2016年 01月 02日 ( 1 )
ピラニア計画始まる
Restoration project of Piranha

1978年の映画『ピラニア』で生き残った数少ないラバー製の殺人魚をロブ・ボーティンからプレゼントされたのは、いまからおよそ35年前の1980年代初めのことだった。
一方の面がベースの板に接着されて、まるで剥製標本のように壁掛けできるようになっていた(下の画像)。
が、経年とともに激しく劣化が進み、ヒレや尾をはじめ、胴体さえ、いまにも崩れそうな状態になってしまった。
そこで去年の夏、親しくしている人形アニメと特殊造形のエキスパート比嘉Bros.(ヒガブラ)さんに修復を兼ね、型取り出来ないだろうかと相談した。
そして数ヶ月後の年の瀬、試行錯誤の末にとうとう型取りに成功したと連絡をいただいたのだ。
しかも原型を一切痛めずに、さすがである。
その苦心の模様をご覧いただきたい。
で、留之助としては、そろそろ商品化のための根回しをしなくっちゃと思うのだった。
ピラニア計画始まる_a0077842_1645193.jpg

▲ This photo was taken in the early 1980's.

The rubber piranha used in the film "Piranha" (1978) was given to me as a present by Rob Bottin in 1981. One side was glued to the base board so it could be hung on the wall like a stuffed specimen. It has deteriorated in the 35 years since then, and the fins, tail, and even the body seemed likely to fall apart. Consequently, last summer I consulted with the Higa brothers, monster maker I am on good terms with, about whether or not they could restore it and also make a mold of it. Several months later on end of December, I received word that they had finally succeeded in making a mold after much trial and error. Not only that, but they had done it without any damage to the original. I am thinking about making the arrangements for turning it into a product soon.

MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2016-01-02 23:45 | プロップ