2019年 07月 14日 ( 1 )
徳さん謹製・留ブラ2019ブルーング・カスタム
Tomenosuke Blaster 2019 blueing custom by Nobutaka Toku

留ブラPRO、留ブラPROリテイラー・エディション、留ブラ2049、留ブラ2049ライセンス・エディションと、それぞれのエディションを発売するたびに、徳信尊氏や佐藤加寿彦氏に限定版カスタムの製作をお願いしてきましたが、まだ手付かずだったのが留ブラ2019です。
そこで徳さんに、留ブラ2019を使って、映画『ブレードランナー』撮影直前の、ハリソン・フォードの手に合わせてグリップまわりを改修したばかりの、ブルーイングも瑞々しい傷ひとつないブラスターを再現してもらうことにしました。
ただし、徳さんSPの製作費の半分以下という厳しい条件つきで、4月のことでした。
当初は個人的に1挺だけのつもりでしたが、この話を知ったHCGからもオファーがあり、それなら11月の東京コミコンでも販売したくなり、徳さんには4ヵ月で何挺仕上げれるか検討をお願いしました。
その回答が本日、サンプルとともに届いたのです。
徳さんいわく「ブルーイングの量産についてはハリソン・フォード・シグネチャー・エディションでコツがつかめたので、10挺ぐらいは造れそうです」。
10年以上温存していた留ブラOG用ABS製削り出しリコール・バレルとの換装をはじめ、拘りの留ブラ2019ブルーング・カスタム。
その他、カスタムの内容については、後日、詳述したいと思います。
a0077842_15510961.jpg
Just in time for Tokyo Comic Con in November, we are currently preparing a blueing custom based on the Tomenosuke Blaster 2019 by Nobutaka Toku. According to him, "The blueing mass production process was perfected with Harrison Ford Signature Edition, so I should be able to make around ten in four months." Details on the custom blueing will be provided at a later date.
by tomenosuke_2006 | 2019-07-14 01:59 | 留之助ブラスター