2008年 02月 11日 ( 1 )
ひと足先にフレンチ・ダニー特別版をご覧に入れます。
っていうか、正確には今度のフレンチ・ダニーの参加アーティストのひとりで、キッドロボットのフランス地区のレップのような存在。
これまでにも8インチのホワイト・バブル・ダニーブラック・バブル・ダニーをはじめ、6インチファットキャップの栄えある最初のデザイナーに抜擢されたり、もちろんミニフィギュアのファットキャップ・シリーズ-1やダニー・シリーズ-3でもいい仕事をしている自称“泡フェチ”(Fetish Bubble)。
その名もチルトのワンオフ・8インチ・ダニーが、やっとパリから到着したんだよ。
a0077842_0275875.jpg
これはシリーズ-3用(写真の小さい方)のコンセプト・モデルで、チルトのエロ元気が全開の傑作だね。
いつもの華奢な裸の女の子にペイントするんじゃなくて、ダニーをキャンバスにしたもんだから、さぁ大変。
セクシーというよりは、ドスコイな感じ。
風船ガムが取り付けられるギミックは3インチにも踏襲されたけれど、後頭部のチルト流レタリングの殴り書きはこの8インチオンリーだ。
ここだけの話、店主が投じた最高額の8インチ・ダニーとなりました。

チルト撮影、東京旅行。
by tomenosuke_2006 | 2008-02-11 23:59