2009年 05月 04日 ( 3 )
デッカード・ブラスター現地レポート-7。
ハリコレの胸組代表は1日早く、留之助ブラスター・チームの3名は昨日夕方成田に無事生還した。
ここに紹介するのはチームがLAを発つ日の早朝、榎本店長から届いた採寸用チャーターアームズ・ブルドッグとステアー・マンリカー・ライフルの画像だ。
40年以上もむかし(中学生のころ)、MGCのPR誌Visier(ビジェール)でモデルガン開発部のみなさんがアメリカのS&WやCOLT社を歴訪取材する記事を読み胸躍らせたものだけれど、今回の旅で家族同然のブラスター仲間が店主の分まで思う存分リサーチできて、少年時代の憧れが叶ったような気分だ。
究極の工業製品版留之助ブラスターのためにヒーロー・ブラスターはもとより、ブルドッグとステアーの実銃を徹底的に分析したいという徳さんの夢も実現した。
これもひとえにLA在住の鉄砲好き、Pekoさんの協力によるところが大きい。
この場をかりて、心からお礼申し上げます。
Pekoさんがアメリカで出会った日本製モデルガンや本物の鉄砲に関するウンチクがさすがに面白いホームページ、Peko's Gun Boxをぜひご覧ください。
http://www.pekosgunbox.com/index.html
デッカード・ブラスター現地レポート-7。_a0077842_21521459.jpg
1.Pekoさん曰く「ブルドッグもステアーもはじめて手にした」というくらい、いまではレアな銃らしい。
2.入手した個体のハンマーはヒーロー・ブラスターとよく似た指かけがトリミングされたバージョン。ただしヒーロー・ブラスターはこれをさらにトリミング調整したと思われる。
3.4.シリンダーの展開。
デッカード・ブラスター現地レポート-7。_a0077842_22331315.jpg
5.ステアーを分解。
6.エジェクションポートのモールド。ドッペルゲンガーのガレキ・ブラスターはこのモールドを再現しているが、もちろんヒーロー・ブラスターにはない。レシーバー上のネジ穴はオーストリア製なのでインチではなくミリだということを確認。
7.ボルトを引いた状態。バレルはねじ込み式だが専門工具がないため取り外しは難しい。またPekoさんにお願いして再売却するため、これ以上の分解は断念した。セフティの左、ボルトスリーブの後端から弾が装填されている事を示すインジケーター(赤色)がチョコンと顔を出している。ヒーロー・ブラスターではこのインジケーター部に直接ネジをねじ込んでいたのが分かった。
8.留ブラ・レシーバーとの比較。徳さんのサイズ出しの見事さに改めて驚かされる。
デッカード・ブラスター現地レポート-7。_a0077842_22572270.jpg
9.ステアーのマガジンユニット。
10.マガジンリリースに指をかけ前に押し出すようにして展開する。ヒーロー・ブラスターのマガジンの展開は許してもらえなかった。
11.留ブラのマガジン(左)とステアーのそれ(右)。実物の透明パーツがヒーロー・ブラスターでも確認できた。
12.右が留ブラのマガジン。刻印のサイズ、位置など、ぴったり一致した。

実銃パーツ+留ブラパーツ。
by tomenosuke_2006 | 2009-05-04 23:59 | 留之助ブラスター
今夜0時、ブラインド・フライの発売です。
長らくお待たせいたしました。
GWの只中ですが、今夜0時、150個限定中4個のみ入荷の彫刻ブラインド・フライをご案内させていただきます。
専用注文フォームをご用意いたします。
なにぶんアナログ手作業なオンライン・ショップです、売り切れの情報更新が間に合わない場合がございますがどうぞご了承ください。
今夜0時、ブラインド・フライの発売です。_a0077842_15204048.jpg
注)上の画像は大きさを比較するためツリー・ハッガー・ダニー・エイウォール版とならべたもので、販売商品はあくまでも左のブラインド・フライのみです。
by tomenosuke_2006 | 2009-05-04 15:24 | 商店入荷新着情報
チョーご無沙汰、Miss Mindy。
Miss Mindyといえば2007年夏に彼女の絵を見事に立体化したソフビ人形のディンクと、同じ年の秋に彼女がストーリーも書いた絵本ティニー・ウィニー物語を発表、日本での知名度は皆無に等しかったけれど留之助が仕入れた分はいずれもいい感じで完売した。
とりわけ一度目にしたら忘れられない飛び出す絵本のようなジオラマ風の作画、コクのある色使いに魅了された人も少なくないだろう、次回作が楽しみな人だった。
チョーご無沙汰、Miss Mindy。_a0077842_2254499.jpg
そんなミス・ミンディが5月1日からLAのLa Luz de Jesus Galleryで開催中のグループ展で、着せ替えペーパードールを題材に木板をキャンバス代わりの新作絵画シリーズを発表した。
のを記念して、お馴染みBaby Tattoo Booksからハサミで切り離して遊ぶこともできるミス・ミンディ作のペーパードールが綴じられた全64ページ、15センチx28センチのソフトカバーが出版されたのだ、久しぶりに。
タイトルはSassy Paper Doll Bonanza(サッシー・ペーパードール・ボナンザ)、お色気とユーモアたっぷりの作品集は今月入荷の予定、思わせぶりに見開きページを2点だけ紹介しておくね。
チョーご無沙汰、Miss Mindy。_a0077842_233845.jpg
チョーご無沙汰、Miss Mindy。_a0077842_23381460.jpg

by tomenosuke_2006 | 2009-05-04 01:04 | ロウブロウアート