2009年 03月 20日 ( 5 )
レオパード・ブラック・シープの身体測定で最後。
5日前のCarrie Chauの紹介記事に添付したのがこのレオパード・ブラック・シープ、2008年生まれの新キャラクターです。
去年暮れ、ホンコンはコーズウェイベイ(銅羅湾)のタイムズスクエアで開催された展覧会のシンボルとして会場中央に飾られた大きなオブジェの、本当に精巧を極めたミニチュア・フィギュアです。
隅々まで総ポリストーン製、ブラインド・フライと双璧をなす緻密な技に、多少、震えを覚えた店主です。
ブラインド・フライと同じブックレット付き。
じつは今回の3作品の反響を見て、この子の姉にあたる高さ25センチの大きなブラック・シープ(ちょっと値が張る)も発売の予定でいます。
レオパード・ブラック・シープの身体測定で最後。_a0077842_1752742.jpg
レオパード・ブラック・シープの身体測定で最後。_a0077842_17104750.jpg
レオパード・ブラック・シープの身体測定で最後。_a0077842_1711824.jpg

leopard black sheep(レオパード・ブラック・シープ)600個限定
高さ10.5センチx幅10.5センチx奥行き9.5センチ 重量265グラム
3月22日(日)午前0時10分発売開始



姉のブラック・シープです。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 17:19 | 商店入荷新着情報
身体測定その2は、いちばんレアで小さいフライマン。
Carrie Chau作品その2は、とくに小ぶりのフライマン。
航空士の身なりで、しかしゴーグルは昆虫の複眼のようでもあり、背中には複雑な文様を彫り込んだ羽根らしきものも、少しもこわくない別名ハエ男。
透明ブリスターできっちり包まれ、木箱に入る。
身体測定その2は、いちばんレアで小さいフライマン。_a0077842_15391876.jpg
身体測定その2は、いちばんレアで小さいフライマン。_a0077842_15401961.jpg
身体測定その2は、いちばんレアで小さいフライマン。_a0077842_15403453.jpg

flyman(フライマン)100個限定
高さ7.5センチ 台座の直径7.5センチ 重量68グラム
3月22日(日)午前0時5分発売開始


by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 15:44 | 商店入荷新着情報
Carrie Chau作品到着、身体測定その1。
前代未聞のハイパー・ディテール・ポリストーン・フィギュア、Carrie Chauの3作品がそれぞれ4点ずつ入荷、日曜日午前0時より順次発売いたします。
画像でどこまでご理解いただけるか分かりませんので、注釈を1、2。
こちらのキャリー・チャウが2004年に創作したキャラクター、ブラインド・フライのフィギュア化作品はレザークラフトの眼鏡以外ポリストーン製、一見印刷のような細かなラインやパターンは凹凸のある驚異的に細密な彫刻であり、その凹部に手作業で色入れして仕上げられている。
木箱入り、藁のクッションに守られて、キャリー・チャウの作品展の模様を紹介するブックレットが付属。
Carrie Chau作品到着、身体測定その1。_a0077842_1405073.jpg
Carrie Chau作品到着、身体測定その1。_a0077842_14114949.jpg
Carrie Chau作品到着、身体測定その1。_a0077842_1795114.jpg

blind fly(ブラインド・フライ)600個限定
高さ11センチx幅9センチx奥行き9センチ 重量232グラム
3月22日(日)午前0時発売開始



ブラインド・フライの元絵。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 14:16 | 商店入荷新着情報
Giant Robot最新58号の紹介がまだだった。
Giant Robot最新58号の紹介がまだだった。_a0077842_10584233.jpg
毎号、いろいろ勉強させてもらってます、東洋の文化や、世界の際立った東洋人について。
LAで編集されているアジアン・ポップカルチャー誌を経由して日本のアーティストの仕事ぶり(今号でいうならAtelier Bow-Wowさん)を教えられたり、不甲斐ない。
今回からこうして目次ページ(↑)をスキャンするんで、みなさんには盛りだくさんな内容を適度に想像していただき、特集記事からひとつだけ、とくに店主の目を惹いたアーティストをピックアップして、そのサワリ部分を紹介しようと思う、名付けて今号のピックアップ・アーティスト。
で、第1回目は画家のStella Laiで決まり。
ホンコンに生まれ、1993年にSFへ移転してSan Francisco Art Instituteでグラフィックデザインを学んだのち、コンピュータ・サイエンスに造詣の深いKrister Olssonとインタラクティブな創作を目指してTree-Axisという会社を設立したという才女。
中国の屏風絵をデジタルと女性らしさで色鮮やかにしたような、かつての横尾忠則作品を彷彿とさせるユーモアと構図が際立って面白い。
猫の世話以外、家事らしい仕事、人並みの家庭生活を何もしないで絵を描き続けているというステラ・ライ、そんな彼女の特集を見るだけで元をとったような気分になることお約束します。
Giant Robot最新58号の紹介がまだだった。_a0077842_1123592.jpg


Stella Laiの絵、あと2点だけ。
by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 12:50 | 書店入荷新着情報
ホルスター用の刻印です。
ワルサーP38アンクルタイプ用のショルダーホルスターの製作、着々と進んでいます。
これはホルスターの裏側に打つアンクルロゴの刻印見本です。
ホルスター用の刻印です。_a0077842_182912.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-03-20 01:09 | 留之助プロップレプリカ