ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ
Twin Peaks Icons Bobblehead with Enamel Pin Set

『ツイン・ピークス』のオリジナル・シリーズがTV放映された1990年〜1991年に、ちょうど映画イベントの仕事でLAに長期滞在することになり、WOWWOWで放送されるよりもほぼ1年早く、ABCではじまったばかりのデヴィッド・リンチ初のTVシリーズを、毎週楽しむ恩恵に浴することができました。
それまでのアメリカ製TVシリーズにはなかったあの湿っとした特有の映像とテンポに吸い込まれ、毎回繰り広げられる摩訶不思議な出来事に戸惑わされて、翌日は現地の友人たちと「あーだ、こーだ」の議論を交わしたものでした。
と、あれから丸っと30年がたつんですね。
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23552368.jpg
しかし人気は衰えるどころか、関連書籍が相次いで出版されたり、2019年暮れには『ツイン・ピークス From Z to A Blu-ray BOX』なんていう危険な商品がAmazon限定で発売されたりと、もはや永遠不滅の兆しを見せています。
これは書籍や映像メディアに限らずモチャの世界でも同じで、このほど『ツイン・ピークス』ファンを激淚させそうなメチャおバカな新製品が発表されました。
正確には去年10月に賑々しく開催されるはずだったNYCC 2020記念の限定モチャとして、アメリカのトイ・ディーラー Entertainment Earthが自社ブースでのみ発売するはずだったダブルアール(RR)ダイナーのブースを再現したミニジオラマ。
コロナの影響でコミコンでの発売がなくなり、おかげで留之助商店に販売のチャンスが巡ってきたのです。
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23552671.jpg
ツイン・ピークス的アイコン満載。
赤いテーブルの上にはダイナーの名物料理のチェリーパイにダブルアールのロゴが印刷されたマグカップ、それにデイル・バーソロミュー・クーパーがいつも携帯しているカセット・テープ・レコーダーが置かれています。
さらにブースには、丸太おばさんがいつも大事そうに抱えている2本の枝が腕のようにも見えるあの丸太と、凶事の前兆として(しばしば鳴き声のみで)出演するフクロウが陣取っています。
で、この丸太とフクロウは椅子にバネで取り付けられていて、つつけばプヨンプヨンと揺れるボーブルヘッド仕様なんです。
ざけんなッ! ってくらいワンダフルでしょ。
そうそうピンバッジも3個(いちばん下の画像)もオマケについてくる完璧セット。
5月末ごろの入荷です、楽しみにお待ちください。
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23552945.jpg
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23553476.jpg
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23553707.jpg
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23554071.jpg
ツイン・ピークス・アイコン・ボーブルヘッド・ミニジオラマ_a0077842_23554208.jpg

by tomenosuke_2006 | 2021-04-26 10:20 | Sci-Fi Classicモチャ
<< 銀鏡・留ブラ・スタント用クリア... 余所者works作カスタム・ウ... >>