2010年 06月 30日 ( 2 )
エリック、あした成田から一気に飛騨高山へ。
Erick Scarecrow(エリック・スケアクロー)来日の都合で飛騨高山 留之助商店 本店は下記の予定でお休みをいただきます。
ただしオンラインショップの留之助商店留之助書店は休まず営業しますので、じゃんじゃんショッピングをお楽しみください。

本店臨時休業日:6月30日(水)、7月1日(木)、3日(土)、4(日)。

また7月2日(金)はエリックが来店しますが、本店では特別な催しはございません。
夕方、地元ファンと軽く交流会の予定です。
来る者は拒まず式です、3日(土)の岐阜駅店でのイチゴ・ママ・パンヤのリリース・パーティーには参加できないけれど、この日なら時間があるという方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくお越しください。
a0077842_1652929.jpg
7月3日(土)岐阜駅店リリース・パーティー・タイムテーブル。

こんなふうに時間割を紹介すると、なんとなく杓子定規でお堅い感じがしますが、お気楽な集いです、遊びがてらお出かけください。

1:00 PM エリック・スケアクローの紹介と挨拶。イチゴ・ママ・パンヤをはじめエリック・モチャの商品説明。 
1:30 PM イチゴ・ママ・パンヤ発売。限定30個のうち、それぞれ会場とオンラインで15個ずつ発売します。オンライン販売の注文メールを受信する様子をモニターで実況します。
2:00 PM サイン会。そのあと質疑応答など。
また7月下旬までエリック・スケアクロウのすべての立体作品を展示します。
a0077842_16531598.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-06-30 16:57 | 留之助限定モチャ
カスタムペイント・バフ・モンスター、傑作揃い。
もうじき100種類のカスタム作品がオークションにかけられるザ・ベイダー・プロジェクトがそう、ついこのまえもLAのオブジェモチャ専門店Munky Kingで木製ミニフィギュアのジビバッツを使ったWe heart woodが開催されたばかり。
いまではけっしてユニークな企画でも何でもない、むしろ“またかぁ”の、同じプラットホームで創作の妙を競い合うカスタム・ペイント・ショー、なのですが、贔屓のアーティストさんが参加するとなれば、そりゃぁやっぱり気になります。
a0077842_115582.jpg
ショップ&ギャラリーも運営するアジアン・ポップカルチャー誌Giant Robotが主催の最新ショー、The Monster Withinは、2007年に当店でも販売したBuff Monster(バフ・モンスター)の3インチ・ミニフィギュアをプラットホームに、おそろしく大勢のアーティスト作品を一堂に集めて、7月10日からLAで開催される。
で、その一部がflickrで紹介されてるのを見て固唾を呑んだ次第。
水野純子さん(左上)のグロ・セクシーが執拗に繰り返される超細密な作品にまず驚き、きのう話題にしたばかりのChris Ryniak(クリス・ライニャック=右上)や、スティッチ・アーティスト・シリーズ-2で一躍人気のCamilla d’Errico(カミーラ・デリッコ=左下)作品には、いったいどれくらいの値段がつけられるんだろうかと思ったり。
当のバフ・モンスターはというと、こう来ましたか、っていう予想外の傑作。
1/6のボディを使ったんでしょうか、自分をモデルにしたと思しきフィギュアで、絶対、顔を見てみたい。
a0077842_12494398.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-06-30 12:57