2019年 09月 05日 ( 1 )
Netflix版『ダーククリスタル』放映記念、皇帝スケク・ソ
The Dark Crystal: The Age of Resistance SkekSo the Emperor 1:6 Scale Statue

かれこれ12年もたつんですね。
ダークファンタジー映画『ダーククリスタル』(1982年)のライセンスを取得したMINDstyle製の精密フィギュア、ランドストライダーと長老ウル・スを紹介させていただいたのは。
生産数はそれぞれ300個ほどで、メーカーからの配給数もかなり絞られての販売となり、希望者全員に行き渡らず、その節は大変ご迷惑をおかけしました。
さて、Netflixであの『ダーククリスタル』のプリクエル『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』(シーズン1/全10話)がはじまり話題です。



『セサミ・ストリート』や『マペット・ショー』を『スター・ウォーズ』のヨーダでおなじみのフランク・オズとともに創り上げ、『ダーククリスタル』では共同で監督もした人形劇の神様ジム・ヘンソンの、最もふさわしい後継者といわれている娘のリサ・ヘンソンが製作総指揮をつとめています。
3DCGに依存しない、80年代の実写アニマトロニクスのアナログな手法を積極的に採り入れつつ、80年代では不可能だったグリーン・スクリーンによるパペッティア(人形遣い)を完全に消し去るデジタル技術を臨機応変に導入した、いわばネオ・アニマトロニクスとでも呼びたくなる完全映像主義が凄い。
Netflix未加入の方は、30日間の無料トライアルを利用するのも手です。
『全裸監督』とあわせてご覧ください。
で、本題の『エイジ・オブ・レジスタンス』は前日譚ということで、醜怪な死を遂げたスケクシス族の最高権力者、皇帝スケク・ソも元気で猛威を振りまくります。
かつてMINDstyleには、そんな怖いけれどカッコいいスケク・ソを作ってほしいと思ったものですが、ついにWETA WORKSHOPのハイエンド・トイ部門がその夢を叶えてくれました。
WETAとは、映画監督ピーター・ジャクソンやリチャード・テイラーらによりニュージーランドの首都ウェリントンに設立されたVFXプロダクションであり、また一方で自社製作の映画『ロード・オブ・ザ・リング』のキャラクターをはじめ、数多くの映画関連コレクタブル・フィギュアを発表しているモチャ・メーカーでもあります。
その中でも皇帝スケク・ソは、その精度とサイズ(高さ33センチ)と重量(5.2キロ)と価格で、他のWETAモチャとは比較にならない超大作といえるでしょう。
絶対、欲しいです。
留之助で輸入販売するつもりですが、ただいま梱包サイズや総重量などを考慮した売価を(たまに失敗するので)慎重に計算中です。
a0077842_10191658.jpg


MORE PICS and INFO
by tomenosuke_2006 | 2019-09-05 20:01 | Sci-Fi Classicモチャ