2011年 04月 25日 ( 2 )
何はともあれ、中日新聞さん、ありがとう!
よく分からないのだった。
明日、最終日を迎えるMonsters and Misfits展だというのに、きょうの中日新聞に紹介されているんだもの、目を疑ったね。
日下部民藝館のスタッフさんによると、開会早々に中日の記者さんが取材にいらしたということだけれど、なんでいまさらなんだろう、どうしてだと思う?
1.会期を5月26日までと勘違いしている。
2.すっかり記事を書くのを忘れていた。
3.いまになって展覧会の素晴らしさに気付いた。
4.きょうはネタに乏しく、穴埋めに使った。
5.その他。
何はともあれ、中日新聞さん、ありがとう!_a0077842_1813430.jpg

by tomenosuke_2006 | 2011-04-25 18:11 | 留之助イベント
飛騨高山一位一刀彫のミニ・スケルヴ。
This is a small gift for Kathie and Brandt.
銘木“一位”の木を用いてノミだけで彫り上げるのが江戸時代から飛騨高山に伝わる伝統工芸の一位一刀彫である。
中でも樹齢1250年の大イチョウで有名な飛騨国分寺脇の鈴木彫刻さんとはご縁があり、無理を言って西洋の妖怪を彫っていただいた。
予定ではキャシーやブラントたちを鈴木さんの工房へ案内し、そこで何気に渡して驚かせるつもりでいた木のミニ・スケルヴ。
強度を得るためにネックをやや太めにしたりの小さな改変はあるものの、スカルマスクを艶なしで、他の部分を艶出しで仕上げて、それは見事な伝統工芸とオブジェモチャのコラボレーションなんである。
ふたりの元へ送るまえに、ぜひみなさんにも見ていただきたい。
飛騨高山一位一刀彫のミニ・スケルヴ。_a0077842_9141068.jpg
飛騨高山一位一刀彫のミニ・スケルヴ。_a0077842_9135923.jpg


More: 一位一刀彫スケルヴの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-04-25 09:20 | ムカシモチャ