2010年 12月 03日 ( 3 )
DConの帰り道、大変いいものを拝見させてもらいました。
DCon 2010を堪能した土曜日(11月20日)の夕暮れ、会場となったパサデナ・コンベンション・センターから南に10分ほどドライブしたアルハンブラにあるギャラリーNucleus(ニュークリアス)に寄りました。
当ブログで店主がDConへ出かけることを知った水野純子さんから、わざわざご案内いただいたのですが、もちろんそのまえからちゃんと予定に組み込んでいましたとも。
a0077842_20545443.jpg
ショップの奥、パーテーションの向こうに広がるギャラリー・スペースを、純子さんと和田みずなさんが仲良く半分ずつジェアして開催中の、それはそれは個性的な作品が対峙する2本立て個展。
a0077842_2055242.jpg
おふた方とも、しずしずと危ない領域に達してしまったのは確か、フジヤマ・ガールズ・アートがアメリカを侵食するさまを目の当たりにでき、大変気分がよかったです。
ほとんどの作品のキャプションには売約済みの赤いシールが貼られ、ギャラリーのキュレーターさんも展覧会が大成功でとてもうれしそうにしてらっしゃいました。
あと3日で閉幕となってしまいますが、いまならこちらでおふた方の作品がご覧いただけます。
a0077842_20573049.jpg
a0077842_2057489.jpg

by tomenosuke_2006 | 2010-12-03 21:03 | ロウブロウアート
Toy Break Episode 146 : Doktor Aとウチのシーホース。
Doktor Aをゲストに迎えた最新のToy Breakで留之助限定シーホースについて延々と5分間以上も語らっていただいてます。
Doktor Aが留之助商店にはメトロポリスのロボット・マリアが飾ってあるんだよと、お店の紹介までしてくれてます。
ビデオの中盤、21分目からはじまる新作モチャ・レビューに注目。
a0077842_19204484.jpg
Toy Break Episode 146→http://www.toybreak.com/episodes/146/index.php
by tomenosuke_2006 | 2010-12-03 19:30 | 留之助限定モチャ
どーしてもっていう人のために並行輸入しました。
土臭い気がして山菜はいまいち好きじゃないけれど、飛騨高山の料亭 洲ざきでいただくお料理だけは別物です。
素朴な食材が二百年来受け継がれ磨かれてきた料理の技で、格別の風味に生まれ変わるのです。
みたいにハローキティには何ら思い入れはないけれど、それをTara McPherson(タラ・マッファーソン)やKozik(コジック)が味付けしなおしたとなると、ぜがひでも賞味したくなるのでした。
というわけでkidrobot USAがサンリオとコラボしてプロデュースしたのはいいけれど、ライセンスの関係で日本では公式販売されない、ひと味も、ふた味もちがうハローキティを並行輸入しました。
唐辛子色がとてもホットなコジック版ハローキティのEmpress of the Underworld Hello Kitty 6-inch(高さ15センチ)とタラ的シロ目で未知を見つめるMagic Love Hello Kitty 6-inch、パッケージ・アートがいっそう食欲をそそります。
お得な2個盛り合わせメニューも用意して、ただいま発売中です。
a0077842_1022729.jpg
ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/tags/Hello+Kitty/

More: ロウブロウ・ハローキティ詳細画像。
by tomenosuke_2006 | 2010-12-03 10:12 | kidrobot 新製品情報