カテゴリ:kidrobot 新製品情報( 455 )
初春1月のキッドロボット。
キッドロボットの12月リリースといえば、本家直販のロン・イングリッシュ・ダニーSEAL OF REALのステッカーが目印の公認小売店でしか買えないKRINK MAIL BOXだけ。
作るより、売ることに専念しようクリスマス、なのだった。
留之助もそう、あしたっからブラスターやスーパ・マリア・ウォーホルをはじめ、来週入荷予定のスピーカー内蔵ミニフィギュアヘッドフォーニーズ5種類を含むぜんぶで10種類の新作モチャと3種類のアートプリント、お待ちかねのマットポップ漫画の最新号など手当たり次第に売っていくつもり、ムダ遣いは留之助でしましょう。
そんな折り、来年のことを言うと鬼が笑うとか申しますが、キッドロボットの1月です。

2009年1月8日
a0077842_15362639.jpg
Super Mini Keychains Series 4
キーチェーンって鍵の数だけあればいいし、だいたいの鍵にはとっくにチェーンが付いている。
いまさら買う必要もないし、もらいもので十分だ、っていう方はこの記事、スルーして前へお進みください。
こちら2007年11月以来の登場となる1.5インチ(4センチ)のスーパーミニ・キーチェーン第4弾。
お医者さんあり、宇宙飛行士あり、消防士にパンクロッカー、兵隊に水兵などなどぜんぶで17+2のシークレット、うちひとつはホアック・ジーのニンジャだとか。
例によってばら売りとカート売りで、おそらくこれが2009年の初荷になりそうだ。

1月15日
a0077842_16482989.jpg

Kidrobot 16: KidPunk

チビも出れば、デカも来る。
今度のデカ(8インチ=20センチ)はシリーズ16作目にあたり、同時に3種類というのはマカロニ・ウェスタン『続・夕陽のガンマン』を下敷きにした10作目のウェスタンもの以来。
で、今度は3大パンクバンドをモチーフにして、それぞれ左から1977エディション、1980エディション、1984エディションと命名されている。
元ネタは左からSex Pistols、Dead Kennedys、Black Flag。
パンクについてはぜんぜん詳しくない店主がウィキペディア見ながら解説するのも変でしょう、当店のお馴染みさんnankotu-rockさんによると、3人が手にしたレコード・ジャケットがそれぞれのバンドの代表作をパロッているんだとか。
「ぜんぶ買う気満々ですが、とくに右端の黒モヒカン君が気に入りました」とは、nankotu-rockさん。
お得な3個セット販売を計画してますので、みなさんもぜんぶまとめてどうぞ。

1月22日
a0077842_1812859.jpg
Ye Olde English UK Dunny Series
3インチ・ダニーといえばトナカイ・ダニーのようなイベント単体モノは別にして、年に1回のレギュラー・シリーズと年に1回のご当地シリーズが恒例になったようだね。
で、今度は後者の番、メキシコからフランスを経由して、イギリスに到着した。
14人のイギリス人アーティストによる14+2のシークレット・チェイス、いまからお祭り騒ぎが目に浮かぶ。
スーパーミニ・キーチェーンとUKダニーのコレクターズ・チェックリストは発売が近づいたらポストさせていただきますね。
とりあえずダニーのアーティストは下記のとおり。
Clutter, Doktor A, Frames, HiCalorie x Julie West, ilovedust, Jon Burgerman, Keanan Duffty, McFaul, Mimic, Peskimo, Shok 1, Tado, Triclops and UAMOU.
by tomenosuke_2006 | 2008-12-12 18:29 | kidrobot 新製品情報
こちらのダニーは本家のみの取り扱い?
ダニー史上、最も危険な8インチ、ホワック・ジー作のHELLO I'm Insane Dunny(インセイン・ダニー)は発売日がハロウィン・イブの10月30日。
ただし留之助には入荷しません。
キッドロボット本家直営ショップとオンラインのみでの発売か、最上位契約ショップ(キッドロボット創業から取り引きのある大手オブジェモチャ屋)でも買えるのか、今週18日にNYのキッドロボット本社を訪ねるので聞いてみます。
a0077842_9254660.jpg
が、それにしてもいいのでしょうか、こんなことして。
これは2007年3月にホワックが10個だけ作り、彼のeBay storeで600ドルで発売し、1分間で売り切れて、1時間後には900ドルの開始価格でオークションにかけられた、まんまアレだよ。
厳密には“HELLO I'm Insane”の文字がオリジナルよりやや小ぶりで、血の斑点は拘束マスクと拘束衣にのみ認められる。
オリジナルは顔にも血が飛ぶ。
そのオリジナルは気温が上昇すると表面のアクリル塗料がゆるくなり、ペチャッとするのだが、今度の量産タイプはそんなことないだろう。
いいような、悪いような、3インチ・ダニーが8インチにブロウアップされるのとはちょっとニュアンスがちがうような、ホワックのカスタム・ダニーの株が下がるような。
もしはじめにリーズナブルなインセイン・ダニーが発売され、その後、そっくりなデザインの手作り版が10倍の値段で売り出されたら、前者を買った店主なら、わざわざ後者を買うことはないでしょう。
いったい何を考えているのか、今週木曜日、キッドロボット本社を訪ねたとき遠慮がちに聞いてみます。
a0077842_10115243.jpg
同じホワックでも、こちらの新作は入荷が決まってます。
NYのToyQubeオリジナル、トイキューブを背負って立つデザイナーKeith Poon(キース・プーン)が生んだシャーキーをホアックがスキンデザイン。
イギリスの名戦闘機スピットファイヤーをモチーフにしている。
入荷は上の画像のレギュラー・カラー版(350個限定)のほかに、SDCC 2008限定モノクロ版(100個限定)が少々。
オリエンタル趣味より、こういうホワック作品を見るとホッとするのは店主だけ?
by tomenosuke_2006 | 2008-09-14 10:00 | kidrobot 新製品情報
10月のキッドロボットは大物の3連発だね。
何度か同じことを言ってると思いますが、ここで紹介するモチャの発売日はあくまでもキッドロボット本家直営店(オンラインを含む)のもので、留之助ではその週末か、もしくは次の週末の日曜日深夜0時からの発売となります。

10月2日
a0077842_8413292.jpg
Nightmare in Jeremyville 8-Inch Dunny
オーストラリアのイラストレーター、Jeremeyville(ジェレミーヴィル)の登場だ。
葉が黒く傷んだニンジンを握っているところをみると、この悲しげな顔のピンクの生き物はウサギのつもりか。
名前はナイトメア=悪夢。
からだじゅうに描かれた絵はディストピア(反理想郷)だとか。
じっくり眺めていると、後頭部や背中の絵はこのピンクのウサギが通り抜けてきた後方の、お腹の絵はこれから向かおうとする前方の不吉な風景が映り込んでいるように見えてくるから不思議。
ジョー・レッドベターのユニコーナサウルス・グレー版オレンジ版以来、限定商品の支給数が徐々に増えてきた。
で、ナイトメア・ダニーはこれまでの倍(12個)入荷するんで、日ごろの熾烈な争奪戦がちょっとは緩和されそうだ。
おっと、最後になったけど36×43センチのポスターが付属する(けれど、そんな大きなの、どうやって?)

10月9日
a0077842_9262219.jpg
Playboy x Paul Pope Figure
月刊プレイボーイ日本版は11月発売の2009年1月号で休刊すると発表されたけれど、本国アメリカ版はまだ健在だね。
年に何度かハリウッドへ旅しては映画を観るようになった1970年代中頃、つまり税関で見つかれば没収の憂き目に遭う古き良き時代、こっそりPBマガジンを持ち帰るのが趣味だった。
いまではPBの有料サイトPLAYBOY cyber clubを妻の目を盗んで見る控え目なオジさんだが、70年代は雑誌を買うしか手はなく、そんなふうにして集まった無修正PBマガジンがいまだにある。
で、これはマスクド・カリンバーのPaul Pope(ポール・ポープ)がデザインしたプレイメイト・フィギュアであり、PBマガジン全盛期の1978年11月号(なぜか2冊も持っている)のカバーモデルがモデルのキッドロボットモチャ中で、いちばんアダルトな1発だ。
本家からアナウンスはないけれど彼女の名はMonique St. Pierre(モニカ・セント・ピエリー)といい、ファラ・フォーセット似のブロンド美人である。
身の丈7.5インチ、早く座右に置きたい。

10月16日
a0077842_11141749.jpg
Kidreaper 15
こちらは2月以来、本当にひさしぶりのキッドロボット君の新作キッドリーパー、通算15作目に当たる。
妖しく夜行性で、ワイヤーでトリムされたフード付きマントをはおる、どこから見てもハロウィン向け。
スキンデザインは不気味なヤツの第一人者Andrew Bell(アンドリュー・ベル)、商店には彼のモチャがこれだけと、書店にも画集などがこんなにあるから、詳しくない人、もっとアンドリューを知りたい人は予習ついでにどうぞお買い求めください。
このキッドリッパーのまえにギバー・オブ・ディジーズがもうじき入荷する、お忘れなく。

プレイボーイ・フィギュア発売記念のオマケについて。
by tomenosuke_2006 | 2008-09-12 16:28 | kidrobot 新製品情報
7月のキッドロボット。
キッドロボット本家から7月の特約店向け商品案内が届いたとき、いつもより種類が少ないなぁとか、8インチ・ダニーがいない月もめずらしいなぁと思っていたら、なんだSDCC 2008があったからなんだね。
つまりコミコン限定品がいろいろあり、その中に8インチ・ダニーもラインナップされていた。
今年は雑用が重なってサンディエゴへ出かけて行くのを半ば断念していたんだけれど、さぁどーしようか。
a0077842_22392916.jpg
Touma Evil Skaters
留之助はけっして舶来至上主義というわけじゃぁない。
TOUMAをはじめFuri FuriやDevilrobotsやItokinなど、日本のアーティストさんたちにも興味絶大なんだけれど、ウチなんかよりずっとキャリアのあるショップさんが長いあいだ彼らの作品を扱って(育てて)いらっしゃるから、新参者はジャマにならないよう指をくわえて眺めるだけなのだった。
けれど今度のデビルロボッツのエッギィ・ダニーのようなキッドロボット製品となると話は別、日本ではウチでしか扱えない限定モノなんだからね。
という意味で7月10日アメリカ発売のイーヴィル・スケーターズは留之助創業以来はじめて店頭を飾る念願のトーマ作品、キッドロボット製。
こーいう日がおとずれるのを首を長くしてお待ち申しておりました。
a0077842_22402290.jpg
10+シークレット2の合計12個のミニフィギュアはどれもカラフルかつドライな風合い。
日本の風土からは生まれそうにないというか、世界のトーマらしいソフィスティケーションを感じないではいられないね。
もうじき発売のフランスはミストのミニフィギュア、デビルズの向こうを張るジャパンはトーマのイーヴィル・スケーターズ、この2ヵ月間は東西悪魔大戦に巻き込まれそうな気配だ。
ちなみに上の画像はイーヴィル・スケーターズのコレクターズ・チェックリスト、お買い物の手引きにご利用ください。
a0077842_2241443.jpg
Kozik Big Bob Slug
7月17日アメリカ発売のこちらは、3月の間抜けアニマル連合チャンプス以来ひさしぶりのコジック作品、ビッグ・ボブ・スラグ。
この海牛ビッグボブにまたがったスモーキンラビットというシュールな光景は、すでにコジックのトイ全集プラスチックランドでイラストが紹介済み。
こんなソフビが出たら笑えると思っていたら、ご覧のとおり、出るんだよ。
しかもラビットのサイズが5インチ(12.7センチ)というから、けっこう大がかりな新作になりそうだ。
a0077842_2325445.jpg


キッドロボットのSDCC 2008限定商品フライヤー。
by tomenosuke_2006 | 2008-06-16 23:17 | kidrobot 新製品情報
10月入荷のキッドロボットもの、ぜんぶで5種類。
キッドロボットから新製品の案内もらっても、このまえのインベーダーニーのように、ずいぶんあとになって契約ショップでは扱えないこと知らされてたんじゃ、営業活動に支障をきたすばかりか、お客さまにも迷惑がかかるってもんです。
で、今回お知らせするキッドロボットの10月新製品は絶対入荷する分だけ、たったいまプレオーダー入れたところなんで間違いないよ。
まずは10月4日に登場するのがホアック・ジーのAkuma Bomb: Skully's Revenge and Danger。
a0077842_1740226.jpg
ならず者のアライグマもいいけれど、ホアックの、こういうのを待ってたんだよ、心底。
こいつはカスタムや絵付けじゃなくって、まさしくホアックの絵の大胆不敵な立体化。
2005年にバーニーズ・ニューヨークとコラボで発表したスカルヘッドの12インチ・ファッション・フィギュア以来のオリジナル作品だと思うよ。
ツンと上を向いた形のいいオッパイのグレーが悪魔爆弾組の“スカリーズ・リベンジ”、レッドが“デンジャー”、ともに500個限定だからね。
で、1週間後の10月11日は3インチのジンジャーマン・ダニーが登場だ。
a0077842_18222565.jpg
上の写真をひと目見て、そーいえばジンジャーマンってダニーにぴったりじゃございませんかと膝を打った次第。
デザイナーはキッドロボット初登場の南アフリカのアーティストKronk(クロンク)25才、ディズニーアニメラマになった王様のクロンクとは一切関係ないから。
聞くところによると、ファンシーショップなんかでいろんなジンジャーマン・グッズ売ってるみたいだね、コレクターもけっこういるとか。
そういう人がウチのコレを探り当てて買いにきたら、ほめてあげよう。
ところでどうです10月18日発売の新8インチ・ダニー、その名もニンジャ!
a0077842_18573574.jpg
好評のミニフィギュアベント・ワールド・ヴァンダルズの作者マッドによる最初の8インチで、本家ホワック・ジーに果し状を突きつけるが如くアタッキーなデザイン、返り血だらけだよ。
12分の1の割合で黒装束のニンジャが紛れているらしいから、ぜんぶ集めたい店主としては困ったもんだ。
とにかく最近のアメリカン・オブジェモチャに繰り返し引用される和風趣味については、いずれ考察しなければならないと思ってる。
んで最後に控えしは10月25日発売の5インチ・ホリデーラビット。
a0077842_1911242.jpg
いまさら説明のしようもありません、コジックさんの毎度おなじみラビットの新作だよ。
片方の耳が帽子用に膨らみ、鼻がツリーのランプになった見てのとおりのクリスマス仕様、とってもかわいい子です。
以上、4アーティスト、5種類の新作オブジェモチャでした。
by tomenosuke_2006 | 2007-09-12 19:45 | kidrobot 新製品情報