraくんにはレプリカ・ホルスターと同時進行で製作をお願いしました。
留ブラOG発売記念レプリカ・ホルスター、1月18日、予約開始_a0077842_21504261.jpg
上の画像のブラスターは留ブラ2019・スタント・モデル組立キットをプロのモデラーが組み立てたものです。
Blaster in the image above is Tomenosuke Blaster 2019 stunt model kit assembled by a professional modeler.
留ブラOG発売記念レプリカ・ホルスター、1月18日、予約開始_a0077842_19014337.jpg
Pre-order will be made available Tomenosuke International web store from 11:59pm on Monday 18th January (JST). At present, there is a production goal of 24 units, with delivery scheduled to be completed in early April.

There have also been so many requests for individual unit sales for the Nanchatte Replica Holster (Images above), for which pre-order will open at the same time and on the same day in limited amounts only.
This holster was originally planned to be for the wood product, Tomenosuke Blaster Rubber Band Gun, and is not compatible with the heavier, metal Tomenosuke Blaster. However, it is enough for Tomenosuke Blaster Stunt Model assembly kit and perfect as a cosplay accessory. Futamura is working on production concurrently with the replica holster so that it will be able to deliver products at the same time as Tomenosuke Blaster OG Stunt Model assembly kit that will be sold from March and is currently in its preparation stage.
by tomenosuke_2006 | 2021-01-10 14:14 | 留之助ブラスター
<< おこもりレジャー・モチャ、第3弾 ミシェル "キャット... >>