2012年 07月 08日 ( 1 )
ようやく100点満点のペイントサンプルができた模様
Arts UnknownのKozik作品William, Henry and Reginald(サイのウィリアムと熱帯鳥のヘンリーと子象のレジナルド)が、やっと量産体勢に入ったようだ。
メーカー社長のPaul Delfgouからは中国との商取引の難しさや品質管理の問題など、挙げ句の果てに工場を変えるに至った経緯など、いろいろイバラの道のりについて聞かされてきたけれど、今度は確からしい、思い通りのペイント・サンプルが上がり、ラインも動き出して、秋には出荷できることになったというのだ。
同じくGary Baseman(ゲイリー・ベースマン)のSlugilicious(スラッグリシャス)も追って量産開始。
Doktor ABella Delamere(ベラ・デラミーヤ)だけが年内リリースできるかどうかっていうところらしい。
ホワイトはチェイス版、グレーはレギュラー版のペイント・サンプル、いい感じに仕上がっている。
ようやく100点満点のペイントサンプルができた模様_a0077842_22333380.jpg
The factory have just sent to Arts Unknown these photos of the newly finished color samples for the Kozik pieces. It is the very good result.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2012-07-08 22:41