2011年 10月 10日 ( 4 )
NYCC 2011にkaNOが参加で、ますます面白くなりそう。
いまはハリウッドのWBのアニメーション部門で働くkaNOが古巣のNYに戻ってくる、もちろんお目当てはNYCC 2011だ。
ライブ・ペインティングとかサイン会のスケジュールがぎっしり詰まってそうだけど、どこかで旧交を温められたらと思う。
で、彼がコミコンで披露してくれるのは、まず下の絵。
ワシントンDCのアートギャラリーArt Whinoのブースで発売予定のリミテッド・アート・プリントで、タイトルは『The Subterranean』(サブトレニアン=地下生活者)という。
直線と曲線がリズミカルに交錯して、何というアーバンで幾何学的な表現だろう、30部限定のファイン・アート紙版と10部限定のキャンバス版が用意される。
a0077842_1659393.jpg

The Subterranean
460mm x 560mm / Signed and Numbered


一方、kaNOモチャはmyplasticheartのブースで2種類がデビューする。
ひとつは日本人の名前が付けられたミニフィギュア、KogumaのKazuhiroだ。
ご存知の方も少なくないだろう、Tokyoplasticのオーディオチェアでまどろむ小さなスモウレスラーのコグマを、kaNOがスキン・デザインした武将風、シルバー・ボディが効いている。
a0077842_17405279.jpg
そして本命がこれ、永遠のマーシャル・アーティスト、ブルース・リーに捧げられたソフビ・フィギュア、myplasticheart限定Dragon King(ドラゴン・キング)の『死亡遊戯』(Game of Death)版、G.O.D.だ。
製造数はたったの75個、片手に映画でおなじみのバオ(バンブースティック)を握り、もう一方の手には70年代のボーレクス・カメラを持つ。
もちろん今月下旬には留之助限定75個もワールドワイドで発売の予定だ、こちらも大いにご期待いただきたい。
a0077842_18301996.jpg
From kaNO's mailing list: Well it's that time of the year again; NYCC is here and it couldn't be busier for me. I'll have a little bit of everything going on this year from toys to prints, production canvases, live painting and signings galore, not to mention we'll be partying like it's 1999. Here are the releases and my signing schedule for NYCC. Please note I will only be there on Friday and Saturday, so catch me at those signings if you want something in your book.

More: G.O.D.の追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-10 18:38
The Loyal Subjectsの新作2種入荷で発送開始。
絶好の祭り日和でございます。
秋の高山祭りたけなわの飛騨高山は留之助商店本店では、到着したばかりのThe Loyal Subjectsの最新作Wrecks & Dazey Lava Edition(レックス・アンド・デイジー・ラヴァ版)とDestroyer Eye Edition(バフモンの百目君)をせっせと荷造り発送中です。
いずれも残り僅少、きっと日本での取り扱いは当店だけでしょうから、くれぐれもお買い逃しのなきようお願い申し上げます。
a0077842_1411033.jpg
Autumn Takayama Festival (October 9 and 10): An extremely elegant and beautiful festival which is among the three most beautiful festivals of Japan. The highlight of the festival is gorgeous floats described as “moving Youmeimon (the famous, gorgeously-decorated gate to Toshogu Shrine in Nikko)” and marionettes skillfully operated on the floats.
More informations→http://www.hidanet.ne.jp/e02/ematsuri/ekigen.htm

More: 追加画像あり。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-10 14:05 | 商店入荷新着情報
Steff Bomb x EST-TOYのプラッシュがまたよい。
いつだったか、シカゴに住むというヌイグルミ作家Steff Bond(シュテフ・ボンド)手作りのハン・ソロ・ブラスターを、オブジェモチャ系ニュースサイトで見て、ずっと気になっていた。
ただ単にモーゼル・ベースのSF銃を模しただけじゃない、大胆にディフォルメする一方で、押さえるところはキチンと押さえ、ひと目でそれが『帝国の逆襲』版だと分からせてくれるあたりが好感なのだった。
そういうシュテフがErick Scarecrow(エリック・スケアクロー)とタッグを組んで、エリックのレトロ・TV・ゲーム・マシン風ソフビモチャSoopa Coin Up Bros(スーパ・コインナップ・ブラザース)を正しく、より鮮やかにヌイグルミ化したのだ。
絶対買いだね、15個限定。
a0077842_1192872.jpg
a0077842_1193943.jpg
The 9" handmade plush by Steff Bomb called "I think you're Soopa" is based off Erick Scarecrow's "Soopa Coin Up Bros" retro gaming-console vinyl figurine.

More: シュテフ・ボンドの傑作SWヌイグルミ。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-10 01:27
さらにNYCC 2011のESC-TOY、今度はソフビだ。
手にとり初めて分かる納得の出来、っていうモチャが少なくない。
たとえばDoktor AのHumphrey Mooncalf(ハンフリー・ムーンカルフ)の仕上げの美しさや、想像以上に大きく見える全高20センチの迫力は、画像だけでは伝えようがなく、もどかしくもあり。
Erick Scarecrow(エリック・スケアクロー)のWet-Suit Maria(ウェットスーツ・マリア)シリーズもしかりだ。
去年11月に発売した留之助4周年記念のBuru Daiba(ブルーダイバー)50個限定が、直に品定めしてもらえないハンディを背負って、残り10個弱、いまも当店2階のストックルームで油を売っている。
エリック特有のちょっとハズしたプロポーションで1本足立ちは見た目に危ういけれど、なんと見事なバランス配分でシッカと踏ん張り、全高15センチのコンパクトさも相まって、かわいさをにじませている。
5色もしくは6色でソツなく塗り分けたカラー・コーディネートもうまい、それぞれにまったく異なる個性を放ち魅力的だ。
って、ヨイショはこれくらいでいいか。
宇宙服仕様のカエル・スーツで颯爽と登場した今度のNYCC 2011限定Moon Jumper(ムーン・ジャンパー)は、もしかしたらいままででいちばん好きかも。
12個ぐらい、持ち帰ろうと思っている。
a0077842_23524527.jpg
Wet-Suit Maria Moon Jumper by Erick Scarecrow: Limited to only 50pcs worldwide, this 6" vinyl figure come in window box with blister tray.

More: ムーン・ジャンパーの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-10 00:00