2007年 12月 06日 ( 2 )
ジンボ入荷。
ロウブロウアートの父であり店主の心の友のゲイリー・パンターが生み出した危険なニューヨーカー、ジンボが入荷した。
身長10.5インチ(27センチ)、両腕だけ付け根で可動するソフビ・フィギュアはコミックのまんまのTシャツにタータンのロインクロス(ふんどし)を着用し、もちろん中には立派な男の証しも。
上気したピンクのからだや瞳の輪郭を青あざのようなブルーグリーンがなぞり、危うい雰囲気を漂わせて良い、じつに良すぎる。
パッケージは前後ともウィンドーという珍しい仕様で、表からはジンボ自身が、裏からは32ページのジンボ・ブックの表紙絵がのぞく。
発売元はダークホース・コミック、つまり漫画専門の出版社だから、ジンボ・ブックのオマケにフィギュアを付けたと思えないでもない。
留之助商店の入荷新着情報に上げようか、留之助書店にしようか、悩むところだね。
どっちにすると思います?

ジンボ入荷。_a0077842_18144563.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2007-12-06 18:18 | 商店入荷新着情報
生体解剖ごっこセットのご案内。
その悲しそうな仕草に手を差し伸べたいと思う反面、残酷な仕打ちが待ちかまえているような気がして、身動きならない。
天使の仮面をかぶった悪魔に会うような驚き、意表を突かれる。
今年6月、少数ながら入荷すると本国同様、一瞬にして売り切れたポゼッスド、言わずと知れたチャイニーズ・アメリカンのルーク・チューが生み出したキュートだけどブルートな傑作キャラクターだ。
そのルーク、いまサンフランシスコのGallery 1988で開催中の展覧会The Vivisect Playset(生体解剖ごっこセット)ではキュレーターを務め、仲間のロウブロウアーティストたちに“擬人化された動物”もしくは“人の心を持つ生き物”というテーマで絵を描かせて、話題を集めている。
生体解剖ごっこセットのご案内。_a0077842_8504781.jpg
わざわざSFにまで出かけていくのは難しいけれど、なんと同じSFのオブジェモチャ・メーカーSTRANGE COが、その展覧会の代表作をミニフィギュア化するのだよ。
お持ち帰りできる作品群? 末長く付き合える展覧会?
Anthony Ausgang, Luke Chueh, Thomas Han, Peter Gronquist, Joe Ledbetter, Greg Simkins, Amanda Visellの7人、夢の競演といったところだね。
下の画像はそのプロトタイプで変更の可能性大、いまのところ8種類のデザインが公開されているけれど、バリアントが追加されるらしい。
とにかく1月下旬ブラインドボックスで入荷の予定だよ、ハマっちゃう人が続出しそう。
生体解剖ごっこセットのご案内。_a0077842_9214991.jpg

by tomenosuke_2006 | 2007-12-06 09:33