2019年 04月 07日 ( 1 )
本日受注開始の "おかしなおかしなファッティ" の詳細
Product details of the Fatty prop replica



プロップ・レプリカ・モデル、通称ファッティの購入をご検討中の方は、ぜひお読みください。
ファッティは1980年代はじめ『おかしなおかしな石器人』のSFX監督でモデル・アニメーター、デイビッド・アレン氏から、直接オリジナルの石膏モールドを借り受け造られた複製が元になっています。
レイテックスのコーティングの内側にウレタンフォームを流し込んで複製したのは、のちにILMに参加して『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)のクリーチャー・ショップのクルーとなったマーク・シーゲル氏でした。
そんな由緒あるファッティも経年劣化で自立もおぼつかなくなり、そこで友人のモデル・アニメーターでクリーチャー・メーカーの比嘉Bros.さんにレストアをお願いしたのでした。
2010年のことです。
オリジナル・モデルを石膏で型取り、そのモールドを使って劣化の心配がないファイバーグラスで見事なバックアップも作ってもらいました。
そんなある日、モールドを寝かしておくのはもったいない、ファンのためにファイバーグラス製の複製を作って提供したいと思いはじめたのでした。
そこで留之助ブラスターのために『ブレードランナー2049』のライセンスをコーディネートしてくれたのと同じエージェントを通じて、ライセンスの調査をしてもらったのですが、ファッティの著作者に行き着くことはできませんでした。
エージェントによれば、十分リサーチした記録はあるので無断使用には当たらず、クレームがあった場合も相応に対応できるとのことでした。
それでも大事をとって、ファッティを造形したといわれているジム・ダンフォース氏に知人を通じてコンタクトを取ったのですがなしのつぶて。
『おかしなおかしな石器人』の脚本・監督のカール・ゴットリーブ氏に、FBを通じてファッティの複製についてお伺いをたてたのですが、「ノー」とも「イエス」とも言ってもらえませんでした。
そこでエージェントの言葉、つまり「映画のタイトルを製品に付さなければ複製を販売しても問題ない」を信じて、今回の限定受注生産に踏み切ったわけです。
これは『ブレードランナー』(1982年)のライセンスを取りたくても権利の所在が曖昧なため、留之助ブラスターの名称で製品化しなければならなかったのとまったく同じ流れです。
12体までの受注生産を予定していますが、モールドの耐久性に懸念が残り、受注を途中で打ち切る場合があります。
最初の4体は5月上旬発送予定、残りは7月上旬の発送を予定しています。

4月7日23時59分予約開始→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_20230803.jpg
This prop replica model, known to many as Fatty, is based on a reproduction made using an original plaster mold that was created under the supervision of model animator David Allen, who was also the visual effects supervisor of “Caveman” from the early 1980s.
Mark Seagal, who later joined ILM and became a crew member of a creature shop featuring “Star Wars Episode I The Phantom Menace,” (1999) had personally poured urethane foam into the latex coating to create the reproduction.
This vintage reproduction had begun deteriorating from its age to the point that it seemed uncertain whether it would continue standing for long. Upon seeing that, I approached my friend’s Higa Brothers Production, a model animator and a creature maker, to perform restoration works on the model. That was in 2010. A mold was first created by using plaster to capture the shape of the original model, which was in turn used to make a stunning backup model from fiberglass. This allayed any concerns that the original model would be damaged from further use.
That day, I knew that it would be a shame to leave the model lying there, and I began to think of ways to share the fiberglass reproductions with fans as well. I asked an agent of Tomenosuke Blaster “Blade Runner 2049” Edition to track down the license holder, but I was unable to find the licenser of Fatty.
According to the agent, as we have documented the full extent of our research, we would not be accused of unauthorized use, and any such claims can be dealt with accordingly. Still, I took that threat seriously and attempted to contact Jim Danforth, who was sculptor of Fatty, through an acquaintance of mine but I did not receive any reply. I have also asked Carl Gottlieb, the screenwriter and director of “Caveman,” about Fatty’s production on Facebook, but he could neither say “yes” nor “no.”
As such, I took my agent’s advice that there should be no problems with selling reproductions as long as the film’s title is not printed on the models, and thus I decided to start the limited production of Fatty. This is exactly the same situation with how we were unable to license items under “Blade Runner” (1982) due to the ambiguous ownership rights, and the products had to be released under the name “Tomenosuke-Blaster” instead.
a0077842_20250285.jpg
At this moment we intend to produce up to 12 units, but owing to concerns about the plaster mold's durability, orders may be discontinued without prior notice. The first 4 units will be shipped in early May, and the rest in early July.
You can take a look at the images here to learn more about the detailed background of how we arrived at the limited production of this prop replica model.

PRE-ORDER will start at 11:59 pm on April 7th (JST)→http://tomenosuke.bandec-japan.com/
by tomenosuke_2006 | 2019-04-07 08:59 | 留之助プロップレプリカ