銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工
Grip screw holes processing for Tomenosuke Blaster Stunt Model Gin-Kyo Edition

いつもながら徳信尊さんの仕事ぶりは激しく精緻を極めています。
たかがグリップを固定するためのネジ穴の前処理と思っていたら、ここまで突き詰めてくれました。

As always, Nobutaka Toku (aka Toku-san)'s work is extremely precise. I thought he was just preprocessing the screw holes for affixing the grip, but he did a lot more.
銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工_a0077842_10581930.jpg
1. 留ブラOG・スタント・モデルの本体フレームは、モデルガン版OGの各種パーツを組み付けたものを直接型取りして、黒色のレジンでキャストされています。そのグリップ・フレーム部には、グリップ取付用のネジ穴加工時のリードのための深さ1mm程度の窪みが残ったままになっています。スプリューを埋め込むため、まずはその窪みを処理しなければなりません。
2. ロッドでネジ穴の位置を決めます。
3. ドリルでネジ穴を整えます。
4. スプリューを埋め込むためにネジ切り加工します。

1. The frame of the Tomenosuke Blaster Stunt Model is cast in black resin and directly molded from the parts of the replica model Tomenosuke Blaster OG. There is still an approximately 1 mm deep depression on the grip frame. This was for the lead when drilling the screw holes for the grip mounting. In order to embed the sprew, we must first deal with these depressions.
2. Locate the screw holes with a rod.
3. Drill the screw holes.
4. Cut threads for embedding the sprew.
銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工_a0077842_10582865.jpg
5. 窪みを塞ぐための加工。径10mmのドリルで深さ1mmの穴を開け、窪みを除去します。
6. 7. その径10mmの凹部を塞ぐためのプレートをABSで造ります。
8. プレートを接着した状態。

5. Fill in the depressions. Drill a hole 1 mm deep with a 10 mm diameter drill bit to remove the depression.
6. 7. Create a plate out of ABS to seal the 10 mm recess.
8. With the plate in place.
銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工_a0077842_10583817.jpg
9. スプリューを装着した状態。

9. With the sprew mounted.
銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工_a0077842_10584508.jpg
10. 11. スプリューを使わず、径6mmの真鍮の丸棒にネジ穴を切り、それをグリップ・フレームに埋め込む方法も試しました。

10. 11. Toku-san also tried drilling screw holes in a 6 mm diameter brass round bar and embedding it in the grip frame, without using a sprew.
銀鏡・留ブラ・スタント、グリップのネジ穴加工_a0077842_10585327.jpg
12. 真鍮製ネジ受けパーツをグリップ・フレームに接着して完成。2種類の本体フレーム(スプリュー版と真鍮版)を、このあと余所者worksくんが下処理し、日本銀鏡で塗装します。留ブラ・スタント・クロム本製作までには、どちらか効率がいい方法を徳さんが決めることになっています。
5月中にはディスプレー兼用アクリル製パッケージも含めサンプルを完成させ、予約販売の予定です。
ご期待ください。

12. Glue the brass screw support parts to the grip frame to complete. The two types of frame (the version with the sprew, and the version with brass bar) will be further processed by Yosonomo works and painted at the Nippon Ginkyo. Toku-san will decide which method is more efficient by the time we come to manufacturing the stunt model.
In May we plan to complete the samples, including the multi-use acrylic package, and open up pre-orders. We hope to meet your expectations.
by tomenosuke_2006 | 2021-05-04 01:56 | 留之助ブラスター
<< Martian Toysモチャ... 4インチ・テディ・トゥループの... >>