2011年 10月 21日 ( 3 )
MPHでの戦利品、まずはMiltonから発売。
Nate Van Dyke(ネイト・ヴァン・ダイク)のラスト・サムライやParra(パラ)のプロスティチュートなど、去年、NYCC 2010のmyplasticheart (MPH)ブースでプレ・リリースされ、以後、一度も卸されもしなければ、小売りもされなかった、いまは上海に本拠を移したメーカーAdfuntureのやる気満々のオブジェモチャ。
今年もまたそんな流れのアドファン製品がMPHのブースに登場した。
シアトル在のポスト・サイケデリック・アーティスト、当年28歳のOliver Hibert(オリバー・ハイバート)が、2008年にロンドンで開催されたDesignersBlock showで発表した巨大な壁画の放浪者Milton(ミルトン)のソフビ立体化作品だ。
MPHでの戦利品、まずはMiltonから発売。_a0077842_2242538.jpg
MPHのオーナーVincent Yu(ビンセント・ユー)によると、いつもコミコンが近づくとアドファンから新作が少量送られてきて、お披露目してほしいと頼まれる。
で、十分な数がないから即座に売り切れてしまい、なのにその後は追加注文に応じてくれない、ミステリアスな会社だと言うのだ。
ミステリアスだけれど、オーナーのEddi Yep(エディ・イップ)の審美眼は確かなものがある。
これまでも世界各地の旬なロウブロウ・アーティストたちを積極的にオブジェモチャ界へ誘い出し、よそでは真似のできない数々の傑作を放ってきた。
このミルトンもまた、ラスト・サムライやプロスティチュートのように幻のモチャになってしまうのだろうか、絵と同じオットリ暢気な作風をご覧いただきたい。

ご注文はこちらから→http://tomesyoten.exblog.jp/16078360/
MPHでの戦利品、まずはMiltonから発売。_a0077842_23171872.jpg
Milton was originally born on canvas as a painting Oliver Hibert did back in 2006. Then in 2008, He showed up in London for the massive DesignersBlock show. Since then, Oliver has been in the works with Adfunture to produce a large Milton Vinyl figure. It’s been quite a long while in the making but the day has finally come!

More: ミルトンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-21 23:29 | 商店入荷新着情報
Glenn Barrのアート特盛セットをどうぞ。
縦横無尽に時空を翔る自由の絵師 Glenn Barr
ノワールな表現で、漫画なタッチも交え、時には正しくSFの手法をかりて、世界は混沌と楽しく魅惑に満ちていると語りかける。
ページを繰る指先が期待にシビレる。
次に何が飛び出すか見当もつかない彼の画集を見ることは、もはや恍惚が装填された地雷原を歩く気分なのだ、なんて大袈裟過ぎますか。
Glenn Barrのアート特盛セットをどうぞ。_a0077842_17183229.jpg
Glenn Barrのアート特盛セットをどうぞ。_a0077842_17344718.jpg
ハードカバー画集『SPARROW』、ソフトカバーのスケッチ集『HEEP』、鉛筆画で構成された9枚のポストカード集『9』、のそれぞれにサインを入れてもらい、同じ数のスーベニアのカードとステッカーも持ち帰った。
それをぜんぶまとめた最強のグレン・バール特盛セット、留之助書店入荷新着情報で発売してます。

ご注文はこちらから→http://tomeshoten.exblog.jp/16999588/
Glenn Barrのアート特盛セットをどうぞ。_a0077842_17353581.jpg
We are proud to introduce Glenn Barr's beautiful work. Now his signed art book "SPARROW", Sketch book "HEEP" and postcard set "9" are sold at here!
by tomenosuke_2006 | 2011-10-21 17:49 | 書店入荷新着情報
Ajeeのワンオフ・スカルスキンとBonustoyzについてご報告。
まず訂正。
10月14日のポストで「15日(土)午後3時からのサイン会にはアートプリントをはじめ、カスタム・スカルスキンが4体販売されることが分かり、そこでAjee(エイジェ)イチオシの1体を特別に留之助ユーザー用に提供してもらうことになった」と書いたけれど、サイン会当日のお昼に彼女を訪ね、コミコン参加者にはスマナイと思いつつ、さらにもう1体、譲ってもらったのだった。
その2点を、Bonustoyz(ボーナストイズ)の代表で夫君のReeno(レノ)が、ブラックライトを使って撮影したキレイな画像で紹介する。
下のリンク・ページもご覧いただきたい。
Ajeeのワンオフ・スカルスキンとBonustoyzについてご報告。_a0077842_23283449.jpg
それとご報告。
今後、留之助商店がBonustoyzの別ブランドExtended Playz(エクステンディド・プレイズ)のアジア・オセアニア地区の代理店として、セールスのお手伝いをさせていただくことになった。
まずはずっと追いかけて来たKosplay(コスプレイ)と、オレゴン州ポートランド在のアーティストJon Knox(下の画像)の新作Cody(コディ)から。
そうそう、このコディはジョン・ノックスが自ら彫刻し、レジンで複製、1点ずつ彩色して限定販売してきた作品の、ソフトビニールによる最初のマスプロダクション。
レジン版はアート・コレクターの間では垂涎の作として、あまりにも有名だ。
で、ソフビ版には3つのカラーウェイが用意され、いずれも顔に埋め込まれたマグネットを利用して、目や眼鏡を付け替えることができる。
価格や発売日等の詳細については続報をお待ちいただきたい。
Ajeeのワンオフ・スカルスキンとBonustoyzについてご報告。_a0077842_233928100.jpg
Cody is the vinyl figure that all the Jon Knox’s resin lovers were waiting for. He comes in 3 verions: Regular Green, Regular Blue and Masked. Includes interchangeable magnetic eyes & glasses. He’s the result of a close collaboration between Jon and Ajee based on Jon’s original sculpt.

More: ワンオフ・スカルスキンの追加画像はこちら。
by tomenosuke_2006 | 2011-10-21 00:21