ミスター・クレメントの新作ポーセリン彫刻、予約開始
PRE-ORDER NOW: mr clement porcelain sculpture

昨日、当店の希望どおりの数が入荷決定しましたので、さっそく予約販売に移らせていただきます。
お届けは3月中旬 〜 4月上旬を予定しております。
ご予約商品につきましては前金制ですので代引き注文はお受け出来ません。
また入荷数に達しましたら予約販売を締め切らせていただきます。
あらかじめご了承ください。

ご予約はこちらから→https://goo.gl/X2Cmj6
a0077842_17332841.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-17 09:34 | 商店入荷新着情報
ビル・マクミューレンのスーパースター・デストロイヤー入荷決定
COMING SOON: Superstar Destroyer by Bill McMullen

確か留之助商店開業まえの2004年だったと思います。
ホワイト・ベースに3本のブラック・ストライプで有名なアディダスの定番スニーカー“スーパースター”と、スター・ウォーズの“AT-AT”を合体させた大型フィギュア“AD-AT”が発売され、個人輸入したものでした。
なんでもジョージ・ルーカスがそれを見て、著作権だとか意匠権だとか面倒臭い問題は棚上げし、最高によくできたブートレグだと賞賛したとか。
作者はイラストレーターのビル・マクミューレン
そんな彼が2016年に“スーパースター”と“スター・デストロイヤー”を合体させたイラスト“スーパースター・デストロイヤー”を発表し、同時にLAのショップ兼メーカーのMunky Kingがそのオモチャ化を宣言、同年のDConでプロトを展示したのでした。
とにかくスター・ウォーズの権利がディズニーに移行して大丈夫かなぁと思っていたのですが、今年、早ければ4月に入荷しそうな気配なんです。
ただいまMunky Kingと配給数について交渉中。
a0077842_16113500.jpg
a0077842_16182485.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2019-02-16 10:00 | Sci-Fi Classicモチャ
3DRetro限定ブラッディ・バレンタイン・オウルー、発売延期
Postpone the release of the Bloody Valentine Ahwroo

やっぱり、でした。
作者本人とメーカーの発表によりますと「品質管理上の問題により発売を延期する」とのことです。
真相は別のような気がしますが、ここはいさぎよく諦めましょう。
a0077842_16464104.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-15 16:48 | 3DRetro 新製品情報
留ブラ2019完成モデル2次出荷分、いよいよ発送開始です
SHIPPING START: Tomenlosuke Blaster 2019

留ブラ2019の2次出荷分が完成し、今週末にハリコレさんに納入されます。
本当にお待ちどうさまでした。
来週中にはハリコレさんから、ご予約いただいたみなさんにお届けの予定です。
今回の出荷分まで、映画『ブレードランナー』(1982年)の撮影で実際に使用された投げ捨てプロップを型取り複製した300個限定の非売品レジン製スタント・プロップ(下の画像)が付属します。
まだ若干在庫があるようです。
このチャンスをお見逃しなく。

ご注文はハリコレさんのサイトまで→https://goo.gl/PwLt6v
a0077842_09334737.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-15 09:36 | 留之助ブラスター
3DRetro限定ブラッディ・バレンタイン・オウルー、入荷決定
COMING SOON: Bloody Valentine Ahwroo 3DRetro Exclusive by Gary Baseman

オウルーをプロデュースしている3DRetroのショップ限定版ブラッディ・バレンタイン・オウルーが、留之助でも発売になります。
去年暮れ、販売中止になったプラダマリアのキャラクター“オット”のキーホルダーとか、ソーシャルメディア上で批判が出はじめてわずか数時間のうちに謝罪声明を出し、オンラインと実店舗の両方で問題の商品の販売を中止したグッチのセーターとか、その直後のケイティ・ペリーの靴“ブラックフェイス”事件とか、否が応でも思い出しちゃうのですが。
たった限定130個のニッチな市場向け玩具なので、きっと大丈夫でしょう、っていうか、無事を祈るばかりです。
販売は3DRetroの他は留之助商店のみ、ヒヤヒヤしながら続報をお待ちください。
a0077842_22034930.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-14 22:36 | 3DRetro 新製品情報
ミスター・クレメントの新作ポーセリン彫刻
COMING SOON: a mr clement porcelain sculpture

ここんところずっと、製作数を抑えたラパン(耳の長いウサギ風キャラクター)のハイエンド・スカルプチャーを直販してきたミスター・クレメントから、ひさしぶりに小売店向けの新作が送られてくることになりました。
彫刻から仕上げ、さらにはパッケージングまで、クレメントによる100%手仕事の初ポーセリン作品(下の画像)、高さ約30センチです。
蒸し焼き窯特有の焼きしまった硬質感と発色のよさは、これまでのPVCフィギュアとはまた異なる魅力を放っています。
4種のキャラクターからなる新シリーズは、それぞれ50体ずつ作られ、シリアル・ナンバーと直筆サインの保証書が付属します。
留之助では4体セットの他、スカル版(下の画像・右から二人目)のみ単体発売を予定しています。
入荷は3月中旬、楽しみにお待ちください。

ところで留之助とクレメントのコラボ・ソフビですが、けっこう手こずり、ただいま原型完成間近ってところでしょうか。
a0077842_15411584.jpg


MORE PICS and INFO
# by tomenosuke_2006 | 2019-02-13 17:01 | イマモチャ
Kidrobot限定メタリック・オウルー、密かに発売
parallel import: Metallic Ahwroo by Gary Baseman - KR Exclusive

並行輸入につき若干割高ですが、eBayのプレミア価格ほどではありません。
極少数入荷につき、Tomenosuke Storesの目立たない場所で発売中です。
"Gary Baseman"とか"3DRetro"のカテゴリーから商品ページにお越しください。
余談ですが、ただいまゲイリーが留之助限定オウルーをデザイン中です。
a0077842_14515099.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-12 14:58 | kidrobot 新製品情報
トーマス・ノスケの記念すべき第1弾、完成間近
The first edition is near completion
a0077842_19181335.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-09 19:18 | 留之助オリジナルモチャ
新しいミミちゃんの彩色案をこっそりご紹介
New MIMI color scheme by Utomaru

新しいミミちゃんの目も眩むほど斬新な彩色案が、Utomaruさんから届きました。
どうです? これ。
この夏、イメージ刷新で帰って来る新生ミミちゃんのうしろ姿なんですが。
いままでの倍の手間隙かけて仕上げる少数限定版にして、ファンを釘付けにすること間違いなしのドラッギーなフィギュア。
彩色サンプルが上がるのを、みなさんといっしょに待ちたいと思います。
a0077842_19313511.jpg
I received a new dazzling color scheme of MIMI from Utomaru. The above image is the back of MIMI that will come back this summer. It’s a charming draggy figure which requires twice as much time to furnish and turn it into a limited-edition. Together with everyone, I will also wait until the painted samples are finished.
# by tomenosuke_2006 | 2019-02-08 08:33 | 留之助オリジナルモチャ
ひさしぶりの新作ウォーホル・アート・プラッシュ入荷しました
25 Cats Named Sam and One Blue Pussy by Warhol
a0077842_18292545.jpg
1950年代はじめ、NYで何度か個展を開くのですが、なかなか芽が出ずにいたアンディ・ウォーホルは、心機一転、友人やダンサーたちとの共同生活からアパート暮らしに切り替え、オークランドにいた母ジュリアを呼び寄せるといっしょに住みはじめました。
アンディがマザコンだったというのは有名な話ですが、作品作りにおいても母親の存在は大きかったようです。
ジュリアはもともとレタリングが得意で、アンディのイラストに文字を書くアシスタントをするようになり、コマーシャル・イラストレーターとしての彼をバックアップしたといいます。
もちろんジュリアも画家としての才能に恵まれ、彼女が描きためた猫の絵をアンディが編纂し、1987年に『サムという名の25匹の猫と1匹の青い子猫ちゃん』というタイトルで画集を出版、話題を集めました。
その後も収録作品がポスターになったりして、ジュリアの描くのんびり愛らしい猫たちの絵は広く知られることになりました。
ときにはアンディの絵だと勘違いされることもあったようですが。
ちなみにジュリアはいろんな猫を異なる色彩と表情とポーズで描きましたが、青い子猫を描いた絵に“1匹の青い子猫ちゃん”(One Blue Pussy)と題名を入れた以外、ほかのすべての猫は“サム”(Sam)と名付けられただけでした。
それが「サムという名の25匹の猫」の由来です。
前置きが長くなってしまいましたが、そういうアンディの母ジュリアが描いた猫の絵をKidrobotがヌイグルミ化、本日、それが留之助に大量入荷したというわけです。
“1匹の青い子猫ちゃん”という商品名の青い猫のヌイグルミのほか、オレンジとイエローのヌイグルミがあり、それぞれ“オレンジ・サム”、“イエロー・サム”となっていますが、それはあくまでも便宜上のことで、ウォーホル親子はそんなふうには呼んでいなかったことを最後に記しておきますね。

ご注文はこちらから→https://tomenosuke.stores.jp/
a0077842_16292059.jpg

# by tomenosuke_2006 | 2019-02-07 18:24 | kidrobot 新製品情報