2010年 03月 12日 ( 4 )
ケース買いでもコンプはムリだと判明しました。
きつねさん、いつも楽しい画像とレポート、ありがとうございます。
で、きつねさんのご指摘で、事あるごとに口にしていた「16個入りケースを買えば12種コンプリート可」がウソだと判明しました。
いやはや、ディストリビューターさんの話を鵜呑みにしていたんです。
作者のアンドリュー・ベルがグードロ開発ブログで「Grab a whole case to secure a nearly-full set=ほぼひとそろいを確保するためにケースごとひっつかんでください」と、彼のブログで語っていたのを思い出しました。
そ、ニアリー・フルセットはコンプリート・セットではないんですよね。
みなさん、ウソ情報を流して本当にすみませんでした。
で、きつねさんによると、

Android…オリジナルが3/16表記になっているケースを見て嫌な予感が。
……やっぱし。
1ケースではコンプせずでしたぁ。
ご覧のとおり、既報の10種ゲットでした。
ホントに12種だったんですかねぇ?
レアのRustyというのはe-bayに出品されてますので11種以上である事は間違いなさそうですね。
いやいや、でも大満足です。
早速遊んでみましたが…危なすぎるかな?
でもグードロってこんな奴らですよね? 違うかな? (笑)

ケース買いでもコンプはムリだと判明しました。_a0077842_2255125.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-03-12 22:57 | 投稿画像
留ブラPRO、訂正個所申し渡し。
本来なら店主も同席すべきところ、どうしても時間がとれず、去る3月8日月曜日に徳信尊さんひとりでマルシン工業さんへ出向いてもらった。
よって、暫定図面の訂正についてのみの会合となった。
スケジュールや製作費の確認は後日にまわすことにしたが、小森営業部長からの「CAD図面の書き起こし費用としておよそxxx万円の請求が発生する」という言付けは確と承った。
想像していた数字とほぼ同額でひと安心である。

下の画像は留ブラPROの右側面の暫定図面に徳さんが赤ペンで訂正を入れたもの。
リンク・ページで図面の訂正個所を書き出した徳さん手書きのメモを紹介する。
留ブラPRO、訂正個所申し渡し。_a0077842_7275827.jpg


More: 徳さん直筆の生々しいメモに注目。
by tomenosuke_2006 | 2010-03-12 13:14 | 留之助ブラスター
小さい箱は通販分、大きいのはポップアップ・ショップ用。
ここ1週間かけてポップアップ・ショップ用の在庫や新入荷モチャを仕分けしたり箱詰めして、会場の岐阜シティタワー43へ先行発送するところなど、几帳面な榎本店長らしいです。
あと、週末に届くキーチェーンやミニフィギュアなどのkidrobot便を足せば、ほぼ物販部分の準備は完了します。
小さい箱は通販分、大きいのはポップアップ・ショップ用。_a0077842_2562895.jpg
問題は、ギャラリー部分です。
お店から持ち帰ったり、オークションで手に入れたモチャを次々に放り込み、いまでは大変なことになっている下呂温泉の別荘の3階から、それなりにオブジェモチャの全体像というか、流れがひと目で分かるような代表作を選び、運び出さなければなりません。
その作業を土曜日の午後から決行したいと思いますが、どなたか手伝っていただけませんか、店長はお店を抜けられないし。
夕食に蒲屋のうなぎか、和光の焼き肉をご馳走しますよ。
小さい箱は通販分、大きいのはポップアップ・ショップ用。_a0077842_3205838.jpg
上の画像は留之助商店に横付けして販売用モチャを積み込むヤマト運輸の運転手さん。
5月のGW明けにポップアップ・ショップが終わったら、せめてこの半分、できれば手ぶらで帰って来たいです。
by tomenosuke_2006 | 2010-03-12 03:35 | 留之助商店計画
3年前に消えたコーンヘッドが出てきたわけじゃございません。
結局は商品代金と送料をきちんと払った当店だけが大損こいたことになる、もう、思い出しただけでもうなだれそうだ。
2007年夏、LAのショップから融通してもらったGerms Zacarias(ジャームス・ザカリアス)作のコーンヘッド、MINDstyle製300個限定のうちの3個。
が、どこかで忽然と消えて、代替え品もなく、某運送会社ときたら大阪支社とLA支社で責任のなすり合いをはじめるし、あげくの果てに大阪の担当者が異動となり、何も知らない新任相手に一から説明し直すハメに、これじゃ交渉係の榎本店長が根負けするのもムリはない。
弁償さえしてもらえず、泣き寝入りを強いられたのだった。
つまり何かと因縁のコーンヘッドなのである。
3年前に消えたコーンヘッドが出てきたわけじゃございません。_a0077842_0313166.jpg
JR岐阜駅のお隣に16日(火)からオープンする留之助商店のポップアップ・ショップに、お店の売れ残りを並べるだけじゃ芸がないし、だから海外のメーカーやショップに新作やらデッドストックの有無を打診することンヵ月、なんともう二度と会えないだろうとあきらめていたコーンヘッドがひょっこり出土、卸値で仕入れることができたのだ、ミラクルでしょ。
メキシコ移民の子としてLAでもとりわけ物騒なエリアComptonに育ち、少年たちがフツーにストリートギャング化していく環境の中で絵を描くことに目覚め、創作活動に救われたと自らを語るジャームスだが、このメキシカン・プロレスの覆面レスラー、ルチャ・リブレをモチーフにした不思議な置きもの風ソフビ・スタチューは、いまのところ彼の唯一のオブジェモチャ作品である。
3年前に消えたコーンヘッドが出てきたわけじゃございません。_a0077842_1334546.jpg
っていうか、2004年に本格的にプロとして名乗りを挙げ、ストリートからギャラリーへ、グループ展をへてソロショーを成功させ、めきめきと頭角を現わすようになったジャームスが、新進気鋭のメーカーMINDstyleからコーンヘッドを発表したのが2007年、けれどそれ以後の彼の足取りがまったくつかめないのだ。
HPのWonderful World of GERMSは長らく更新されていないし、何かとても不安になってしまう。
同時期に発表されたダーククリスタルのウルスとランドストライダーもそう、このころのMINDstyleモチャのディテーリングには鬼気迫るものがあった。
いまでは行方知れずのジャームス作コーンヘッドこそは、野心作より有名スタジオのアニメキャラ・メーカーへとシフトしつつある(?)MINDstyleの、もっとも異端だった時代の遺産なのかもしれない。
4個入荷したうちの2個をポップアップ・ショップへ、あとの2個をこんな時間(午前2時)に売り出します。
コーンヘッドといっしょに入荷したダーククリスタルのデッドストックも、おいおい。

コーンヘッドのお求めはこちら→http://tomesyoten.exblog.jp/12294189/
by tomenosuke_2006 | 2010-03-12 02:00 | 商店入荷新着情報