2008年 11月 07日 ( 3 )
またしてもギリギリ・ミッキーの登場です。
ルーツは伝説のアングラ漫画チーチ・ウィザードの生みの親Vaughn Bode(ヴォーン・ボード)やラットフィンクのEd "Big Daddy" Roth(エド“ビッグ・ダディ”ロス)たちの、じつに1960年代的なアナーキーでヒッピーな思想にあるのではないかと思う。
シチのSLMや、あのアカシの向こうに見えてくるのはミッキーを体制になぞらえた抵抗勢力、スーパーキャラクターをパロッたり揶揄することで規則や秩序でがんじがらめの世の中に歯向かってみせる。
と、まぁ、そこらへんがロウブロウアートやオブジェモチャに共通のDNAであり根幹をなす部分、ささやかな反骨精神なのだ。
大量生産主義の玩具メーカーには根付かない思想、だから面白い。
で、フトドキなSLM、オヤマァのアカシに次ぐ、今度はサカリのついたミッキーときた。
またしてもギリギリ・ミッキーの登場です。_a0077842_1712317.jpg
アメリカはもとよりフランスの出版界でも活躍中のコミック・アーティストFrancisco Herrera(フランシスコ・エレーラ)初のオブジェモチャ。
じつはミッキーなんて言ったけれど、店主がそう思っただけで、じつはこのネズミにはHorny Rat(ホーニーラット=好色ネズミ)というれっきとした名前が付いている。
そのホーニーラットが一目ぼれしちゃったのがバブルピンクという肉感的なウサギ姫で、モチャはピンクがラットに馬乗りし、ラットどことなくうれしそうにしているの図、高さ7.5インチ(19センチ)。
パッケージの絵がこれまたセクシーで、ミッキー、じゃなかったホーニーラットが好き放題やっている。
その全体像は入荷したときにでも。
またしてもギリギリ・ミッキーの登場です。_a0077842_17514911.jpg

by tomenosuke_2006 | 2008-11-07 17:55
今年いちばん痛々しいモチャ賞。
NY出身の4人組ロックバンドCoheed And Cambria(コヒード・アンド・カンブリア)の楽曲については、店主ぜんぜん詳しくないから。
年齢的にもこういうハイトーンボイスでメタルなサウンドはキツイ。
今年いちばん痛々しいモチャ賞。_a0077842_10304286.jpg
けれど中心メンバーでリードボーカルのClaudio Sanchez(右から2人目)のことはSDCC 2008経由で聞いていた。
この人、SFホラー・コミックTHE AMORY WARSの原作書いたり、自分をモデルにしたフィギュアをデザインして、SDCC会場でこっそり販売していたから。
そのクラウディオ・サンチェス作のモチャ、KILL AUDIOのブラッディ・バージョン、7.5インチ(19センチ)がやって来る。
SDCC 2008のはモノクロだったけれど、今度のはおかまいなしの血まみれで5本のナイフが付属、呪いのわら人形よろしくからだの各部に突き刺して遊べる仕様。
どーです、この自虐ぶり、今年いちばんの痛々しさではございませんか。
今年いちばん痛々しいモチャ賞。_a0077842_13525532.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-11-07 11:12
T2エンスケの2挺拳銃はカッコよい。
遠方からわざわざ留之助商店へお越しのお客さまのうち、イマモチャ狙いはおよそ2割程度、あとはマスコミ等で紹介された当店の映画プロップ・コレクション見物の人たちである。
予備知識皆無でJR高山駅前の駅周辺情報案内板や店頭の看板に誘われる人も後者の系列。
案内板も看板もビジュアルは説明不要の初代エンドスケルトンのアップなもんだから。
で、イマモチャ販売の大半はオンラインで、お店を賑わす映画プロップネタのフィギュアやレプリカなど、チョイマモチャは店頭で販売する、みたいな商いのカタチがいつの間にか出来上がってしまった。
そういう当店にぴったりのチョイマモチャの新作案内が、友人のハリコレさんから送られてきた。
そう、留之助ブラスターの完成モデルを販売してもらう予定の東京のショップ、店主の知る限りハイエンドトイを扱わせたら日本一じゃないかな、彼らは。
T2エンスケの2挺拳銃はカッコよい。_a0077842_7563589.jpg
T2やH・R・ギーガー等のライセンス商品を自社開発もするハリコレの自信作が上の画像、ハーフスケール2挺拳銃エンスケ(正式名称は“ターミネーター2 1/2スケールバスト T-800エンドスケルトン”)である。
紹介文によると「今回のバストは、今までのスケルトンとは異なり、ブレインチップも装着され同時にベースからは青い光が点滅するようになっています。また、T2のフューチャーバトルを思わせるダブルプラズマライフルを構えた造形はターミネーター好きにはこたえられないものとなるでしょう。大きさはほぼ90cmですが、ベースはエンドスカルと共通で部屋にディスプレーしやすい仕様となっています。ターミネーターコレクションの一つとして開発した自信作です」。
それとハリコレのヒット作で、かれこれ3000個の販売実績を誇るハーフスケール・エンスケヘッド(正式には“ターミネーター2 T-800エンドスカルハーフサイズバストVer.3”)も同時にリリースされる。
頭部からブレインチップが取り出せたり、台座部分のロゴが変更されて光ったりのギミックが追加、たぶん両方とも留之助の店頭にならぶ予定。
T2エンスケの2挺拳銃はカッコよい。_a0077842_9361816.jpg

タグ:
by tomenosuke_2006 | 2008-11-07 09:39 | チョイマモチャ